ギャラリーテン Daily Alle Colle

gallery ten・店主のblog

イベント『お正月に向けてのつくりおき 90分一本勝負!』のおしらせ

 

 

 

こんばんは。

 

 

イベントのお知らせです。

 

 

 

テンの料理イベントではしばしばお世話になっている

料理研究家の林幸子さんによるワクワクイベントがまたやってきます♪

 

↓過去のイベント時の林さん

 

 

題して

『お正月に向けてのつくりおき 90分一本勝負!』

 

90分?

一本勝負?

何だ何だ!

 

そもそもこのイベントは、

今年の春に林さんがテンにお茶にいらした時に、

「つくりおきおかずで何かイベントをやっていただけませんかねぇ・・・。」

と持ち掛けたところ、

「えっ! ちょうど9月につくりおきのレシピ本出すよ〜。」と。

なんともグッドタイミング。

それでは、その出版に合わせてイベントを打ちましょう!と口約束。

そのまま月日が経ち、何度かメールでやり取りをしつつも決まらず、

一昨日、ご来店の際に、バババっと決定!

 

しかも、ここ最近、テレビでよく見る、敏腕家政婦の女性が、

数時間で冷蔵庫にある食材でドワーっとたくさん料理を作ってタッパに詰めていく。

私はいつもテレビにくぎ付けで、どんなアミューズメントよりもおもしろいとハマっています。

それを林さんに見せていただけないか、頼みに頼みこみ、

今回のイベントの内容にこぎつけました♪

林さん、若干乗り気ではなかったようですがゴリ押し、

おまけにちょっとふざけたイベントタイトルもお任せいただきました。(苦笑)

 

 

90分という時間制限の中、

シンプルに3つのカセットコンロだけを使って、林さんが次々と料理を作っていく過程をライブで。

林さんのプロフェッショナルな手順やコツや手際を間近で観ていきます。

臨場感あふれるエキサイティングな90分になるでしょう。

そして作っていくものは、年末年始に向けてのつくりおき料理。

ライブの後は、お料理をいただきながら、質問タイム。

作り置くための工夫をはじめ、いろいろなためになるレクチャーももちろんあり。

なんて贅沢な会なのでしょう!!!

 

 

本日より先行予約を受け付けます。

 

 

<概要>

日時:11月22日(木) 11:30〜14:00

会費:7000yen(2日前のキャンセルから半額を頂戴します)

定員:20名

※レシピ本の販売も行います。

 

 

☆ご予約方法

メールにてお申込みください。

・件名欄に「つくりおきイベント申し込み」

・人数

・代表者のお名前

・代表者の携帯電話番号

・来店手段 ex.車、電車、徒歩など

 

必ずご予約受付の返信をします。

何かの原因で送受信ができない場合がありますので、

3日経ってもこちらから返信がない場合は、お電話いただけますようよろしくお願いいたします。

 

 

 

今回出版されたこのご本の主旨、

冒頭の林さんの文章を抜粋してご紹介します。

 

 

 

↓林さんの文章です。

 

いつのころからか、「実家に様子を見に行かなければ」とか

「父はコンビニにも行きたがらないから」という話を耳にするようになり、

一人暮らし親御さんが多くなったのだなと実感しています。

どなたもそれなりにお元気で、行きたいところには杖をついてでも出かけるけれど、

なにが面倒って料理をすることが面倒らしい。

でもコンビニもスーパーの惣菜も口に合わないとなると、

うちの親はいったいなに食べてるのか心配と異口同音。

 

わたしの場合は、実家の母は関西でひとり暮らし。

自分でもちょっとした煮炊きはしているようですが、

クール便でおかずを送っています。

実の親子の気軽さで「お出汁がいちばん役に立つわ」なんて言っていますが、

喜んで食べてくれているのは隠せません。

夫の母は近県の施設にいるので、ときどき訪問して食事に連れ出したり、

つまめる料理や手作りのスイーツを持参しています。

どちらの母にも最初は「おいしいから食べてみて」と

気楽に届けたのが始まり。

気がつけば、20余年続けてきたことになります。

その話を周囲にしたら、どうやっているのか教えてほしいという声の多さにびっくり。

 

言うまでもなく、人のカラダは、その人が食べたものでつくられます。

高齢者とてそれは同じこと。

最後まで健やかでいてほしいから

「親に作って届ける・つくりおき」=「親つく」というわけで、

わたしのしてきたことを紹介します。

高齢者の体力・気力は個人差が大きい上に、

それまで暮らしてきた個人の歴史もあるので、

「親つく」もそれぞれの親御さんにあわせた工夫が必要ですが、

大筋としてご参考にしていただければ、とてもうれしいです。

 

 

 

 

私は主婦歴26年ですが、家事は苦手。(汗)

このご本の主旨から言うと、

娘はマメに料理を作ってくれる点は〇。

ですが、私が実家に帰ると上げ膳据え膳で母に料理を作ってもらう。(苦笑)

・・・てなことで、林さんのサインはこんなん出ましたけど〜。(笑)

 

 

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 22:58 |

『daily comfort』展 会期後半 & 竹内陽子さんのカップ & 21日(金)の『おむすびランチ・テイクアウト』ご予約受付中!

 

こんにちは。

 

 

今日は暑さが戻りました。(汗)

でも秋はもうそこまで来ている・・・。

あともう少しの辛抱だ・・・。

 

 

 

自宅のエアコンの室外機の横に、小さく可憐な植物が。

どこかから種が飛んできて育ったのでしょう。

名前もわかりませんが、こういう楚々とした草花に心癒されます。

 

 

 

 

 

 

daily comfort』展、会期後半。

使って心地よいもの、存在が心地よいもの・・・。

いずれも私たちの日々の暮らしを豊かにしてくれるものだと思います。

今展はそんな作品をご紹介いたします。

 

 

LIVINGSTONE

笹本雅行さんと竹内陽子さんの夫婦ユニット。

 

笹本さんは古代ヨーロッパを髣髴とさせる陶のオブジェを制作。

そこにあるだけで、場の空気が変わるような世界観を持つ存在。

 

陽子さんは美しい青が使われたポップでモダンな表情を持つ陶の器や花器を制作。

最近、陶板づくりが楽しいとおっしゃいます。

油絵のようなマティエールが魅力の陽子さんの陶板。

器は手に取りやすく使って楽しめます。

オブジェや絵画などは、直接使うことはできませんが、

日々の暮らしの中、視界に入ってくることで、

心が癒されたり、自分の心象状態を測ることができます。

家の中のお気に入りの空間で楽しんでみませんか。

 

今回、笹本さんのオブジェ、陽子さんの器、花器、陶板など、たくさん勢ぞろいします。

どうぞお楽しみに!

