ギャラリーテン Daily Alle Colle

gallery ten・店主のblog

『生きとし生けるもの 6』展 最終日! & ギャラテン大網店7周年記念! & 本日『カラダで覚える英語の会』・『おむすびのランチとテイクアウト』

 

こんにちは。

 

 

北風が強いですが、

ピーカンの良いお天気です。

 

 

ロウバイのツボミが膨らんできました♫

 

 

 

 

 

 

今月の企画『生きとし生けるもの 6』展、

ついに今日が最終日です!

 

毎年1月恒例となりました『生きとし生けるもの』展。

動物、人、架空の生きもの、いろいろな生きとし生けるもの。

楽しくたくましく生き生きと年のスタートをきりたい。

今回は5人の作家さんによるユニークな生きものをご高覧ください。

 

 

竹内陽子さん (千葉)

 

キュートな女の子のオブジェのような陶の花器。

花を入れるだけでなく、ペンやカトラリーなど自由にお楽しみください。

 

 

 

福田十糸子さん (大阪)

 

モダンなようなレトロなような なんとも雰囲気のあるオトコやオンナ。

張子ならではの軽快でマットな質感とカラーも魅力です。

 

 

 

本濃研太さん (神奈川)

 

シュールなデフォルメの効いたププっと笑えるバッジ。

段ボールを駆使して作られています。

 

 

 

ラファエルナバスさん (愛知)

 

ラファワールドさく裂の今年の干支・イノシシの陶のオブジェ。

作品が届く前からニヤケてしまうほど期待がふくらみます。

 

 

 

Tiny knotsさん (東京)

 

イランの遊牧民族・カシュガイ族がひとつひとつ織るギャッベのラグや座布団。

草木で染められた羊毛で素朴な織柄に癒されます。

 

 

 

 

 

 

 

昨日1月17日は、ギャラテンが大網に移転してちょうど7年。

私の座右の銘『当たって砕けろ』精神で周りを見ずに猪突猛進してまいりました。

数々の失敗や痛い目にも合ってきましたが、それ以上にたくさんの出会いや喜びを得てきました。

 

3年→5年→7年・・・と積み重ねてこられたのも、

お客様、作家のみなさん、カルチャークラスの講師のみなさん、カフェ関係の仕入れ先のみなさん、

お付き合いのあるお店のみなさん、大家さん、スタッフのみんな、友人たち、家族、・・・

本当に多くのみなさんのおかげだと感謝しております。

ありがとうございます!!!

 

7周年を記念し、本日と昨日のみのサプライズセール!

常設作品(小高善和さんの注文靴を除く)を7掛けプライスでお買いいただけます。

なお、現在展開中の企画展作品は対象外です。

クレジットカードでお買上の場合は、掛け率を75%とします。

また、通信販売、お取り置きも対象外で、本日(と昨日)にご来店になりお買いいただいたものに限ります。

ぜひお出かけくださいね。

 

 

 

 

 

 

ただいま、

月イチカルチャー『からだで覚える英語の会』のレッスン中。

”いざという時に堂々と話せる英語を楽しくカラダで覚えましょう”がコンセプト。
好奇心旺盛・チャレンジ精神旺盛な小川洋子さんの
長い海外生活での豊富なおもしろエピソードを題材に、
”読む・書く”英語から”聴く・話す”英語を体感しましょう。
ネイティブスピーカーならではの表現や使い方も教わります。
洋子さん専門のアロマ・呼吸法を取り入れ、リラックスしながら楽しいレッスンを!
毎回、一回完結の内容です。
単発でも連続でもご参加いただけます。
英語が全く苦手という方対象の初級クラス、
英語で日常会話をもっと流暢にという方対象の中級クラスの2クラス編成です。

 

来月は、2月14日(木)を予定しています。

ぜひご参加くださいね。

 

 

 

 

 

 

また、今日の午後は、

『おむすびランチ・おむすびテイクアウト』を提供いたします。

 

大好評”おむすび茶屋 さつき”さんがまたまた登場!

ほぼレギュラーランチになりつつあります♪

 

宮下治子さんは、千葉県香取郡神崎にある酒蔵”寺田本家”に勤めながら地域の生産者さんたちと知り合っていきました。

2年前に独立し”さつき”を立ち上げました。

食をとおしての人生体験や様々な人々との出会いを通じて、

そして、田畑(大地)に触れ、料理は命そのものであり、

食べることの喜びと、食の産み出す無限の力を表現・追求していきたい。

そんな治子さんは、小さなキッチンカーでおむすびの出張販売、

旬の料理教室を営むようになりました。

 

治子さんのおむすびは、

太陽・大地・海の恵みが、お米一粒一粒で結ばれ、まさに命のご馳走。

生産者さんたちが丹精込めて作った魚やおかかや手作りの具、

白米や玄米、お好みに応じてホッコリ結びます。

 

米:藤崎農場の無農薬玄米、こうざき自然塾の減農薬白米。

塩:自然海塩

海苔:有明産

味噌:こうざき自然塾の熟成発芽玄米麹味噌

酒粕:寺田本家の熟成酒粕

椎茸:西伊豆産の干し椎茸

昆布:こんぶ土居の真昆布

鰹節:タイコウの一本釣り鰹節

他具材:全て国内産、添加物を使わず手間ひまかけて作っています。

 

 

治子さんのおむすびをランチ@カフェで、

テイクアウトで ご提供いたします。

なお、いずれもご予約をいただいた方に優先して提供。

(当日の飛び込みだと食材不足でお断りすることもありますので、ご予約を!)

 

カフェでのランチは、

お好みのおむすび、漬物、吸物のセットで、おむすび代金+350yen

12:00〜、13:30〜で、定員が各10〜15名でご案内。

 

テイクアウトは、

お好みのおむすびをパックします。

テイクアウトのお受け取りは本日16:30まで。

 

予約方法は、以下の(白米 or 玄米)×具材の組み合わせ、

各々の個数をお選びください。

 

A:白米

B:玄米(プラス50yen)

 

a:鯖香熟漬→350yen(玄米+50yen)

      越田商店の40年熟成漬汁に漬けた鯖は臭みがなく豊かな風味。さつき一番人気。

b:生姜味噌→300yen(玄米+50yen)

  熟成味噌でじっくり漬けた生姜味噌は熟成ならではの味わい。

  味醂と米飴で爽やかな辛味に仕上げました。

c:梅とゆかりと胡桃→300yen(玄米+50yen)

   炒り胡桃のコクがお米になじみ、梅干しやゆかりの爽やかさが相まって、新春をイメージ。

 

 

カフェでのお召し上がりの味噌汁と漬物のセットがおむすび+350円となります。

また、テイクアウトの6個入りの箱をご希望の方は50円いただきます。

 

本日も食材を少し多めにご用意しております。

ご希望の方はお電話くださいね。

tel:0475-78-3068

 

 

 

 

 

 

