ギャラリーテン Daily Alle Colle

gallery ten・店主のblog

『flocky』展 最終日! & ”はなう”・小島祥シェフの『角切り豚肉のカレー』 & 本日『カラダで覚える英語の会』

 

 

こんにちは。

 

 

あ、暑い・・・・・・・・・・・・・。(汗)

寒い。

言ってみたけど、やはり暑い・・・・・。

 

 

 

 

 

今月の新企画『flocky』展、最終日!!!

 

テンではおなじみ、

京都から”beanxious”のTシャツが勢ぞろい!

 

beanxiousのTシャツのプリントモチーフはユニーク。

ダイナミックでキュートでクール。

その上、ただのプリントではありません。

フロッキープリントと呼ばれる加工がなされています。

 

 

 

フロッキープリントとは・・・。


フロッキー加工とは、植毛加工とも呼ばれ、

下地に接着剤を塗布し短繊維(フロック)を付着させ

ベルベットのような質感を出すプリント加工の一種です。

 

加工方法は、大きく分けて、

転写フロッキーと電着フロッキーの2つがあります。

現在主流の転写フロッキーは加工が容易な分、

風合いが固く堅牢度も低い。

それに対し、職人の高い技術と時間を要する電着フロッキーは、

柔らかい風合いと立体感が特徴で、様々な表現が可能になります。

 

 

<加工の流れ>

 

生地に特殊配合した接着剤をシルクスクリーンで刷る。

 

桶に入れた短繊維を接着剤へ振りかける。

この時、桶に高圧電流を流し静電気を発生させ

短繊維は糊に垂直に植え付けられていく。

 

植毛された生地は干して乾燥させる。

丸2日ほど陰干しし、接着剤を十分に固める。

 

接着剤以外の部分に付着した余分な短繊維を除去する。

 

高温の熱風をかけて接着剤を生地に定着させる。

 

 

 

今会期は7日間のみ。

本日最終日です。

どうぞお見逃しなく!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、1日(木)〜7日(水)の1週間、

『月替わり期間限定カレーランチ』を提供しています。

 

ホキ美術館併設のイタリアン”はなうのシェフ・小島祥さんのスペシャルカレーです。

 

『角切り豚肉のカレー』

たっぷりの香味野菜とトマト、角切り豚肉を長時間トロトロになるまで煮込んでいます。

赤ワインも加えているので味に深みが出ています。

 

付け合わせは、イタリア定番料理『カポナータ』。

揚げ茄子、ズッキーニ、パプリカ、タマネギ、オリーブ、ケイパーのトマト煮込みです。

 

ラストオーダー:16時

1000円

 

本日最終日です!

どうぞお召し上がりくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『カラダで覚える英語の会』のレッスン中。

”いざという時に堂々と話せる英語を楽しくカラダで覚えましょう”がコンセプト。
好奇心旺盛・チャレンジ精神旺盛な小川洋子さんの
い海外生活での豊富なおもしろエピソードを題材に、
”読む・書く”英語から”聴く・話す”英語を体感しましょう。
ネイティブスピーカーならではの表現や使い方も教わります。
洋子さん専門のアロマ・呼吸法を取り入れ、リラックスしながら楽しいレッスンを!
毎回、一回完結の内容です。
単発でも連続でもご参加いただけます。
英語が全く苦手という方対象の初級クラス、
英語で日常会話をもっと流暢にという方対象の中級クラスの2クラス編成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今月の営業は本日まで。

明日から31日までお休みをいただきます。

 

来月は9月1日(日)〜14日(土)、

彫刻家・掛井五郎さんと陶芸家・小泊良さんの2人展でお待ちしております!

 

 

 

みなさま、

暑い夏、ご自愛くださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:08 |

『flocky』展  & ”はなう”・小島祥シェフの『角切り豚肉のカレー』 & 本日『大人の書の会』 & 明日『カラダで覚える英語の会』

 

 

こんにちは。

 

 

今日、甲子園開幕。

日本列島、どこもかしこも猛暑ですが、

球児も観戦の方も、熱中症に気を付け、

熱い試合が展開されますように・・・。

 

 

 

 

 

 

 

今月の新企画『flocky』展、6日め。

今展、明日までとなりました。

 

テンではおなじみ、

京都から”beanxious”のTシャツが勢ぞろい!

