ギャラリーテン Daily Alle Colle

gallery ten・店主のblog
<< 新企画『ケ・ハレのうつわ 2』展 4日め & 山岸厚夫さんの船形鉢 & ”kiredo”の『島ニンジンとフェンネルのイエローチキンカレー』  & 明日『大人の書の会』 | main | 新企画『ケ・ハレのうつわ 2』展 6日め & 山岸厚夫さんの折敷 & ”kiredo”の『島ニンジンとフェンネルのイエローチキンカレー』  & 本日『カラダで覚える英語の会』 >>

新企画『ケ・ハレのうつわ 2』展 5日め & 高木浩二さんの長方皿 & ”kiredo”の『島ニンジンとフェンネルのイエローチキンカレー』  & 本日『大人の書の会』 & 明日『カラダで覚える英語の会』

 

 

こんにちは。

 

今日も快晴。

気持ちのよい日が続いていますね。

 

 

 

 

 

 

 

新企画『ケ・ハレのうつわ 2』展、5日めです。

 

 

早くも今年最後の月。

年末年始を控え、慌ただしい日々が待っています。

と同時に、お正月のごちそうを盛る器にも意識が高まる時期ですね。

今回ご紹介するお二人の漆器・陶器は、

日常の”ケ”、年中行事など非日常の”ハレ”のどちらにも大活躍する器です。

ぜひご高覧くださいませ。

 

 

山岸厚夫さん。

福井県鯖江市で長年漆器の制作をされています。

”ジーンズ感覚の漆器”と称し、

繊細で扱いに気を遣うと敬遠されがちな漆器ですが、

山岸さん独自の表面仕上げによりキズが目立ちにくく使いやすい作品。

ふだん使いでどんどん食卓に登場させてください。

 

 

高木浩二さん。

千葉県千葉市で作陶されています。

大理石のような味わいのあるテクスチャー。

高木さんの器は、和洋問わず料理を引き立て高級感を増します。

多くのレストランや料亭で使用される訳が納得できる器の力を実感してください。

 

 

 

今日は高木さんの長方皿をご紹介します。

意外とありそうでないこの大きさの長方形の皿。

一回り小さかったり、もっと細長かったりという皿はよく見かけますが、

この絶妙なサイズ感が重要なのです。

サンマも一匹悠々と盛り付けられる長さでありながら、

奥行もあるので、いろんなお料理やお菓子が盛り映えがします。

その上、高木さん独自の大理石のような肌。

またピシっと定規で引いたような線ではなく、自然な直線もよい。

この長方皿は、寿司屋さんや日本料理店のみならず、名だたるフレンチやイタリアンのレストランの注文が多いそうです。

 

 

35cm×16cm 7560yen

 

 

 

裏側が刳れている分、軽量になります。

洗う時など助かりますね。

 

側面も斜めに立ち上がっています。

 

テーブルから器を取り上げる時に、この斜めの立ち上がりに指を入れられるので便利。

 

 

長方形の皿が2枚あると・・・。

個別に使う皿になると同時に、

組み合わせて楽しむことができます。

 

正方形にして、大皿盛りに。

 

より長くすることで、料理を盛るとダイナミックになるでしょう。

 

ちょっとずらして器にもアクセントを・・・。

 

 

先日の食事会でも、大活躍したこの皿。

高級感と品格が加味される魔法の器です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、10日(日)まで、

月替わり期間限定カレーランチ 『島ニンジンとフェンネルのイエローチキンカレー』を提供します。

 

今回は”kiredo”・栗田貴士さんの渾身のカレーです。

 

(以下、栗田さんのコメント)

 

