ギャラリーテン Daily Alle Colle

gallery ten・店主のblog

『gallery ten 15周年記念』展 最終日! & ポイント還元制度(キャッシュレス・消費者還元事業) 適用開始!

 

 

こんにちは。

 

 

 

 

昨夜のラグビーの激闘戦、

多くの人たちに力を与えてくれたでしょう。

 

 

 

 

gallery ten 15周年記念』展、ついに本日が最終日。

 

gallery ten は、おかげさまで15周年を迎えることができました。

 

 

2004年10月1日、

千葉市緑区にある自宅で

全くの素人の”好き”が高じてギャラリーを始めました。

 

この年の春、この地に引っ越してきました。

 

当時小学生だった娘を鍵っ子にせず仕事をしたいと思いました。

アート、建築、インテリア、クラフト、・・・など、

どれも専門に学んだことはありませんでしたが、とても関心がありました。

特に作家ものの器は大好きで以前よりあちらこちらで買い求めて楽しんでおりました。

 

自宅でギャラリーを展開することができれば、

家にいながらにして、自分の好きな世界に携わることができ、

資金のない私でも比較的簡単に始められるなと、

特に迷いも不安もなくやってみようと思いました。

 

ですが、当初は、ただの主婦の趣味に毛の生えたようなギャラリーなんて・・・

という見られ方をすることも少なくありませんでした。

それでも、やるからには、

私自身が本当に好きでおもしろいという作品しかやりたくないという想いは強くありました。

『当たって砕けろ』を座右の銘に、怖いもの知らずに大好きな作家さん方に直談判をし、

頼りない素人の私を信じてやろうと言ってくださりお世話になる方が徐々に増えていき現在に至ります。

 

 

2012年1月17日、

隣町・大網白里市に店を構え、カフェを併設しました。

 

自宅で展開している時は、偶数月の1週間だけのオープン。

特に経費も気にせずアマアマな運営でした。

店の運営は、私の能天気で根拠のない自信をあっという間に覆しました。

営業日数だけではなく、企画や数字のプレッシャーは、想像をはるかに超えるものでした。

そもそも銀行から融資を受けることから難関だったのですが、

開店後、経営センスのない私にさらに重圧がのしかかってきます。

いまだ軌道に乗っているとは言えません。

ですが、ようやくペースができてきたような気がしています。

 

熱しやすく冷めやすい、何をやっても三日坊主、根性ナシの私にとって、

唯一長続きしているのが”gallery ten”。

 

15年前、好きなものに囲まれて仕事ができることが幸せだと思っていました。

始めてみてどんどんわかってきたことがありました。

モノに囲まれること以上に、

その場から生まれる多くのヒトとの出会いやつながりや支えが

より大きな幸せをもたらしてくれるということでした。

このことが、15年という長い間、続けてこられた最大のモチベーション。

 

改めて多くのみなさまに感謝申し上げます。

たくさんのお客様、

作家さん、

カルチャー講師、

イベント担当者、

カフェの食材・ランチを提供してくださる方、

大家さん、

スタッフ、

友人、

家族、

・・・・・

 

ありがとうございます。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

今会期は、15周年を記念して、常設作品の金額の15%を還元いたします。

なお、

仝酋癲PayPayでお買い上げの場合 → 15%

▲レジットカードでお買い上げの場合 → 10%

カフェでのご飲食は還元の対象にはなりません。

ぅレジットカードはお買い上げ額1万円以上からご利用いただけます。

ジ住点でのお取り置き品については適用しません。

δ免里10%還元とします。

 

 

 

本日最終日。

今、展開中の作品は、来月以降も展示しておりますが、

15周年の割引のチャンスは今日までです。

どうぞお見逃しなく!

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夜、キャッシュレス決済における消費者還元事業のポスターが届きました。

店主がイマヒトツ理解できていなくて大変申し訳ありません。

 

現段階では、クレジットカードでお支払いの場合のみ、この5%の還元が適用されます。

 

PayPayからはまだこの還元開始の通知が来ていないため、適用されません。

来月の会期からは機能するはずです。

 

ご了承ください。

 

 

 

 

 

 

ついさきほど、来月のフライヤー到着。

今日は発送作業もがんばります。

 

 

 

 

 

 

 

 

明日から31日までお休みをいただきます。

次の営業は、11月1日、新しい企画展でお待ちしております。

 

 

今月の営業最終日。

 

ぜひぜひお出かけくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:57 |

本日営業しております! & 『gallery ten 15周年記念』展 明日まで!

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

昨夜の台風の猛威の爪痕が各所で見られます。

被災されたみなさま、心よりお見舞い申し上げます。

 

おかげさまで、テンの店も私の自宅も停電断水もなく無事にやり過ごせました。

今日は、通常どおり営業いたします。

 

 

この周辺の情報では、先月の台風の時よりライフラインの滞りが比較的少ないようです。

ですが、もし、停電等でご不便な方は、

涼しい店内で充電などしていただきたいと思います。

 

 

メダちゃんたちも無事でした。

ホッとします。

 

 

 

 

 

 

gallery ten 15周年記念』展、開催中です。

 

gallery ten は、おかげさまで15周年を迎えることができました。

 

 

2004年10月1日、

千葉市緑区にある自宅で

全くの素人の”好き”が高じてギャラリーを始めました。

 

この年の春、この地に引っ越してきました。

 

当時小学生だった娘を鍵っ子にせず仕事をしたいと思いました。

アート、建築、インテリア、クラフト、・・・など、

どれも専門に学んだことはありませんでしたが、とても関心がありました。

特に作家ものの器は大好きで以前よりあちらこちらで買い求めて楽しんでおりました。

 

自宅でギャラリーを展開することができれば、

家にいながらにして、自分の好きな世界に携わることができ、

資金のない私でも比較的簡単に始められるなと、

特に迷いも不安もなくやってみようと思いました。

 

ですが、当初は、ただの主婦の趣味に毛の生えたようなギャラリーなんて・・・

という見られ方をすることも少なくありませんでした。

それでも、やるからには、

私自身が本当に好きでおもしろいという作品しかやりたくないという想いは強くありました。

『当たって砕けろ』を座右の銘に、怖いもの知らずに大好きな作家さん方に直談判をし、

頼りない素人の私を信じてやろうと言ってくださりお世話になる方が徐々に増えていき現在に至ります。

 

 

2012年1月17日、

隣町・大網白里市に店を構え、カフェを併設しました。

 

自宅で展開している時は、偶数月の1週間だけのオープン。

特に経費も気にせずアマアマな運営でした。

店の運営は、私の能天気で根拠のない自信をあっという間に覆しました。

営業日数だけではなく、企画や数字のプレッシャーは、想像をはるかに超えるものでした。

そもそも銀行から融資を受けることから難関だったのですが、

開店後、経営センスのない私にさらに重圧がのしかかってきます。

いまだ軌道に乗っているとは言えません。

ですが、ようやくペースができてきたような気がしています。

 

熱しやすく冷めやすい、何をやっても三日坊主、根性ナシの私にとって、

唯一長続きしているのが”gallery ten”。

 

15年前、好きなものに囲まれて仕事ができることが幸せだと思っていました。

始めてみてどんどんわかってきたことがありました。

モノに囲まれること以上に、

その場から生まれる多くのヒトとの出会いやつながりや支えが

より大きな幸せをもたらしてくれるということでした。

このことが、15年という長い間、続けてこられた最大のモチベーション。

 

改めて多くのみなさまに感謝申し上げます。

たくさんのお客様、

作家さん、

カルチャー講師、

イベント担当者、

カフェの食材・ランチを提供してくださる方、

大家さん、

スタッフ、

友人、

家族、

・・・・・

 