 

beanxiousのTシャツのプリントモチーフはユニーク。

ダイナミックでキュートでクール。

その上、ただのプリントではありません。

フロッキープリントと呼ばれる加工がなされています。

 

 

 

フロッキープリントとは・・・。


フロッキー加工とは、植毛加工とも呼ばれ、

下地に接着剤を塗布し短繊維(フロック)を付着させ

ベルベットのような質感を出すプリント加工の一種です。

 

加工方法は、大きく分けて、

転写フロッキーと電着フロッキーの2つがあります。

現在主流の転写フロッキーは加工が容易な分、

風合いが固く堅牢度も低い。

それに対し、職人の高い技術と時間を要する電着フロッキーは、

柔らかい風合いと立体感が特徴で、様々な表現が可能になります。

 

 

<加工の流れ>

 

生地に特殊配合した接着剤をシルクスクリーンで刷る。

 

桶に入れた短繊維を接着剤へ振りかける。

この時、桶に高圧電流を流し静電気を発生させ

短繊維は糊に垂直に植え付けられていく。

 

植毛された生地は干して乾燥させる。

丸2日ほど陰干しし、接着剤を十分に固める。

 

接着剤以外の部分に付着した余分な短繊維を除去する。

 

高温の熱風をかけて接着剤を生地に定着させる。

 

 

 

今会期は7日間のみ。

明日が最終日です。

どうぞお見逃しなく!

 

 

 

 

 

最近お気に入りのLINEスタンプ。

Tシャツ着て、「ティーティティ― ティーティーティティ―♬」

 

 

 

 

 

 

また、1日(木)〜7日(水)の1週間、

『月替わり期間限定カレーランチ』を提供しています。

 

ホキ美術館併設のイタリアン”はなうのシェフ・小島祥さんのスペシャルカレーです。

 

『角切り豚肉のカレー』

たっぷりの香味野菜とトマト、角切り豚肉を長時間トロトロになるまで煮込んでいます。

赤ワインも加えているので味に深みが出ています。

 

付け合わせは、イタリア定番料理『カポナータ』。

揚げ茄子、ズッキーニ、パプリカ、タマネギ、オリーブ、ケイパーのトマト煮込みです。

 

ラストオーダー:16時

1000円

 

どうぞお召し上がりください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『大人の書の会』のレッスン中です。

 

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

 

 

 

 

講師・西尾修一さんの版画作品。

メゾチントで般若心境を。

摺る時の技で、擦れを起こし古びた風合いに。

陶芸家・高木浩二さんの長皿を額とし、一体感があります。

 

 

 

来月の書の会は、

9月3日(火)と7日(土)を予定しています。

 

 

今日の西尾さん、

今展のTシャツを先週お買いくださり、

「火曜の書の会で着てきてください。」とお願いし、

合わせて私も今日はおソロのカラスTを着ております♪

 

 

 

 

 

そして、明日は、月イチカルチャー『カラダで覚える英語の会』の日。

”いざという時に堂々と話せる英語を楽しくカラダで覚えましょう”がコンセプト。
好奇心旺盛・チャレンジ精神旺盛な小川洋子さんの
長い海外生活での豊富なおもしろエピソードを題材に、
”読む・書く”英語から”聴く・話す”英語を体感しましょう。
ネイティブスピーカーならではの表現や使い方も教わります。
洋子さん専門のアロマ・呼吸法を取り入れ、リラックスしながら楽しいレッスンを!
毎回、一回完結の内容です。
単発でも連続でもご参加いただけます。
英語が全く苦手という方対象の初級クラス、
英語で日常会話をもっと流暢にという方対象の中級クラスの2クラス編成です。

講師:小川洋子さん
会費:2500円
定員:各会max6名
要予約→各会先着6名まで

参加ご希望の方は本日17時までにご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

今、渋野日向子さんの全英女子オープン優勝の話題に沸いていますね。

笑顔笑顔笑顔。

笑顔は幸せを呼びますねぇ♪

 

うれしい時、楽しい時の笑顔は自ずと輝きを放ちますね。

一方、苦しい時、悲しい時の笑顔は、

本人の辛い気持ちを意識的になんとかプラスに変えるという力を持つと思います。

また、その辛い人の笑顔を見る人は、

その笑顔にこちらが返って救われたり、

その人の強さや優しさを感じ尊んだり、

胸にズンとくるものが大きいです。

 

明日は昨夏亡くなった友人・ミホちゃんの命日。

彼女が4年以上もの間、辛い闘病をしている時も笑顔を絶やさなかった。

彼女がいなくなった後、身を引き裂かれるような気持ちだったお母さんも笑顔を見せてくださった。

そんな人たちを目の当たりにすると、自分の弱さに気づかされる。

そしてそんな人たちを改めて敬い、力をもらう。

 

数日前、『ほぼ日』の糸井重里さんのコラムでチラっと見たこの文章。

「人が、亡くなった人を思い出せるなら、その人は生きてる。」

本当にそうだなぁと感じ入りました。

 

 

 

 

 

さ、今日も笑顔で頑張ろう!

 

 

本日も店内涼しくしてみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:30 |

『flocky』展  & ”はなう”・小島祥シェフの『角切り豚肉のカレー』 & 明日『大人の書の会』

 

 

こんにちは。

 

 

あ、あつい・・・。(汗)

 

 

 

木陰。

見た目は涼し気ですが、やはり暑い・・・。

 

 

 

 

 

今月の新企画『flocky』展、5日め。

 

テンではおなじみ、

京都から”beanxious”のTシャツが勢ぞろい!

