ギャラリーテン Daily Alle Colle

gallery ten・店主のblog
<< 『motif』展 & 本日『kiredo kitchen』 & 明日『merleのメンチカツランチ・テイクアウト』 | main | 『motif』展 & 本日『薬膳料理教室の会』 & 明日『カラダで覚える英語の会』 & 昨日の”merle”『メンチカツランチ』  >>

『motif』展 北尾正治・マキさんの皿 & 本日『merleのメンチカツランチ・テイクアウト』 & 明日『薬膳料理教室の会』 & 昨日の『kiredo kitchen』

 

 

こんにちは。

 

 

 

今日も涼しい、やる気が起きる♫

 

 

 

 

白く清楚なアベリア、

この子たちは真夏の暑い日もずっと清楚であり続ける。

スバラシイ・・・。

そんなヒトになりたいものだ・・・。

 

 

 

 

 

 

今企画『motif』展、会期後半。

 

今展のお二人の作品には、愛らしいモチーフがちりばめられています。

その絵の世界に引き込まれ、心温かくなり、

またそれらを使って楽しめるシアワセをお届けしたいと思います。

 

 

北尾正治さん・マキさん

 

北尾正治さん・マキさんご夫妻は、生まれ育ちも金沢。

正治さんのお父様はグラフィックデザインの仕事をされていたそうです。

正治さん、高校を卒業して特に何かやりたいと思うこともなく、

バイクでツーリングに出たり、自由気ままにぶらぶら過ごしていました。

なんとなく陶芸教室に通い始めてから少しおもしろくなる。

九谷研修所に入り3年学んだあと、絵付けの工房に就職し約10年勤め、独立。

マキさんは以前は九谷焼陶芸館の事務スタッフで、やきものは素人でしたが、

結婚と同時に正治さんの見よう見まねで作陶。

 

二人の作品は、伝統的な九谷焼のカラフルな色絵の具や呉須のブルーで、

小さいユニークなモチーフがたくさん描かれています。

小さい小さい人、小さい小さい羊、小さい小さい木、・・・・・。

いわゆる九谷によく見られるモチーフの連続の手法もありますが、

どこかにちょっとした楽しさやサプライズが潜んでいる。

それらから温かい幸せのようなものが醸し出されているのです。

散歩しながらその辺にある植物のカタチに感動したり、

変な生き物に心惹かれたり、

金沢の丘の上にある自宅で日々体験する自然界の摩訶不思議で飽きない発見にワクワク。

そのことが作品のモチーフをより魅力的にしているのだと思います。

一度見たら、思わず「かわいい!」と口からついてでてしまうキュートな器が勢ぞろい!

 

作家在廊日:6日(土)

 

 

 

ワタナベサラさん

 

浜松出身のワタナベサラさんは、現在、富山でガラスの制作をされています。

おじいさまは絵を描き、お父様は庭師、サラさんも3歳の頃から造形教室に通う。

小学生の頃、『TVチャンピオン』という番組でガラス職人の特集に衝撃を受け、

その時、ガラス作家になりたいと思ったのだそう。

倉敷芸術科学大学に入学したものの、在学中は軽音部に入り、ライブばかりやって過ごす。

その後、富山ガラス造形研究所で学び、助手になり、富山ガラス工房に就職し今に至る。

工房受注の品を作ることが仕事で、休みの日や勤務時間外に自分の制作を。

 

ガラスを吹く工程は、スポーツやライブのようで好きだと言います。

炉から竿に巻き付けたドロドロのガラスが、

時間差、温度差、体のコンディションによってデキが変わるスリルや臨場感。

また、サラさんの作品は、サンドブラストで描かれたユニークな絵が特徴。

ガラスを吹くことと同じくらい、図案を考えるのが好き。

図案のネタ帳のようなものを見せてもらうと、

想像力豊かで緻密な設定の上、よく練られているストーリーがある。

そこに登場する生き生きとしたキャラクターがたくさん描かれており、

それらが作品のモチーフとなり、今にも動き出しそう。

幼児の頃の造形教室の先生が、大人になったサラさんの作品を見て

「あの頃と変わらないね」とおっしゃったとか。

サラさんの創作は、ガラスのみならず、刺繍やフェルト人形や映像にも進化しつつあります。

それらのどれもが、サラワールド。

これからどんな展開が待っているのか楽しみです。

 

作家在廊日:1日(月)

 

 

 

 

今日は、北尾正治さんとマキさんの皿をご紹介します。

お二人のユニークで細かいモチーフが、平たく見られる皿。

食卓では視覚で最も楽しめる器であるお皿が北尾さんワールドってうれしいですよね。

遠目に見てもおもしろい絵柄ですが、

近くからよーく見てみてください。

細かく描きこまれていて、ずっと見ていても飽きないです。

絵はのっぺりフラットではなく、ところどころ盛り上がっています。

ぜひ実物をじっくりご覧くださいね。

あと、小皿、豆皿は改めてご紹介します。

 

 

 

 

コレ、ずーっと買いたくて迷っています。(汗)

サイズがもう一回り大きければ即決なのですが、

なんとかギリギリガマン中。

24cm角 12960yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長皿もよいです。

描きこまれた小さくてかわいらしいモチーフがたまりません・・・。

26cm×13cm 7560yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丸い植物柄の皿。

ヘムがしっかり上がっているので、水分も受け止めます。

裏側にも呉須で植物。

癒される〜♡

φ18.5cm 6480yen

 

 

 

 

 

ヒツジが一匹、ヒツジが二匹、ヒツジが三匹、・・・・・・。

さて何匹いるでしょう。

18cm角 4860yen

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、『merleのメンチカツランチ・テイクアウト』の日です。

 

フレンチ”merle(メルル)”のシェフ・山中学さんによるスペシャルランチ。

merleの定番・人気メニューのメンチカツが登場!