今月の営業日は今日が最終。

今年から月のはじめの2週間を続けて営業し、後半を休業することにしましたが、

この2週間、何度か風邪を引きそうになっては気合で乗り切れました。

インフルエンザが流行り出して毎日ヒヤヒヤドキドキでした。(汗)

 

明日から今月末までお休みをいただきます。

次は、2月1日に新企画展でお待ちしております。

 

 

寒い折、体調管理には十分お気を付けくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:24 |

『生きとし生けるもの 6』展  & Tiny knotsのキリム & 本日 ギャラテン大網店7周年! & 昨日の『薬膳料理教室の会』 & 明日『カラダで覚える英語の会』・『おむすびのランチとテイクアウト』

 

 

こんにちは。

 

 

ポカポカ陽気の1月17日です。

 

24年前の今日、

誰も想像だにしていなかった阪神淡路大震災がありました。

その日その時、北摂にある実家で被災した恐ろしい体験は今でも忘れることができません。

天に散った多くの尊い命に想いを馳せ、

ご遺族の方々が健やかに過ごされていることをお祈りいたします。

 

今朝、すごく不思議なことがありました。

ふだん私は夜一度寝てしまったら朝アラームが鳴るまで起きないのですが、

いきなりパッと目が覚めました。

窓の外は真っ暗で、夜中だと思ったのですが、枕元のスマホを見たら5:45でした。

震災の起こった1分前だ。

クシャミ5連発して

そこから1時間ほど目が冴えて眠ることができませんでした。

 

 

今年はいろんな災いがないとよいなぁと改めて思います。

 

 

 

 

 

 

今月の企画『生きとし生けるもの 6』展、

13日め。

ついに明日が最終日です!

 

毎年1月恒例となりました『生きとし生けるもの』展。

動物、人、架空の生きもの、いろいろな生きとし生けるもの。

楽しくたくましく生き生きと年のスタートをきりたい。

今回は5人の作家さんによるユニークな生きものをご高覧ください。

 

 

竹内陽子さん (千葉)

 

キュートな女の子のオブジェのような陶の花器。

花を入れるだけでなく、ペンやカトラリーなど自由にお楽しみください。

 

在廊日:6日(日)

 

 

福田十糸子さん (大阪)

 

モダンなようなレトロなような なんとも雰囲気のあるオトコやオンナ。

張子ならではの軽快でマットな質感とカラーも魅力です。

 

在廊日:13日(日)

 

 

本濃研太さん (神奈川)

 

シュールなデフォルメの効いたププっと笑えるバッジ。

段ボールを駆使して作られています。

 

 

ラファエルナバスさん (愛知)

 

ラファワールドさく裂の今年の干支・イノシシの陶のオブジェ。

作品が届く前からニヤケてしまうほど期待がふくらみます。

 

 

Tiny knotsさん (東京)

 

イランの遊牧民族・カシュガイ族がひとつひとつ織るギャッベのラグや座布団。

草木で染められた羊毛で素朴な織柄に癒されます。

 

在廊日:5日(土)

 

 

 

今日は、Tiny knotsのキリムの織柄をご紹介します。

キリムはイラン各地でそれぞれの特徴をもって作られている平織の織物。

織柄にはいろいろな意味があります。

ギャッベと比べて、薄く軽いので、

敷くだけではなく、タペストリーとして壁などに掛けて楽しむこともできますね。

素朴な柄、可愛らしい柄、渋い柄、ギャッベ刺繍を施したもの、

また、柄と柄の組み合わせの妙もおもしろいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日1月17日は、ギャラテンが大網に移転してちょうど7年。

私の座右の銘『当たって砕けろ』精神で周りを見ずに猪突猛進してまいりました。

数々の失敗や痛い目にも合ってきましたが、それ以上にたくさんの出会いや喜びを得てきました。

 

3年→5年→7年・・・と積み重ねてこられたのも、

お客様、作家のみなさん、カルチャークラスの講師のみなさん、カフェ関係の仕入れ先のみなさん、

お付き合いのあるお店のみなさん、大家さん、スタッフのみんな、友人たち、家族、・・・

本当に多くのみなさんのおかげだと感謝しております。

ありがとうございます!!!

 

7周年を記念し、本日と明日のみのサプライズセール!

常設作品(小高善和さんの注文靴を除く)を7掛けプライスでお買いいただけます。

なお、現在展開中の企画展作品は対象外です。

クレジットカードでお買上の場合は、掛け率を75%とします。

また、通信販売、お取り置きも対象外で、本日と明日にご来店になりお買いいただいたものに限ります。

ぜひお出かけくださいね。

 

 

 

 

 

昨日の月イチカルチャー『薬膳料理教室の会』のご報告です。

薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは“冬に消耗する腎のエネルギーを補う薬膳”。

東洋医学では、更年期障害、エイジングの症状は、腎機能の低下と大きく関わっているとされています。

腎のエネルギーを補うことで、老化を遅らせたり、症状の改善に効果が期待できます。

 

 

『冬の腎補う胡桃ソース和え』

・胡桃:肺、腎の機能を高めて、腸が乾燥して起こる便秘に効果。

  ビオチンが含まれ、ビオチンの不足が皮膚を構成するコラーゲンの生成などに障害を起こし、

  白髪、シワなどの原因につながる。

・枸杞子(クコシ):肝の働きを補い、目のかすみ、涙目、めまい、ふらつきを改善。

  ポリフェノールが豊富で抗酸化作用が期待される。

・銀杏:滋養強壮、頻尿、肺を潤し咳・痰を取り除く。

・里芋:ぬめり成分は体内の免疫力を高める。

  食物繊維も豊富で、腸内環境を整え生活習慣病を予防する。

 

 

 

 

『黒豆と豚肉の煮込み』

・黒豆:肝、腎の機能を高める。虚弱体質、貧血の改善。

  腸を潤し便通を整える。

・豚肉:身体を潤し、体力をつける。

 

 

 

 

 

『海鮮蒸しの柚子スイートチリソース』

・海老:エネルギーを補い、精力をつける。

  腎陽不足の冷え性、腰痛に有効。母乳を出す。

・帆立:動脈硬化を防ぐタウリンが豊富で、コレステロールを分解、抑制。

  疲れ目、むくみに有効。

 

 

 

 

 

『龍眼と落花生の入った豆花風』

・龍眼:造血作用があり、黄色い顔色、不眠、息切れ、めまいを改善。

  免疫力を高める。

・落花生:脾胃を滋養し、肺を潤して痰を切る。

・豆腐:身体を潤し、皮膚、髪の毛、喉の乾燥を防ぐ。

  腸を潤わせ整える。脾を補い痰を取り除く。

 

 

 

 

今月のお茶『阿里山茶』

 

 

 

まかないランチ♫

 

 

 

来月の薬膳の会は、2月13日(水)です。

基本的に毎月第二水曜を予定しています。

どうぞご参加くださいませ。

 

 

 

 

 

 

さて、明日は、月イチカルチャー『からだで覚える英語の会』 の日です。 

9:00〜10:20(中級クラス)10:30〜11:50(初級クラス) 

”いざという時に堂々と話せる英語を楽しくカラダで覚えましょう”がコンセプト。
好奇心旺盛・チャレンジ精神旺盛な小川洋子さんの
長い海外生活での豊富なおもしろエピソードを題材に、
”読む・書く”英語から”聴く・話す”英語を体感しましょう。
ネイティブスピーカーならではの表現や使い方も教わります。
洋子さん専門のアロマ・呼吸法を取り入れ、リラックスしながら楽しいレッスンを!
毎回、一回完結の内容です。
単発でも連続でもご参加いただけます。
英語が全く苦手という方対象の初級クラス、
英語で日常会話をもっと流暢にという方対象の中級クラスの2クラス編成です。

講師:小川洋子さん
会費:2500円
定員:各会max6名
要予約→各会先着6名まで

 

参加ご希望の方は、本日15時までにご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

さて、明日の午後は、

『おむすびランチ・おむすびテイクアウト』の日です。

 

大好評”おむすび茶屋 さつき”さんがまたまた登場!