ありがとうございます。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

今会期は、15周年を記念して、常設作品の金額の15%を還元いたします。

なお、

仝酋癲PayPayでお買い上げの場合 → 15%

▲レジットカードでお買い上げの場合 → 10%

カフェでのご飲食は還元の対象にはなりません。

ぅレジットカードはお買い上げ額1万円以上からご利用いただけます。

ジ住点でのお取り置き品については適用しません。

δ免里10%還元とします。

 

10月からの消費税率アップに伴い、

PayPay等、独自に還元キャンペーンも行われ、

さらにお得なお買い物をお楽しみくださいませ。

 

また、現在、キャッシュレス決済における消費者還元事業の登録申請中ですが、

混みあっているため登録まで時間を要すようです。

どうぞご了承くださいませ。

 

 

 

今日は、小山義則さんの土鍋をご紹介します。

小山さんにはテンの企画展では何度もお世話になっています。

現在、笠間で作陶されています。

 

土鍋を伊賀の土で制作。

そもそも、伊賀は太古の昔は琵琶湖の湖底にあり、

伊賀の土には有機物がたくさん含まれ、焼成するとそれらが孔となり、耐火に適するのです。

最近では多くの作家さん方も

土鍋を作るのにペタライトという鉱物を土に混ぜることが少なくありません。

それが悪いことではないのですが、

小山さんのように伊賀の土を使うことで、

土鍋としての性能や釉薬のかかり方が違います。

 

小山さんの土鍋のほかにも長谷園の土鍋も展開中。

 

これから秋冬に向かい、土鍋が大活躍する時季。

ぜひご覧になってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、台風一過でお天気となり、この時季異例の暑さです。

気圧や気温の変化で体調を崩されませんように・・・。

 

 

 

 

今会期も明日が最終日です。

 

おでかけくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

| 展覧会 | 11:45 |

本日 臨時休業!

 

 

 

おはようございます。

 

 

 

本日は、臨時休業いたします。

 

 

 

 

すでに雨風が強くなってきています。

みなさま、どうぞお気をつけて。

 

 

 

台風の災害が大事に至りませんように・・・。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 08:42 |

『gallery ten 15周年記念』展 & 明日 臨時休業します 

 

 

こんにちは。

 

 

雨が降ってきました。

台風が接近してきています。

 

 

ここ数日、大型台風19号の情報が飛び交っています。

先月の千葉を直撃した台風の後の大きな被害を考えると、

恐ろしくてたまりません。

 

明日は臨時休業いたします。

 

明後日に関しては、状況により判断し、改めてお伝えいたします。

 

 

 

 

 

 

 

gallery ten 15周年記念』展、開催中です。

 

gallery ten は、おかげさまで15周年を迎えることができました。

 

 

2004年10月1日、

千葉市緑区にある自宅で

全くの素人の”好き”が高じてギャラリーを始めました。

 

この年の春、この地に引っ越してきました。

 

当時小学生だった娘を鍵っ子にせず仕事をしたいと思いました。

アート、建築、インテリア、クラフト、・・・など、

どれも専門に学んだことはありませんでしたが、とても関心がありました。

特に作家ものの器は大好きで以前よりあちらこちらで買い求めて楽しんでおりました。

 

自宅でギャラリーを展開することができれば、

家にいながらにして、自分の好きな世界に携わることができ、

資金のない私でも比較的簡単に始められるなと、

特に迷いも不安もなくやってみようと思いました。

 

ですが、当初は、ただの主婦の趣味に毛の生えたようなギャラリーなんて・・・

という見られ方をすることも少なくありませんでした。

それでも、やるからには、

私自身が本当に好きでおもしろいという作品しかやりたくないという想いは強くありました。

『当たって砕けろ』を座右の銘に、怖いもの知らずに大好きな作家さん方に直談判をし、

頼りない素人の私を信じてやろうと言ってくださりお世話になる方が徐々に増えていき現在に至ります。

 

 

2012年1月17日、

隣町・大網白里市に店を構え、カフェを併設しました。

 

自宅で展開している時は、偶数月の1週間だけのオープン。

特に経費も気にせずアマアマな運営でした。

店の運営は、私の能天気で根拠のない自信をあっという間に覆しました。

営業日数だけではなく、企画や数字のプレッシャーは、想像をはるかに超えるものでした。

そもそも銀行から融資を受けることから難関だったのですが、

開店後、経営センスのない私にさらに重圧がのしかかってきます。

いまだ軌道に乗っているとは言えません。

ですが、ようやくペースができてきたような気がしています。

 

熱しやすく冷めやすい、何をやっても三日坊主、根性ナシの私にとって、

唯一長続きしているのが”gallery ten”。

 

15年前、好きなものに囲まれて仕事ができることが幸せだと思っていました。

始めてみてどんどんわかってきたことがありました。

モノに囲まれること以上に、

その場から生まれる多くのヒトとの出会いやつながりや支えが

より大きな幸せをもたらしてくれるということでした。

このことが、15年という長い間、続けてこられた最大のモチベーション。

 

改めて多くのみなさまに感謝申し上げます。

たくさんのお客様、

作家さん、

カルチャー講師、

イベント担当者、

カフェの食材・ランチを提供してくださる方、

大家さん、

スタッフ、

友人、

家族、

・・・・・

 

ありがとうございます。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

今会期は、15周年を記念して、常設作品の金額の15%を還元いたします。

なお、

仝酋癲PayPayでお買い上げの場合 → 15%

▲レジットカードでお買い上げの場合 → 10%

カフェでのご飲食は還元の対象にはなりません。

ぅレジットカードはお買い上げ額1万円以上からご利用いただけます。

ジ住点でのお取り置き品については適用しません。

δ免里10%還元とします。

 

10月からの消費税率アップに伴い、

PayPay等、独自に還元キャンペーンも行われ、

さらにお得なお買い物をお楽しみくださいませ。

 

また、現在、キャッシュレス決済における消費者還元事業の登録申請中ですが、

混みあっているため登録まで時間を要すようです。

どうぞご了承くださいませ。

 

 

 

今日は、田辺京子さんの作品をご紹介します。

京子さんは、テンの2018年7月の企画展でお世話になりました。

生まれも育ちも金沢の京子さんの九谷焼。

九谷カラーではありますが、絵柄があまりにもユニークでググっとハートをつかまれます。

細やかに描かれたモチーフひとつひとつが生き生きしていて、見ているだけで元気になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の

おむすび茶屋 さつき”さんの美味しい美味しいおむすび。

シアワセの味でした。

 

次回は、11月14日(木)を予定しています。

ぜひお召し上がりくださいね。

 

 

 

 

 

 

先日、Nさんから教えていただいた豆知識。

ご存知かもしれませんが、みなさんのお役に立てればと思い、シェアしますね。

 

停電が数日続くと、冷蔵庫内の食料品がダメになってしまいます。

タッパーやビニール袋などに水を入れ、冷凍させておき、

停電後、それらを冷蔵室に移し、なるべくドアを開けずに庫内を冷やす。

これで少しでも長く冷蔵品を保管することができるというわけです。

それでも停電が長引いてしまった場合は、食料品は諦めなければなりませんが、

解けてしまったタッパーの氷水は飲料水として使う。

・・・とは言え、冷凍庫、あまり隙間がないかも・・・。(汗)

 

 

とにもかくにも、台風の被害はどんな形で出るのかが予想できません。

今できることを備え、気を付けてお過ごしください。

 

 

 

 

台風前ですが、少し息抜きにご来店ください。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:55 |

『gallery ten 15周年記念』展 & 本日『おむすびランチ・テイクアウト』 & 昨日の『薬膳料理教室の会』 & 13日(日)の『スパイス料理の会』延期

 

 

こんにちは。

 

 

涼しい一日になりそうです。

 

が!!!