島ニンジンは加熱すると人参の風味に加えてサツマイモやトウモロコシのような風味が出てくる特別な人参。

ピューレにするとさらに生クリームのような風味が出てきてとてもクリーミーになります。

この島ニンジンのピューレをベースにして生クリームのようなコクを出しています。

また玉ねぎと同量のフェンネル(スパイスシードではありません)を炒め風味をさらに豊かにしています。

フェンネルは炒めることで良い香りと出汁が出ます。

生のフェンネルが苦手な方も炒めれば好きになると思います。

チキンは煮込みすぎると美味しくなくなるので、煮込み時間を最小にとどめ食感をキープ。

その分、出汁が出ないので、出汁は鶏ガラで別にとって煮込みで投入する水の代わりに使っています。

スパイスは8種類使いましたが、ベースはカルダモンとコリアンダー。

辛さを抑えて仕上げています。

 

付け合わせには、バターナッツとレモンを辛みの強いピクルスに仕立てました。

辛みと酸味の強い付け合わせになっています。

カレーが辛くないので、混ぜて召し上がってください。

 

栗田さん、今年、糸井重里さん主宰の”ほぼ日 カレーの学校”に通い、

ますます自作の野菜を使ったカレー熱が沸騰中!

ぜひお召し上がりくださいね!


ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『大人の書の会』。

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びます。

 

来月は、1月6日(土)・9日(火)の2クラスです。

参加希望の方はご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

明日は、月イチカルチャー『カラダで覚える英語の会』です。

”いざという時に堂々と話せる英語を楽しくカラダで覚えましょう”がコンセプト。
好奇心旺盛・チャレンジ精神旺盛な小川洋子さんの
長い海外生活での豊富なおもしろエピソードを題材に、
”読む・書く”英語から”聴く・話す”英語を体感しましょう。
ネイティブスピーカーならではの表現や使い方も教わります。
洋子さん専門のアロマ・呼吸法を取り入れ、リラックスしながら楽しいレッスンを!
毎回、一回完結の内容です。
単発でも連続でもご参加いただけます。
英語が全く苦手という方対象の初級クラス、
英語で日常会話をもっと流暢にという方対象の中級クラスの2クラス編成です。

講師:小川洋子さん
会費:2500円
定員:各会max6名
要予約→各会先着6名まで

 

参加ご希望の方は、本日15時までにご連絡ねがいます。

 

 

 

 

 

 

みなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:22 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gallery-ten-blog.com/trackback/2013
トラックバック
home1.jpg

home2.jpg


facebook

instagram



    gallery ten 営業カレンダー
    営業時間 12:00〜17:00
  gallery ten 営業カレンダー
    ※カフェの営業は
      ギャラリー営業日と同じです。
    ※詳細は、HPでご確認ください。


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
BLOG CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ノモトヒロシさんと打ち合わせ in 軽井沢
    ten (09/07)
  • ノモトヒロシさんと打ち合わせ in 軽井沢
    Ricca OKANO (09/07)
  • 『常設展』 3日め & 林みちよさんのオブジェ & “merle”の『パプリカとトマトのカレー Rouge』 & 近田美穂さんの生ケーキ & 明日『楽々日本史の会』 & 『人狼ゲーム』のお誘い
    ten (08/03)
  • 『常設展』 3日め & 林みちよさんのオブジェ & “merle”の『パプリカとトマトのカレー Rouge』 & 近田美穂さんの生ケーキ & 明日『楽々日本史の会』 & 『人狼ゲーム』のお誘い
    ヤナガワ (08/03)
  • 芝原人形のお雛さま & 近田美穂さんの生ケーキ & 姫路“インデアン”の『ビーフカレー』
    Rika Udagawa (11/20)
  • 明後日『薬膳料理教室の会』
    阿部絵理子 (09/14)
  • 『フリーダ・カーロの遺品』を観た 
    ten (08/28)
  • 『フリーダ・カーロの遺品』を観た 
    川部重臣 (08/24)
  • ”Madame Noe”さんのレッスン
    ten (06/17)
  • ”Madame Noe”さんのレッスン
    阿部絵理子 (06/17)
モバイル
qrcode