ほぼレギュラーランチになりつつあります♪

 

宮下治子さんは、千葉県香取郡神崎にある酒蔵”寺田本家”に勤めながら地域の生産者さんたちと知り合っていきました。

2年前に独立し”さつき”を立ち上げました。

食をとおしての人生体験や様々な人々との出会いを通じて、

そして、田畑(大地)に触れ、料理は命そのものであり、

食べることの喜びと、食の産み出す無限の力を表現・追求していきたい。

そんな治子さんは、小さなキッチンカーでおむすびの出張販売、

旬の料理教室を営むようになりました。

 

治子さんのおむすびは、

太陽・大地・海の恵みが、お米一粒一粒で結ばれ、まさに命のご馳走。

生産者さんたちが丹精込めて作った魚やおかかや手作りの具、

白米や玄米、お好みに応じてホッコリ結びます。

 

米:藤崎農場の無農薬玄米、こうざき自然塾の減農薬白米。

塩:自然海塩

海苔:有明産

味噌:こうざき自然塾の熟成発芽玄米麹味噌

酒粕:寺田本家の熟成酒粕

椎茸:西伊豆産の干し椎茸

昆布:こんぶ土居の真昆布

鰹節:タイコウの一本釣り鰹節

他具材:全て国内産、添加物を使わず手間ひまかけて作っています。

 

 

治子さんのおむすびをランチ@カフェで、

テイクアウトで ご提供いたします。

なお、いずれもご予約をいただいた方に優先して提供。

(当日の飛び込みだと食材不足でお断りすることもありますので、ご予約を!)

 

カフェでのランチは、

お好みのおむすび、漬物、吸物のセットで、おむすび代金+350yen

12:00〜、13:30〜で、定員が各10〜15名でご案内。

 

テイクアウトは、

お好みのおむすびをパックします。

テイクアウトのお受け取りは当日16:30まで。

 

予約方法は、以下の(白米 or 玄米)×具材の組み合わせ、

各々の個数をお選びください。

 

A:白米

B:玄米(プラス50yen)

 

a:鯖香熟漬→350yen(玄米+50yen)

      越田商店の40年熟成漬汁に漬けた鯖は臭みがなく豊かな風味。さつき一番人気。

b:生姜味噌→300yen(玄米+50yen)

  熟成味噌でじっくり漬けた生姜味噌は熟成ならではの味わい。

  味醂と米飴で爽やかな辛味に仕上げました。

c:梅とゆかりと胡桃→300yen(玄米+50yen)

   炒り胡桃のコクがお米になじみ、梅干しやゆかりの爽やかさが相まって、新春をイメージ。

 

 

カフェでのお召し上がりの味噌汁と漬物のセットがおむすび+350円となります。

また、テイクアウトの6個入りの箱をご希望の方は50円いただきます。

 

 

予約例

カフェで食事(12:00〜)→ B×a×1個、B×d×1個

テイクアウト→ A×a×2個、B×c×1個、B×d×3個、・・・。受取予定時間も。

 

メールにてご連絡ください。

なお、必ず確認のメールを返信します。

返信がない場合は、再度メールかお電話をいただけますようお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

そしてそして・・・。

今日はワンコのフルの誕生日!

フレンチブルとしてはかなりの長生き、15歳。

よく食べよく寝て、ゲンキなおじいちゃんです。

これからもギネスに載るくらい、ずっとずっと長生きしてほしいです。

ギャラテン大網店のオープン日は、フルの誕生日にしました。

愛おしいフル、おめでとう!

 

 

 

 

 

眠いですが、気を引き締めて今日も一日がんばります!

 

どうぞお出かけくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:48 |

『生きとし生けるもの 6』展  & 本日『薬膳料理教室の会』 & 明後日『おむすびのランチとテイクアウト』

 

こんにちは。

 

 

 

爽やかな晴天。

空気が澄んで気持ちがよいですね。

 

 

 

今朝、薬膳の会でいつもより早く出勤するため、

朝ごはんを食べる時間がなかったので、

近所のコンビニでサンドイッチでも買って行こうと立ち寄る。

ひゃー!!!

チョー可愛い秋田犬がいました。

前にも会ったことがある子です。

撫でさせてもらい、飼い主のおじいさんと少し話す。

ココにいる日時を確認。

また会える♡

・・・と、時間がおしてしまい、

急いで買い物をして出勤。

 

あー、今日は朝から良い日だ♪

 

 

 

 

 

 

今月の企画『生きとし生けるもの 6』展、

12日め。

残り3日となりました。

 

毎年1月恒例となりました『生きとし生けるもの』展。

動物、人、架空の生きもの、いろいろな生きとし生けるもの。

楽しくたくましく生き生きと年のスタートをきりたい。

今回は5人の作家さんによるユニークな生きものをご高覧ください。

 

 

竹内陽子さん (千葉)

 

キュートな女の子のオブジェのような陶の花器。

花を入れるだけでなく、ペンやカトラリーなど自由にお楽しみください。

 

在廊日:6日(日)

 

 

福田十糸子さん (大阪)

 

モダンなようなレトロなような なんとも雰囲気のあるオトコやオンナ。

張子ならではの軽快でマットな質感とカラーも魅力です。

 

在廊日:13日(日)

 

 

本濃研太さん (神奈川)

 

シュールなデフォルメの効いたププっと笑えるバッジ。

段ボールを駆使して作られています。

 

 

ラファエルナバスさん (愛知)

 

ラファワールドさく裂の今年の干支・イノシシの陶のオブジェ。

作品が届く前からニヤケてしまうほど期待がふくらみます。

 

 

Tiny knotsさん (東京)

 

イランの遊牧民族・カシュガイ族がひとつひとつ織るギャッベのラグや座布団。

草木で染められた羊毛で素朴な織柄に癒されます。

 

在廊日:5日(土)

 

 

 

ただいま、いろいろバタついており、

作品の紹介はパスさせていただきます。(汗)

すみません・・・。

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『薬膳料理教室の会』のレッスン中です。

薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは“冬に消耗する腎のエネルギーを補う薬膳”。

東洋医学では、更年期障害、エイジングの症状は、腎機能の低下と大きく関わっているとされています。

腎のエネルギーを補うことで、老化を遅らせたり、症状の改善に効果が期待できます。

 


毎回、充実と満足の内容の薬膳料理教室、
ためになる情報がたくさんで、しかも美味しい。

 

今日の模様は明日のブログでお伝えいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、明後日18日(金)は、

『おむすびランチ・おむすびテイクアウト』の日です。

 

大好評”おむすび茶屋 さつき”さんがまたまた登場!

