ギャラリーテン Daily Alle Colle

gallery ten・店主のblog
<< フクイリハルさんのワンピース & 本日 赤地径さん・リハルさん在廊! & ”はなう”・小島祥シェフの『ワタリガニとズッキーニのカレー』 | main | フクイリハルさんのリネンベスト & ”はなう”・小島祥シェフの『ワタリガニとズッキーニのカレー』 & 本日『大人の書の会』  & 明日『カラダで覚える英語の会』 >>

赤地径さんの梅の絵 & ”はなう”・小島祥シェフの『ワタリガニとズッキーニのカレー』 & 明日『大人の書の会』

 

 

 

こんにちは。

 

 

カラっと晴れました。

 

 

 

ツワブキの黄色い花が咲き始めてきました。

 

 

 

 

 

 

今月の新企画・『』展、4日め。

 

艶やかな赤、気品あふれる赤、温かみのある赤、鋭い赤、麗しい赤、

淡い赤、奥深い赤、優しい赤、ハッとする赤、冷酷な赤、元気になる赤、・・・

 

 

赤地径さん

 

著名な陶芸家であるお父様の健さんの創作の姿を見、その器で食事をして育ってきた赤地径さん。
金沢は文化の街。ことに工芸・やきものの街です。

子どもの頃からそんな環境にいた赤地さん、さほどやきものには関心もなく、大学文系に進学するも2年で中退。
その後、ブラブラしていたが、なんとなく九谷研修所で絵付けを主に学ぶ。
お父様と親交のあった大御所・伊藤慶二さんの勧めもあり、多治見市陶磁器意匠研究所に入所。
やきものの奥深さを知り新鮮な気持ちになるも、そこには絵付けをする人がおらず、かえって絵付けの面白さに気づく。
金沢に帰って父を改めて尊敬し自分もその道に進むことを決意。
人の役に立つもの→器→特に飯碗を作る人になろう! と、意欲的に現在に至ります。

赤地さんの作品には、九谷の赤絵に大きな魅力があります。
赤地さんは、視覚として元気になる華やかな赤という色を大切にしていると言います。
前田家の家紋の梅は加賀の象徴で、シンプルで美しく品のあるモチーフ。
赤地さんの作品には、そんな伝統の梅もモダンに描かれ、私たちの心を癒してくれます。

私の自宅では15年以上、赤地さんの飯碗を愛用し食洗器でガンガン洗うも欠けも割れもしない頑丈さ。
清潔感のあるツルツルの磁器の肌、手にスッとなじむサイズ感・重量感、飽きのこない絵柄、まさに秀逸な”用の器”。
今回、飯碗、鉢、皿、カップなど、バリエーション豊かに300点以上の作品を展開いたします。お楽しみに!

 

在廊日:3日(日)

 

 

フクイリハルさん

 

常に笑顔でアグレッシブなフクイリハルさん。
リハルさん主宰の”アトリエ・イド”の、ニット、かご、リネンなどのワークショップから派生したウェアや雑貨が続々と。

テンでも好評で何度か展開しているリネンウェアは、こだわりのリネンが特別に質の良い生地。
テクスチャがほどよくバルキーなため、見た目も寒々とせず真冬でも心地よく着られるのです。
従来のたっぷりキュロットやパンツに加え、ストンとそのままかぶって着るゆったりローブ、ベストもお目見え!
また、今回テンでの秋の企画で初登場のニットフェルトとニット作品。
編地を縮絨(フェルト化)させるという工程を経るニットフェルトは、その特質”張り”と”保温性”が特徴。
それを最も発揮できるティーコゼを発表したところ、かぶろうとする人が続出したことから、帽子が誕生したそう。
そして、ニットフェルトで出た端糸を利用して作られた『しましまニット』。
手回しのドイツの輪編み器を使って編み上げたえりまきは二つと同じものはありません。
首に一巻きすることで形がキマるデザイン。

リハル作品は、着心地、素材感、ボリュームやシルエットにいろいろな工夫がなされています。
素材はリネン、ニット、ニットフェルトといろいろですが、今展のテーマの赤に注目してみてください。
鮮やかな赤も、素材や糸によってニュアンスが違い、コーディネートのアクセントに。
なぜか秋になると赤が気になります。ぜひご自身のアレンジをお楽しみくださいね。

