ギャラリーテン Daily Alle Colle

gallery ten・店主のblog

『natureNATUREnature』展 5日め & ovejitaのストール & ”merle”山中学シェフの『牛肉とオニオンのキャラメリゼのカレー”ブリュン”』 & 本日『楽々日本史の会』 & 明日『大人の書の会』

 

 

こんにちは。

 

 

秋が深まる今日この頃・・・と言いたいところですが、

明日からの3連休は暑いらしいです・・・。

テレビでは「熱中症に注意しましょう」とか言っている。(汗)

そんなこんな言っているうちに、来月あたり大雪が降ったりして・・・。(汗)

地球で起こるいろんなことを止められませんね・・・。

 

 

 

 

 

 

今月の新企画『natureNATUREnature』展、5日め。

 

 

坂井千尋さん

 

東京・日野市で作陶する坂井千尋さん。
千尋さんの作品には、ツバメ、ネコ、トリ、ロバ、犬、ブタ、フクロウ、ウサギ、・・・など、動物がモチーフになっています。
ちょっとリアルなモノクロのそれらは、クールなイメージでありながら、どこか温かみがあります。
千尋さんのセレクトする動物たちは、身近にいるものや自然の中にいるもので動物園で見るものではありません。
彼女が意識されているのか否かはわかりませんが、千尋さんの自然への愛を感じます。
また木版画のような手の仕事の感覚が伝わってくる作風が、よりホッコリ気分を醸し出しています。
カタチは至ってシンプルで、サイズ感、厚さ、重さのバランスがとてもよく、使い勝手もバツグン。
器として使わなくてもインテリアのエッセンスになりうる千尋さんの作品です。

千尋さんのコメントです。
モノクロの器作りを続けてきていくつか他の色味も挑戦しているのですが、
今回の展示では『仄々(ほのぼの)明け』という夜が明ける直前の時間帯をモチーフにしたものと、
『夜の森』という、二つのシリーズを加えて制作しようと思っています。
動物や風景などにあこがれて描いていますが、情景とともに時間の意識を色にすることで
モノクロを含めた全体の世界観を損なわないで見ていただけたらうれしいです。

 

在廊日:1日(月)・6日(土)

 

 

ovejita・やざわしのぶさん

 

千葉県・館山市でストールを制作しているやざわしのぶさん。
毎朝のお散歩で発見する小さな野の花にインスピレーションを受け、しのぶさんのフィルターを通した植物のモチーフ。
それらは、ニードルパンチなどによるフェルトやステッチによって表現されます。
その図案化された植物はあまりにもキュートで優しく愛にあふれています。
しのぶさんのテンでの企画は今回で2度め。
乙女心をガッツリつかまれた人がたくさんいらっしゃいましたが、私の乙女な心もヤラれました。

しのぶさんのコメントです。
嬉しくなる気持ちが湧いてくるまで模索します。
そして、同じシリーズを何枚つくっても、一枚一枚仕上げると、「あぁ、コレだよなぁ。」と思います。
ずっとつくり続けても変わらない気持ち。
その中でもアタラシイ小さい発見をして、それを積み重ねて。
この頃は、なるべくシンプルな線と複雑な色を、より意識するようになりました。
つくる時には、モチーフを描くだけでなく、あの感じ!というような感覚や空間を意識して、
最終的に、リズムが感じられるような全体を目指して。
今回は、秋の始まりに上着代わりになるようなウールの大判ストールもつくりました。

 

在廊日:6日(土)・7日(日)

 

 

 

明日は、千尋さん&しのぶさんが在廊予定です。

お二人とも新作を追加で持ってきてくださいます。

きっとにぎやかな一日になるでしょう♪

 

今日は、ovejita・しのぶさんのストールをご紹介します。

いろんなタイプのバリエーションをざっと・・・。

ストール本体の生地が、リネン100のもの、リネン×ウールのもの、ウール100のものがあります。

サイズは細長いものから大判のもの、

カタチは長方形、三角形、正方形のもの、

施されたフェルトやステッチの絵柄がいろいろ、

さて、どの組み合わせのストールを選ばれますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日(月)〜8日(月・祝)は、

月替わり期間限定カレーランチ 『牛肉とオニオンキャラメリゼのカレー”ブリュン”』

 

フレンチレストラン”merle”のシェフ・山中学さんによる、オリジナルカレー。

甘みを最大限に引き出すまでにキャラメリゼした玉ねぎと

メルル自慢の継ぎ足しデミグラスを加えたブラウンカレー。

牛肉の旨みが重なり、食欲の秋にはぴったりのカレーです。

 

付け合わせは『冬瓜のグレッグ』

冬瓜をスパイスで香り付けしたギリシャ風のマリネ。

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『楽々日本史(近・現代史)の会』。

 

大人の教養として、もう一度日本史を学んでみませんか。
今と未来を意識した日本史の講義。

今回のテーマは、

”徴兵令”

士族にも平民にも受け入れがたい徴兵令とは!

 

 

 

 

画家でもいらっしゃる講師の斎藤永良さん。

日本史の会のレギュラーメンバーお一人ずつの

肖像画を描いていっておられます。

今回仕上がったIさんの絵。

京都に行って舞妓さんに変身した時の写真をもとに描かれたもの。

ステキですね♪

 

 

 

 

 

 

 

明日は、月イチカルチャー『大人の書の会』の日です。
小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

講師:西尾修一さん
会費:2500円
 

参加ご希望の方は本日17時までにご連絡くださいね。

明日は、今展作家・やざわしのぶさんが飛び入り参加♫

 

 

 

 

 

 

今日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:39 |

『natureNATUREnature』展 4日め & 坂井千尋さんの動物の絵いろいろ & ”merle”山中学シェフの『牛肉とオニオンのキャラメリゼのカレー”ブリュン”』 & 明日『楽々日本史の会』

 

こんにちは。

 

 

 

昨夜、寝ていたら、けたたましいスマホのアラート音に飛び起きました。

地震警報。

何事もなくてよかったです。

隣りで寝ていたワンコのフルは、全く動じずガーガー寝ていました。

東北の震災の時も、フルは平気でした。

ドッシリ落ち着いていて、頼りになるわー♡

 

 

 

難を転じると言われるナンテン。

ナンテンの緑の実が成ってきました。

 

 

 

 

 

今月の新企画『natureNATUREnature』展、4日め。

 

 

坂井千尋さん

 