ほぼレギュラーランチになりつつあります♪

 

宮下治子さんは、千葉県香取郡神崎にある酒蔵”寺田本家”に勤めながら地域の生産者さんたちと知り合っていきました。

2年前に独立し”さつき”を立ち上げました。

食をとおしての人生体験や様々な人々との出会いを通じて、

そして、田畑(大地)に触れ、料理は命そのものであり、

食べることの喜びと、食の産み出す無限の力を表現・追求していきたい。

そんな治子さんは、小さなキッチンカーでおむすびの出張販売、

旬の料理教室を営むようになりました。

 

治子さんのおむすびは、

太陽・大地・海の恵みが、お米一粒一粒で結ばれ、まさに命のご馳走。

生産者さんたちが丹精込めて作った魚やおかかや手作りの具、

白米や玄米、お好みに応じてホッコリ結びます。

 

米:藤崎農場の無農薬玄米、こうざき自然塾の減農薬白米。

塩:自然海塩

海苔:有明産

味噌:こうざき自然塾の熟成発芽玄米麹味噌

酒粕:寺田本家の熟成酒粕

椎茸:西伊豆産の干し椎茸

昆布:こんぶ土居の真昆布

鰹節:タイコウの一本釣り鰹節

他具材:全て国内産、添加物を使わず手間ひまかけて作っています。

 

 

治子さんのおむすびをランチ@カフェで、

テイクアウトで ご提供いたします。

なお、いずれもご予約をいただいた方に優先して提供。

(当日の飛び込みだと食材不足でお断りすることもありますので、ご予約を!)

 

カフェでのランチは、

お好みのおむすび、漬物、吸物のセットで、おむすび代金+350yen

12:00〜、13:30〜で、定員が各10〜15名でご案内。

 

テイクアウトは、

お好みのおむすびをパックします。

テイクアウトのお受け取りは当日16:30まで。

 

予約方法は、以下の(白米 or 玄米)×具材の組み合わせ、

各々の個数をお選びください。

 

A:白米

B:玄米(プラス50yen)

 

a:鯖香熟漬→350yen(玄米+50yen)

      越田商店の40年熟成漬汁に漬けた鯖は臭みがなく豊かな風味。さつき一番人気。

b:生姜味噌→300yen(玄米+50yen)

  熟成味噌でじっくり漬けた生姜味噌は熟成ならではの味わい。

  味醂と米飴で爽やかな辛味に仕上げました。

c:梅とゆかりと胡桃→300yen(玄米+50yen)

   炒り胡桃のコクがお米になじみ、梅干しやゆかりの爽やかさが相まって、新春をイメージ。

 

 

カフェでのお召し上がりの味噌汁と漬物のセットがおむすび+350円となります。

また、テイクアウトの6個入りの箱をご希望の方は50円いただきます。

 

 

予約例

カフェで食事(12:00〜)→ B×a×1個、B×d×1個

テイクアウト→ A×a×2個、B×c×1個、B×d×3個、・・・。受取予定時間も。

 

メールにてご連絡ください。

なお、必ず確認のメールを返信します。

返信がない場合は、再度メールかお電話をいただけますようお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

それからそれから、

テンの料理イベント等でもお世話になっている

料理研究家・林幸子さん。

今晩放送の『ためしてガッテン』にご出演!

今日見逃された方にも、再放送が19日(土)にあるようです。

みなさん、ご覧くださいませ〜。

 

 

 

 

 

 

 

風邪を寄せ付けず、

はりきって一日楽しみましょう!

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 10:09 |

『生きとし生けるもの 6』展  & 昨日の『おばんざいランチ』 & 明日『薬膳料理教室の会』

 

 

 

こんにちは。

 

 

気温はそれほど低くはありませんが、

どんより曇っていて寒く感じますね。

 

 

 

 

 

今月の企画『生きとし生けるもの 6』展、

11日め。

 

毎年1月恒例となりました『生きとし生けるもの』展。

動物、人、架空の生きもの、いろいろな生きとし生けるもの。

楽しくたくましく生き生きと年のスタートをきりたい。

今回は5人の作家さんによるユニークな生きものをご高覧ください。

 

 

竹内陽子さん (千葉)

 

キュートな女の子のオブジェのような陶の花器。

花を入れるだけでなく、ペンやカトラリーなど自由にお楽しみください。

 

在廊日:6日(日)

 

 

福田十糸子さん (大阪)

 

モダンなようなレトロなような なんとも雰囲気のあるオトコやオンナ。

張子ならではの軽快でマットな質感とカラーも魅力です。

 

在廊日:13日(日)

 

 

本濃研太さん (神奈川)

 

シュールなデフォルメの効いたププっと笑えるバッジ。

段ボールを駆使して作られています。

 

 

ラファエルナバスさん (愛知)

 

ラファワールドさく裂の今年の干支・イノシシの陶のオブジェ。

作品が届く前からニヤケてしまうほど期待がふくらみます。

 

 

Tiny knotsさん (東京)

 

イランの遊牧民族・カシュガイ族がひとつひとつ織るギャッベのラグや座布団。

草木で染められた羊毛で素朴な織柄に癒されます。

 

在廊日:5日(土)

 

 

 

今日は、いろいろバタついており、

作品の紹介はパスさせていただきます。(汗)

 

 

 

 

 

 

昨日の月イチ『おばんざいランチ』のご報告です。

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の献立

 

『蓮根のすり流し』

 

『ごぼうとこんにゃくのクルミ和え』

 

『高野豆腐の含め煮』

 

『じゃが鱈バーグ』

『ちぢみほうれん草ときのこのバター炒め』

『人参焼き 柚子こしょうソース添え』

 

『大根と貝柱の粥』

 

『昆布の佃煮、福神漬、赤カブの千枚漬』

 

 

 

 

 

体に染み入る滋味あふれる優しいお料理。

来月のおばんざいランチは、

2月11日(月・祝)を予定しています。

ご希望の方はお早めにご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

さて、明日は、

月イチカルチャー『薬膳料理教室の会』の日です。

薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは“冬に消耗する腎のエネルギーを補う薬膳”。

東洋医学では、更年期障害、エイジングの症状は、腎機能の低下と大きく関わっているとされています。

腎のエネルギーを補うことで、老化を遅らせたり、症状の改善に効果が期待できます。

 


毎回、充実と満足の内容の薬膳料理教室、
ためになる情報がたくさんで、しかも美味しい。

ぜひご参加くださいね。

講師:田村直美さん
会費:4000円
 

 

参加ご希望の方は、本日17時までにご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

今日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:34 |

『生きとし生けるもの 6』展  & ラファエルナバスさんの陶オブジェ & 本日『おばんざいランチ』

 

 

こんにちは。

 

 

清々しい晴れの成人の日。

20歳になられた方、おめでとうございます!