またまた大型台風接近!

どうか被害が出ませんように・・・。

 

 

 

 

 

 

 

gallery ten 15周年記念』展、開催中です。

 

gallery ten は、おかげさまで15周年を迎えることができました。

 

 

2004年10月1日、

千葉市緑区にある自宅で

全くの素人の”好き”が高じてギャラリーを始めました。

 

この年の春、この地に引っ越してきました。

 

当時小学生だった娘を鍵っ子にせず仕事をしたいと思いました。

アート、建築、インテリア、クラフト、・・・など、

どれも専門に学んだことはありませんでしたが、とても関心がありました。

特に作家ものの器は大好きで以前よりあちらこちらで買い求めて楽しんでおりました。

 

自宅でギャラリーを展開することができれば、

家にいながらにして、自分の好きな世界に携わることができ、

資金のない私でも比較的簡単に始められるなと、

特に迷いも不安もなくやってみようと思いました。

 

ですが、当初は、ただの主婦の趣味に毛の生えたようなギャラリーなんて・・・

という見られ方をすることも少なくありませんでした。

それでも、やるからには、

私自身が本当に好きでおもしろいという作品しかやりたくないという想いは強くありました。

『当たって砕けろ』を座右の銘に、怖いもの知らずに大好きな作家さん方に直談判をし、

頼りない素人の私を信じてやろうと言ってくださりお世話になる方が徐々に増えていき現在に至ります。

 

 

2012年1月17日、

隣町・大網白里市に店を構え、カフェを併設しました。

 

自宅で展開している時は、偶数月の1週間だけのオープン。

特に経費も気にせずアマアマな運営でした。

店の運営は、私の能天気で根拠のない自信をあっという間に覆しました。

営業日数だけではなく、企画や数字のプレッシャーは、想像をはるかに超えるものでした。

そもそも銀行から融資を受けることから難関だったのですが、

開店後、経営センスのない私にさらに重圧がのしかかってきます。

いまだ軌道に乗っているとは言えません。

ですが、ようやくペースができてきたような気がしています。

 

熱しやすく冷めやすい、何をやっても三日坊主、根性ナシの私にとって、

唯一長続きしているのが”gallery ten”。

 

15年前、好きなものに囲まれて仕事ができることが幸せだと思っていました。

始めてみてどんどんわかってきたことがありました。

モノに囲まれること以上に、

その場から生まれる多くのヒトとの出会いやつながりや支えが

より大きな幸せをもたらしてくれるということでした。

このことが、15年という長い間、続けてこられた最大のモチベーション。

 

改めて多くのみなさまに感謝申し上げます。

たくさんのお客様、

作家さん、

カルチャー講師、

イベント担当者、

カフェの食材・ランチを提供してくださる方、

大家さん、

スタッフ、

友人、

家族、

・・・・・

 

ありがとうございます。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

今会期は、15周年を記念して、常設作品の金額の15%を還元いたします。

なお、

仝酋癲PayPayでお買い上げの場合 → 15%

▲レジットカードでお買い上げの場合 → 10%

カフェでのご飲食は還元の対象にはなりません。

ぅレジットカードはお買い上げ額1万円以上からご利用いただけます。

ジ住点でのお取り置き品については適用しません。

δ免里10%還元とします。

 

10月からの消費税率アップに伴い、

PayPay等、独自に還元キャンペーンも行われ、

さらにお得なお買い物をお楽しみくださいませ。

 

また、現在、キャッシュレス決済における消費者還元事業の登録申請中ですが、

混みあっているため登録まで時間を要すようです。

どうぞご了承くださいませ。

 

 

 

今日は、新宮州三さんの作品をご紹介します。

新宮さんは、テンの2010年12月の展覧会でお世話になりました。

京都で漆器を制作されています。

 

このような箱モノは、

たいがいの場合、板状のものを底、側面、蓋と組み合わせて作りますが、

新宮さんは、いわゆる”刳りもの”というもので、

木の塊を刳って(彫って)成形します。

原始的な方法ですが、これが作業的には大変。

でも、刳っているからこその素朴さ、手仕事のぬくもりがより感じられます。

素朴と言っても、新宮さんの作品には、直線の潔さ、シャープさがあり、

対極ともいえる洗練も感じられます。

それらに漆が施されているのですが、

外側と内側が、マットと艶ありという塗り分けも、新宮さんの高い美意識を見てとれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今日は、『おむすびランチ・おむすびテイクアウト』の日。

先月のランチは台風で中止となってしまい、

7月と8月はお休みだったので、なんと3か月ぶりの登場です。

 

 

大好評”おむすび茶屋 さつき”さんの美味しい美味しいおむすびです。

 

宮下治子さんは、千葉県香取郡神崎にある酒蔵”寺田本家”に勤めながら地域の生産者さんたちと知り合っていきました。

2年前に独立し”さつき”を立ち上げました。

食をとおしての人生体験や様々な人々との出会いを通じて、

そして、田畑(大地)に触れ、料理は命そのものであり、

食べることの喜びと、食の産み出す無限の力を表現・追求していきたい。

そんな治子さんは、小さなキッチンカーでおむすびの出張販売、

旬の料理教室を営むようになりました。

 

治子さんのおむすびは、

太陽・大地・海の恵みが、お米一粒一粒で結ばれ、まさに命のご馳走。

生産者さんたちが丹精込めて作った魚やおかかや手作りの具、

白米や玄米、お好みに応じてホッコリ結びます。

 

米:藤崎農場の無農薬玄米、こうざき自然塾の減農薬白米。

塩:自然海塩

海苔:有明産

味噌:こうざき自然塾の熟成発芽玄米麹味噌

酒粕:寺田本家の熟成酒粕

椎茸:西伊豆産の干し椎茸

昆布:こんぶ土居の真昆布

鰹節:タイコウの一本釣り鰹節

他具材:全て国内産、添加物を使わず手間ひまかけて作っています。

 

 

治子さんのおむすびをランチ@カフェで、

テイクアウトで ご提供いたします。

なお、いずれもご予約をいただいた方に優先して提供。

(当日の飛び込みだと食材不足でお断りすることもありますので、ご予約を!)

 

カフェでのランチは、

お好みのおむすび、漬物、吸物のセットで、おむすび代金+350yen

12:00〜、13:30〜で、定員が各10〜15名でご案内。

 

テイクアウトは、

お好みのおむすびをパックします。

テイクアウトのお受け取りは当日16:30まで。

 

予約方法は、以下の(白米 or 玄米)×具材の組み合わせ、

各々の個数をお選びください。

 

A:白米

B:玄米(プラス50yen)

 

a:鯖香熟漬→350yen(玄米+50yen)

      越田商店の40年熟成漬汁に漬けた鯖は臭みがなく豊かな風味。さつき一番人気。

b:おかか→300yen(玄米+50yen)

  鰹目利き職人・タイコウさんが厳選する一本釣鰹節をふんわりむすびます。

  鰹の香り・旨みが口いっぱいに広がります。

c:梅ゴマ塩→300yen(玄米+50yen)

  昔ながらの酸っぱさ、しょっぱさ。樽の中で3年熟成した梅干。

 

カフェでのお召し上がりの味噌汁と漬物のセットがおむすび+350円となります。

また、テイクアウトの6個入りの箱をご希望の方は50円いただきます。

 

 

少し多めにご用意しています。

ランチ、テイクアウトをご希望の方は、今すぐお電話くださいね。

tel:0475-78-3068

 

 

ただいま、仕込み中!