東京・日野市で作陶する坂井千尋さん。
千尋さんの作品には、ツバメ、ネコ、トリ、ロバ、犬、ブタ、フクロウ、ウサギ、・・・など、動物がモチーフになっています。
ちょっとリアルなモノクロのそれらは、クールなイメージでありながら、どこか温かみがあります。
千尋さんのセレクトする動物たちは、身近にいるものや自然の中にいるもので動物園で見るものではありません。
彼女が意識されているのか否かはわかりませんが、千尋さんの自然への愛を感じます。
また木版画のような手の仕事の感覚が伝わってくる作風が、よりホッコリ気分を醸し出しています。
カタチは至ってシンプルで、サイズ感、厚さ、重さのバランスがとてもよく、使い勝手もバツグン。
器として使わなくてもインテリアのエッセンスになりうる千尋さんの作品です。

千尋さんのコメントです。
モノクロの器作りを続けてきていくつか他の色味も挑戦しているのですが、
今回の展示では『仄々(ほのぼの)明け』という夜が明ける直前の時間帯をモチーフにしたものと、
『夜の森』という、二つのシリーズを加えて制作しようと思っています。
動物や風景などにあこがれて描いていますが、情景とともに時間の意識を色にすることで
モノクロを含めた全体の世界観を損なわないで見ていただけたらうれしいです。

 

在廊日:1日(月)・6日(土)

 

 

ovejita・やざわしのぶさん

 

千葉県・館山市でストールを制作しているやざわしのぶさん。
毎朝のお散歩で発見する小さな野の花にインスピレーションを受け、しのぶさんのフィルターを通した植物のモチーフ。
それらは、ニードルパンチなどによるフェルトやステッチによって表現されます。
その図案化された植物はあまりにもキュートで優しく愛にあふれています。
しのぶさんのテンでの企画は今回で2度め。
乙女心をガッツリつかまれた人がたくさんいらっしゃいましたが、私の乙女な心もヤラれました。

しのぶさんのコメントです。
嬉しくなる気持ちが湧いてくるまで模索します。
そして、同じシリーズを何枚つくっても、一枚一枚仕上げると、「あぁ、コレだよなぁ。」と思います。
ずっとつくり続けても変わらない気持ち。
その中でもアタラシイ小さい発見をして、それを積み重ねて。
この頃は、なるべくシンプルな線と複雑な色を、より意識するようになりました。
つくる時には、モチーフを描くだけでなく、あの感じ!というような感覚や空間を意識して、
最終的に、リズムが感じられるような全体を目指して。
今回は、秋の始まりに上着代わりになるようなウールの大判ストールもつくりました。

 

在廊日:6日(土)・7日(日)

 

 

 

今日は、坂井千尋さんの作品を象徴する、動物の絵をいろいろご紹介します。

千尋さんの描く生きものの説明など不要。

優しい息遣いが感じられる動物たちをご覧ください。

また、描かれている黒の質感や柔らかくシンプルな線や面も、肉眼で味わっていただけると

より動物愛が伝わってくるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、千尋さんから聞いたハナシ。

人気作家の千尋さんの展覧会は日本全国いろんなところで行われています。

会場によってお客様の層が違うのは当然のことながら、

売れていく作品の絵柄に傾向があるのだそうです。

例えば、都内であれば、

カモメ、ハリネズミ、コウモリ、・・・などが多いけれど、

テンでは、ブタ、フレンチブルドッグ、サル、・・・などが人気です。

 

千尋さんのお家には、

ニャンコとフレンチブルのキナコちゃんがいます。

ウチのフルとともに、ブヒ愛が絶大です!

 

 

↓キナコちゃん

 

↓フル

 

 

 

 

 

1日(月)〜8日(月・祝)は、

月替わり期間限定カレーランチ 『牛肉とオニオンキャラメリゼのカレー”ブリュン”』

 

フレンチレストラン”merle”のシェフ・山中学さんによる、オリジナルカレー。

甘みを最大限に引き出すまでにキャラメリゼした玉ねぎと

メルル自慢の継ぎ足しデミグラスを加えたブラウンカレー。

牛肉の旨みが重なり、食欲の秋にはぴったりのカレーです。

 

付け合わせは『冬瓜のグレッグ』

冬瓜をスパイスで香り付けしたギリシャ風のマリネ。

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

さて、明日の午前中は、

月イチカルチャー『楽々日本史(近・現代史)の会』。

 

大人の教養として、もう一度日本史を学んでみませんか。
今と未来を意識した日本史の講義。

今回のテーマは、

”徴兵令”

士族にも平民にも受け入れがたい徴兵令とは!


参加ご希望の方は本日17時までにご連絡くださいね。

講師:齋藤永良さん
会費:1500円 

 

 

 

 

 

 

さてさて、

今日からテンに新しいスタッフM1が加わります!

手前味噌ではありますが、

ウチのスタッフは全員ステキな女性です。

現在、スタッフはH、R1、R2、S、M2とM1で6人おります。

私のスタッフを選ぶポイントの第一は”品格”です。

品格と言っても、「〇〇ざーます。」とか、高級ブランドの服を着飾っているのとは違います。

私が考える品格とは・・・

誠実である。

心優しい。

好奇心旺盛である。

正直である。

謙虚である。

愛情をたくさん蓄えている。

ポジティブである。

モノゴトを楽しむ。

自己も周囲の人も大切にする。

・・・・・

そんなことだと考えています。

 

そんなスタッフたちに恵まれ、

私は幸せ者だと思います。

テンにいらっしゃるみなさんにもその幸せを少しずつおすそ分けしたいと思っています。

 

 

ふと気がつけば、

ギャラリーを自宅で始めたのが14年前の10月でした。

テンが気持ちのよい場所であるよう、

これからも精一杯努めていきますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 12:03 |

新企画『natureNATUREnature』展 3日め & ovejitaのフェルトモチーフいろいろ & ”merle”山中学シェフの『牛肉とオニオンのキャラメリゼのカレー”ブリュン”』 

 

 

こんにちは。

 

 

だんだん涼しいのか蒸し暑いのかがわからなくなってきました・・・。(汗)

とりあえず、出勤と同時にエアコンのスイッチオン。

長袖を着ていて若干肌寒いくらいの気温に早くなってほしいです。(苦笑)

 

 

シダ類は、暑い時も寒い時も、

いつも青々としていてゲンキ。

植物の生命力はスゴいなぁと感心します。

 

 

 

 

 

今月の新企画『natureNATUREnature』展、3日め。

 

 

坂井千尋さん

 