 

 

 

 

 

今月の新企画『生きとし生けるもの 6』展、

10日め。

 

毎年1月恒例となりました『生きとし生けるもの』展。

動物、人、架空の生きもの、いろいろな生きとし生けるもの。

楽しくたくましく生き生きと年のスタートをきりたい。

今回は5人の作家さんによるユニークな生きものをご高覧ください。

 

 

竹内陽子さん (千葉)

 

キュートな女の子のオブジェのような陶の花器。

花を入れるだけでなく、ペンやカトラリーなど自由にお楽しみください。

 

在廊日:6日(日)

 

 

福田十糸子さん (大阪)

 

モダンなようなレトロなような なんとも雰囲気のあるオトコやオンナ。

張子ならではの軽快でマットな質感とカラーも魅力です。

 

在廊日:13日(日)

 

 

本濃研太さん (神奈川)

 

シュールなデフォルメの効いたププっと笑えるバッジ。

段ボールを駆使して作られています。

 

 

ラファエルナバスさん (愛知)

 

ラファワールドさく裂の今年の干支・イノシシの陶のオブジェ。

作品が届く前からニヤケてしまうほど期待がふくらみます。

 

 

Tiny knotsさん (東京)

 

イランの遊牧民族・カシュガイ族がひとつひとつ織るギャッベのラグや座布団。

草木で染められた羊毛で素朴な織柄に癒されます。

 

在廊日:5日(土)

 

 

 

 

今日は、ラファエルナバスさんの陶オブジェをご紹介します。

毎年1月の企画展では、

その年の干支のオブジェを出展していただいています。

3年前のサル、2年前のトリ、昨年のイヌ。

毎年、ラファさんがその干支を作ったらどんなおもしろいものになるんだろうと

ワクワクしながら梱包を解くのが楽しみ。

いつも期待を裏切らないユニークなオブジェが届きます。

 

10000yen

 

 

 

おサル〜

 

 

 

 

 

トリ〜

 

 

 

 

 

 

ワンコ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、月イチ『おばんざいランチ』の日です。

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。

 

 

本日の献立

『蓮根のすり流し』

『ごぼうとこんにゃくのクルミ和え』

『高野豆腐の含め煮』

『じゃが鱈バーグ』

『ちぢみほうれん草ときのこのバター炒め』

『人参焼き 柚子こしょうソース添え』

『大根と貝柱の粥』

『昆布の佃煮、福神漬、赤カブの千枚漬』

 

 

ただいま、賑やかに仕込み中!

 

 

 

本日はご予約で満席となりました。

来月は11日(月・祝)を予定しております。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 

今朝、おばんざいランチの仕込みがあるので、

いつもより早めに出勤するべく、

車に乗り込んだらエンジンがかからない。(汗)

いろいろやってみるも、どうにもならない。

小夜子さんと洋子さんが9時前には店に来るのに間に合わない。

大家さんに電話をして、とりあえずマスターキーで開錠していただく。

私は、バスと電車で行くか、タクシーを呼ぼうかと考えているところに、

大家さんから電話があり、お車で私の自宅まで迎えにきてくださる。

いろんな場面で大家さんには助けていただくことが多く、

ありがたいなぁと改めて感謝した次第です。

 

 

 

 

どうぞお出かけくださいませ。

 

 

ではでは。

 

 

 

| 展覧会 | 11:22 |

『生きとし生けるもの 6』展 9日め & 本濃研太さんの段ボールオブジェ & 本日 福田十糸子さん在廊! & kiredo・栗田貴士さんの『ちぢみほうれんそうのチキンサグカレー』最終日! & 明日『おばんざいランチ』

 

 

こんにちは。

 

 

昨夜、雪の予報でビビっていましたが、

今日は比較的暖かでピーカン。

爽やかな一日になりそうですね。

 

 

 

 

 

今月の新企画『生きとし生けるもの 6』展、

9日め。

 

毎年1月恒例となりました『生きとし生けるもの』展。

動物、人、架空の生きもの、いろいろな生きとし生けるもの。

楽しくたくましく生き生きと年のスタートをきりたい。

今回は5人の作家さんによるユニークな生きものをご高覧ください。

 

 

竹内陽子さん (千葉)

 

キュートな女の子のオブジェのような陶の花器。

花を入れるだけでなく、ペンやカトラリーなど自由にお楽しみください。

 

在廊日:6日(日)

 

 

福田十糸子さん (大阪)

 

モダンなようなレトロなような なんとも雰囲気のあるオトコやオンナ。

張子ならではの軽快でマットな質感とカラーも魅力です。

 

在廊日:13日(日)

 

 

本濃研太さん (神奈川)

 

シュールなデフォルメの効いたププっと笑えるバッジ。

段ボールを駆使して作られています。

 

 

ラファエルナバスさん (愛知)

 

ラファワールドさく裂の今年の干支・イノシシの陶のオブジェ。

作品が届く前からニヤケてしまうほど期待がふくらみます。

 

 

Tiny knotsさん (東京)

 

イランの遊牧民族・カシュガイ族がひとつひとつ織るギャッベのラグや座布団。

草木で染められた羊毛で素朴な織柄に癒されます。

 

在廊日:5日(土)

 

 

 

今日は、福田十糸子さんが大阪から日帰りで(!)駆けつけてくださいます。

ぜひトシコさんに会いにいらしてくださいね。

 

 

 

今日は、本濃研太さんの段ボールのオブジェをご紹介します。

これらは常設で展開している作品です。

やはり本濃作品の真骨頂はこれらの立体。
リアルであり、小気味よいデフォルメが効いている。
可愛らしくないのがカワイイ!
そこにあるだけで、ニンマリしてしまうシアワセな存在です。

 

 

 

ライオン〜 

10000yen

 

 

 

 

 

パグ〜

10000yen

 

 

 

 

 

ウサギ〜

10000yen

 

 

 

 

 

ニャンコ〜

8500yen

 

 

 

 

 

 

 

 

1月5日(土)〜13日(日)  

月替わり期間限定カレーランチ 『ちぢみほうれんそうのチキンサグカレー』

 

今回は”kiredo”・栗田貴士さんの渾身のカレーです。

 

霜が降りて非常に甘く味が載ってきたキレドのちぢみほうれんそうをふんだんに使ったチキンサグ。

甘さと旨みを凝縮した冬ならではの味をお楽しみください。

 

 

 

栗田さん、一昨年、糸井重里さん主宰の”ほぼ日 カレーの学校”に通い、

ますます自作の野菜を使ったカレー熱が沸騰中!