早く食べた〜い♪

 

 

 

 

 

 

さて、昨日の月イチカルチャー『薬膳料理教室の会』の報告です。


薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは”長引いた残暑で消耗した体力・気力を補い秋を迎える薬膳”。

 

今年は台風の影響も多く、

不安定な気圧、猛暑で体力・気力も消耗した方が多いようです。

そのことで、

胃腸機能の低下、身体のだるさが取れない、すぐに風邪をひく、

など秋に影響を及ぼします。

来る秋を健やかに迎えるべく、身体を整えるお料理をご紹介しました。

 

 

『参鶏湯(サムゲタン)』

滋養供給、胃腸を整え、補気補血効果、冷房でだるい身体、乾燥した肌、強い日差しを受けた肌を回復させる、

暑気払いに最適な料理です。

 

この立派なケースに入った高麗人参。

Nさんから使い道がわからないといただいたもの。

 

 

鑑定書までついていました。(驚)

 

 

左上から時計まわりに

栗、もち米、当帰、棗、にんにく、生姜

これらを丸鶏のお腹に詰めていく。

 

2秒以上凝視できません・・・。(汗)

 

 

時間が限られているので、圧力鍋で40分ほど加熱。

 

土鍋に移してコトコト。

 

 

 

『蒸かし里芋』

・里芋:ぬめり成分は体内の免疫力を高める。

  食物繊維も豊富で、腸内環境を整え生活習慣病を予防する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『南瓜の黒酢の蒸炒め』

・南瓜:身体を温め、胃腸の吸収力を高める。

  美肌効果、免疫力を高める。

 

 

 

 

『小松菜の炒め物』

・小松菜:余分な熱を収め、イライラを解消する。

  食物繊維が豊富で便秘解消に効果、下痢気味の時は控えめに。

 

 

 

 

『プーアール茶と豆乳のあっさりプリン』

・プーアール茶:消化を助け、脂を排出する。

・卵:病中病後、高齢者の栄養補給に。五臓を補う。補心効果。

・豆乳:身体を潤す。腸を整える。血行をよくする。老化防止。痰を取り除く。

 

 

 

 

 

 

今月のお茶『沈香茶』

腸の動きを活発にして排便を促しダイエット効果、血糖値降下作用、

安眠効果、体内の水銀などを出すデトックス効果、カフェインレスのお茶。

 

 

 

 

 

 

そして、ご参加のNさん、Sさんから、

希少で美味しいお菓子をいただきました。

 

 

 

 

 

 

次回は、11月13日(水)。

最近、テンのお客様が脳梗塞で入院されていたこともあり、

直美さんに相談してみたところ、では次回に!ということになりました。

 

『動脈硬化を防いで脳梗塞・心筋梗塞を予防する薬膳』

ぜひご参加くださいませ。

 

 

 

 

 

 

さきほど、ブログでもお知らせいたしましたが、

13日(日)のイベント『スパイス料理の会』は、

台風接近のため、27日(日)に延期となりました。

詳細は、こちらをご確認ください。→

 

 

 

 

 

 

 

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:39 |

13日(日)の『スパイス料理の会』延期のおしらせ

 

 

 

おはようございます。

 

 

 

 

13日(日)に予定しているイベント『スパイス料理の会』の延期についてのおしらせです。

 

すでに多くのみなさんからご予約をいただいておりますが・・・。

 

またまた大型の台風が接近、12日(土)〜13日(日)未明に関東に上陸する予報。

先月の台風では千葉県各所で、

停電、断水、家屋損壊、交通の麻痺、などの大きな被害が出ました。

よくある台風では、台風が去った後は、お天気になって特に問題もありませんが、

今回のそれは、かなり強い勢力とのこと。

 

講師の伊藤さんと相談し、延期することに決定いたしました。

 

 

10月27日(日) 10:30〜12:30 に変更いたします。

日程とともに時間帯も変更しています!

ご予約いただいているみなさまには、個別にこちらからご連絡いたします。

 

 

 

あらためて、募集いたします。

以下をご確認くださいませ。

 

 

 

 

 

東京・押上にある”SPICE CAFE”。

スパイスの達人であるシェフの伊藤一城さんによる『スパイスの料理教室』。

 

押上のお店では、ランチはカレーが数種提供されていますが、

ディナーがスバラシイのです!

”スパイスという考え方”を、

異なるものをミックスして新しい何かを生み出していくことととらえ、

日本独自の旬の食材を使い、できる限りシンプルに新しいスパイスの楽しさを表現。

また、7皿それぞれの料理とペアリングのワインやティを楽しめるというコース。

今年一番、私の感動した食事でした。

 

 

今回、待望の会が実現することになりました。

 

スパイスカフェの紹介、

カレーだけではないスパイスの魅力、

カレー粉ではないスパイス単体の香り、

そんな魅惑のスパイスのレクチャー。

 

そして、チキンカレー、スパイス料理3種、スパイスティの

伊藤さんによるデモと試食を行います。

 

また、伊藤さん著のスパイス料理のレシピ本も販売いたします。

 

 

 

ご予約受付中。

必ずメールにてご連絡ください。

 

メールでは、以下の内容で送信願います。

表題『スパイス料理の会』

内容

◎代表者のお名前

◎予約人数

◎代表者の携帯番号

◎ご来店の交通手段(ex.車、電車、徒歩など)

 

 

開催概要

・日時:10月27日(日) 10:30〜12:30

・会費:4500円

・キャンセル料:2日前〜前日→50%、当日→100%

 

 

なお、会の数日前に、当日の諸注意をブログでお知らせいたしますので、

ご参加者は必ずご確認ください。

 

 

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 10:40 |

『gallery ten 15周年記念』展 & 本日『薬膳料理教室の会』 & 明日『おむすびランチ・テイクアウト』

 

 

こんにちは。

 

 

 

良いお天気です。

昨日ほどではありませんが、暑くなってきました。(汗)

 

今日は朝から薬膳料理教室で火を使うので、

エアコン効かせて涼しくしています。

 

 

 

メキシコ・オアハカのいたるところで見た大木。

花が白いホワホワで可愛らしいのですが、

この後の実が、ソラマメのオバケのような大きな大きな20センチほどの房がつきます。

 

 

 

 

 

gallery ten 15周年記念』展、開催中です。

 

gallery ten は、おかげさまで15周年を迎えることができました。

 

 

2004年10月1日、

千葉市緑区にある自宅で

全くの素人の”好き”が高じてギャラリーを始めました。

 

この年の春、この地に引っ越してきました。

 

当時小学生だった娘を鍵っ子にせず仕事をしたいと思いました。

アート、建築、インテリア、クラフト、・・・など、

どれも専門に学んだことはありませんでしたが、とても関心がありました。

特に作家ものの器は大好きで以前よりあちらこちらで買い求めて楽しんでおりました。

 

自宅でギャラリーを展開することができれば、

家にいながらにして、自分の好きな世界に携わることができ、

資金のない私でも比較的簡単に始められるなと、

特に迷いも不安もなくやってみようと思いました。

 

ですが、当初は、ただの主婦の趣味に毛の生えたようなギャラリーなんて・・・

という見られ方をすることも少なくありませんでした。

それでも、やるからには、

私自身が本当に好きでおもしろいという作品しかやりたくないという想いは強くありました。

『当たって砕けろ』を座右の銘に、怖いもの知らずに大好きな作家さん方に直談判をし、

頼りない素人の私を信じてやろうと言ってくださりお世話になる方が徐々に増えていき現在に至ります。

 