東京・日野市で作陶する坂井千尋さん。
千尋さんの作品には、ツバメ、ネコ、トリ、ロバ、犬、ブタ、フクロウ、ウサギ、・・・など、動物がモチーフになっています。
ちょっとリアルなモノクロのそれらは、クールなイメージでありながら、どこか温かみがあります。
千尋さんのセレクトする動物たちは、身近にいるものや自然の中にいるもので動物園で見るものではありません。
彼女が意識されているのか否かはわかりませんが、千尋さんの自然への愛を感じます。
また木版画のような手の仕事の感覚が伝わってくる作風が、よりホッコリ気分を醸し出しています。
カタチは至ってシンプルで、サイズ感、厚さ、重さのバランスがとてもよく、使い勝手もバツグン。
器として使わなくてもインテリアのエッセンスになりうる千尋さんの作品です。

千尋さんのコメントです。
モノクロの器作りを続けてきていくつか他の色味も挑戦しているのですが、
今回の展示では『仄々(ほのぼの)明け』という夜が明ける直前の時間帯をモチーフにしたものと、
『夜の森』という、二つのシリーズを加えて制作しようと思っています。
動物や風景などにあこがれて描いていますが、情景とともに時間の意識を色にすることで
モノクロを含めた全体の世界観を損なわないで見ていただけたらうれしいです。

 

在廊日:1日(月)・6日(土)

 

 

ovejita・やざわしのぶさん

 

千葉県・館山市でストールを制作しているやざわしのぶさん。
毎朝のお散歩で発見する小さな野の花にインスピレーションを受け、しのぶさんのフィルターを通した植物のモチーフ。
それらは、ニードルパンチなどによるフェルトやステッチによって表現されます。
その図案化された植物はあまりにもキュートで優しく愛にあふれています。
しのぶさんのテンでの企画は今回で2度め。
乙女心をガッツリつかまれた人がたくさんいらっしゃいましたが、私の乙女な心もヤラれました。

しのぶさんのコメントです。
嬉しくなる気持ちが湧いてくるまで模索します。
そして、同じシリーズを何枚つくっても、一枚一枚仕上げると、「あぁ、コレだよなぁ。」と思います。
ずっとつくり続けても変わらない気持ち。
その中でもアタラシイ小さい発見をして、それを積み重ねて。
この頃は、なるべくシンプルな線と複雑な色を、より意識するようになりました。
つくる時には、モチーフを描くだけでなく、あの感じ!というような感覚や空間を意識して、
最終的に、リズムが感じられるような全体を目指して。
今回は、秋の始まりに上着代わりになるようなウールの大判ストールもつくりました。

 

在廊日:6日(土)・7日(日)

 

 

 

今日は、ovejita・やざわしのぶさんのフェルトで形作られた植物などの有機的なモチーフを

いろいろご紹介します。

見ていて植物のようだとはわかりますが、

実在しない想像上の植物がシンプルな抽象図となってストールを彩っています。

 

しのぶさんのアトリエには、

たーくさんの美しい色の原毛があり、

ストール地に、しのぶさんのアタマの中に描かれたイメージを

ニードルでトントン叩いて定着していきます。

かなりのハードワークです。

 

 

 

 

しのぶさんの独創的な図案や色遣いは、

きっと女性が見ると第一声が「かわい〜っ♡」でしょう。

ただ可愛らしいだけではなく、

モダンアートを纏っているような気分になります。

オトナの乙女心をもっていかれてしまいます・・・♡

 

今回、大判のものを中心に、たーくさんストールを制作してくださいました。

今日は、ストールにニードルパンチやミシンステッチで描かれたモチーフをいろいろご紹介いたします。

ひとつひとつの手仕事なので、同じものは二つとありません。

ぜひお気に入りを探しにいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日(月)〜8日(月・祝)は、

月替わり期間限定カレーランチ 『牛肉とオニオンキャラメリゼのカレー”ブリュン”』

 

フレンチレストラン”merle”のシェフ・山中学さんによる、オリジナルカレー。

甘みを最大限に引き出すまでにキャラメリゼした玉ねぎと

メルル自慢の継ぎ足しデミグラスを加えたブラウンカレー。

牛肉の旨みが重なり、食欲の秋にはぴったりのカレーです。

 

付け合わせは『冬瓜のグレッグ』

冬瓜をスパイスで香り付けしたギリシャ風のマリネ。

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:32 |

新企画『natureNATUREnature』展 2日め & 坂井千尋さんの作品のシリーズ & ”merle”山中学シェフの『牛肉とオニオンのキャラメリゼのカレー”ブリュン”』 & 本日『大人の書の会』

 

 

こんにちは。

 

 

昨日の昼間は暑かったですね。(汗)

今日も気温は高めですが、湿度が低く、爽やかなお天気です。

よい季節ですね。

こんな日は、どこかに出かけたい気分ですが、仕事仕事・・・。(苦笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

今月の新企画『natureNATUREnature』展、2日め。

 

 

坂井千尋さん

 

東京・日野市で作陶する坂井千尋さん。
千尋さんの作品には、ツバメ、ネコ、トリ、ロバ、犬、ブタ、フクロウ、ウサギ、・・・など、動物がモチーフになっています。
ちょっとリアルなモノクロのそれらは、クールなイメージでありながら、どこか温かみがあります。
千尋さんのセレクトする動物たちは、身近にいるものや自然の中にいるもので動物園で見るものではありません。
彼女が意識されているのか否かはわかりませんが、千尋さんの自然への愛を感じます。
また木版画のような手の仕事の感覚が伝わってくる作風が、よりホッコリ気分を醸し出しています。
カタチは至ってシンプルで、サイズ感、厚さ、重さのバランスがとてもよく、使い勝手もバツグン。
器として使わなくてもインテリアのエッセンスになりうる千尋さんの作品です。

千尋さんのコメントです。
モノクロの器作りを続けてきていくつか他の色味も挑戦しているのですが、
今回の展示では『仄々(ほのぼの)明け』という夜が明ける直前の時間帯をモチーフにしたものと、
『夜の森』という、二つのシリーズを加えて制作しようと思っています。
動物や風景などにあこがれて描いていますが、情景とともに時間の意識を色にすることで
モノクロを含めた全体の世界観を損なわないで見ていただけたらうれしいです。

 

在廊日:1日(月)・6日(土)

 

 

ovejita・やざわしのぶさん

 

千葉県・館山市でストールを制作しているやざわしのぶさん。
毎朝のお散歩で発見する小さな野の花にインスピレーションを受け、しのぶさんのフィルターを通した植物のモチーフ。
それらは、ニードルパンチなどによるフェルトやステッチによって表現されます。
その図案化された植物はあまりにもキュートで優しく愛にあふれています。
しのぶさんのテンでの企画は今回で2度め。
乙女心をガッツリつかまれた人がたくさんいらっしゃいましたが、私の乙女な心もヤラれました。