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

本日、今回のカレー提供の最終日です。

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、明日は月イチ『おばんざいランチ』の日です。

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。

 

15食限定です。

明日はあと数席ご案内できますので、

ご希望の方はお早めにご連絡願います。

 

 

 

 

 

 

昨夜、夫が少々発熱。

それを知って私も若干悪寒が・・・。(汗)

夫の後、体温計で熱を計ったら37.7℃。

ヒジョーにヤバい。

翌日は大阪からトシコさんが来られるので絶対休めない。

14連勤中、まだまだ営業日が続く。

とにかく睡眠だ!と、夫とワンコのフルと8時半に就寝。

9時から『すべらない話』を見ようと楽しみにしていたが、

とにかく寝る。

布団に入って夫が検温。

その後私も検温。

平熱が35.3℃くらいの私にとって37℃超えはチョー高熱。

「熱があっても明日は絶対に行く!」と豪語して寝る。

朝起きて、夫が「36.6℃に下がった。」と言う。

私も検温したら36.6℃。

 

しばらくして???と思う。

改めてきちんと検温したところ、35.5℃。

どうやら、夫が検温した後、ちゃんとリセットされておらず、

前の体温が表示されていたとわかる。(汗)

そもそも熱なかったのね・・・。(苦笑)

てか、あの悪寒は何だったんだろう・・・。(笑)

 

それにしても、フルが私の布団の中で、

グイグイタックルしてくる。

朝起きたら、いつも、私は布団の4分の1くらいの端っこに追いやられている。

私の枕も狙ってきて、枕にアタマを載せてきて私の耳の真横でガーガーいびきをかく。

まぁ、かわいいからいいか・・・♡

 

 

 

 

 

よいお天気の日曜。

ぜひお出かけくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:50 |

『生きとし生けるもの 6』展 8日め & 福田十糸子さんのヒトオブジェ & kiredo・栗田貴士さんの『ちぢみほうれんそうのチキンサグカレー』 & 本日『大人の書の会』 

 

こんにちは。

 

 

寒いですね。

久しぶりに小雨が降り、

空気が少し潤ったでしょうか。

 

 

庭のメダカ鉢の草は青々としていますが、

エサをあげてもメダちゃんたちが上がってこなくなりました。

上手く冬を越してほしいです。

 

 

 

 

 

 

今月の新企画『生きとし生けるもの 6』展、

8日め。

 

毎年1月恒例となりました『生きとし生けるもの』展。

動物、人、架空の生きもの、いろいろな生きとし生けるもの。

楽しくたくましく生き生きと年のスタートをきりたい。

今回は5人の作家さんによるユニークな生きものをご高覧ください。

 

 

竹内陽子さん (千葉)

 

キュートな女の子のオブジェのような陶の花器。

花を入れるだけでなく、ペンやカトラリーなど自由にお楽しみください。

 

在廊日:6日(日)

 

 

福田十糸子さん (大阪)

 

モダンなようなレトロなような なんとも雰囲気のあるオトコやオンナ。

張子ならではの軽快でマットな質感とカラーも魅力です。

 

在廊日:13日(日)

 

 

本濃研太さん (神奈川)

 

シュールなデフォルメの効いたププっと笑えるバッジ。

段ボールを駆使して作られています。

 

 

ラファエルナバスさん (愛知)

 

ラファワールドさく裂の今年の干支・イノシシの陶のオブジェ。

作品が届く前からニヤケてしまうほど期待がふくらみます。

 

 

Tiny knotsさん (東京)

 

イランの遊牧民族・カシュガイ族がひとつひとつ織るギャッベのラグや座布団。

草木で染められた羊毛で素朴な織柄に癒されます。

 

在廊日:5日(土)

 

 

 

 

今日は福田十糸子さんのヒトのオブジェをご紹介します。

・・・の前に、トシコさんは私の大好きな作家さん。

大阪人ならではの、ノリと気さくさに加えて、

温かさとアート愛にあふれている人です。

初めて会った時から意気投合♫

大阪のオバチャン的な話から現代アートの話まで尽きないのです。

明日は、大阪から日帰りでテンに駆けつけてくださいます。

楽しみ楽しみ。

 

トシコさんの張り子作品、

レトロ×モダンなオトコとオンナ。

独創的なトシコワールド。

この感じ、大好きです。

 

紙ならではの質感や造形、

そこに人の何とも言えない表情や服スタイル。

一度持ち上げてみてください。

軽くてびっくり。

 

壁に掛けたり、壁にもたれかけさせたり、平に置いたり、天井から吊ったり、

立体的な額に入れるのもステキでしょう。

 

『街角で』(28cm):9500yen

 

 

 

 

 

『walker』(19cm):6480yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月5日(土)〜13日(日)  

月替わり期間限定カレーランチ 『ちぢみほうれんそうのチキンサグカレー』

 

今回は”kiredo”・栗田貴士さんの渾身のカレーです。

 

霜が降りて非常に甘く味が載ってきたキレドのちぢみほうれんそうをふんだんに使ったチキンサグ。

甘さと旨みを凝縮した冬ならではの味をお楽しみください。

 

 

 

栗田さん、一昨年、糸井重里さん主宰の”ほぼ日 カレーの学校”に通い、

ますます自作の野菜を使ったカレー熱が沸騰中!

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

今月のカレーは明日まで。

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『大人の書の会』のレッスン中。

 

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

 

講師・西尾修一さんによって

毎月少しずつ書やその周辺のお話を伺い、

文字を書くのと並行して書の興味や知識が積み重なっていきます。

 

 

 

来月は、2日(土)と5日(火)を予定しています。

ご興味のある方はご参加くださいね。

 

 

 

 

 

 

毎年始に、大川和宏さんからいただくコレ。

”初夢漬”という江戸時代から伝わる縁起物で、

大川さんの地元・匝瑳の”坂本総本店”のお菓子です。

 

 

 

スタッフHの自家製干し柿を

またたくさん持ってきてくれました♪

美味しくて食べだすと止まりません。(汗)

 

 

 

 

 

昨夜は今年初のスイミングスクールの日。

急いで晩ごはんを食べて、行く準備をしていたところ、

珍しく夫が早く帰宅してきた。

私:「今日ははりきってスイミング行ってくるわ。」

夫:「エラい、エラい。でも寒いから風邪引きそう。」

私:「いや、今日はちゃんと行く。」

夫:「寒いよ。風邪ひくんじゃない?」

私:「14連勤中(ギャラリーの営業)、まだ前半で風邪引いたらヤバいかなぁ。」

夫:「今日はやめて後半に詰めて行ったら?」

私:「せやなぁ・・・。」

夫:「スイミング休んだらツムツムいっぱいできるよ。」

私:「今日のところは、大事をとってやめとこか♫」

・・・という訳で、欠席したのでした。

お腹ボテボテ・・・。(汗)

連勤に備え、風邪引かないよう体調管理に努めております。(苦笑)

 

 

 

 

 

 

 

今日から3連休ですね。

楽しくお過ごしくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:32 |

『生きとし生けるもの 6』展 7日め & 竹内陽子さんの女の子花器 & kiredo・栗田貴士さんの『ちぢみほうれんそうのチキンサグカレー』  & 本日『楽々日本史の会』 & 明日『大人の書の会』