 

在廊日:1日(土)、8日(土)、24日(月)

 

 

大塚淳子さん

福岡のアンティーク店”UNTIDY”を営む大塚淳子さん。

丈夫で軽いチープな素材のビニールシートが、

大塚さんの手にかかると、キュートなバッグになる。

テンでは何度も大塚バッグを展開していますが、確実にファンが増えてきています。

 

アフリカやアジアのヴィンテージの布とビニールの組み合わせもおもしろい。

ありそうでない、感度が高くてガンガン使える重宝モノ。



アフリカやアジアのヴィンテージの布とビニールの組み合わせもおもしろい。
ありそうでない、感度が高くてガンガン使える重宝モノ。

 

年々、新しいデザイン、新しいコンポジションが制作され、

ファンを飽きさせない魅力があります。

 

今回は、ビニールバッグに加えて布のバッグも登場。

また、世界のヴィンテージの布もご紹介します。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

今日はLIVINGSTONEの竹内陽子さんのカップをご紹介します。

陽子さんのカップは、毎年5月にテンで開催するカップ展にも毎回出展していただいています。

今展でも、カップはたーくさん作ってくださり、たーくさん嫁に行き、たーくさん追加していただきました。

陽子さんの大人ポップなカップは、お茶の時間を楽しくしてくれますね。

3024yen

 

 

 

 

真ん中がくびれたフォルム

 

↓後ろ

 

 

たっぷりサイズ

 

↓後ろ

 

 

寸胴タイプ

 

↓後ろ

 

 

 

 

 

 

明日から20日(木)の3日間、定休日です。

次の営業は21日(金)。

 

 

この日は、月イチカルチャー『カラダで覚える英語の会』

   9:00〜10:20(中級クラス)
  10:30〜11:50(初級クラス) 

”いざという時に堂々と話せる英語を楽しくカラダで覚えましょう”がコンセプト。
好奇心旺盛・チャレンジ精神旺盛な小川洋子さんの
長い海外生活での豊富なおもしろエピソードを題材に、
”読む・書く”英語から”聴く・話す”英語を体感しましょう。
ネイティブスピーカーならではの表現や使い方も教わります。
洋子さん専門のアロマ・呼吸法を取り入れ、リラックスしながら楽しいレッスンを!
毎回、一回完結の内容です。
単発でも連続でもご参加いただけます。
英語が全く苦手という方対象の初級クラス、
英語で日常会話をもっと流暢にという方対象の中級クラスの2クラス編成です。

講師:小川洋子さん
会費:2500円
定員:各会max6名
要予約→各会先着6名まで

 

参加ご希望の方は、20日の17時までにメールでご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

また同日・21日(金)の午後は・・・。 

『おむすびランチ・おむすびテイクアウト』

 

大好評”おむすび茶屋 さつき”さんがまたまた登場!

 

宮下治子さんは、千葉県香取郡神崎にある酒蔵”寺田本家”に勤めながら地域の生産者さんたちと知り合っていきました。

2年前に独立し”さつき”を立ち上げました。

食をとおしての人生体験や様々な人々との出会いを通じて、

そして、田畑(大地)に触れ、料理は命そのものであり、

食べることの喜びと、食の産み出す無限の力を表現・追求していきたい。

そんな治子さんは、小さなキッチンカーでおむすびの出張販売、

旬の料理教室を営むようになりました。

 

治子さんのおむすびは、

太陽・大地・海の恵みが、お米一粒一粒で結ばれ、まさに命のご馳走。

生産者さんたちが丹精込めて作った魚やおかかや手作りの具、

白米や玄米、お好みに応じてホッコリ結びます。

 

米:藤崎農場の無農薬玄米、こうざき自然塾の減農薬白米。

塩:自然海塩

海苔:有明産

味噌:こうざき自然塾の熟成発芽玄米麹味噌

酒粕:寺田本家の熟成酒粕

椎茸:西伊豆産の干し椎茸

昆布:こんぶ土居の真昆布

鰹節:タイコウの一本釣り鰹節

他具材:全て国内産、添加物を使わず手間ひまかけて作っています。

 

 

治子さんのおむすびをランチ@カフェで、

テイクアウトで ご提供いたします。

なお、いずれもご予約をいただいた方に優先して提供。

(当日の飛び込みだと食材不足でお断りすることもありますので、ご予約を!)

 

カフェでのランチは、

お好みのおむすび、漬物、吸物のセットで、おむすび代金+300yen

12:00〜、13:30〜で、定員が各10〜15名でご案内。

 

テイクアウトは、

お好みのおむすびをパックします。

テイクアウトのお受け取りは当日16:30まで。

 

予約方法は、以下の(白米 or 玄米)×具材の組み合わせ、

各々の個数をお選びください。

 

A:白米

B:玄米(プラス50yen)

 

a:鯖香熟漬→350yen(玄米+50yen)

      越田商店の40年熟成漬汁に漬けた鯖は臭みがなく豊かな風味。さつき一番人気。

b:生姜ごはん→350yen(白米のみ)

  生姜尽くしのさっぱりした中に月の豆腐の油揚げがコックリ。生姜味噌をアクセントに添えて。

c:梅とごま塩→300yen(玄米+50yen)

  昔ながらの酸っぱさしょっぱさも、樽の中で3年熟成した梅干しをごまの香りで包みます。

 

 

ちなみに、ランチセットでは・・・

●汁物:旬菜の汁物 

●漬物:旬菜の漬物

 

 

予約例

カフェで食事(12:00〜)→ B×a×1個、B×d×1個

テイクアウト→ A×a×2個、B×c×1個、B×d×3個、・・・。受取予定時間も。

 

メールにてご連絡ください。

なお、必ず確認のメールを返信します。

返信がない場合は、再度メールかお電話をいただけますようお願いいたします。

 

カフェでのランチは、

お好みのおむすび、漬物、吸物のセットで、おむすび代金+300yen

12:00〜、13:30〜で、定員が各10〜15名でご案内。

 

テイクアウトは、

お好みのおむすびをパックします。

テイクアウトのお受け取りは当日16:30まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、料理研究家の林幸子さんが突然いらっしゃいました。

私が林さんに用がありメールを送信した1分後に現れビックリ!