しのぶさんのコメントです。
嬉しくなる気持ちが湧いてくるまで模索します。
そして、同じシリーズを何枚つくっても、一枚一枚仕上げると、「あぁ、コレだよなぁ。」と思います。
ずっとつくり続けても変わらない気持ち。
その中でもアタラシイ小さい発見をして、それを積み重ねて。
この頃は、なるべくシンプルな線と複雑な色を、より意識するようになりました。
つくる時には、モチーフを描くだけでなく、あの感じ!というような感覚や空間を意識して、
最終的に、リズムが感じられるような全体を目指して。
今回は、秋の始まりに上着代わりになるようなウールの大判ストールもつくりました。

 

在廊日:6日(土)・7日(日)

 

 

 

今日は坂井千尋さんの今回の作品の3つのシリーズをご紹介します。

千尋さんの作品と言えば、アイボリーの優しい白地にマットな黒で描かれた動物の絵が象徴的ですね。

今回は、それらに加えて、

夜が明ける直前の時間帯を表現した『仄々(ほのぼの)明け』のシリーズ。

真夜中の時間帯を表現した『夜の森』のシリーズ。

この3シリーズとも、赤や青などのヴィヴィッドな色は使われておらず、

白、黒、グレー、暗い緑のような色遣い。

眼に飛び込んでくるわかりやすい色がないことが

返って、そこに描かれている動物たちにグーっと意識が集中し、

じっと見ているうちに、呼吸や目や耳の動きがイマジネーションとして生まれてくるような気がします。

千尋さんの描かれる動物たちは、そのものだとわかるリアル感もありますが、

どこか図案化されたシンプルなフォルムやバランスに、ホワんとする温かみを覚えます。

 

 

 

従来の『モノクロ』シリーズ

 

 

 

『仄々明け』シリーズ

 

 

 

『夜の森』シリーズ

 

 

見る角度を少し変えてみると、浮き上がった黒の動物が現れます。

 

 

昨日の夕方、お客様も少なくなり、千尋さんといろいろ話をしていたのですが・・・。

カラスがアトリエに近寄ってきて、ストローで遊んだり、千尋さんの膝に載せたり。

自然豊かなお住まいの周辺に現れる野生の動物にも優しい眼差しを向けたり、

ペットのワンコやニャンコに対する姿勢、

・・・

話せば話すほど、千尋さんが全ての動物への愛情が深いということがわかります。

そんな胸の内のホンワカが、千尋さんの動物の絵に表れているからこそ、

千尋作品に惹かれる人が多いのだと確信しました。

愛だなぁ、愛・・・♡

 

 

 

 

 

 

1日(月)〜8日(月・祝)は、

月替わり期間限定カレーランチ 『牛肉とオニオンキャラメリゼのカレー”ブリュン”』

 

フレンチレストラン”merle”のシェフ・山中学さんによる、オリジナルカレー。

甘みを最大限に引き出すまでにキャラメリゼした玉ねぎと

メルル自慢の継ぎ足しデミグラスを加えたブラウンカレー。

牛肉の旨みが重なり、食欲の秋にはぴったりのカレーです。

 

付け合わせは『冬瓜のグレッグ』

冬瓜をスパイスで香り付けしたギリシャ風のマリネ。

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『大人の書の会』の真っ最中。
小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びます。

 

講師・西尾修一さんによる、興味深い書のお話を伺えるのも貴重な機会です。

今月は6日(土)のクラスもあります。

参加ご希望の方は、お問い合わせください。

また、この日は、今展作家のやざわしのぶさんが飛び入り参加します。

にぎやかな会になりそうです♫

 

 

 

 

 

 

 

さて、私の自宅とテンの店の設計でお世話になった

建築家・高橋修一さんの新しいご本が出版されました。

ただいま、販売しております。

ぜひお手にとってご覧くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

きもちのよい秋晴れの今日、

ぜひお出かけくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:25 |

新企画『natureNATUREnature』展 スタート! & 本日 坂井千尋さん在廊! & ”merle”山中学シェフの『牛肉とオニオンのキャラメリゼのカレー”ブリュン”』 & 明日『大人の書の会』

 

こんにちは。

 

 

台風一過。

えっっ?

また夏が来たの?

お暑うございます。(汗)

大きな台風が過ぎ去った爪痕、

被害の出ている地域も多いようです。

心からお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

今日から10月。

 

 

 

今月の新企画『natureNATUREnature』展がスタートします。

 

 

坂井千尋さん

 

東京・日野市で作陶する坂井千尋さん。
千尋さんの作品には、ツバメ、ネコ、トリ、ロバ、犬、ブタ、フクロウ、ウサギ、・・・など、動物がモチーフになっています。
ちょっとリアルなモノクロのそれらは、クールなイメージでありながら、どこか温かみがあります。
千尋さんのセレクトする動物たちは、身近にいるものや自然の中にいるもので動物園で見るものではありません。
彼女が意識されているのか否かはわかりませんが、千尋さんの自然への愛を感じます。
また木版画のような手の仕事の感覚が伝わってくる作風が、よりホッコリ気分を醸し出しています。
カタチは至ってシンプルで、サイズ感、厚さ、重さのバランスがとてもよく、使い勝手もバツグン。
器として使わなくてもインテリアのエッセンスになりうる千尋さんの作品です。

千尋さんのコメントです。
モノクロの器作りを続けてきていくつか他の色味も挑戦しているのですが、
今回の展示では『仄々(ほのぼの)明け』という夜が明ける直前の時間帯をモチーフにしたものと、
『夜の森』という、二つのシリーズを加えて制作しようと思っています。
動物や風景などにあこがれて描いていますが、情景とともに時間の意識を色にすることで
モノクロを含めた全体の世界観を損なわないで見ていただけたらうれしいです。

 

在廊日:1日(月)・6日(土)

 

 

ovejita・やざわしのぶさん

 

千葉県・館山市でストールを制作しているやざわしのぶさん。
毎朝のお散歩で発見する小さな野の花にインスピレーションを受け、しのぶさんのフィルターを通した植物のモチーフ。
それらは、ニードルパンチなどによるフェルトやステッチによって表現されます。
その図案化された植物はあまりにもキュートで優しく愛にあふれています。
しのぶさんのテンでの企画は今回で2度め。
乙女心をガッツリつかまれた人がたくさんいらっしゃいましたが、私の乙女な心もヤラれました。

しのぶさんのコメントです。
嬉しくなる気持ちが湧いてくるまで模索します。
そして、同じシリーズを何枚つくっても、一枚一枚仕上げると、「あぁ、コレだよなぁ。」と思います。
ずっとつくり続けても変わらない気持ち。
その中でもアタラシイ小さい発見をして、それを積み重ねて。
この頃は、なるべくシンプルな線と複雑な色を、より意識するようになりました。
つくる時には、モチーフを描くだけでなく、あの感じ!というような感覚や空間を意識して、
最終的に、リズムが感じられるような全体を目指して。
今回は、秋の始まりに上着代わりになるようなウールの大判ストールもつくりました。

 

在廊日:6日(土)・7日(日)

 

 

 

 

本日、千尋さんが在廊されます。

今朝、台風の影響で電車の遅延や運転見直しがあり、

8時半頃、千尋さんは車で日野を出発し、千葉に向かっているところです。

・・・で、

たった今、千尋さんから電話があり、

首都高が大渋滞で、まだ代々木あたりにいるとのこと。

千尋さん、お気をつけてー!