 

 

こんにちは。

 

 

今日は風が強いですが、比較的暖かです。

 

 

 

 

 

今月の新企画『生きとし生けるもの 6』展、

7日め。

 

毎年1月恒例となりました『生きとし生けるもの』展。

動物、人、架空の生きもの、いろいろな生きとし生けるもの。

楽しくたくましく生き生きと年のスタートをきりたい。

今回は5人の作家さんによるユニークな生きものをご高覧ください。

 

 

竹内陽子さん (千葉)

 

キュートな女の子のオブジェのような陶の花器。

花を入れるだけでなく、ペンやカトラリーなど自由にお楽しみください。

 

在廊日:6日(日)

 

 

福田十糸子さん (大阪)

 

モダンなようなレトロなような なんとも雰囲気のあるオトコやオンナ。

張子ならではの軽快でマットな質感とカラーも魅力です。

 

在廊日:13日(日)

 

 

本濃研太さん (神奈川)

 

シュールなデフォルメの効いたププっと笑えるバッジ。

段ボールを駆使して作られています。

 

 

ラファエルナバスさん (愛知)

 

ラファワールドさく裂の今年の干支・イノシシの陶のオブジェ。

作品が届く前からニヤケてしまうほど期待がふくらみます。

 

 

Tiny knotsさん (東京)

 

イランの遊牧民族・カシュガイ族がひとつひとつ織るギャッベのラグや座布団。

草木で染められた羊毛で素朴な織柄に癒されます。

 

在廊日:5日(土)

 

 

 

 

今日は、竹内陽子さんの女の子の花器オブジェ、

先日、私独断のベスト5を発表したので、

今日はベスト6〜8をご紹介します。

 

4320yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月5日(土)〜13日(日)  

月替わり期間限定カレーランチ 『ちぢみほうれんそうのチキンサグカレー』

 

今回は”kiredo”・栗田貴士さんの渾身のカレーです。

 

霜が降りて非常に甘く味が載ってきたキレドのちぢみほうれんそうをふんだんに使ったチキンサグ。

甘さと旨みを凝縮した冬ならではの味をお楽しみください。

 

 

 

栗田さん、一昨年、糸井重里さん主宰の”ほぼ日 カレーの学校”に通い、

ますます自作の野菜を使ったカレー熱が沸騰中!

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

さて、ただいま、月イチカルチャー『楽々日本史の会』の講義中。

大人の教養として、もう一度日本史を学んでみませんか。
今と未来を意識した日本史の講義。

今回のテーマは、

”征韓論と清との関係”

朝鮮、台湾、琉球。

そして、それらの宗主国中国へ牙をむく日本。

 

近代日本の変遷、

ご興味のある方は毎月第一金曜(第二金曜の時もあります)の講義にご参加くださいね。

次回は、2月8日を予定しております。

 

 

 

 

 

 

 

明日は、月イチカルチャー『大人の書の会』の日です。

 

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

講師:西尾修一さん
会費:2500円
 

参加ご希望の方は、本日17時までにご連絡願います。

 

 

 

 

 

 

今日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:27 |

『生きとし生けるもの 6』展 6日め & Tiny knotsのギャッベの織柄 & kiredo・栗田貴士さんの『ちぢみほうれんそうのチキンサグカレー』  & 明日『楽々日本史の会』

 

 

こんにちは。

 

 

今日も寒い一日になりそうですね。

 

 

 

 

 

 

今月の新企画『生きとし生けるもの 6』展、

6日め。

 

毎年1月恒例となりました『生きとし生けるもの』展。

動物、人、架空の生きもの、いろいろな生きとし生けるもの。

楽しくたくましく生き生きと年のスタートをきりたい。

今回は5人の作家さんによるユニークな生きものをご高覧ください。

 

 

竹内陽子さん (千葉)

 

キュートな女の子のオブジェのような陶の花器。

花を入れるだけでなく、ペンやカトラリーなど自由にお楽しみください。

 

在廊日:6日(日)

 

 

福田十糸子さん (大阪)

 

モダンなようなレトロなような なんとも雰囲気のあるオトコやオンナ。

張子ならではの軽快でマットな質感とカラーも魅力です。

 

在廊日:13日(日)

 

 

本濃研太さん (神奈川)

 

シュールなデフォルメの効いたププっと笑えるバッジ。

段ボールを駆使して作られています。

 

 

ラファエルナバスさん (愛知)

 

ラファワールドさく裂の今年の干支・イノシシの陶のオブジェ。

作品が届く前からニヤケてしまうほど期待がふくらみます。

 

 

Tiny knotsさん (東京)

 

イランの遊牧民族・カシュガイ族がひとつひとつ織るギャッベのラグや座布団。

草木で染められた羊毛で素朴な織柄に癒されます。

 

在廊日:5日(土)

 

 

 

今日はTiny knotsのギャッベの織柄をご紹介します。

イランのカシュガイ族がひとつひとつ織り込んでいく絵柄は、

素朴で優しく心癒されるモチーフばかり。

身近な動物や植物などが中心ですが、

織柄には、魔よけ、子孫繁栄、不老長寿など、いろいろな意味が込められています。

羊そのものの毛色を織り込んだものもあれば、

アカネの根、サフラン、藍、・・・など天然の草木で染められた色味にも惹かれます。

 

今回は、ラグサイズ、玄関マットくらいのサイズ、座布団サイズ、

バリエーションもいろいろです。

ぜひ手で触って目で見て、お気に入りの一枚をお選びくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月5日(土)〜13日(日)  

月替わり期間限定カレーランチ 『ちぢみほうれんそうのチキンサグカレー』

 

今回は”kiredo”・栗田貴士さんの渾身のカレーです。

 

霜が降りて非常に甘く味が載ってきたキレドのちぢみほうれんそうをふんだんに使ったチキンサグ。

甘さと旨みを凝縮した冬ならではの味をお楽しみください。

 

 

 

栗田さん、一昨年、糸井重里さん主宰の”ほぼ日 カレーの学校”に通い、

ますます自作の野菜を使ったカレー熱が沸騰中!

ぜひお召し上がりくださいね!

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、明日は、月イチカルチャー『楽々日本史の会』の日です。

大人の教養として、もう一度日本史を学んでみませんか。
今と未来を意識した日本史の講義。

今回のテーマは、

”征韓論と清との関係”

朝鮮、台湾、琉球。

そして、それらの宗主国中国へ牙をむく日本。


参加ご希望の方は本日17時までにご連絡くださいね。

講師:齋藤永良さん
会費:1500円 
要予約

 

 

 

 

 

 

今朝、なんとなくテレビを観ていたら、

青森で、2本の電線を前足と後ろ足で上手く掴んでわたって行くおサルの映像が。

子どもの頃からなぜかサル好きで、

動物園に行っても猿山をいつまでも眺めていられます。

地獄谷に行って、温泉につかっているおサルを見たい!