 

2012年1月17日、

隣町・大網白里市に店を構え、カフェを併設しました。

 

自宅で展開している時は、偶数月の1週間だけのオープン。

特に経費も気にせずアマアマな運営でした。

店の運営は、私の能天気で根拠のない自信をあっという間に覆しました。

営業日数だけではなく、企画や数字のプレッシャーは、想像をはるかに超えるものでした。

そもそも銀行から融資を受けることから難関だったのですが、

開店後、経営センスのない私にさらに重圧がのしかかってきます。

いまだ軌道に乗っているとは言えません。

ですが、ようやくペースができてきたような気がしています。

 

熱しやすく冷めやすい、何をやっても三日坊主、根性ナシの私にとって、

唯一長続きしているのが”gallery ten”。

 

15年前、好きなものに囲まれて仕事ができることが幸せだと思っていました。

始めてみてどんどんわかってきたことがありました。

モノに囲まれること以上に、

その場から生まれる多くのヒトとの出会いやつながりや支えが

より大きな幸せをもたらしてくれるということでした。

このことが、15年という長い間、続けてこられた最大のモチベーション。

 

改めて多くのみなさまに感謝申し上げます。

たくさんのお客様、

作家さん、

カルチャー講師、

イベント担当者、

カフェの食材・ランチを提供してくださる方、

大家さん、

スタッフ、

友人、

家族、

・・・・・

 

ありがとうございます。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

今会期は、15周年を記念して、常設作品の金額の15%を還元いたします。

なお、

仝酋癲PayPayでお買い上げの場合 → 15%

▲レジットカードでお買い上げの場合 → 10%

カフェでのご飲食は還元の対象にはなりません。

ぅレジットカードはお買い上げ額1万円以上からご利用いただけます。

ジ住点でのお取り置き品については適用しません。

δ免里10%還元とします。

 

10月からの消費税率アップに伴い、

PayPay等、独自に還元キャンペーンも行われ、

さらにお得なお買い物をお楽しみくださいませ。

 

また、現在、キャッシュレス決済における消費者還元事業の登録申請中ですが、

混みあっているため登録まで時間を要すようです。

どうぞご了承くださいませ。

 

 

 

今日は、小孫哲太郎さんの作品をご紹介します。

これは実物をじっくりご覧いただきたいです!

美しいです。

美術品のような麗しさです。

どれだけ手をかけて丁寧に作られているかを肉眼でお確かめください。

 

この皿は、ウサギと鶏が描かれているのですが、

裏側にまで絵がつながっています。

小孫さんの作品には、夜の月と、朝の朝日が描かれています。

 

絵は、裏側の真ん中から描き始められるそうです。

制作過程を見てみたいです。

 

器として使ってもよいですが、

壁や棚に飾ってもステキですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『薬膳料理教室の会』のレッスン中です。


薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは”長引いた残暑で消耗した体力・気力を補い秋を迎える薬膳”。

 

今晩夏から厳しい残暑が続きました。

猛暑で消耗した体力、気力が戻らないでいると、

胃腸機能の低下、身体のだるさが取れない、すぐに風邪をひく、

など秋に影響を及ぼします。

来る秋を健やかに迎えるべく、身体を整えるお料理をご紹介いたします。

 

今日の模様は明日のブログでご報告いたします。

 

 

 

ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーー!

 

 

 

 

 

 

 

明日は、

『おむすびランチ・おむすびテイクアウト』の日。

 

大好評”おむすび茶屋 さつき”さんの美味しい美味しいおむすびです。

 

宮下治子さんは、千葉県香取郡神崎にある酒蔵”寺田本家”に勤めながら地域の生産者さんたちと知り合っていきました。

2年前に独立し”さつき”を立ち上げました。

食をとおしての人生体験や様々な人々との出会いを通じて、

そして、田畑(大地)に触れ、料理は命そのものであり、

食べることの喜びと、食の産み出す無限の力を表現・追求していきたい。

そんな治子さんは、小さなキッチンカーでおむすびの出張販売、

旬の料理教室を営むようになりました。

 

治子さんのおむすびは、

太陽・大地・海の恵みが、お米一粒一粒で結ばれ、まさに命のご馳走。

生産者さんたちが丹精込めて作った魚やおかかや手作りの具、

白米や玄米、お好みに応じてホッコリ結びます。

 

米:藤崎農場の無農薬玄米、こうざき自然塾の減農薬白米。

塩:自然海塩

海苔:有明産

味噌:こうざき自然塾の熟成発芽玄米麹味噌

酒粕:寺田本家の熟成酒粕

椎茸:西伊豆産の干し椎茸

昆布:こんぶ土居の真昆布

鰹節:タイコウの一本釣り鰹節

他具材:全て国内産、添加物を使わず手間ひまかけて作っています。

 

 

治子さんのおむすびをランチ@カフェで、

テイクアウトで ご提供いたします。

なお、いずれもご予約をいただいた方に優先して提供。

(当日の飛び込みだと食材不足でお断りすることもありますので、ご予約を!)

 

カフェでのランチは、

お好みのおむすび、漬物、吸物のセットで、おむすび代金+350yen

12:00〜、13:30〜で、定員が各10〜15名でご案内。

 

テイクアウトは、

お好みのおむすびをパックします。

テイクアウトのお受け取りは当日16:30まで。

 

予約方法は、以下の(白米 or 玄米)×具材の組み合わせ、

各々の個数をお選びください。

 

A:白米

B:玄米(プラス50yen)

 

a:鯖香熟漬→350yen(玄米+50yen)

      越田商店の40年熟成漬汁に漬けた鯖は臭みがなく豊かな風味。さつき一番人気。

b:おかか→300yen(玄米+50yen)

  鰹目利き職人・タイコウさんが厳選する一本釣鰹節をふんわりむすびます。

  鰹の香り・旨みが口いっぱいに広がります。

c:梅ゴマ塩→300yen(玄米+50yen)

  昔ながらの酸っぱさ、しょっぱさ。樽の中で3年熟成した梅干。

 

カフェでのお召し上がりの味噌汁と漬物のセットがおむすび+350円となります。

また、テイクアウトの6個入りの箱をご希望の方は50円いただきます。

 

 

予約例

カフェで食事(12:00〜)→ B×a×1個、B×d×1個

テイクアウト→ A×a×2個、B×c×1個、B×d×3個、・・・。受取予定時間も。

 

メールにてご連絡ください。

なお、必ず確認のメールを返信します。

返信がない場合は、再度メールかお電話をいただけますようお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 09:41 |

『gallery ten 15周年記念』展 & ”SPICE CAFE”伊藤一城シェフの『ガーリックチキンカレー』 & 本日『大人の書の会』 & 明日『薬膳料理教室の会』 & 明後日『おむすびランチ・テイクアウト』

 

こんにちは。

 

 

 

今日日中はまた暑さがぶり返すそうです。(汗)

そして、大型台風が発生しているようで、

13日(日)のイベント『スパイス料理の会』が開催できるのか心配になってきました。

 

 

 

カエデの葉が少しずつ紅くなってきました。

 

 

 

 

 

gallery ten 15周年記念』展、開催中です。

 

gallery ten は、おかげさまで15周年を迎えることができました。

 

 

2004年10月1日、

千葉市緑区にある自宅で

全くの素人の”好き”が高じてギャラリーを始めました。

 

この年の春、この地に引っ越してきました。

 