 

beanxiousのTシャツのプリントモチーフはユニーク。

ダイナミックでキュートでクール。

その上、ただのプリントではありません。

フロッキープリントと呼ばれる加工がなされています。

 

 

 

フロッキープリントとは・・・。


フロッキー加工とは、植毛加工とも呼ばれ、

下地に接着剤を塗布し短繊維(フロック)を付着させ

ベルベットのような質感を出すプリント加工の一種です。

 

加工方法は、大きく分けて、

転写フロッキーと電着フロッキーの2つがあります。

現在主流の転写フロッキーは加工が容易な分、

風合いが固く堅牢度も低い。

それに対し、職人の高い技術と時間を要する電着フロッキーは、

柔らかい風合いと立体感が特徴で、様々な表現が可能になります。

 

 

<加工の流れ>

 

生地に特殊配合した接着剤をシルクスクリーンで刷る。

 

桶に入れた短繊維を接着剤へ振りかける。

この時、桶に高圧電流を流し静電気を発生させ

短繊維は糊に垂直に植え付けられていく。

 

植毛された生地は干して乾燥させる。

丸2日ほど陰干しし、接着剤を十分に固める。

 

接着剤以外の部分に付着した余分な短繊維を除去する。

 

高温の熱風をかけて接着剤を生地に定着させる。

 

 

 

今日は、今回出展されているbeanxiousのTシャツのユニークなプリントを

ランダムにご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のスタッフH、

やはりマンドリルさまの魅力にヤラれてしまいました♡

 

 

 

 

 

また、1日(木)〜7日(水)の1週間、

『月替わり期間限定カレーランチ』を提供しています。

 

ホキ美術館併設のイタリアン”はなうのシェフ・小島祥さんのスペシャルカレーです。

 

『角切り豚肉のカレー』

たっぷりの香味野菜とトマト、角切り豚肉を長時間トロトロになるまで煮込んでいます。

赤ワインも加えているので味に深みが出ています。

 

付け合わせは、イタリア定番料理『カポナータ』。

揚げ茄子、ズッキーニ、パプリカ、タマネギ、オリーブ、ケイパーのトマト煮込みです。

 

ラストオーダー:16時

1000円

 

どうぞお召し上がりください。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、明日は、月イチカルチャー『大人の書の会』の日です。

 

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。


講師:西尾修一さん
会費:2500円
参加ご希望の方は、本日17時までにご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

先日、amazonで衝動買いしたコレ、昨日届きました。

2チームに分かれて、黄色のカードのお題に対して何かボケる。

即座に白の適格なツッコミのカードを取った人が勝つというゲームです。

やりたくてウズウズ・・・。

誰かご一緒しませんかー♪

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も店内涼しくしてみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:52 |

『flocky』展  & ”はなう”・小島祥シェフの『角切り豚肉のカレー』

 

 

こんにちは。

 

 

 

言いたくないけど、

暑い・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

今朝、セミの抜け殻発見。

地上に出て、力いっぱい生きるんだ!

暑さでやる気を失っていましたが、一瞬、がんばろう!と思わせてくれました。(苦笑)

 

 

 

 

 

 

今月の新企画『flocky』展、4日め。

 

テンではおなじみ、

京都から”beanxious”のTシャツが勢ぞろい!

 

beanxiousのTシャツのプリントモチーフはユニーク。

ダイナミックでキュートでクール。

その上、ただのプリントではありません。

フロッキープリントと呼ばれる加工がなされています。

 

 

 

フロッキープリントとは・・・。


フロッキー加工とは、植毛加工とも呼ばれ、

下地に接着剤を塗布し短繊維(フロック)を付着させ

ベルベットのような質感を出すプリント加工の一種です。

 

加工方法は、大きく分けて、

転写フロッキーと電着フロッキーの2つがあります。

現在主流の転写フロッキーは加工が容易な分、

風合いが固く堅牢度も低い。

それに対し、職人の高い技術と時間を要する電着フロッキーは、

柔らかい風合いと立体感が特徴で、様々な表現が可能になります。

 

 

<加工の流れ>

 

生地に特殊配合した接着剤をシルクスクリーンで刷る。

 

桶に入れた短繊維を接着剤へ振りかける。

この時、桶に高圧電流を流し静電気を発生させ

短繊維は糊に垂直に植え付けられていく。

 

植毛された生地は干して乾燥させる。

丸2日ほど陰干しし、接着剤を十分に固める。

 

接着剤以外の部分に付着した余分な短繊維を除去する。

 

高温の熱風をかけて接着剤を生地に定着させる。

 

 

 

今日は、お揃いで着る楽しさをお伝えします。

今回も、サイズ展開がベビー〜大人のXXLサイズまでバリエーション豊富。

親子で、パートナーで、家族で、兄弟で、・・・

お揃いで着ることで、

なんだか、より親近感というか連帯感が生まれませんか。

昨日も、お父さんと息子さんでおソロ、彼氏とおソロ、夫婦でおソロ、でお買いいただきました。

 

beanxiousのプリントのユニークなデザインとフロッキーの高級感で、

より一層スペシャルなアイテムになると思います。

ぜひお楽しみくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラスって日本ではよくないイメージをお持ちの方も多いでしょうが、

私はカッコイイと思うのです♡

 

 

このシュッとしたイケメン、

実は、beanxiousのデザイナー・吉田貴志さんでございます。

高校時代は京都の強豪校のラガーマンでした。

フロッキープリントの修行の後、独立。

山本耀司さんとのコラボなど活躍中です!