 

在廊日:1日(金)・6日(水)・8日(金)・13日(水)

 

 

 

今日は、赤地径さんの絵付けのモチーフに多い梅のシリーズをご紹介します。

 

赤地さんの器は、ふだん使いの器として食卓で大活躍すると思います。

使いやすい、扱いやすいということはもちろんなのですが、

清々しい白地に描かれた赤い梅など、縁起のよい絵柄は、

お正月などのお祝いの席でも一層テーブルを華やかにしてくれます。

日本人の和の精神を息づかせるコーディネートになるでしょう。

いろんなアイテムで展開しています。

ご高覧くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月1日(金)〜10日(日) 

 

 

今月の月替わり期間限定カレーランチ は『ワタリガニとズッキーニのカレー』

 

”ホキ美術館”併設のイタリアンレストラン”はなう”のシェフ・小島祥さんによるスペシャルカレー。

 

トマトベースのソースに14種類のスパイスとハーブ。

カニだけではなく魚介のダシも追加されています。

素揚げしたズッキーニを加えて香ばしさもアップ。

 

 

付け合わせは『スペルト小麦と野菜のサラダ』

 

スペルト小麦は、ヨーロッパで9000年も前から栽培されていた古代小麦の一種。

栄養価も高く美味。

独特の食感もお楽しみください。

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は、月イチカルチャー『大人の書の会』の日です。


小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

講師:西尾修一さん
会費:2500円

 

参加ご希望の方は、本日17時までにご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

昨日、今展のお二人。

記念にパチリ。

 

 

 

 

 

 

さきほど、スタッフが出勤。

昨夜の大雨が怖かったとのこと。

ここのところ私は疲れ果てており、

昨夜も9時前に寝てしまい、雨など全く気が付かず今朝7時半に起きました。(苦笑)

たしかに”雨”と聞くとドキっとしてしまいます。

あちらこちらの被災地では、復旧に向けて多くの方が心血を注いでおられます。

気温差も激しい折、みなさまのご体調にも気を付けていただきたいです。

 

 

 

 

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:46 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.gallery-ten-blog.com/trackback/2466
トラックバック
home1.jpg

home2.jpg


facebook

instagram



    gallery ten 営業カレンダー
    営業時間 12:00〜17:00
  gallery ten 営業カレンダー
    ※カフェの営業は
      ギャラリー営業日と同じです。
    ※詳細は、HPでご確認ください。


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
BLOG CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ワイン会@gallery ten のおしらせ
    西尾修一 (11/12)
  • 『motif』展 & 本日『薬膳料理教室の会』 & 明日『カラダで覚える英語の会』 & 昨日の”merle”『メンチカツランチ』 
    センニン (07/10)
  • 『motif』展 & 本日『kiredo kitchen』 & 明日『merleのメンチカツランチ・テイクアウト』
    センニン (07/08)
  • 『nostalgia』展 本日最終日! & 本日 小野高峰さん・桐谷増子さん 在廊!& ”merle"山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 本日『カラダで覚える英語の会』 
    ten (06/16)
  • 『nostalgia』展 本日最終日! & 本日 小野高峰さん・桐谷増子さん 在廊!& ”merle"山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 本日『カラダで覚える英語の会』 
    センニン (06/15)
  • 『nostalgia』展 小野高峰さんの春海バカラ & ”merle”山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 明日『大人の書の会』 & 『房州うちわの会』のおしらせ
    ten (06/03)
  • 『nostalgia』展 小野高峰さんの春海バカラ & ”merle”山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 明日『大人の書の会』 & 『房州うちわの会』のおしらせ
    センニン (06/03)
  • 内田鋼一さんの皿 & 癒しのマッサージ
    ten (09/29)
  • 内田鋼一さんの皿 & 癒しのマッサージ
    石野良和 (09/29)
  • 横道佑器さんと打ち合わせ@豊中 
    ten (09/11)
モバイル
qrcode