というわけで、テンに到着するのは少し遅れる模様。

みなさんも、ぜひ会いにいらしてくださいね。

 

 

 

今日は初日なので、全体の様子をザッとご紹介します。

千尋さんが車に追加作品をたくさん載せて向かっています。

とりあえず、今現在のレイアウトを・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、1日(月)〜8日(月・祝)は、

月替わり期間限定カレーランチ 『牛肉とオニオンキャラメリゼのカレー”ブリュン”』

 

フレンチレストラン”merle”のシェフ・山中学さんによる、オリジナルカレー。

甘みを最大限に引き出すまでにキャラメリゼした玉ねぎと

メルル自慢の継ぎ足しデミグラスを加えたブラウンカレー。

牛肉の旨みが重なり、食欲の秋にはぴったりのカレーです。

 

付け合わせは『冬瓜のグレッグ』

冬瓜をスパイスで香り付けしたギリシャ風のマリネ。

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

↓前回の山中さんのカレー

 

 

 

 

 

 

 

明日は、月イチカルチャー『大人の書の会』の日です。
小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

講師:西尾修一さん
会費:2500円
 

参加ご希望の方は本日17時までにご連絡くださいね。

6日(土)のクラスには、今展作家・やざわしのぶさんが飛び入り参加♫

 

 

 

 

 

 

今朝、出勤し、まずはエアコンのスイッチを入れる。

この店で最もエアコンが効くポイントである和室の入り口。

暑い日は、ここにPCを置いてブログを書きます。

ん???

畳の上に葉っぱが散乱している。

目線を上にやると、な、なんと、窓が開いているではありませんか!(汗)

ロックが甘かったのか、ロックし忘れていたのか、

昨夜の台風の大風と大雨はいったい・・・。(汗)

畳は濡れていない。

ってか、雨が吹き込んでいないはずもなく、

朝のうちに風で乾いたのか・・・。(苦笑)

いずれにせよ、作品が吹き飛ばされることもなく、

よくぞ無事で・・・。(感涙)

 

 

 

 

 

日々いろんなことが起きる中、

ゲンキにここにいられることを感謝しつつ、

今日もはりきって営業いたします。

 

どうぞご来店くださいませ。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:07 |

明日から新企画『natureNATUREnature』展 スタート! 

 

 

こんばんは。

 

 

大きな台風が近畿地方に上陸したようです。

被害が出ませんように・・・。

 

 

 

 

 

 

明日から10月。

早いです。

 

 

新企画『natureNATUREnature』展がスタートします。

 

準備万端と言いたいところですが、

明日の朝、ダダっと仕上げます。(汗)

 

 

明日は坂井千尋さんが在廊!

16時に帰られるので、お会いになりたい方はご注意くださいね。

 

 

 

 

また、月替わり期間限定カレーランチも明日から。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

今日は、11月の企画展でお世話になる革バッグ作家の池田順子さんと打ち合わせ。

キュートなバッグがたくさん登場します!

お楽しみに。

 

 

 

 

明日、みなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

 


おやすみなさい。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 20:35 |

休み中のいろいろ 2

 

 

こんばんは。

 

 

また台風が来ています。(汗)

 

明後日から営業再開なので、心配です。(汗)

 

 

 

 

 

9月が30日までしかないからか、

あっという間の休暇です。(汗)

いろいろ作業をしたり、遊んだりしています。

 

 

昨日は、11月の企画展でお世話になる”KUROMAME”さんの打ち合わせに、

埼玉県東松山市に行ってきました。

外環道が千葉の市川あたりまで延びていて、

私の自宅からは、

外房有料道路→東金道路→京葉道路→東関道→外環道→関越道と、

スムーズに行くことができました。

 

こちらのアトリエに伺うのは、たぶん5回めくらい。

土屋等一さん・美津子さんが、いつもの温かい笑顔で迎えてくださいました。

11月展のために作ってくださっているライトがたーくさん♫

どれもステキ!

 

そして、この展覧会では、フランスのアンティークも出展していただきます。

ってか、フライヤー撮影用にいくつか作品やアンティークを選ばせてもらいつつ、

ガマンができず、フランスのデカい郵便の棚とか錆びた鉄の理化学器を譲っていただき、

さっさと車のシートを倒して積み込みホクホク♪

「ビンボー人が買ってもええんか?」

「いや、今買わずしていつ買うんや。」

「でも借金はどうすんねん。」

「あかん、これは出会いやろ。買わいでかっ!」

・・・と、私の中の悪魔と天使が格闘していましたが、

私の座右の銘である『当たって砕けろ! やらない後悔よりやった後悔!』という持論にもとづき、

晴れて連れ帰ることと相成りました。パチパチパチ♪

 

 

 

 

 

 

約4時間ほど、話をしたりごはんをご馳走になったりし、

東松山をあとにし、川越へ。

うつわノート”さんへ。

2度めの訪問ながら、場所がわからなくて、

近辺に行って30分ほどウロウロする。(汗)

なんとかかんとか、閉店時間直前に到着。

皿を買い求め、クレジットカードのサインをしたら、

「あ、ギャラリーテンさんですよね。」と言われた。

覚えていてくださったのねー。

 

帰りは川越ICにすんなり乗れたけど、

なぜかすごい渋滞していて、気がついたら船橋あたりの下道を走っていた。(汗)

花輪ICからまた高速に乗り、無事帰宅。

 

 

 

今日。

 

午後、昨日買い求めたデッカイアンティークや撮影用のライトなどを

夫に手伝ってもらって店に運び込む。

すぐに家に夫を送り届け、その足で千葉劇場へ。

太陽の塔』が見たいなぁと思って、

友人・荒井恵子さんにLINEしたら見たいと。

放映開始時間2~3分過ぎに到着。

チケットを買っていたら、荒井さんがちょうど来た。

2時間一緒に映画を見て、お互い用があるので、5分ほどだけ話をして解散。

 