5年ほど前、私が大阪の阪急百貨店をブラブラしている時に見つけ、

その場で名刺を出して交渉したのが始まり。

今ではテンのお客様にもファンがたくさん!

 

 

 

 

 

 

また、1日(木)〜7日(水)の1週間、

『月替わり期間限定カレーランチ』を提供しています。

 

ホキ美術館併設のイタリアン”はなうのシェフ・小島祥さんのスペシャルカレーです。

 

『角切り豚肉のカレー』

たっぷりの香味野菜とトマト、角切り豚肉を長時間トロトロになるまで煮込んでいます。

赤ワインも加えているので味に深みが出ています。

 

付け合わせは、イタリア定番料理『カポナータ』。

揚げ茄子、ズッキーニ、パプリカ、タマネギ、オリーブ、ケイパーのトマト煮込みです。

 

ラストオーダー:16時

1000円

 

どうぞお召し上がりください。

 

 

 

 

 

 

 

 

外はうだるような暑さですが、

ぜひ涼みがてらランチやTシャツを観にいらしてくださいね。

 

 

お待ちしております。

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:43 |

『flocky』展  & ”はなう”・小島祥シェフの『角切り豚肉のカレー』 & 本日『大人の書の会』

 

 

こんにちは。

 

 

 

暑い。

暑すぎる・・・。(汗)

35℃弱しかない私の体温を超える猛暑。

つらいですねぇ・・・。

 

 

 

 

 

 

今月の新企画『flocky』展、3日め。

 

テンではおなじみ、

京都から”beanxious”のTシャツが勢ぞろい!

 

beanxiousのTシャツのプリントモチーフはユニーク。

ダイナミックでキュートでクール。

その上、ただのプリントではありません。

フロッキープリントと呼ばれる加工がなされています。

 

 

 

フロッキープリントとは・・・。


フロッキー加工とは、植毛加工とも呼ばれ、

下地に接着剤を塗布し短繊維(フロック)を付着させ

ベルベットのような質感を出すプリント加工の一種です。

 

加工方法は、大きく分けて、

転写フロッキーと電着フロッキーの2つがあります。

現在主流の転写フロッキーは加工が容易な分、

風合いが固く堅牢度も低い。

それに対し、職人の高い技術と時間を要する電着フロッキーは、

柔らかい風合いと立体感が特徴で、様々な表現が可能になります。

 

 

<加工の流れ>

 

生地に特殊配合した接着剤をシルクスクリーンで刷る。

 

桶に入れた短繊維を接着剤へ振りかける。

この時、桶に高圧電流を流し静電気を発生させ

短繊維は糊に垂直に植え付けられていく。

 

植毛された生地は干して乾燥させる。

丸2日ほど陰干しし、接着剤を十分に固める。

 

接着剤以外の部分に付着した余分な短繊維を除去する。

 

高温の熱風をかけて接着剤を生地に定着させる。

 

 

 

どこからご紹介してよいのか、バリエーションが多くて迷います。

・・・というわけで、今回出展されているTシャツの中で、

私の好きなプリントのベスト5をご紹介します。

ちなみに、ベスト1〜4まで買ってしまった・・・。(苦笑)

 

 

まずは第一位

『マンドリル』

サル好きとしては、コレ初めて見た時からロックオン♡

6500+tax yen

 

 

 

 

昨日、友人が来て、4人でおソロにしようということに♬

 

早速、マンドリルさま、着ております♪

 

 

第二位

『熊の手』

地色のショッキングピンクと、イカついコロコロモコモコの腕。

ここ数年で、最も嫌いだった色のピンクが最も好きになった。

4000+tax〜6000+tax yen

 

 

 

 

第三位

『カラス』

ちょークール〜♡

ワインレッドのモコモコの羽。

惚れてまうやろー!

4000+tax〜6000+tax yen

 

 

 

 

第四位

『ラビットヘッド』

バックプリントがこのチャッキーのようなウサギ。

前は無地に胸ポケットがついています。

ちょっとイラっとするこの表情がナイス。

4000+tax〜6400+tax yen

 

 

 

 

第五位

『黒豹』

大阪のオバちゃんのヒョウ柄とは一線を画す豹の顔面。

ちょっと気弱な感じの表情がまた愛おしい・・・。

4000+tax〜7200+tax yen

 

 

 

 

 

 

 

また、1日(木)〜7日(水)の1週間、

『月替わり期間限定カレーランチ』を提供しています。

 

ホキ美術館併設のイタリアン”はなうのシェフ・小島祥さんのスペシャルカレーです。

 

『角切り豚肉のカレー』

たっぷりの香味野菜とトマト、角切り豚肉を長時間トロトロになるまで煮込んでいます。

赤ワインも加えているので味に深みが出ています。

 

付け合わせは、イタリア定番料理『カポナータ』。

揚げ茄子、ズッキーニ、パプリカ、タマネギ、オリーブ、ケイパーのトマト煮込みです。

 

ラストオーダー:16時

1000円

 

どうぞお召し上がりください。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『大人の書の会』のレッスン中。

 

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

 

今月は、6日(火)のクラスもあります。

参加ご希望の方はご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで・・・

明日放送の『情熱大陸』に、大多喜のチーズ工房”千”さんが特集されるそうです!