コレが以心伝心というものなのか・・・。

 

出版ホヤホヤのご著書をいただきました。

『親に作って届けたい、つくりおき』

 

・・・で、今年の春頃からこの出版に合わせてイベントを!と温めておりまして、

昨日、日程や詳細が決定しました。

一両日中にお知らせし、先行予約の受付を開始いたします。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

3連休、最終日。

どうぞ楽しくお過ごしくださいませ。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:42 |

『daily comfort』展 会期後半 & 笹本雅行さんのオブジェ & 昨日の『おばんざいランチ』 

 

 

こんにちは。

 

 

今日から暑くなるという予報でしたが、

ちょっとマシでホッとしました。

 

 

ユズの実がたわわに成ってきました♪

 

 

 

 

 

 

daily comfort』展、会期後半。

使って心地よいもの、存在が心地よいもの・・・。

いずれも私たちの日々の暮らしを豊かにしてくれるものだと思います。

今展はそんな作品をご紹介いたします。

 

 

LIVINGSTONE

笹本雅行さんと竹内陽子さんの夫婦ユニット。

 

笹本さんは古代ヨーロッパを髣髴とさせる陶のオブジェを制作。

そこにあるだけで、場の空気が変わるような世界観を持つ存在。

 

陽子さんは美しい青が使われたポップでモダンな表情を持つ陶の器や花器を制作。

最近、陶板づくりが楽しいとおっしゃいます。

油絵のようなマティエールが魅力の陽子さんの陶板。

器は手に取りやすく使って楽しめます。

オブジェや絵画などは、直接使うことはできませんが、

日々の暮らしの中、視界に入ってくることで、

心が癒されたり、自分の心象状態を測ることができます。

家の中のお気に入りの空間で楽しんでみませんか。

 

今回、笹本さんのオブジェ、陽子さんの器、花器、陶板など、たくさん勢ぞろいします。

どうぞお楽しみに!

 

在廊日:1日(土)、8日(土)、24日(月)

 

 

大塚淳子さん

福岡のアンティーク店”UNTIDY”を営む大塚淳子さん。

丈夫で軽いチープな素材のビニールシートが、

大塚さんの手にかかると、キュートなバッグになる。

テンでは何度も大塚バッグを展開していますが、確実にファンが増えてきています。

 

アフリカやアジアのヴィンテージの布とビニールの組み合わせもおもしろい。

ありそうでない、感度が高くてガンガン使える重宝モノ。



アフリカやアジアのヴィンテージの布とビニールの組み合わせもおもしろい。
ありそうでない、感度が高くてガンガン使える重宝モノ。

 

年々、新しいデザイン、新しいコンポジションが制作され、

ファンを飽きさせない魅力があります。

 

今回は、ビニールバッグに加えて布のバッグも登場。

また、世界のヴィンテージの布もご紹介します。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

今日は、LIVINGSTONEの笹本雅行さんの陶のオブジェをご紹介します。

 

笹本さんのオブジェを観ていると、

古代ギリシャや東欧がイメージされます。

そこにひとつあるだけで、一気にその場の空気がピンと引き締まります。

それぞれ、石や青銅でできたような重厚感があります。

 

先日、私独断のベスト4までを発表したので、

今日はベスト5をご紹介します。

今期、ご来店いただいたみなさん、

星座シリーズのオブジェを飾っていることに気がつかれたでしょうか。

牡羊座、射手座、魚座、乙女座、双子座、・・・とある中の、

私のベスト5は白鳥座です。

 

ちょっともの悲しく美しい女性のオブジェですね。

神話をたどれば、美しい王妃への想いを遂げようと白鳥に化身した男性(!)のようです。

恋愛は成就し、その間に生まれた子どもが双子座とか・・・。

このオブジェをじっと見ていると、いろんなストーリーが浮かび上がってくるようです。

ぜひじっくりご覧くださいね。

43200yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、昨日は月イチ『おばんざいランチ』の日。

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。

 

 

昨日も賑やかで美味しいランチでした!

サヨコさんとヨーコさんの丁寧で優しい気持ちがこもったお料理です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今月の献立

 

『梨の白和え』

 

 

 

『黒胡麻豆腐』

 

 

 

 

『人参としらすのサラダ』

 

 

 

 

『蒸し鶏の香味ソース(海南チキン風)』

『つるむらさきの海苔梅和え』

 

 

 

 

 

『玄米丸麦ごはん』

 

 

 

『なすとピーマンのみそ汁』

 

 

 

『ビーツの塩糀漬』

 

 

 

 

 

夫の弁当

 

 

来月のおばんざいランチは都合によりお休みいただきます。

次回は11月12日(月)を予定しています。

ぜひお召し上がりくださいね。

 

 

 

 

 

 

3連休の中日。

楽しくお過ごしくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:47 |

『daily comfort』展 会期後半 & 竹内陽子さんと大塚淳子さんの作品追加納品! & 本日『おばんざいランチ』 & 昨日の『薬膳料理教室の会』

 

 

こんにちは。

 

 

 

雨降りの土曜です。

 

 

 

 

 

 

 

daily comfort』展、会期後半。

使って心地よいもの、存在が心地よいもの・・・。

いずれも私たちの日々の暮らしを豊かにしてくれるものだと思います。

今展はそんな作品をご紹介いたします。

 

 

LIVINGSTONE

笹本雅行さんと竹内陽子さんの夫婦ユニット。

 

笹本さんは古代ヨーロッパを髣髴とさせる陶のオブジェを制作。

そこにあるだけで、場の空気が変わるような世界観を持つ存在。

 

陽子さんは美しい青が使われたポップでモダンな表情を持つ陶の器や花器を制作。

最近、陶板づくりが楽しいとおっしゃいます。

油絵のようなマティエールが魅力の陽子さんの陶板。

器は手に取りやすく使って楽しめます。

オブジェや絵画などは、直接使うことはできませんが、

日々の暮らしの中、視界に入ってくることで、

心が癒されたり、自分の心象状態を測ることができます。

家の中のお気に入りの空間で楽しんでみませんか。

 

今回、笹本さんのオブジェ、陽子さんの器、花器、陶板など、たくさん勢ぞろいします。

どうぞお楽しみに!

 

在廊日:1日(土)、8日(土)、24日(月)

 

 

大塚淳子さん

福岡のアンティーク店”UNTIDY”を営む大塚淳子さん。

丈夫で軽いチープな素材のビニールシートが、

大塚さんの手にかかると、キュートなバッグになる。

テンでは何度も大塚バッグを展開していますが、確実にファンが増えてきています。

 

アフリカやアジアのヴィンテージの布とビニールの組み合わせもおもしろい。

ありそうでない、感度が高くてガンガン使える重宝モノ。



アフリカやアジアのヴィンテージの布とビニールの組み合わせもおもしろい。
ありそうでない、感度が高くてガンガン使える重宝モノ。

 

年々、新しいデザイン、新しいコンポジションが制作され、

ファンを飽きさせない魅力があります。

 

今回は、ビニールバッグに加えて布のバッグも登場。

また、世界のヴィンテージの布もご紹介します。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

昨日、竹内陽子さんと大塚淳子さんの作品の追加納品がありました。

また新しいラインナップになりましたので、これらもご高覧くださいね!

 

ハウス型のポップなオブジェ

 

お弁当バッグになりそうなミニサイズ

 

 

 

 

 

 

今日は、月イチ『おばんざいランチ』の日。

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。

 

 

本日の献立

『梨の白和え』

『黒胡麻豆腐』

『人参としらすのサラダ』

『蒸し鶏の香味ソース(海南チキン風)』

『つるむらさきの海苔梅和え』

『玄米丸麦ごはん』

『なすとピーマンのみそ汁』

『ビーツの塩糀漬』

 

 

ただいま、仕込み中!