 

 

 

 

夜は、毎月恒例の”はなう”さんでのワイン会へ。

 

今月はフランス・ブルゴーニュ特集。

 

 

 

今回のワイン

 

 

 

(泡)『ボワゼル ブリュット』

シャンパーニュ・ボワゼル(シャンパーニュ地方)

(ピノノワール 50%、シャルドネ 30%、ピノムニエ 15%)

 

 

 

(白)『シャブリ 2014』

アンリ・ド・ブルソー(ブルゴーニュ地方)

(シャルドネ 100%)

 

 

 

(白)『シャブリ グランクリュ レクロ 2015』

ドメーヌ・パンソン(ブルゴーニュ地方)

(シャルドネ 100%)

 

 

 

(赤)『ボーシャルム ピノ ノワール 2015』

ルイマックス(ブルゴーニュ地方)

(ピノノワール 100%)

 

 

 

(赤)『メルキュレ レ・ヴァッセ プルミエクリュ 2014』

ルイマックス(ブルゴーニュ地方)

(ピノノワール 100%)

 

 

 

今回のお料理

 

『天使エビとビーツのラビオリ仕立て』

 

 

 

『イタリア産白インゲン豆のスープ タコのコンフィ』

 

 

 

『サンマのパイ包み焼き』

 

 

 

『コック オー ヴァン』

 

 

 

『フロマージュブランのムースと巨峰のコンポート』

 

 

 

 

できれば(?)歩いて帰りカロリーを消費したいところだけれど、

Sさんが運転代行さんで車で帰るというので便乗させてもらう。

 

今月のアタマから熱を出して風邪を引き、

いまだに咳が出るため、スポーツクラブに全然行けていない・・・。(汗)

帰宅してから、先日Aさんに教えてもらった『NIKE TRAINING』というアプリの

軽い運動をちょっとだけやった。(慢心)

来月こそ、ジム&スイミングを頑張るぞー!

 

 

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

| 展覧会 | 23:57 |

10月の催しのお知らせ

 

こんばんは。

 

 

 

10月の催しのおしらせです。

芸術の秋、食欲の秋、オシャレの秋、・・・。

楽しい秋を過ごしましょう。

 

 

 

◎10月1日(月)〜22日(月) 『natureNATUREnature』展

 

坂井千尋さん

 

東京・日野市で作陶する坂井千尋さん。
千尋さんの作品には、ツバメ、ネコ、トリ、ロバ、犬、ブタ、フクロウ、ウサギ、・・・など、動物がモチーフになっています。
ちょっとリアルなモノクロのそれらは、クールなイメージでありながら、どこか温かみがあります。
千尋さんのセレクトする動物たちは、身近にいるものや自然の中にいるもので動物園で見るものではありません。
彼女が意識されているのか否かはわかりませんが、千尋さんの自然への愛を感じます。
また木版画のような手の仕事の感覚が伝わってくる作風が、よりホッコリ気分を醸し出しています。
カタチは至ってシンプルで、サイズ感、厚さ、重さのバランスがとてもよく、使い勝手もバツグン。
器として使わなくてもインテリアのエッセンスになりうる千尋さんの作品です。

千尋さんのコメントです。
モノクロの器作りを続けてきていくつか他の色味も挑戦しているのですが、
今回の展示では『仄々(ほのぼの)明け』という夜が明ける直前の時間帯をモチーフにしたものと、
『夜の森』という、二つのシリーズを加えて制作しようと思っています。
動物や風景などにあこがれて描いていますが、情景とともに時間の意識を色にすることで
モノクロを含めた全体の世界観を損なわないで見ていただけたらうれしいです。

 

在廊日:1日(月)・6日(土)

 

 

ovejita・やざわしのぶさん

 

千葉県・館山市でストールを制作しているやざわしのぶさん。
毎朝のお散歩で発見する小さな野の花にインスピレーションを受け、しのぶさんのフィルターを通した植物のモチーフ。
それらは、ニードルパンチなどによるフェルトやステッチによって表現されます。
その図案化された植物はあまりにもキュートで優しく愛にあふれています。
しのぶさんのテンでの企画は今回で2度め。
乙女心をガッツリつかまれた人がたくさんいらっしゃいましたが、私の乙女な心もヤラれました。

しのぶさんのコメントです。
嬉しくなる気持ちが湧いてくるまで模索します。
そして、同じシリーズを何枚つくっても、一枚一枚仕上げると、「あぁ、コレだよなぁ。」と思います。
ずっとつくり続けても変わらない気持ち。
その中でもアタラシイ小さい発見をして、それを積み重ねて。
この頃は、なるべくシンプルな線と複雑な色を、より意識するようになりました。
つくる時には、モチーフを描くだけでなく、あの感じ!というような感覚や空間を意識して、
最終的に、リズムが感じられるような全体を目指して。
今回は、秋の始まりに上着代わりになるようなウールの大判ストールもつくりました。

 

在廊日:6日(土)・7日(日)

 

 

 

 

 

 

◎10月1日(月)〜8日(月・祝) 

月替わり期間限定カレーランチ 『牛肉とオニオンキャラメリゼのカレー”ブリュン”』

 

フレンチレストラン”merle”のシェフ・山中学さんによる、オリジナルカレー。

甘みを最大限に引き出すまでにキャラメリゼした玉ねぎと

メルル自慢の継ぎ足しデミグラスを加えたブラウンカレー。

牛肉の旨みが重なり、食欲の秋にはぴったりのカレーです。

 

付け合わせは『冬瓜のグレッグ』

冬瓜をスパイスで香り付けしたギリシャ風のマリネ。

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

↓前回の山中さんのカレー

 

 

 

 

◎10月2日(火) 10:00〜12:00
 10月6日(土) 10:00〜12:00 『大人の書の会』vol.44

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

講師:西尾修一さん
会費:2500円
要予約

 

 

 

 

 

◎10月5日(金)10:00〜12:00 『楽々日本史(近・現代史)の会』vol.26

 

大人の教養として、もう一度日本史を学んでみませんか。
今と未来を意識した日本史の講義。

今回のテーマは、

”徴兵令”

士族にも平民にも受け入れがたい徴兵令とは!