私はお店には行ったことがないのですが、

千さんの美味しいチーズは何度かいただいたことがあります。

6月、テンに来てくださり少しお話ししましたが、

柔らかいものごしで優しい笑顔の方。

きっと明日の番組を観たら、より魅力を感じるのでしょう。

 

 

 

 

車の中は灼熱地獄。(汗)

家からテンまで約10分。

顔面に18℃の強冷風を西川貴教さん並みに浴び、

背中とお尻をシートクーラーでヒエヒエにして出勤。

秋、カモーーーン!(汗)

 

 

 

 

 

 

店内涼しくしてみなさまのご来店をお待ちしております!

 

 

ではでは。

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:43 |

『flocky』展  & ”はなう”・小島祥シェフの『角切り豚肉のカレー』 & 本日『楽々日本史の会』 & 明日『大人の書の会』 & 『HAPPY NUTS DAY』のピーナッツバター

 

 

こんにちは。

 

 

この暑さはいつまで続くのでしょうか・・・。(汗)

早く秋が来てほしいです・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月の新企画『flocky』展、2日め。

 

テンではおなじみ、

京都から”beanxious”のTシャツが勢ぞろい!

 

beanxiousのTシャツのプリントモチーフはユニーク。

ダイナミックでキュートでクール。

その上、ただのプリントではありません。

フロッキープリントと呼ばれる加工がなされています。

 

 

 

フロッキープリントとは・・・。


フロッキー加工とは、植毛加工とも呼ばれ、

下地に接着剤を塗布し短繊維(フロック)を付着させ

ベルベットのような質感を出すプリント加工の一種です。

 

加工方法は、大きく分けて、

転写フロッキーと電着フロッキーの2つがあります。

現在主流の転写フロッキーは加工が容易な分、

風合いが固く堅牢度も低い。

それに対し、職人の高い技術と時間を要する電着フロッキーは、

柔らかい風合いと立体感が特徴で、様々な表現が可能になります。

 

 

<加工の流れ>

 

生地に特殊配合した接着剤をシルクスクリーンで刷る。

 

桶に入れた短繊維を接着剤へ振りかける。

この時、桶に高圧電流を流し静電気を発生させ

短繊維は糊に垂直に植え付けられていく。

 

植毛された生地は干して乾燥させる。

丸2日ほど陰干しし、接着剤を十分に固める。

 

接着剤以外の部分に付着した余分な短繊維を除去する。

 

高温の熱風をかけて接着剤を生地に定着させる。

 

 

 

今日は、今展の展示の様子をザッとお伝えいたします。

すごいバリエーションです。

柄、色、デザイン、サイズ、たーくさん展開中です!

会期は7日までなので、ぜひお早めにいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、1日(木)〜7日(水)の1週間、

『月替わり期間限定カレーランチ』を提供しています。

 

ホキ美術館併設のイタリアン”はなうのシェフ・小島祥さんのスペシャルカレーです。

 

『角切り豚肉のカレー』

たっぷりの香味野菜とトマト、角切り豚肉を長時間トロトロになるまで煮込んでいます。

赤ワインも加えているので味に深みが出ています。

 

付け合わせは、イタリア定番料理『カポナータ』。

揚げ茄子、ズッキーニ、パプリカ、タマネギ、オリーブ、ケイパーのトマト煮込みです。

 

ラストオーダー:16時

1000円

 

どうぞお召し上がりください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『楽々日本史(近・現代史)の会』の講義中です。

 

大人の教養として、もう一度日本史を学んでみませんか。
今と未来を意識した日本史の講義。

今回のテーマは、

『文明開化とは何か』

国家神道、そして「教育」による「国民」の成立。

 

来月は、9月6日(金)を予定しています。

参加ご希望の方はご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

さて、明日は、月イチカルチャー『大人の書の会』の日です。

 

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。


講師:西尾修一さん
会費:2500円
参加ご希望の方は、本日17時までにご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

今月から『HAPPY NUTS DAY』のピーナッツバターを販売しています。

コレ、美味しいです!