どんどん美味しいものができていきますよ~♪

 

 

 

今日は残り数席。

ご希望の方は今すぐお電話を!

tel:0475-78-3068

 

 

 

 

 

 

 

昨日の月イチカルチャー『薬膳料理教室の会』のご報告です。

 


薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは“夏に消耗した気・血を補い、疲れを残さず、日焼けした皮膚をケアする薬膳”。

今年の夏は猛暑続きで、気・血が消耗してしまいました。

さらに台風の影響で、自律神経も乱れやすく、身体もかなり悲鳴をあげたのではないでしょうか。

夏に消耗した気・血を補い、疲れを残さず、日焼けした皮膚をケアする。

秋に夏の疲れで体調をくずさないようにしましょう。

 

 

 

 

『蒸し茄子の梨ソース』

・茄子:身体の熱を取る。むくみを取り、尿の排泄を促す。

  胃腸の働きを助ける。皮にポリフェノールが豊富。

・梨:身体に潤いを与える。熱を取り痰を切る。

・クミン:整腸作用。食欲増進。解毒効果。

  インドでは駆風(腹にガスが溜まって張り痛みを取り除く)剤として使われる。

 

 

 

 

 

 

 

『豆腐のたらこソース』

・たらこ:高たんぱく、タウリンが豊富で疲労回復、

  ビタミンEも豊富でアンチエイジング、美肌効果も期待。

・豆腐:身体の余分な熱を収め、乾燥による便秘、皮膚、鼻、目の乾きに有効。

  コレステロールを低下させ、血圧上昇を抑制し、

  動脈硬化、脳出血、心筋梗塞、狭心症等の予防に効果。

 

 

 

 

 

 

『海老とレモングラスのスープ』

・海老:エネルギーを補い、精力をつける。

  腎陽不足の冷え性、腰痛に有効。母乳を出す。

・レモングラス:抗菌、抗真菌、殺菌作用。膨満感、胃もたれにも効果的。

  気を巡らせ疲労回復効果も期待できる。

 

 

 

 

 

 

『秋刀魚の竜田揚げ』

・秋刀魚:気を補い、胃の働きを高める。

  血の流れをよくし動脈硬化、生理痛の改善、貧血防止、粘膜を丈夫にする。

  鉄分、ビタミンA、ビタミンD、必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質のたんぱく質が王府。

 

 

 

 

 

 

 

『胡麻プリン』

・胡麻:肝、腎の機能を高める。虚弱体質、貧血の改善。腸を潤し便通を調える。

・豆乳:身体の余分な熱を収めて潤し、乾燥による便秘、皮膚、鼻、目の乾きに有効。

  コレステロールを低下させ、血圧上昇を抑制し、

  動脈硬化、脳出血、心筋梗塞、狭心症等の予防に効果。

 

 

 

今月のお茶

『文山包種茶』

 

 

 

スタッフと私のまかないランチ。

身体によくて美味しい、コレ、サイコー!

 

 

 

会にご参加のNさんのお宅の畑でできた冬瓜。

50cmはある どデカい冬瓜。

こんな重いのを二つお土産にいただきました。

会の参加者のみなさんで山分けしましたが、

14等分しても大きい。

私は昨夜、スープにしていただきました。

 

 

 

来月の薬膳の会は、10月12日(金)です。

楽しく美味しくためになる会、ぜひご参加くださいね。

 

 

 

 

 

雨模様ですが涼しく過ごしやすいです。

どうぞお出かけくださいませ。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 10:51 |

『daily comfort』展 会期後半スタート! & 大塚淳子さんのヴィンテージ布 & 竹内陽子さんの作品追加納品 & 本日『薬膳料理教室の会』 & 明日『おばんざいランチ』

 

 

こんにちは。

 

 

 

涼しいですね〜♪

この涼しさも今日までとか・・・。(汗)

明日からまた暑くなるようで、うんざりです。

 

 

 

 

 

 

 

daily comfort』展、会期後半がスタートします。

使って心地よいもの、存在が心地よいもの・・・。

いずれも私たちの日々の暮らしを豊かにしてくれるものだと思います。

今展はそんな作品をご紹介いたします。

 

 

LIVINGSTONE

笹本雅行さんと竹内陽子さんの夫婦ユニット。

 

笹本さんは古代ヨーロッパを髣髴とさせる陶のオブジェを制作。

そこにあるだけで、場の空気が変わるような世界観を持つ存在。

 

陽子さんは美しい青が使われたポップでモダンな表情を持つ陶の器や花器を制作。

最近、陶板づくりが楽しいとおっしゃいます。

油絵のようなマティエールが魅力の陽子さんの陶板。

器は手に取りやすく使って楽しめます。

オブジェや絵画などは、直接使うことはできませんが、

日々の暮らしの中、視界に入ってくることで、

心が癒されたり、自分の心象状態を測ることができます。

家の中のお気に入りの空間で楽しんでみませんか。

 

今回、笹本さんのオブジェ、陽子さんの器、花器、陶板など、たくさん勢ぞろいします。

どうぞお楽しみに!

 

在廊日:1日(土)、8日(土)、24日(月)

 

 

大塚淳子さん

福岡のアンティーク店”UNTIDY”を営む大塚淳子さん。

丈夫で軽いチープな素材のビニールシートが、

大塚さんの手にかかると、キュートなバッグになる。

テンでは何度も大塚バッグを展開していますが、確実にファンが増えてきています。

 

アフリカやアジアのヴィンテージの布とビニールの組み合わせもおもしろい。

ありそうでない、感度が高くてガンガン使える重宝モノ。



アフリカやアジアのヴィンテージの布とビニールの組み合わせもおもしろい。
ありそうでない、感度が高くてガンガン使える重宝モノ。

 

年々、新しいデザイン、新しいコンポジションが制作され、

ファンを飽きさせない魅力があります。

 

今回は、ビニールバッグに加えて布のバッグも登場。

また、世界のヴィンテージの布もご紹介します。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

世界中には、それぞれの場所場所の気候や文化や暮らしや伝統など

独自の道具や工芸のものが存在します。

それらは他の土地の者から見ると、斬新で鮮烈、

絶大な魅力が感じられます。

私は大阪にある”みんぱく”が大好きなのですが、

展示されているあらゆるモノの中でも

いろんな民族の衣装や布を見るのが特に好きです。

数年前に福岡のお店に行った時、

大塚さんがアフリカやアジアやヨーロッパなどのヴィンテージの布を使って

バッグを作っておられるところ、

頼み込んで加工しない布だけも出展してもらえるようになりました。

 

今回もいくつか送っていただいている中で、

またまた私の独断のベスト3を発表します。

 

 

第一位

アフリカ・ヨルバ族

かなり大判です。

何かのカバーにしたりタペストリに、とても雰囲気があります。

30240yen

 

 

 

 

アフリカの布に多いですが、この細長い織物をつなげて幅を出しています。

この幅が織りやすいのか・・・。

時間のある時に調べてみます。

 

 

第二位

アフリカ・バウレ族

藍と白のコントラストの中、

美しい色のシンプルな図案の刺繍が効いています。

12960yen

 

 

 

 

 

 

第三位

パキスタンキルト

この大きな布全体に細かい細かい刺し子。

一見のっぺりチョーシンプルですが、

近づいてこの手の仕事をじっくりご覧ください。

感動〜。

27000yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・。

今朝、竹内陽子さんから追加の作品が納品されました!