当時小学生だった娘を鍵っ子にせず仕事をしたいと思いました。

アート、建築、インテリア、クラフト、・・・など、

どれも専門に学んだことはありませんでしたが、とても関心がありました。

特に作家ものの器は大好きで以前よりあちらこちらで買い求めて楽しんでおりました。

 

自宅でギャラリーを展開することができれば、

家にいながらにして、自分の好きな世界に携わることができ、

資金のない私でも比較的簡単に始められるなと、

特に迷いも不安もなくやってみようと思いました。

 

ですが、当初は、ただの主婦の趣味に毛の生えたようなギャラリーなんて・・・

という見られ方をすることも少なくありませんでした。

それでも、やるからには、

私自身が本当に好きでおもしろいという作品しかやりたくないという想いは強くありました。

『当たって砕けろ』を座右の銘に、怖いもの知らずに大好きな作家さん方に直談判をし、

頼りない素人の私を信じてやろうと言ってくださりお世話になる方が徐々に増えていき現在に至ります。

 

 

2012年1月17日、

隣町・大網白里市に店を構え、カフェを併設しました。

 

自宅で展開している時は、偶数月の1週間だけのオープン。

特に経費も気にせずアマアマな運営でした。

店の運営は、私の能天気で根拠のない自信をあっという間に覆しました。

営業日数だけではなく、企画や数字のプレッシャーは、想像をはるかに超えるものでした。

そもそも銀行から融資を受けることから難関だったのですが、

開店後、経営センスのない私にさらに重圧がのしかかってきます。

いまだ軌道に乗っているとは言えません。

ですが、ようやくペースができてきたような気がしています。

 

熱しやすく冷めやすい、何をやっても三日坊主、根性ナシの私にとって、

唯一長続きしているのが”gallery ten”。

 

15年前、好きなものに囲まれて仕事ができることが幸せだと思っていました。

始めてみてどんどんわかってきたことがありました。

モノに囲まれること以上に、

その場から生まれる多くのヒトとの出会いやつながりや支えが

より大きな幸せをもたらしてくれるということでした。

このことが、15年という長い間、続けてこられた最大のモチベーション。

 

改めて多くのみなさまに感謝申し上げます。

たくさんのお客様、

作家さん、

カルチャー講師、

イベント担当者、

カフェの食材・ランチを提供してくださる方、

大家さん、

スタッフ、

友人、

家族、

・・・・・

 

ありがとうございます。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

今会期は、15周年を記念して、常設作品の金額の15%を還元いたします。

なお、

仝酋癲PayPayでお買い上げの場合 → 15%

▲レジットカードでお買い上げの場合 → 10%

カフェでのご飲食は還元の対象にはなりません。

ぅレジットカードはお買い上げ額1万円以上からご利用いただけます。

ジ住点でのお取り置き品については適用しません。

δ免里10%還元とします。

 

10月からの消費税率アップに伴い、

PayPay等、独自に還元キャンペーンも行われ、

さらにお得なお買い物をお楽しみくださいませ。

 

また、現在、キャッシュレス決済における消費者還元事業の登録申請中ですが、

混みあっているため登録まで時間を要すようです。

どうぞご了承くださいませ。

 

 

 

今日は、大村剛さんの作品をご紹介します。

テンでは、2007年10月の展覧会でお世話になりました。

大村さんは、当時、多治見で作陶されていましたが、

現在は故郷の福岡にいらっしゃいます。

 

↓ 当時の様子 看板犬・フルが来客待ち♪

 

 

大村さんの作品は、一見ブリキのような金属に見えますが、ヤキモノです。

また、ペンキを塗ったような色と肌も魅力。

”型”なカタチがたまらなく好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月替わり期間限定カレーランチ

 

10月1日(火)〜8日(火) 

 

 

東京・押上にある”SPICE CAFE”。

スパイスの達人であるシェフの伊藤一城さんによるスペシャルカレーです。

 

 

『ガーリックチキンカレー』

 

にんにくのたっぷり効いた南インド風カレー。

ウダットダール、チャナダール、唐辛子で香味油を作り

玉ねぎをさっと炒めてフェンネルやクミンの香りを効かせた鶏もも肉を使ったカレーです。

 

 

付け合わせは『キャベツのマリネ』

 

キャベツのマリネは、スパイスカフェの定番副菜で、

バジル、にんにく、ビネガーを効かせたオリジナルマリネ。

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

今回のカレーの提供は今日が最終日です!

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『大人の書の会』のレッスン中。

 

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

 

来月は11月2日(土)と5日(火)を予定しています。

ぜひご参加くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

そして、明日は、月イチカルチャー『薬膳料理教室の会』の日です。


薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは”長引いた残暑で消耗した体力・気力を補い秋を迎える薬膳”。

 

今晩夏から厳しい残暑が続きました。

猛暑で消耗した体力、気力が戻らないでいると、

胃腸機能の低下、身体のだるさが取れない、すぐに風邪をひく、

など秋に影響を及ぼします。

来る秋を健やかに迎えるべく、身体を整えるお料理をご紹介いたします。

 


毎回、充実と満足の内容の薬膳料理教室、
ためになる情報がたくさんで、しかも美味しい。

ぜひご参加くださいね。

講師:田村直美さん
会費:4000円
 

参加ご希望の方は、本日17時までにご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

そして、明後日は、

『おむすびランチ・おむすびテイクアウト』の日。

 

大好評”おむすび茶屋 さつき”さんの美味しい美味しいおむすびです。

 

宮下治子さんは、千葉県香取郡神崎にある酒蔵”寺田本家”に勤めながら地域の生産者さんたちと知り合っていきました。

2年前に独立し”さつき”を立ち上げました。

食をとおしての人生体験や様々な人々との出会いを通じて、

そして、田畑(大地)に触れ、料理は命そのものであり、

食べることの喜びと、食の産み出す無限の力を表現・追求していきたい。

そんな治子さんは、小さなキッチンカーでおむすびの出張販売、

旬の料理教室を営むようになりました。

 

治子さんのおむすびは、

太陽・大地・海の恵みが、お米一粒一粒で結ばれ、まさに命のご馳走。

生産者さんたちが丹精込めて作った魚やおかかや手作りの具、

白米や玄米、お好みに応じてホッコリ結びます。

 

米:藤崎農場の無農薬玄米、こうざき自然塾の減農薬白米。

塩:自然海塩

海苔:有明産

味噌:こうざき自然塾の熟成発芽玄米麹味噌

酒粕:寺田本家の熟成酒粕

椎茸:西伊豆産の干し椎茸

昆布:こんぶ土居の真昆布

鰹節:タイコウの一本釣り鰹節

他具材:全て国内産、添加物を使わず手間ひまかけて作っています。

 

 

治子さんのおむすびをランチ@カフェで、

テイクアウトで ご提供いたします。

なお、いずれもご予約をいただいた方に優先して提供。

(当日の飛び込みだと食材不足でお断りすることもありますので、ご予約を!)