ピーナッツの濃厚な味わい、控えめな甘さがやみつきになります。

粒ありと粒なしの2種類。

甘すぎないので、料理にも使えます。

 

”Red Bull”の記事もご覧ください。→

 

1296yen

 

 

 

 

 

 

 

店内、涼しくしてお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:35 |

本日 『flocky』展 スタート! & ”はなう”・小島祥シェフの『角切り豚肉のカレー』 & 明日『楽々日本史の会』

 

 

こんにちは。

 

 

 

8月になりました。

つい1週間ほど前まで涼しかったので、

急に例年(以上?)の暑さになり、よけいに暑さを感じてしまいます。(汗)

体調管理には十分気をつけたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今月の新企画『flocky』展、本日スタートします!

 

テンではおなじみ、

京都から”beanxious”のTシャツが勢ぞろい!

 

beanxiousのTシャツのプリントモチーフはユニーク。

ダイナミックでキュートでクール。

その上、ただのプリントではありません。

フロッキープリントと呼ばれる加工がなされています。

 

 

 

フロッキープリントとは・・・。


フロッキー加工とは、植毛加工とも呼ばれ、

下地に接着剤を塗布し短繊維(フロック)を付着させ

ベルベットのような質感を出すプリント加工の一種です。

 

加工方法は、大きく分けて、

転写フロッキーと電着フロッキーの2つがあります。

現在主流の転写フロッキーは加工が容易な分、

風合いが固く堅牢度も低い。

それに対し、職人の高い技術と時間を要する電着フロッキーは、

柔らかい風合いと立体感が特徴で、様々な表現が可能になります。

 

 

<加工の流れ>

 

生地に特殊配合した接着剤をシルクスクリーンで刷る。

 

桶に入れた短繊維を接着剤へ振りかける。

この時、桶に高圧電流を流し静電気を発生させ

短繊維は糊に垂直に植え付けられていく。

 

植毛された生地は干して乾燥させる。

丸2日ほど陰干しし、接着剤を十分に固める。

 

接着剤以外の部分に付着した余分な短繊維を除去する。

 

高温の熱風をかけて接着剤を生地に定着させる。

 

 

 

 

 

初日なのですが、

実は大半のTシャツがもうすぐ届きます。(汗)

友人・Iさんにもヘルプをお願いしていますが、

開店から30分ほどはバタバタするかと思います。

ご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承くださいませ。

 

 

 

今月は、盛夏に爽やかなガラスの常設作品をフィーチャーして展開しています。

バックヤードに寝かせておいた”木村硝子”さんのガラス器登場!

数量限定ですので、お早めにいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

また、1日(木)〜7日(水)の1週間、

『月替わり期間限定カレーランチ』を提供します。

 

ホキ美術館併設のイタリアン”はなうのシェフ・小島祥さんのスペシャルカレーです。

 

『角切り豚肉のカレー』

たっぷりの香味野菜とトマト、角切り豚肉を長時間トロトロになるまで煮込んでいます。

赤ワインも加えているので味に深みが出ています。

 

付け合わせは、イタリア定番料理『カポナータ』。

揚げ茄子、ズッキーニ、パプリカ、タマネギ、オリーブ、ケイパーのトマト煮込みです。

 

ラストオーダー:16時

1000円

 

↓ 前回の小島シェフのカレー

 

 

 

 

 

 

そして、明日は、月イチカルチャー『楽々日本史(近・現代史)の会』。

 

大人の教養として、もう一度日本史を学んでみませんか。
今と未来を意識した日本史の講義。

今回のテーマは、

『文明開化とは何か』

国家神道、そして「教育」による「国民」の成立。

講師:齋藤永良さん
会費:1500円
 

参加ご希望の方は、本日17時までにご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

店内涼しくしてお待ちしております。

どうぞお出かけくださいませ。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 10:47 |

明日 『flocky』展 スタート!

 

 

 

 

こんばんは。

 

 

今日も猛暑・・・。(汗)

7月最終日。

 

明日から8月です。

 

 

 

8月の新企画『flocky』展、

明日から1週間、”beanxious”のTシャツが勢ぞろいします!

 

 

 

 

 

 

また、今会期、

ホキ美術館併設のイタリアン”はなうのシェフ・小島祥さんのスペシャルカレーを提供。

夕方、小島さん自らカレーを持ってきてくださいました。

ランチもお楽しみくださいませ。

 

 

 

 

 

お待ちしておりまーす!

 

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 21:06 |

休日のいろいろ

 

 

こんばんは。

 

 

 

外、暑そうです・・・。(汗)

昨日から一歩も家から出ていません。(苦笑)

 

私の7月の長い休みも明日まで。(汗)

明後日から新企画『frocky』展がスタートします。

 

 

 

 

休日、家でダラダラする日がたくさんありましたが、

少し出かけたりもしました。

 

 

 

まずはQuestion。

コレは何でしょう?