器関係とハウス型のオブジェです。

気になられる方はお早めに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただいま

月イチカルチャー『薬膳料理教室の会』。
薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは“夏に消耗した気・血を補い、疲れを残さず、日焼けした皮膚をケアする薬膳”。

今年は猛暑で、外を歩けば、汗、汗、汗。

残暑も厳しいと予想されます。

秋に体調を崩さないように、気・血を補い、ダメージを受けたお肌を整える料理をご紹介します。

 

今日の模様は明日のブログでご報告いたします

 

 

直美さんを見るとホッコリします。

生きた薬膳やー!

 

 

 

 

 

 

明日は、月イチランチ『おばんざいランチ』の日。

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。


1800円 15食限定につき、ご予約の方を優先いたします。

ランチご希望の方は、ご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

明日から3連休。

みなさんのご予定は・・・?

どうぞ楽しくお過ごしくださいませ。

 

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:00 |

明日から営業再開します!

 

 

こんばんは。

 

 

急に秋が来たかのような涼しさですね♪

 

 

私は先週金曜あたりから風邪気味で、

日曜までだましだまし仕事をしていましたが、

日曜の夜から珍しく発熱。

熱を出すなんて15年ぶりくらいでしょうか。

 

インフルエンザの時季も

毎年無事に乗り切り風邪ひとつ引きませんでしたが、

久しぶりの発熱は結構キツかったです・・・。

 

リビングの床に横になりテレビを見飽きては

改めて家の天井を長時間見ました。

天井を見ているうちに爆睡する・・・の繰り返し。

月曜から今日までの4日間がテンの休業日で、

ちょうどゆっくり休養できました。

 

 

 

 

明日から営業再開。

 

 

今月の企画『daily comfort』展、会期後半スタートします。

 

また明日の午前中は月イチカルチャー『薬膳料理教室の会』です。

 

 

 

 

激しく気温が変化しています。

風邪など引かれませんようお気を付けくださいね。

 

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

| 展覧会 | 22:25 |

『daily comfort』展 9日め & 竹内陽子さんの大壺 & 『近田美穂さんのケーキ』 & ”奈央屋”の『キーマカレー』 

 

こんにちは。

 

 

暑いです・・・。(汗)

 

 

 

昨日Aさんが送ってくれた二重の虹の画像をシェアします。

コレで暑いのを一瞬忘れましょう。(苦笑)

 

 

 

 

 

 

daily comfort』展、9日め。

使って心地よいもの、存在が心地よいもの・・・。

いずれも私たちの日々の暮らしを豊かにしてくれるものだと思います。

今展はそんな作品をご紹介いたします。

 

 

LIVINGSTONE

笹本雅行さんと竹内陽子さんの夫婦ユニット。

 

笹本さんは古代ヨーロッパを髣髴とさせる陶のオブジェを制作。

そこにあるだけで、場の空気が変わるような世界観を持つ存在。

 

陽子さんは美しい青が使われたポップでモダンな表情を持つ陶の器や花器を制作。

最近、陶板づくりが楽しいとおっしゃいます。

油絵のようなマティエールが魅力の陽子さんの陶板。

器は手に取りやすく使って楽しめます。

オブジェや絵画などは、直接使うことはできませんが、

日々の暮らしの中、視界に入ってくることで、

心が癒されたり、自分の心象状態を測ることができます。

家の中のお気に入りの空間で楽しんでみませんか。

 

今回、笹本さんのオブジェ、陽子さんの器、花器、陶板など、たくさん勢ぞろいします。

どうぞお楽しみに!

 

在廊日:1日(土)、8日(土)、24日(月)

 

 

大塚淳子さん

福岡のアンティーク店”UNTIDY”を営む大塚淳子さん。

丈夫で軽いチープな素材のビニールシートが、

大塚さんの手にかかると、キュートなバッグになる。

テンでは何度も大塚バッグを展開していますが、確実にファンが増えてきています。

 

アフリカやアジアのヴィンテージの布とビニールの組み合わせもおもしろい。

ありそうでない、感度が高くてガンガン使える重宝モノ。



アフリカやアジアのヴィンテージの布とビニールの組み合わせもおもしろい。
ありそうでない、感度が高くてガンガン使える重宝モノ。

 

年々、新しいデザイン、新しいコンポジションが制作され、

ファンを飽きさせない魅力があります。

 

今回は、ビニールバッグに加えて布のバッグも登場。

また、世界のヴィンテージの布もご紹介します。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

今日は、LIVINGSTONEの竹内陽子さんの大壺をご紹介します。

今展、正面にドドンと鎮座まします大壺。

存在感大です。

口がすぼまってスックと立つ美しいフォルム、

油絵のようなテクスチャー、

何とも言えない描画の世界観・・・。

玄関ホール、広いリビングなど、そこにあるだけで、

インテリアのステキなアクセントになりますね。

97200yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6日(木)~8日(土)の3日間、

近田美穂さんの期間限定スウィーツ』を提供し大好評をいただきました。

昨日、たくさんケーキを納品していただいたので、

今日も数は少ないですが、近田ケーキをご提供いたします。

 

数量限定のため、品切れ次第終了します。

 

次の近田さんのケーキは、12月の予定です。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

今月の月替わり期間限定カレーランチ は

『キーマカレー』

 

9月1日(土)〜9日(日) 

 

八王子のネパールカレーの人気店”奈央屋”さんの看板メニュー『キーマカレー』です。

 

このキーマカレーは、

梅村奈央さんが学生時代に立ち上げた奈央屋始まって以来17年間作り続けているカレーです。

辛みは少なく、バターの風味でお子様にも召し上がっていただけます。

ルーは使っておらず、野菜、スパイス、お肉をふんだんに使い、

手間暇かけて作られています。

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

本日、最終日!