 

メルルのメンチカツは、

丁寧に手間暇かけてこしらえたフォン(フレンチの出汁)をたっぷり練り込んだ

開店当時からの名物メニュー。

 

今回、メルルのメンチのファンがたくさんいらっしゃるので、

特別にメンチカツのプレートランチをご用意いたしました。

満足感のあるメンチカツと季節の付け合わせランチをお楽しみくださいませ。

 

 

本日、少しだけ余分に仕込んできたものがあります。

少しだけなので、ご希望の方は今すぐお電話ください。

tel:0475-78-3068

 

 

 

 

ただいま、正午お受け取りのテイクアウトのメンチを揚げ始めたところです。

早く食べた〜い!!!

 

 

 

 

 

 

そして、明日は、

月イチカルチャー『薬膳料理教室の会』の日です。

薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは“身体に溜まった熱を出し、心を整え、脾を補い、気を作り出す薬膳”。

 

夏は陽気が最も盛んになる季節です。

暑熱によって汗をかき、身体の熱を発散させます。

そのために気(エネルギー)と津液が消耗され、だるさ・倦怠感が出やすくなります。

五臓の中で、暑熱に影響を受けやすい心を補い安定させることも大切です。


毎回、充実と満足の内容の薬膳料理教室、
ためになる情報がたくさんで、しかも美味しい。

ぜひご参加くださいね。

講師:田村直美さん
会費:4000円
 

参加ご希望の方は、本日17時までにご連絡ねがいます。

 

 

 

 

 

 

昨日の月イチランチ『kiredo kitchen』のご報告です。


世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

 

今回の野菜

 

 

.肇譽咼

▲坤奪ーニ

枝豆

だ舷コーン

ダ州水茄子

Εタアカリ

 

 

今回は、泉州水茄子とコーンを前菜でお出しします。

甘みの強く生食がおいしい水茄子とコーンをサラダで。

 

パスタは新じゃがのジェノベーゼソースを。

ジェノバ原産のバジルを育ててふんだんに使っています。

通常の倍の量をぜいたくにソースにしました。

 

 

 

ランチセット

 

アミューズ:

 泉州水茄子と生食コーン、枝豆とトレビスのサラダ

 

 

 

 

 

 

スープ:

 イエローズッキーニのポタージュ

 

 

 

パスタ:

 キタアカリと濃厚バジルのジェノベーゼソース

 

 

 

 

 

 

お待ちかね!

シアワセまかないランチ。

 

 

 

 

来月のキレドのランチはお休みですが、

次は9月9日(月)を予定しています。

どんな野菜が登場するか楽しみです!

 

 

 

 

 

 

さて、昨日のブログの冒頭で、

謎の新芽と言っていた植物。

 

コレは数日前。

得体の知れない綿毛のようなところから

綿をまとった新芽が出てきたので、

何かモケモケの植物なのかと思っていました。

 

 

↓ 昨日

 

↓ 今日、さらに伸びています。

 

 

昨日、スタッフが、

「コレじゃないですか?」と言った。

 

 

 

はっ!

確かにシダ類は、キュルキュルっとしたものが伸びて大きくなる。

このシダがどんな種類なのかは不明ですが・・・。

そもそも、この鉢、

福岡の欄の専門店(名前忘れた)で買って送ってもらったもの。

バルブなんちゃらという蘭だけだったのが、

いつの間にかこのシダが出てきたのでした。(苦笑)

大変お騒がせいたしました。(汗)

昨日のブログにコメントいただいたSさん、

そんなわけでございます。

が、いまだ、このシダ、何という名前かは不明。

 

 

 

 

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:33 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gallery-ten-blog.com/trackback/2401
トラックバック
home1.jpg

home2.jpg


facebook

instagram



    gallery ten 営業カレンダー
    営業時間 12:00〜17:00
  gallery ten 営業カレンダー
    ※カフェの営業は
      ギャラリー営業日と同じです。
    ※詳細は、HPでご確認ください。


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
BLOG CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 『motif』展 & 本日『薬膳料理教室の会』 & 明日『カラダで覚える英語の会』 & 昨日の”merle”『メンチカツランチ』 
    センニン (07/10)
  • 『motif』展 & 本日『kiredo kitchen』 & 明日『merleのメンチカツランチ・テイクアウト』
    センニン (07/08)
  • 『nostalgia』展 本日最終日! & 本日 小野高峰さん・桐谷増子さん 在廊!& ”merle"山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 本日『カラダで覚える英語の会』 
    ten (06/16)
  • 『nostalgia』展 本日最終日! & 本日 小野高峰さん・桐谷増子さん 在廊!& ”merle"山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 本日『カラダで覚える英語の会』 
    センニン (06/15)
  • 『nostalgia』展 小野高峰さんの春海バカラ & ”merle”山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 明日『大人の書の会』 & 『房州うちわの会』のおしらせ
    ten (06/03)
  • 『nostalgia』展 小野高峰さんの春海バカラ & ”merle”山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 明日『大人の書の会』 & 『房州うちわの会』のおしらせ
    センニン (06/03)
  • 内田鋼一さんの皿 & 癒しのマッサージ
    ten (09/29)
  • 内田鋼一さんの皿 & 癒しのマッサージ
    石野良和 (09/29)
  • 横道佑器さんと打ち合わせ@豊中 
    ten (09/11)
  • 横道佑器さんと打ち合わせ@豊中 
    小澤 早苗 (09/11)
モバイル
qrcode