答は後ほど。

 

 

 

 

27日。

 

毎月恒例の”はなうさんでのワイン会へ。

 

はなうさんの窓の向こうに見えるオブジェ。

先日、東京オリンピックのメダルの発表がありましたが、

その選定にあたった文化庁長官の宮田亮平さんの作品です。

 

 

 

現在、ホキ美術館でスペインの展覧会開催中。

それに合わせて、

今回のワイン会もスペインのバスクとカタルーニャ特集。

 

 

 

(泡)『ウ メス ウ ファン トレス ブリュット』

ウ メス ウ ファン トレス(カタルーニャ州)

(チャレロ 45%、マカベオ 25%、パレリャーダ 30%)

 

(白)『アラバコ・チャコリーナ・アストビザ 2014』

アストビザ(バスク州)

(オンダラビ・スリ 90%、オンダラビ・セランティア 10%)

 

(白)『カ ネストラック レキリブリスタ ブランコ 2016』

カ ネストラック(カタルーニャ州)

(シャレロ 100%)

 

(赤)『ロス コンデス クリアンサ カタルーニャ 2015』

ボデガス ロケッタ(カタルーニャ州)

(テンプラニーニョ、カベルネソーヴィニヨン)

 

(赤)『カ ネストラック レキリブリスタ ティント 2015』

カ ネストラック(カタルーニャ州)

(ガルナッチャ 49%、シラー 44%、カリニェナ 7%)

 

 

 

『マグロのテリーヌ』

 

『ガルビュール』

 

『スズキのドノスティア風』

 

『鶏肉の煮込み バスク風』

 

『アーリオ・オーリオ』

 

『ガトーバスク』

 

 

 

来月のワイン会は、

はなうさんの目の前にある昭和の森公園の花火大会の日。

花火を見ながら美味しいワインとお料理、楽しみです♪

 

 

そして!

来月のテンのカレーランチは、はなう・小島祥シェフの『角切り豚肉のカレー』を提供します。

ぜひお召し上がりくださいね。

 

 

 

28日。

 

 

夫と春日部へ。

最近開通した市川からの外環道。

半地下トンネルがモダンだ。

 

 

 

まずは”煮干乱舞”というラーメン屋さんで遅いランチ。

行列店のようですが、3時頃だったのですんなり入店。

 

 

 

 

少し前から予約していた”首都圏外郭放水路”へ。

ここ数年、異常気象で豪雨にみまわれることが増えてきましたが、

洪水から守るための超巨大な施設。

埼玉県の中川、倉松川、大落古利根川など中小河川の洪水を地下に取り込み、

地底50メートルを貫く総延長6,3キロメートルのトンネルを通して江戸川に流すというもの。

 

 

 

 

今日のブログの冒頭のQuestionの答。

この神殿のような空間は、

地下トンネルからながれてきた大量の水の勢いを弱めるための調圧水槽。

ここからポンプで江戸川に流すという仕組み。

先月稼働したそうです。

59本もの巨大な柱は構造上の理由が。

ご興味のある方は、この見学会に参加してみてくださいね。

 

ちなみに、この日は気温30℃超えの猛暑でしたが、

100段以上の階段を下りていくと

地下は18℃。

高湿度のため、霧がかっていて幻想的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

春日部市内を車で走っていると、

なぜかモデルのようなクールな黒人がたくさんいました。(驚)

 

 

そして、晩ごはんは八潮市へ。

なぜかインド人なのかパキスタン人なのか、

そういう人たちがたくさんいました。(驚)

 

・・・で、以前、東南アジア好きの友人夫婦が、

しょっちゅう千葉から八潮まで通い詰めていた”カラチの空”。

ずっと気になっていましたが、ついに行けた♬

 

25席ほどの店内、パキスタン人と日本人が半々ほど。

ココはどこ? 海外旅行気分を味わえました。

3時間前にラーメン食べたけど、ラーメンはおやつおやつ。(苦笑)

 

 

 

 

レジのところにあったコレ、

小さいチョコでも入っているのかと思って買おうとしたら、

コレはチョコではなく、手のひらに描くタトゥーだそう。

 

 

 

 

 

先日行った”HOLIDAY”さんからもらったガチャポン。

クッキーのバッジ。

口が光ります。

気に入ったー♡

 

 

 

 

 

 

さて、明日、

店を整え、カレーを受け取り、

そろそろ仕事モードに・・・。(汗)

 

 

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 22:26 |

8月の催しのおしらせ

 

 

こんばんは。

 

 

 

本格的な暑さがやってきました。(汗)

早く秋が来てほしいです。(苦笑)

 

 

 

 

来月の催しのお知らせです。

 

 

8月は1週間だけの営業ですが、

中味は濃いですよ!

 

 

 

 

 

◎8月1日(木)〜7日(水) 『flocky』展

 

テンではおなじみ、

京都から”beanxious”のTシャツが勢ぞろいします!