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

明日から13日(木)はお休みをいただきます。

次の営業は14日(金)。

 

 

この日は、月イチカルチャー『薬膳料理教室の会』。

薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは“夏に消耗した気・血を補い、疲れを残さず、日焼けした皮膚をケアする薬膳”。

今年は猛暑で、外を歩けば、汗、汗、汗。

残暑も厳しいと予想されます。

秋に体調を崩さないように、気・血を補い、ダメージを受けたお肌を整える料理をご紹介します。


毎回、充実と満足の内容の薬膳料理教室、
ためになる情報がたくさんで、しかも美味しい。

ぜひご参加くださいね。

講師:田村直美さん
会費:4000円
要予約

 

 

 

 

 

また、15日(土) は、月イチランチ『おばんざいランチ』の日。

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。


1800円 15食限定につき、ご予約の方を優先いたします。

 

 

 

 

 

 

厳しい残暑が続いていますが、

夜はいくぶん秋の気配が感じられるようになってきましたね。

 

 

 

楽しい日曜の午後をお過ごしくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:41 |

『daily comfort』展 8日め & 笹本雅行さんのオブジェ & 本日 竹内陽子さん在廊! & 『近田美穂さんのケーキ』 & ”奈央屋”の『キーマカレー』 & 本日『大人の書の会』

 

こんにちは。

 

 

う゛っっ。暑い・・・。(汗)

暑いですね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

daily comfort』展、8日め。

使って心地よいもの、存在が心地よいもの・・・。

いずれも私たちの日々の暮らしを豊かにしてくれるものだと思います。

今展はそんな作品をご紹介いたします。

 

 

LIVINGSTONE

笹本雅行さんと竹内陽子さんの夫婦ユニット。

 

笹本さんは古代ヨーロッパを髣髴とさせる陶のオブジェを制作。

そこにあるだけで、場の空気が変わるような世界観を持つ存在。

 

陽子さんは美しい青が使われたポップでモダンな表情を持つ陶の器や花器を制作。

最近、陶板づくりが楽しいとおっしゃいます。

油絵のようなマティエールが魅力の陽子さんの陶板。

器は手に取りやすく使って楽しめます。

オブジェや絵画などは、直接使うことはできませんが、

日々の暮らしの中、視界に入ってくることで、

心が癒されたり、自分の心象状態を測ることができます。

家の中のお気に入りの空間で楽しんでみませんか。

 

今回、笹本さんのオブジェ、陽子さんの器、花器、陶板など、たくさん勢ぞろいします。

どうぞお楽しみに!

 

在廊日:1日(土)、8日(土)、24日(月)

 

 

大塚淳子さん

福岡のアンティーク店”UNTIDY”を営む大塚淳子さん。

丈夫で軽いチープな素材のビニールシートが、

大塚さんの手にかかると、キュートなバッグになる。

テンでは何度も大塚バッグを展開していますが、確実にファンが増えてきています。

 

アフリカやアジアのヴィンテージの布とビニールの組み合わせもおもしろい。

ありそうでない、感度が高くてガンガン使える重宝モノ。



アフリカやアジアのヴィンテージの布とビニールの組み合わせもおもしろい。
ありそうでない、感度が高くてガンガン使える重宝モノ。

 

年々、新しいデザイン、新しいコンポジションが制作され、

ファンを飽きさせない魅力があります。

 

今回は、ビニールバッグに加えて布のバッグも登場。

また、世界のヴィンテージの布もご紹介します。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

今日は、LIVINGSTONEの竹内陽子さんが在廊されます。

ぜひ陽子さんにも会いにいらしてくださいね。

 

 

 

そして、今日は、LIVINGSTONEの笹本雅行さんの陶のオブジェをご紹介します。

 

笹本さんのオブジェを観ていると、

古代ギリシャや東欧がイメージされます。

そこにひとつあるだけで、一気にその場の空気がピンと引き締まります。

それぞれ、石や青銅でできたような重厚感があります。

 

先日、私独断のベスト3までを発表したので、

今日はベスト4のトルソーシリーズをご紹介します。

凛とした空気が感じられます。

 

 

 

『翼のあるトルソ』

32400yen

 

 

 

 

 

『翼のあるトルソ』

32400yen

 

 

 

 

 

『トルソ』

21600yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6日(木)~8日(土)の3日間、

近田美穂さんの期間限定スウィーツ』を提供します。

 

カフェで召し上がるのもよし、テイクアウトもよし、

近田さんのスウィーツをお楽しみください。

数量限定のため、品切れ次第終了します。

なお、13時まではテイクアウトはお一人4個まで、

それ以降は在庫により制限はありません。

ランチタイムと重なり、お待たせすることがあるかと思いますが、

どうぞご了承くださいませ。

 

今日は、近田さんが開店直後、営業のお手伝いをしてくださいます。

早い時間でしたら近田さんに会えるので、どうぞいらしてくださいね。

 

次の近田さんのケーキは、12月の予定です。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

今月の月替わり期間限定カレーランチ は

『キーマカレー』

 

9月1日(土)〜9日(日) 

 

八王子のネパールカレーの人気店”奈央屋”さんの看板メニュー『キーマカレー』です。

 

このキーマカレーは、

梅村奈央さんが学生時代に立ち上げた奈央屋始まって以来17年間作り続けているカレーです。

辛みは少なく、バターの風味でお子様にも召し上がっていただけます。

ルーは使っておらず、野菜、スパイス、お肉をふんだんに使い、

手間暇かけて作られています。

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

明日までの提供です!

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

ただいま、炊飯中。

いすみの”久我農園”の新米コシヒカリです。

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、

月イチカルチャー『大人の書の会』のレッスン中。

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

 

 

陽子さん、飛び入り参加で奮闘中!

 

 

 

 

 

 

ところで・・・

昨日は、友人・ミホちゃんが天に召されてちょうど一か月。

ふだん、夜寝たら朝まで起きない私ですが、

4時半頃に突然目が覚めて涙が止まらなくなりました。

今でも時々いなくなったことがわからなくなり、

車に乗ったら病院方面に行こうと錯覚してしまいます。

先月から通い始めたスポーツクラブに行く時は、

必ず大場さんの家の前を通り、

心の中で「ミ〜ホちゃん。」とつぶやいています。

昨日の出勤前にお邪魔して線香をあげてきました。

やはりもういないんだなぁと再確認。

でも七十七日までは近くにいるとのこと。

きっと見守ってくれているんだろうなぁと思います。

 

最近では天災などで突然尊い命を落とす方も少なくありません。

今、生きている私たちは、

自分の人生を精一杯楽しめるよう努めようと思います。

そして、十数年ぶりに風邪を引いてしまいました・・・。(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しい週末をお過ごしくださいませ。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:30 |

『daily comfort』展 7日め & 大塚淳子さんのヴィンテージ布のバッグ & 本日『近田美穂さんのケーキ』 & ”奈央屋”の『キーマカレー』 & 昨日の『kiredo kitchen』 & 明日『大人の書の会』

 

 

こんにちは。

 

 

蒸し暑い一日になりそうです。(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

daily comfort』展、7日め。

使って心地よいもの、存在が心地よいもの・・・。

いずれも私たちの日々の暮らしを豊かにしてくれるものだと思います。

今展はそんな作品をご紹介いたします。

 

 

LIVINGSTONE

笹本雅行さんと竹内陽子さんの夫婦ユニット。

 

笹本さんは古代ヨーロッパを髣髴とさせる陶のオブジェを制作。

そこにあるだけで、場の空気が変わるような世界観を持つ存在。

 

陽子さんは美しい青が使われたポップでモダンな表情を持つ陶の器や花器を制作。

最近、陶板づくりが楽しいとおっしゃいます。

油絵のようなマティエールが魅力の陽子さんの陶板。

器は手に取りやすく使って楽しめます。

オブジェや絵画などは、直接使うことはできませんが、

日々の暮らしの中、視界に入ってくることで、

心が癒されたり、自分の心象状態を測ることができます。

家の中のお気に入りの空間で楽しんでみませんか。

 

今回、笹本さんのオブジェ、陽子さんの器、花器、陶板など、たくさん勢ぞろいします。

どうぞお楽しみに!