参加ご希望の方はご連絡くださいね。

講師:齋藤永良さん
会費:1500円 
要予約

 

 

 

 


◎10月12日(金) 9:30〜11:45 『薬膳料理教室の会』vol.44

薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは“肺を潤し、お肌・鼻・喉を潤して、シワ、風邪の予防をする薬膳”。

空気が乾燥する秋に、しっかり肺を潤し、お肌・鼻・喉を潤して、

風邪の予防をすることが大切です。

肺を潤すことは、お肌、粘膜が潤い、免疫力を高め、シワの予防につながります。m

 


毎回、充実と満足の内容の薬膳料理教室、
ためになる情報がたくさんで、しかも美味しい。

ぜひご参加くださいね。

講師:田村直美さん
会費:4000円
要予約

 

 

 

 

 

◎10月20日(土)    9:00〜10:20(中級クラス)
           10:30〜11:50(初級クラス) 『からだで覚える英語の会』vol.27

”いざという時に堂々と話せる英語を楽しくカラダで覚えましょう”がコンセプト。
好奇心旺盛・チャレンジ精神旺盛な小川洋子さんの
長い海外生活での豊富なおもしろエピソードを題材に、
”読む・書く”英語から”聴く・話す”英語を体感しましょう。
ネイティブスピーカーならではの表現や使い方も教わります。
洋子さん専門のアロマ・呼吸法を取り入れ、リラックスしながら楽しいレッスンを!
毎回、一回完結の内容です。
単発でも連続でもご参加いただけます。
英語が全く苦手という方対象の初級クラス、
英語で日常会話をもっと流暢にという方対象の中級クラスの2クラス編成です。

講師:小川洋子さん
会費:2500円
定員:各会max6名
要予約→各会先着6名まで

 

 

 

 

 

◎10月22日(月)kiredo kitchen 

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。


12:00〜、13:30〜  各時間帯10〜15名
ご予約をいただいた方優先でお席を確保できますので、お決まりの方はご連絡をくださいね。

 

ランチセット(前菜・スープ・パスタ・コーヒー):1,500円

 

 

 

 

 

◎『おばんざいランチ』 10月はお休みします。

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。

 

 

 

 

 

◎10月19日(金) 

『おむすびランチ・おむすびテイクアウト』

 

大好評”おむすび茶屋 さつき”さんがまたまた登場!

ほぼレギュラーランチになりつつあります♪

 

宮下治子さんは、千葉県香取郡神崎にある酒蔵”寺田本家”に勤めながら地域の生産者さんたちと知り合っていきました。

2年前に独立し”さつき”を立ち上げました。

食をとおしての人生体験や様々な人々との出会いを通じて、

そして、田畑(大地)に触れ、料理は命そのものであり、

食べることの喜びと、食の産み出す無限の力を表現・追求していきたい。

そんな治子さんは、小さなキッチンカーでおむすびの出張販売、

旬の料理教室を営むようになりました。

 

治子さんのおむすびは、

太陽・大地・海の恵みが、お米一粒一粒で結ばれ、まさに命のご馳走。

生産者さんたちが丹精込めて作った魚やおかかや手作りの具、

白米や玄米、お好みに応じてホッコリ結びます。

 

米:藤崎農場の無農薬玄米、こうざき自然塾の減農薬白米。

塩:自然海塩

海苔:有明産

味噌:こうざき自然塾の熟成発芽玄米麹味噌

酒粕:寺田本家の熟成酒粕

椎茸:西伊豆産の干し椎茸

昆布:こんぶ土居の真昆布

鰹節:タイコウの一本釣り鰹節

他具材:全て国内産、添加物を使わず手間ひまかけて作っています。

 

 

治子さんのおむすびをランチ@カフェで、

テイクアウトで ご提供いたします。

なお、いずれもご予約をいただいた方に優先して提供。

(当日の飛び込みだと食材不足でお断りすることもありますので、ご予約を!)

 

カフェでのランチは、

お好みのおむすび、漬物、吸物のセットで、おむすび代金+300yen

12:00〜、13:30〜で、定員が各10〜15名でご案内。

 

テイクアウトは、

お好みのおむすびをパックします。

テイクアウトのお受け取りは当日16:30まで。

 

予約方法は、以下の(白米 or 玄米)×具材の組み合わせ、

各々の個数をお選びください。

 

A:白米

B:玄米(プラス50yen)

 

a:鯖香熟漬→350yen(玄米+50yen)

      越田商店の40年熟成漬汁に漬けた鯖は臭みがなく豊かな風味。さつき一番人気。

b:落花生の炊込みごはん→350yen(白米のみ)

   無農薬の千葉の落花生を昆布の出汁でおこわ風に炊き上げます。

c:おかか→300yen(玄米+50yen)

   鰹目利き職人タイコウさんの選んだ一本釣鰹節をふんわりむすび、豊かな香りと旨みがお口いっぱいに広がります。

 

 

ちなみに、ランチセットでは・・・

●汁物:旬菜の汁物 

●漬物:旬菜の漬物

 

 

予約例

カフェで食事(12:00〜)→ B×a×1個、B×d×1個

テイクアウト→ A×a×2個、B×c×1個、B×d×3個、・・・。受取予定時間も。

 

メールにてご連絡ください。

なお、必ず確認のメールを返信します。

返信がない場合は、再度メールかお電話をいただけますようお願いいたします。

 

カフェでのランチは、

お好みのおむすび、漬物、吸物のセットで、おむすび代金+300yen

12:00〜、13:30〜で、定員が各10〜15名でご案内。

 

テイクアウトは、

お好みのおむすびをパックします。

テイクアウトのお受け取りは当日16:30まで。

 

おむすびの種類は後日お知らせします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご興味のある催しにぜひおいでくださいませ。

 

 

ではでは。

 

 

 

| 展覧会 | 22:13 |

休み中のいろいろ

 

こんばんは。

 

 

 

急に寒くなりましたね。

 

 

月曜、今企画『daily comfort』展が無事終了しました。

おいでいただいたみなさま、

作家の笹本さん、陽子さん、大塚さん、

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

月曜、検品、梱包、返送作業をしました。

 

夜は、先月他界した友人・ミホちゃんのご実家のある、いすみ市岬町へ。

毎年9月25日に、お祭りがあると聞き、英語の会でお世話になっている小川洋子さんと伺いました。

大雨の中、ウィンドブレーカーを着込み、傘をさして歩いて10分ほどのところにあるグラウンドへ、

ミホちゃんのご両親と4人で向かいました。

昼間、この町の13の神社のそれぞれの神輿が町中を行進し、

夜、このグラウンドに集まり、大別れの儀式というものが壮観とのこと。

 