 

beanxiousのTシャツのプリントモチーフはユニーク。

ダイナミックでキュートでクール。

その上、ただのプリントではありません。

フロッキープリントと呼ばれる加工がなされています。

 

 

 

フロッキープリントとは・・・。


フロッキー加工とは、植毛加工とも呼ばれ、

下地に接着剤を塗布し短繊維(フロック)を付着させ

ベルベットのような質感を出すプリント加工の一種です。

 

加工方法は、大きく分けて、

転写フロッキーと電着フロッキーの2つがあります。

現在主流の転写フロッキーは加工が容易な分、

風合いが固く堅牢度も低い。

それに対し、職人の高い技術と時間を要する電着フロッキーは、

柔らかい風合いと立体感が特徴で、様々な表現が可能になります。

 

 

<加工の流れ>

 

生地に特殊配合した接着剤をシルクスクリーンで刷る。

 

桶に入れた短繊維を接着剤へ振りかける。

この時、桶に高圧電流を流し静電気を発生させ

短繊維は糊に垂直に植え付けられていく。

 

植毛された生地は干して乾燥させる。

丸2日ほど陰干しし、接着剤を十分に固める。

 

接着剤以外の部分に付着した余分な短繊維を除去する。

 

高温の熱風をかけて接着剤を生地に定着させる。

 

 

 

◎8月2日(金)10:00〜12:00 『楽々日本史(近・現代史)の会』vol.36

 

大人の教養として、もう一度日本史を学んでみませんか。
今と未来を意識した日本史の講義。

今回のテーマは、

『文明開化とは何か』

国家神道、そして「教育」による「国民」の成立。

講師:齋藤永良さん
会費:1500円
要予約

 

 

 

 

◎8月3日(土) 10:00〜12:00
 8月6日(火) 10:00〜12:00 『大人の書の会』vol.54

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。


講師:西尾修一さん
会費:2500円
要予約

 

 

 

 

◎8月7日(水)     9:00〜10:20(中級クラス)
           10:30〜11:50(初級クラス) 『からだで覚える英語の会』vol.37

”いざという時に堂々と話せる英語を楽しくカラダで覚えましょう”がコンセプト。
好奇心旺盛・チャレンジ精神旺盛な小川洋子さんの
長い海外生活での豊富なおもしろエピソードを題材に、
”読む・書く”英語から”聴く・話す”英語を体感しましょう。
ネイティブスピーカーならではの表現や使い方も教わります。
洋子さん専門のアロマ・呼吸法を取り入れ、リラックスしながら楽しいレッスンを!
毎回、一回完結の内容です。
単発でも連続でもご参加いただけます。
英語が全く苦手という方対象の初級クラス、
英語で日常会話をもっと流暢にという方対象の中級クラスの2クラス編成です。

講師:小川洋子さん
会費:2500円
定員:各会max6名
要予約→各会先着6名まで

 

 

 

 

◎8月1日(木)〜7日(水) 

『月替わり期間限定カレーランチ』

 

ホキ美術館併設のイタリアン”はなうのシェフ・小島祥さんのスペシャルカレーを提供。

 

『角切り豚肉のカレー』

たっぷりの香味野菜とトマト、角切り豚肉を長時間トロトロになるまで煮込んでいます。

赤ワインも加えているので味に深みが出ています。

 

付け合わせは、イタリア定番料理『カポナータ』。

揚げ茄子、ズッキーニ、パプリカ、タマネギ、オリーブ、ケイパーのトマト煮込みです。

 

ラストオーダー:16時

1000円

 

↓ 前回の小島シェフのカレー

 

 

 

 

ご興味のある催しに

ぜひお出かけくださいませ。

 

 

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

| 展覧会 | 23:09 |
home1.jpg

home2.jpg


facebook

instagram



    gallery ten 営業カレンダー
    営業時間 12:00〜17:00
  gallery ten 営業カレンダー
    ※カフェの営業は
      ギャラリー営業日と同じです。
    ※詳細は、HPでご確認ください。


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
BLOG CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 『motif』展 & 本日『薬膳料理教室の会』 & 明日『カラダで覚える英語の会』 & 昨日の”merle”『メンチカツランチ』 
    センニン (07/10)
  • 『motif』展 & 本日『kiredo kitchen』 & 明日『merleのメンチカツランチ・テイクアウト』
    センニン (07/08)
  • 『nostalgia』展 本日最終日! & 本日 小野高峰さん・桐谷増子さん 在廊!& ”merle"山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 本日『カラダで覚える英語の会』 
    ten (06/16)
  • 『nostalgia』展 本日最終日! & 本日 小野高峰さん・桐谷増子さん 在廊!& ”merle"山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 本日『カラダで覚える英語の会』 
    センニン (06/15)
  • 『nostalgia』展 小野高峰さんの春海バカラ & ”merle”山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 明日『大人の書の会』 & 『房州うちわの会』のおしらせ
    ten (06/03)
  • 『nostalgia』展 小野高峰さんの春海バカラ & ”merle”山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 明日『大人の書の会』 & 『房州うちわの会』のおしらせ
    センニン (06/03)
  • 内田鋼一さんの皿 & 癒しのマッサージ
    ten (09/29)
  • 内田鋼一さんの皿 & 癒しのマッサージ
    石野良和 (09/29)
  • 横道佑器さんと打ち合わせ@豊中 
    ten (09/11)
  • 横道佑器さんと打ち合わせ@豊中 
    小澤 早苗 (09/11)
モバイル
qrcode