 

カフェでのランチは、

お好みのおむすび、漬物、吸物のセットで、おむすび代金+350yen

12:00〜、13:30〜で、定員が各10〜15名でご案内。

 

テイクアウトは、

お好みのおむすびをパックします。

テイクアウトのお受け取りは当日16:30まで。

 

予約方法は、以下の(白米 or 玄米)×具材の組み合わせ、

各々の個数をお選びください。

 

A:白米

B:玄米(プラス50yen)

 

a:鯖香熟漬→350yen(玄米+50yen)

      越田商店の40年熟成漬汁に漬けた鯖は臭みがなく豊かな風味。さつき一番人気。

b:おかか→300yen(玄米+50yen)

  鰹目利き職人・タイコウさんが厳選する一本釣鰹節をふんわりむすびます。

  鰹の香り・旨みが口いっぱいに広がります。

c:梅ゴマ塩→300yen(玄米+50yen)

  昔ながらの酸っぱさ、しょっぱさ。樽の中で3年熟成した梅干。

 

カフェでのお召し上がりの味噌汁と漬物のセットがおむすび+350円となります。

また、テイクアウトの6個入りの箱をご希望の方は50円いただきます。

 

 

予約例

カフェで食事(12:00〜)→ B×a×1個、B×d×1個

テイクアウト→ A×a×2個、B×c×1個、B×d×3個、・・・。受取予定時間も。

 

メールにてご連絡ください。

なお、必ず確認のメールを返信します。

返信がない場合は、再度メールかお電話をいただけますようお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:22 |

『gallery ten 15周年記念』展 & ”SPICE CAFE”伊藤一城シェフの『ガーリックチキンカレー』 & 明日『大人の書の会』 & 昨日の『kiredo kitchen』

 

こんにちは。

 

 

涼し〜い♫♪♬♩

もう暑い日はないのですね。

安心してもよいのでしょうか。

は〜、シアワセ〜。

 

 

 

 

先月の台風で、いくつかの植物たちがダメになってしまいましたが、

赤いミズヒキがチョロチョロ出てきました。

生命力バンザイ!

 

 

 

 

 

gallery ten 15周年記念』展、開催中です。

 

gallery ten は、おかげさまで15周年を迎えることができました。

 

 

2004年10月1日、

千葉市緑区にある自宅で

全くの素人の”好き”が高じてギャラリーを始めました。

 

この年の春、この地に引っ越してきました。

 

当時小学生だった娘を鍵っ子にせず仕事をしたいと思いました。

アート、建築、インテリア、クラフト、・・・など、

どれも専門に学んだことはありませんでしたが、とても関心がありました。

特に作家ものの器は大好きで以前よりあちらこちらで買い求めて楽しんでおりました。

 

自宅でギャラリーを展開することができれば、

家にいながらにして、自分の好きな世界に携わることができ、

資金のない私でも比較的簡単に始められるなと、

特に迷いも不安もなくやってみようと思いました。

 

ですが、当初は、ただの主婦の趣味に毛の生えたようなギャラリーなんて・・・

という見られ方をすることも少なくありませんでした。

それでも、やるからには、

私自身が本当に好きでおもしろいという作品しかやりたくないという想いは強くありました。

『当たって砕けろ』を座右の銘に、怖いもの知らずに大好きな作家さん方に直談判をし、

頼りない素人の私を信じてやろうと言ってくださりお世話になる方が徐々に増えていき現在に至ります。

 

 

2012年1月17日、

隣町・大網白里市に店を構え、カフェを併設しました。

 

自宅で展開している時は、偶数月の1週間だけのオープン。

特に経費も気にせずアマアマな運営でした。

店の運営は、私の能天気で根拠のない自信をあっという間に覆しました。

営業日数だけではなく、企画や数字のプレッシャーは、想像をはるかに超えるものでした。

そもそも銀行から融資を受けることから難関だったのですが、

開店後、経営センスのない私にさらに重圧がのしかかってきます。

いまだ軌道に乗っているとは言えません。

ですが、ようやくペースができてきたような気がしています。

 

熱しやすく冷めやすい、何をやっても三日坊主、根性ナシの私にとって、

唯一長続きしているのが”gallery ten”。

 

15年前、好きなものに囲まれて仕事ができることが幸せだと思っていました。

始めてみてどんどんわかってきたことがありました。

モノに囲まれること以上に、

その場から生まれる多くのヒトとの出会いやつながりや支えが

より大きな幸せをもたらしてくれるということでした。

このことが、15年という長い間、続けてこられた最大のモチベーション。

 

改めて多くのみなさまに感謝申し上げます。

たくさんのお客様、

作家さん、

カルチャー講師、

イベント担当者、

カフェの食材・ランチを提供してくださる方、

大家さん、

スタッフ、

友人、

家族、

・・・・・

 

ありがとうございます。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

今会期は、15周年を記念して、常設作品の金額の15%を還元いたします。

なお、

仝酋癲PayPayでお買い上げの場合 → 15%

▲レジットカードでお買い上げの場合 → 10%

カフェでのご飲食は還元の対象にはなりません。

ぅレジットカードはお買い上げ額1万円以上からご利用いただけます。

ジ住点でのお取り置き品については適用しません。

δ免里10%還元とします。

 

10月からの消費税率アップに伴い、

PayPay等、独自に還元キャンペーンも行われ、

さらにお得なお買い物をお楽しみくださいませ。

 

また、現在、キャッシュレス決済における消費者還元事業の登録申請中ですが、

混みあっているため登録まで時間を要すようです。

どうぞご了承くださいませ。

 

 

 

 

今日は、津田清和さんの作品をご紹介します。

テンでは、2007年10月の展覧会でお世話になりました。

 

当時は富山で制作されていましたが、現在は奈良で。

とてもガラスとは思えない、金属のような肌がクールです。

左は銀彩、右はプラチナ彩。

どちらも10年以上の時を経て、いいアジが出ています。

さて、この蓋モノ、

このままオブジェとしても美しいですが、

茶入れにすると粋だと思いませんか。

大切な思い出の何か小さいものを入れておくのもステキですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月替わり期間限定カレーランチ。

 

10月1日(火)〜8日(火) 

 

 

東京・押上にある”SPICE CAFE”。

スパイスの達人であるシェフの伊藤一城さんによるスペシャルカレーです。

 

 

『ガーリックチキンカレー』

 

にんにくのたっぷり効いた南インド風カレー。

ウダットダール、チャナダール、唐辛子で香味油を作り

玉ねぎをさっと炒めてフェンネルやクミンの香りを効かせた鶏もも肉を使ったカレーです。

 

 

付け合わせは『キャベツのマリネ』

 

キャベツのマリネは、スパイスカフェの定番副菜で、

バジル、にんにく、ビネガーを効かせたオリジナルマリネ。

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

今回のカレーの提供は明日が最終日です。

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

さて、明日は、月イチカルチャー『大人の書の会』の日です。

 

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

 

参加ご希望の方は、本日17時までにご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

そして、昨日の月イチランチ『kiredo kitchen』の報告です。

 

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチ。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

 

今月の主役は、バターナッツと大粒の茹で落花生・おおまさり。

 

加熱するとホロホロとけるバターナッツはスープやポタージュもよいですが、パスタにぴったり。

今月はバターナッツをパスタでお出しします。

 

おおまさりは今がまさに旬。

キレドのものはアクがないため、茹で時間を短く抑えることができ、コリコリした触感を楽しむことができます。

とても旨みが強く甘い落花生。

貯蔵しておいしくなったじゃがいも・インカのひとみと合わせて温サラダで提供。

 

 

バターナッツ

 

 

おおまさり

 

インかのひとみ

 

赤オクラ

 

ブラックビューティ

 

ルッコラ

 

レモンバーベナ

 

 

 

今回のランチセット

 

 

アミューズ:おおまさりとインカのひとみ、ルッコラのサラダ

 

↓ 今井一美さんの落花生の絵の皿

 

 

 

 

 

 

 

スープ:米ナス・ブラックビューティのポタージュ

 

 

 

 

パスタ:バターナッツとかぼちゃのつる、レモンバーベナのリングイネ

 

 

 

 

 

 

 

待望のまかないランチ♫

 

 