 

在廊日:1日(土)、8日(土)、24日(月)

 

 

大塚淳子さん

福岡のアンティーク店”UNTIDY”を営む大塚淳子さん。

丈夫で軽いチープな素材のビニールシートが、

大塚さんの手にかかると、キュートなバッグになる。

テンでは何度も大塚バッグを展開していますが、確実にファンが増えてきています。

 

アフリカやアジアのヴィンテージの布とビニールの組み合わせもおもしろい。

ありそうでない、感度が高くてガンガン使える重宝モノ。



アフリカやアジアのヴィンテージの布とビニールの組み合わせもおもしろい。
ありそうでない、感度が高くてガンガン使える重宝モノ。

 

年々、新しいデザイン、新しいコンポジションが制作され、

ファンを飽きさせない魅力があります。

 

今回は、ビニールバッグに加えて布のバッグも登場。

また、世界のヴィンテージの布もご紹介します。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

今日は、大塚淳子さんのヴィンテージの布のバッグをご紹介します。

大塚さんが福岡で営むUNTIDYでは、

世界中の心惹かれるアンティークであふれています。

 

そもそもは、目白の”古道具坂田”の坂田和實さんに教えていただいたお店。

さすが坂田さんの太鼓判つきのお店、

どれも感度の高いモノばかり。

お店の一画の棚には、ヨダレモノのヴィンテージの布が積まれ、

大塚さんが店番しながら、そこのミシンで、

ビニールや、それらの布を使ってバッグを制作しています。

 

二つとないヴィンテージ布は、それだけで絶大な魅力を放つのに、

その布をうまく異素材のものと組み合わせて唯一無二のバッグが完成。

ホント、ステキです♡

 

今日はそのシリーズの中で、私の独断ベスト3をご紹介します。

 

 

 

第一位

アフリカ・ハラサ族の貫頭衣が使われたバッグ

たっぷり入るビッグサイズながら、

マチの付き方や取っ手と本体のバランスがナイス!

なんと言っても、このステッチや刺繍が美しい♡♡

27000yen

 

 

 

 

 

 

 

第二位

オランダのリネンジャガード織

落ち着いた黄色×黒×ベージュの一松地に白の細かい織柄がナイス。

21600yen

 

 

 

 

 

第三位

スウェーデンの麻×ウール

チャコールグレーとサーモンピンクのストライプ地に、

ベージュリネンのカバーのショルダー。

何気ないけど、なかなかない感じがよい。

22680yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6日(木)~8日(土)の3日間、

近田美穂さんの期間限定スウィーツ』を提供します。

 

カフェで召し上がるのもよし、テイクアウトもよし、

近田さんのスウィーツをお楽しみください。

数量限定のため、品切れ次第終了します。

なお、13時まではテイクアウトはお一人4個まで、

それ以降は在庫により制限はありません。

ランチタイムと重なり、お待たせすることがあるかと思いますが、

どうぞご了承くださいませ。

 

 

 

ただいま、近田さん納品中♪

 

 

 

 

 

 

 

今月の月替わり期間限定カレーランチ は

『キーマカレー』

 

9月1日(土)〜9日(日) 

 

八王子のネパールカレーの人気店”奈央屋”さんの看板メニュー『キーマカレー』です。

 

このキーマカレーは、

梅村奈央さんが学生時代に立ち上げた奈央屋始まって以来17年間作り続けているカレーです。

辛みは少なく、バターの風味でお子様にも召し上がっていただけます。

ルーは使っておらず、野菜、スパイス、お肉をふんだんに使い、

手間暇かけて作られています。

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の月イチランチ『kiredo kitchen』報告です。



世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

今回は、スイートハラペーニョという辛みがなく風味豊かなハラペーニョが主役。

生食から煮込み、炒め物まで幅広く使える野菜で、

味の濃いピーマンといった印象です。

種ごと食べられるのも大きな特徴。

種に甘みがあります。

 

 

 

スイートハラペーニョ

 

島オクラ

 

ヒモナス

 

水ナス

 

 

 

今月のランチセット

 

 

アミューズ:キレドの夏野菜サラダ スペアミントとレモンバーベナ

 

 

 

 

スープ:あさりと夏野菜の冷製スープ

 

 

 

パスタ:スイートハラペーニョとアーモンドのパスタ

 

 

 

 

 

よーく働いてお腹ペコペコ。

まかないランチ。

今回も美味しかったー!

 

 

 

開店前、パスタを80gずつ束にします。

私がゲットした陽子さんの花器。

こんな使い方もできます♪

 

 

 

 

 

 

さて、明日は、

月イチカルチャー『大人の書の会』の日です。

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

 

参加ご希望の方は、本日17時までにご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

外はムシムシしますが、

店内涼しくしてみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:52 |

『daily comfort』展 6日め & 竹内陽子さんの陶板 & 本日『近田美穂さんのケーキ』・『kiredo kitchen』

 

 

こんにちは。

 

 

千葉はよいお天気です。

未明に北海道で大きな地震があったようです。

被災されたみなさまには心からお見舞い申し上げます。

今年は自然災害が次々と襲ってくるようで恐ろしいです・・・。

 

 

 

 

 

 

daily comfort』展、6日め。

 

使って心地よいもの、存在が心地よいもの・・・。

いずれも私たちの日々の暮らしを豊かにしてくれるものだと思います。

今展はそんな作品をご紹介いたします。

 

 

LIVINGSTONE

笹本雅行さんと竹内陽子さんの夫婦ユニット。

 

笹本さんは古代ヨーロッパを髣髴とさせる陶のオブジェを制作。

そこにあるだけで、場の空気が変わるような世界観を持つ存在。

 

陽子さんは美しい青が使われたポップでモダンな表情を持つ陶の器や花器を制作。

最近、陶板づくりが楽しいとおっしゃいます。

油絵のようなマティエールが魅力の陽子さんの陶板。

器は手に取りやすく使って楽しめます。

オブジェや絵画などは、直接使うことはできませんが、

日々の暮らしの中、視界に入ってくることで、

心が癒されたり、自分の心象状態を測ることができます。

家の中のお気に入りの空間で楽しんでみませんか。

 

今回、笹本さんのオブジェ、陽子さんの器、花器、陶板など、たくさん勢ぞろいします。

どうぞお楽しみに!