大迫力の掛け声とともに、13の神輿がドワ〜っと駆け廻り、

神輿を上げ下げする。

私の住む新興住宅地などでは地域のお祭りなどを見ることはほとんどなく、

とても刺激的でおもしろいものが見られ、楽しかったです。

 

儀式の後は、また歩いて帰り、

お家ではミホちゃんのお母さんの美味しい手料理をいただきながら、

夜中までずっと話しこみました。

来年はお昼から見に行きたいな・・・。

 

 

 

 

 

 

 

火曜は、来月の企画展の準備。

坂井千尋さんの作品、ovejita・やざわしのぶさんの作品がズラっと並びました。

 

 

 

水曜、3か月ぶりの”Madame Noe”のレッスンへ。

レッスンとは言え、大遅刻して、行って15分後には、

テーブルにつきできあがったお料理をいただく。(苦笑)

 

 

 

 

今回は、フレンチではなく、タイのお料理。

 

 

『レモングラスバタフライピー』

 

 

 

『トム・カー・ガイ』

 

 

 

『タイ風スパイシーな牛肉のサラダ』

 

 

 

『白身魚のレッドカレーソース』

 

 

 

『パイナップルフライドライス』

 

 

 

 

『マンゴーのアップサイドダウンケーキ』

 

 

 

 

 

そして、今日。

 

午前中、美容室に行き、

その足で”カフェのっぽ”さんへ。

久しぶりに行ったら、曲がるポイントを間違えて車一台やっと通れる道を鬼バック。(汗)

 

心癒される雑木の庭をゆっくり通ってお店へ。

美味しいランチをいただきました。

店主のYさんと、仕事のこと、ヒトやモノのことなどいろいろ話す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は久しぶりの出張。

出張とは言え、埼玉なので近いですが・・・。

またご報告します。

 

 

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

| 展覧会 | 00:07 |

『daily comfort』展 最終日! & 本日 LIVINGSTONEの笹本雅行さんと竹内陽子さん在廊!

 

 

こんにちは。

 

 

昨日は秋分の日。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、

今日はムシムシしていますね。(汗)

 

それでも、夜は、窓を開けていると、スズムシの大合唱が聞こえてきて

秋の気配が感じられるようになってきましたね。

 

 

 

ナツメの実が赤く色づいてきました。

 

 

 

 

 

 

今企画『daily comfort』展、ついに本日が最終日です!

 

使って心地よいもの、存在が心地よいもの・・・。

いずれも私たちの日々の暮らしを豊かにしてくれるものだと思います。

今展はそんな作品をご紹介いたします。

 

 

LIVINGSTONE

笹本雅行さんと竹内陽子さんの夫婦ユニット。

 

笹本さんは古代ヨーロッパを髣髴とさせる陶のオブジェを制作。

そこにあるだけで、場の空気が変わるような世界観を持つ存在。

 

陽子さんは美しい青が使われたポップでモダンな表情を持つ陶の器や花器を制作。

最近、陶板づくりが楽しいとおっしゃいます。

油絵のようなマティエールが魅力の陽子さんの陶板。

器は手に取りやすく使って楽しめます。

オブジェや絵画などは、直接使うことはできませんが、

日々の暮らしの中、視界に入ってくることで、

心が癒されたり、自分の心象状態を測ることができます。

家の中のお気に入りの空間で楽しんでみませんか。

 

今回、笹本さんのオブジェ、陽子さんの器、花器、陶板など、たくさん勢ぞろいします。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

大塚淳子さん

福岡のアンティーク店”UNTIDY”を営む大塚淳子さん。

丈夫で軽いチープな素材のビニールシートが、

大塚さんの手にかかると、キュートなバッグになる。

テンでは何度も大塚バッグを展開していますが、確実にファンが増えてきています。

 

アフリカやアジアのヴィンテージの布とビニールの組み合わせもおもしろい。

ありそうでない、感度が高くてガンガン使える重宝モノ。



アフリカやアジアのヴィンテージの布とビニールの組み合わせもおもしろい。
ありそうでない、感度が高くてガンガン使える重宝モノ。

 

年々、新しいデザイン、新しいコンポジションが制作され、

ファンを飽きさせない魅力があります。

 

今回は、ビニールバッグに加えて布のバッグも登場。

また、世界のヴィンテージの布もご紹介します。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

本日、笹本雅行さんと竹内陽子さんが在廊されます。

お二人にも会いにいらしてくださいね。

 

 

今企画展は今日まで。

どうぞお見逃しなく!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日から月末はお休みをいただきます。

次は、10月1日(月)、新企画『natureNATUREnature』展、

坂井千尋さんの陶とovejitaのストールを展開します。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

厚い雨雲がかかっています。

中秋の名月・・・は、今晩は見られるでしょうか・・・。

 

 

 

 

連休最終日、楽しくお過ごしくださいませ。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:32 |
home1.jpg

home2.jpg


facebook

instagram



    gallery ten 営業カレンダー
    営業時間 12:00〜17:00
  gallery ten 営業カレンダー
    ※カフェの営業は
      ギャラリー営業日と同じです。
    ※詳細は、HPでご確認ください。


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
BLOG CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 内田鋼一さんの皿 & 癒しのマッサージ
    ten (09/29)
  • 内田鋼一さんの皿 & 癒しのマッサージ
    石野良和 (09/29)
  • 横道佑器さんと打ち合わせ@豊中 
    ten (09/11)
  • 横道佑器さんと打ち合わせ@豊中 
    小澤 早苗 (09/11)
  • 『daily comfort』展 5日め & 笹本雅行さんのオブジェ & "奈央屋”の『キーマカレー』 & 明日『近田美穂さんのケーキ』・『kiredo kitchen』
    ten (09/06)
  • 『daily comfort』展 5日め & 笹本雅行さんのオブジェ & "奈央屋”の『キーマカレー』 & 明日『近田美穂さんのケーキ』・『kiredo kitchen』
    はじめまして。 (09/06)
  • ノモトヒロシさんと打ち合わせ in 軽井沢
    ten (09/07)
  • ノモトヒロシさんと打ち合わせ in 軽井沢
    Ricca OKANO (09/07)
  • 『常設展』 3日め & 林みちよさんのオブジェ & “merle”の『パプリカとトマトのカレー Rouge』 & 近田美穂さんの生ケーキ & 明日『楽々日本史の会』 & 『人狼ゲーム』のお誘い
    ten (08/03)
  • 『常設展』 3日め & 林みちよさんのオブジェ & “merle”の『パプリカとトマトのカレー Rouge』 & 近田美穂さんの生ケーキ & 明日『楽々日本史の会』 & 『人狼ゲーム』のお誘い
    ヤナガワ (08/03)
モバイル
qrcode