 

kiredo kitchen、来月はお休みです。

次は12月9日(月)を予定しています。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 

爽やかな秋の日、

ぜひお出かけくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:43 |

『gallery ten 15周年記念』展 & 本日『kiredo kitchen』

 

 

こんにちは。

 

 

一気に涼しくなりました♡♡♡♡♡

 

 

 

 

 

 

 

gallery ten 15周年記念』展、開催中です。

 

gallery ten は、おかげさまで15周年を迎えることができました。

 

 

2004年10月1日、

千葉市緑区にある自宅で

全くの素人の”好き”が高じてギャラリーを始めました。

 

この年の春、この地に引っ越してきました。

 

当時小学生だった娘を鍵っ子にせず仕事をしたいと思いました。

アート、建築、インテリア、クラフト、・・・など、

どれも専門に学んだことはありませんでしたが、とても関心がありました。

特に作家ものの器は大好きで以前よりあちらこちらで買い求めて楽しんでおりました。

 

自宅でギャラリーを展開することができれば、

家にいながらにして、自分の好きな世界に携わることができ、

資金のない私でも比較的簡単に始められるなと、

特に迷いも不安もなくやってみようと思いました。

 

ですが、当初は、ただの主婦の趣味に毛の生えたようなギャラリーなんて・・・

という見られ方をすることも少なくありませんでした。

それでも、やるからには、

私自身が本当に好きでおもしろいという作品しかやりたくないという想いは強くありました。

『当たって砕けろ』を座右の銘に、怖いもの知らずに大好きな作家さん方に直談判をし、

頼りない素人の私を信じてやろうと言ってくださりお世話になる方が徐々に増えていき現在に至ります。

 

 

2012年1月17日、

隣町・大網白里市に店を構え、カフェを併設しました。

 

自宅で展開している時は、偶数月の1週間だけのオープン。

特に経費も気にせずアマアマな運営でした。

店の運営は、私の能天気で根拠のない自信をあっという間に覆しました。

営業日数だけではなく、企画や数字のプレッシャーは、想像をはるかに超えるものでした。

そもそも銀行から融資を受けることから難関だったのですが、

開店後、経営センスのない私にさらに重圧がのしかかってきます。

いまだ軌道に乗っているとは言えません。

ですが、ようやくペースができてきたような気がしています。

 

熱しやすく冷めやすい、何をやっても三日坊主、根性ナシの私にとって、

唯一長続きしているのが”gallery ten”。

 

15年前、好きなものに囲まれて仕事ができることが幸せだと思っていました。

始めてみてどんどんわかってきたことがありました。

モノに囲まれること以上に、

その場から生まれる多くのヒトとの出会いやつながりや支えが

より大きな幸せをもたらしてくれるということでした。

このことが、15年という長い間、続けてこられた最大のモチベーション。

 

改めて多くのみなさまに感謝申し上げます。

たくさんのお客様、

作家さん、

カルチャー講師、

イベント担当者、

カフェの食材・ランチを提供してくださる方、

大家さん、

スタッフ、

友人、

家族、

・・・・・

 

ありがとうございます。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

今会期は、15周年を記念して、常設作品の金額の15%を還元いたします。

なお、

仝酋癲PayPayでお買い上げの場合 → 15%

▲レジットカードでお買い上げの場合 → 10%

カフェでのご飲食は還元の対象にはなりません。

ぅレジットカードはお買い上げ額1万円以上からご利用いただけます。

ジ住点でのお取り置き品については適用しません。

δ免里10%還元とします。

 

10月からの消費税率アップに伴い、

PayPay等、独自に還元キャンペーンも行われ、

さらにお得なお買い物をお楽しみくださいませ。

 

また、現在、キャッシュレス決済における消費者還元事業の登録申請中ですが、

混みあっているため登録まで時間を要すようです。

どうぞご了承くださいませ。

 

 

 

今日は、戸出雅彦さんの茶碗をご紹介します。

戸出さん、テンでは、2012年8月の展覧会でお世話になりました。

お父様、お兄様も九谷の作家さんです。

 

戸出さんの作品は、九谷カラーを駆使して絵付けされていますが、

絵のモチーフがユニークで、転写やモザイク状の箔を貼ったりと、

伝統的な九谷作品とは一線を画しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、月イチランチ『kiredo kitchen』の日です。

 

本日は、カレーランチはお休みです!

8月は夏休み、9月は台風で中止になったため、

3か月ぶりのキレドのランチです。

 

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

 

今月の主役は、バターナッツと大粒の茹で落花生・おおまさり。

 

加熱するとホロホロとけるバターナッツはスープやポタージュもよいですが、パスタにぴったり。

今月はバターナッツをパスタでお出しします。

キレドのバターナッツは、味が濃いのでそれを確かめてみてください。

 

おおまさりは今がまさに旬。

キレドのものはアクがないため、茹で時間を短く抑えることができ、コリコリした触感を楽しむことができます。

とても旨みが強く甘い落花生。

貯蔵しておいしくなったじゃがいも・インカのひとみと合わせて温サラダで提供します。

 

 

バターナッツ

 

 

おおまさり

 

インかのひとみ

 

赤オクラ

 

ブラックビューティ

 

ルッコラ

 

レモンバーベナ

 

 

本日のランチセット

 

アミューズ:おおまさりとインカのひとみ、ルッコラのサラダ

スープ:米ナス・ブラックビューティのポタージュ

パスタ:バターナッツとかぼちゃのつる、レモンバーベナのリングイネ

 

 

 

 

ご予約をいただいた方優先でお席を確保できますので、

ランチをご希望の方は今すぐお電話くださいね。

tel:0475-78-3068

 

 

 

 

 

 

は〜、エアコンなしで涼しく過ごせるのはいつからぶりでしょうか・・・。

今日は曇り空ですが、風があり気持ちがよいです。

ついに秋がキターーーーー♫

 

 

 

 

 

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:06 |
home1.jpg

home2.jpg


facebook

instagram



    gallery ten 営業カレンダー
    営業時間 12:00〜17:00
  gallery ten 営業カレンダー
    ※カフェの営業は
      ギャラリー営業日と同じです。
    ※詳細は、HPでご確認ください。


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
BLOG CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 『motif』展 & 本日『薬膳料理教室の会』 & 明日『カラダで覚える英語の会』 & 昨日の”merle”『メンチカツランチ』 
    センニン (07/10)
  • 『motif』展 & 本日『kiredo kitchen』 & 明日『merleのメンチカツランチ・テイクアウト』
    センニン (07/08)
  • 『nostalgia』展 本日最終日! & 本日 小野高峰さん・桐谷増子さん 在廊!& ”merle"山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 本日『カラダで覚える英語の会』 
    ten (06/16)
  • 『nostalgia』展 本日最終日! & 本日 小野高峰さん・桐谷増子さん 在廊!& ”merle"山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 本日『カラダで覚える英語の会』 
    センニン (06/15)
  • 『nostalgia』展 小野高峰さんの春海バカラ & ”merle”山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 明日『大人の書の会』 & 『房州うちわの会』のおしらせ
    ten (06/03)
  • 『nostalgia』展 小野高峰さんの春海バカラ & ”merle”山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 明日『大人の書の会』 & 『房州うちわの会』のおしらせ
    センニン (06/03)
  • 内田鋼一さんの皿 & 癒しのマッサージ
    ten (09/29)
  • 内田鋼一さんの皿 & 癒しのマッサージ
    石野良和 (09/29)
  • 横道佑器さんと打ち合わせ@豊中 
    ten (09/11)
  • 横道佑器さんと打ち合わせ@豊中 
    小澤 早苗 (09/11)
モバイル
qrcode