 

在廊日:1日(土)、8日(土)、24日(月)

 

 

大塚淳子さん

福岡のアンティーク店”UNTIDY”を営む大塚淳子さん。

丈夫で軽いチープな素材のビニールシートが、

大塚さんの手にかかると、キュートなバッグになる。

テンでは何度も大塚バッグを展開していますが、確実にファンが増えてきています。

 

アフリカやアジアのヴィンテージの布とビニールの組み合わせもおもしろい。

ありそうでない、感度が高くてガンガン使える重宝モノ。



アフリカやアジアのヴィンテージの布とビニールの組み合わせもおもしろい。
ありそうでない、感度が高くてガンガン使える重宝モノ。

 

年々、新しいデザイン、新しいコンポジションが制作され、

ファンを飽きさせない魅力があります。

 

今回は、ビニールバッグに加えて布のバッグも登場。

また、世界のヴィンテージの布もご紹介します。

どうぞお楽しみに!

 

 

 

今日は、LIVINGSTONEの竹内陽子さんの陶板をご紹介します。

ポップな器では定評のある陽子さん、

最近、陶板を制作するのが楽しいとのこと。

そんな陽子さんの陶板をご高覧ください。

すでにいくつかお客様のお家に嫁いだ作品があり

今あるものをご紹介いたします。

 

 

 

 

何とも言えない抽象の魅力。

9720yen

 

 

 

 

 

 

 

モダンな植物画。

8640yen

 

 

 

 

 

シャープな印象。

7560yen

 

 

 

 

 

 

キュート〜♪

10800yen

 

 

 

 

 

 

 

ところで・・・

あなたのお宅の壁には絵などがかかっていますか?

自分にとって心地よい絵が、いつもいる空間の壁にあると、

一日の中で何度も見て楽しめますね。

だんだん空気のような存在になってきますが、

それがホッとする空間になり、心癒される空間になるのだと思います。

 

ダイニングの壁、玄関の壁、リビングの壁、寝室の壁、・・・。

壁は家具などで埋まっていてスペースがないという方も、

まずはトイレの壁にひとつ掛けてみることをおすすめします。

トイレという小さい空間で、毎日必ず便座に腰かけて、

壁を近くでじっくり見ることができますね。

 

建築家の中村好文さんの著書で、

人は小さく囲まれた空間にいることに落ち着きや安らぎを感じると。

彼の住宅設計では、階段脇の小さな図書スペースや、リビングのソファのあるスペースなど、

なんとなく母体の中にいるかのような空間をよく見ます。

 

話はちょっと飛びますが、

ウチのワンコのフルは、14歳という高齢で、

最近は人がいないと寂しがったり、そこにいても甘えてワンワン言ったりします。

そんな時、後ろからガバっと覆いかぶさりホッペをぴったりくっつけてやると

あっという間に大イビキ(笑)をかいて寝てしまいます。

小さい空間は、温かいスキンシップに似たものがあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

本日~8日(土)の3日間、

近田美穂さんの期間限定スウィーツ』を提供します。

 

カフェで召し上がるのもよし、テイクアウトもよし、

近田さんのスウィーツをお楽しみください。

数量限定のため、品切れ次第終了します。

なお、13時まではテイクアウトはお一人4個まで、

それ以降は在庫により制限はありません。

ランチタイムと重なり、お待たせすることがあるかと思いますが、

どうぞご了承くださいませ。

 

 

 

 

 

 

また、本日は、月イチランチ『kiredo kitchen』の日です。

カレーランチはお休みです。

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

今回は、スイートハラペーニョという辛みがなく風味豊かなハラペーニョが主役。

生食から煮込み、炒め物まで幅広く使える野菜で、

味の濃いピーマンといった印象です。

種ごと食べられるのも大きな特徴。

種に甘みがあります。

 

 

 

スイートハラペーニョ

 

島オクラ

 

ヒモナス

 

水ナス

 

 

本日のランチセット

 

アミューズ:キレドの夏野菜サラダ スペアミントとレモンバーベナ

スープ:あさりと夏野菜の冷製スープ

パスタ:スイートハラペーニョとアーモンドのパスタ

 

 

12:00〜、13:30〜  各時間帯10〜15名

ランチセット(前菜・スープ・パスタ・コーヒー):1,500円


ご予約をいただいた方優先でお席を確保できますので、お決まりの方は今すぐお電話ください。

0475-78-3068

 

 

 

 

 

今日もみなさまのご来店をお待しております!

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:07 |
home1.jpg

home2.jpg


facebook

instagram



    gallery ten 営業カレンダー
    営業時間 12:00〜17:00
  gallery ten 営業カレンダー
    ※カフェの営業は
      ギャラリー営業日と同じです。
    ※詳細は、HPでご確認ください。


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
BLOG CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 横道佑器さんと打ち合わせ@豊中 
    ten (09/11)
  • 横道佑器さんと打ち合わせ@豊中 
    小澤 早苗 (09/11)
  • 『daily comfort』展 5日め & 笹本雅行さんのオブジェ & "奈央屋”の『キーマカレー』 & 明日『近田美穂さんのケーキ』・『kiredo kitchen』
    ten (09/06)
  • 『daily comfort』展 5日め & 笹本雅行さんのオブジェ & "奈央屋”の『キーマカレー』 & 明日『近田美穂さんのケーキ』・『kiredo kitchen』
    はじめまして。 (09/06)
  • ノモトヒロシさんと打ち合わせ in 軽井沢
    ten (09/07)
  • ノモトヒロシさんと打ち合わせ in 軽井沢
    Ricca OKANO (09/07)
  • 『常設展』 3日め & 林みちよさんのオブジェ & “merle”の『パプリカとトマトのカレー Rouge』 & 近田美穂さんの生ケーキ & 明日『楽々日本史の会』 & 『人狼ゲーム』のお誘い
    ten (08/03)
  • 『常設展』 3日め & 林みちよさんのオブジェ & “merle”の『パプリカとトマトのカレー Rouge』 & 近田美穂さんの生ケーキ & 明日『楽々日本史の会』 & 『人狼ゲーム』のお誘い
    ヤナガワ (08/03)
  • 芝原人形のお雛さま & 近田美穂さんの生ケーキ & 姫路“インデアン”の『ビーフカレー』
    Rika Udagawa (11/20)
  • 明後日『薬膳料理教室の会』
    阿部絵理子 (09/14)
モバイル
qrcode