 

 

おサル♡LOVE

 

 

 

 

 

年賀状がいまだ6割くらいしか出せていません。(汗)

5日から営業が始まり、帰宅してごはん作って食べたら睡魔に襲われ、

いつまで経ってもそのまま・・・。(汗)

あと70枚ほど書かねば・・・。(汗)

 

 

 

 

冷え込んでいるのと、空気が乾燥しています。

インフルエンザ等、風邪には十分お気を付けください。

 

 

 

今日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

| 展覧会 | 11:53 |

『生きとし生けるもの 6』展 5日め & ラファエルナバスさんの干支オブジェ & kiredo・栗田貴士さんの『ちぢみほうれんそうのチキンサグカレー』 & 昨日の『kiredo kitchen』

 

 

こんにちは。

 

 

今日は晴天ですが、北風ピープー寒いですね。

暑い夏のことを想えば、私にとっては天国のような気温ですが・・・。(慢心)

 

 

 

 

 

 

今月の新企画『生きとし生けるもの 6』展、

5日め。

 

毎年1月恒例となりました『生きとし生けるもの』展。

動物、人、架空の生きもの、いろいろな生きとし生けるもの。

楽しくたくましく生き生きと年のスタートをきりたい。

今回は5人の作家さんによるユニークな生きものをご高覧ください。

 

 

竹内陽子さん (千葉)

 

キュートな女の子のオブジェのような陶の花器。

花を入れるだけでなく、ペンやカトラリーなど自由にお楽しみください。

 

在廊日:6日(日)

 

 

福田十糸子さん (大阪)

 

モダンなようなレトロなような なんとも雰囲気のあるオトコやオンナ。

張子ならではの軽快でマットな質感とカラーも魅力です。

 

在廊日:13日(日)

 

 

本濃研太さん (神奈川)

 

シュールなデフォルメの効いたププっと笑えるバッジ。

段ボールを駆使して作られています。

 

 

ラファエルナバスさん (愛知)

 

ラファワールドさく裂の今年の干支・イノシシの陶のオブジェ。

作品が届く前からニヤケてしまうほど期待がふくらみます。

 

 

Tiny knotsさん (東京)

 

イランの遊牧民族・カシュガイ族がひとつひとつ織るギャッベのラグや座布団。

草木で染められた羊毛で素朴な織柄に癒されます。

 

在廊日:5日(土)

 

 

 

 

今日は、ラファエルナバスさんのこの時季恒例の干支の陶オブジェをご紹介します。

今年はイノシシ年。

どんな十二支もラファさんの手にかかれば、大迫力かつ超キュートに!

お客様やスタッフで毎年ラファさんの干支オブジェを集めておられる方も。

十二支並べてみたい!

 

現在庫、あと2体。

ゲットしたいという方、どうぞお早めに!

10000yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月5日(土)〜13日(日)  

月替わり期間限定カレーランチ 『ちぢみほうれんそうのチキンサグカレー』

 

今回は”kiredo”・栗田貴士さんの渾身のカレーです。

 

霜が降りて非常に甘く味が載ってきたキレドのちぢみほうれんそうをふんだんに使ったチキンサグ。

甘さと旨みを凝縮した冬ならではの味をお楽しみください。

 

 

 

栗田さん、一昨年、糸井重里さん主宰の”ほぼ日 カレーの学校”に通い、

ますます自作の野菜を使ったカレー熱が沸騰中!

ぜひお召し上がりくださいね!

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

昨日は、カレーランチを休んで、

月イチランチ『kiredo kitchen』を提供しました。

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

 

今回の主役はちぢみ菜とちぢみほうれんそうです。

 

小松菜の仲間のちぢみ菜は、この時期に最も旨みがのり、おいしくなります。

グリーンソースにすると、ジャガイモや青魚、豚肉ともよく合います。

 

カレーでもおだししているちぢみほうれんそうは低温でゆがいてサラダで食べると、

ソースとは違う味わいです。

 

栄養価も非常に高いこの二つの青菜をたくさん食べていただきました。

 

 

どデカいちぢみ菜!

 

 

 

 

ちぢみほうれんそう。

 

 

 

 

水菜

 

 

 

 

今回のセットメニュー

 

アミューズ:ちぢみほうれんそう、ひとみにんじん、薄紫大根のサラダ

 

 

 

 

スープ:黒大根と霜降り水菜、ケッパーのスープ

 

 

 

 

パスタ:サバとキタアカリ、ちぢみ菜のグリーンソース

 

 

 

 

 

 

お待ちかね、まかないタイム♫

 

 

 

来月のキレドのランチは、

2月4日(月)の予定です。

次はどんな野菜が主役になるか、楽しみです。

 

 

 

 

 

 

インフルエンザが流行りつつあります。

14連勤の序盤、ダウンできないのでヒヤヒヤものですが、

気合で駆け抜けたいと思っています。

とは言え、まだまだ正月気分が抜けず、

朝7時に起きるのが地獄の苦しみ。

睡眠と栄養は十分とっていますが、運動が・・・。(汗)

 

みなさんも風邪に負けないよう、

体調管理と気合にお心がけくださいね。

 

 

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:40 |
home1.jpg

home2.jpg


facebook

instagram



    gallery ten 営業カレンダー
    営業時間 12:00〜17:00
  gallery ten 営業カレンダー
    ※カフェの営業は
      ギャラリー営業日と同じです。
    ※詳細は、HPでご確認ください。


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
BLOG CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 内田鋼一さんの皿 & 癒しのマッサージ
    ten (09/29)
  • 内田鋼一さんの皿 & 癒しのマッサージ
    石野良和 (09/29)
  • 横道佑器さんと打ち合わせ@豊中 
    ten (09/11)
  • 横道佑器さんと打ち合わせ@豊中 
    小澤 早苗 (09/11)
  • 『daily comfort』展 5日め & 笹本雅行さんのオブジェ & "奈央屋”の『キーマカレー』 & 明日『近田美穂さんのケーキ』・『kiredo kitchen』
    ten (09/06)
  • 『daily comfort』展 5日め & 笹本雅行さんのオブジェ & "奈央屋”の『キーマカレー』 & 明日『近田美穂さんのケーキ』・『kiredo kitchen』
    はじめまして。 (09/06)
  • ノモトヒロシさんと打ち合わせ in 軽井沢
    ten (09/07)
  • ノモトヒロシさんと打ち合わせ in 軽井沢
    Ricca OKANO (09/07)
  • 『常設展』 3日め & 林みちよさんのオブジェ & “merle”の『パプリカとトマトのカレー Rouge』 & 近田美穂さんの生ケーキ & 明日『楽々日本史の会』 & 『人狼ゲーム』のお誘い
    ten (08/03)
  • 『常設展』 3日め & 林みちよさんのオブジェ & “merle”の『パプリカとトマトのカレー Rouge』 & 近田美穂さんの生ケーキ & 明日『楽々日本史の会』 & 『人狼ゲーム』のお誘い
    ヤナガワ (08/03)
モバイル
qrcode