ギャラリーテン Daily Alle Colle

gallery ten・店主のblog
<< 『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展 会期後半スタート! & 田辺京子さん・MANANIの作品追加納品! & 本日『薬膳料理教室の会』 & 明日『おばんざいランチ』 | main | 『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展 会期後半 & 田辺京子さんの碗 & 昨日の『おばんざいランチ』 & 明日『kiredo kitchen』 >>

『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展 会期後半 & MANANIのバッグ & 昨日の『薬膳料理教室の会』 & 本日『おばんざいランチ』 & 明後日『kiredo kitchen』

 

 

こんにちは。

 

 

 

暑いですね。

暑いです。

暑い。

どう考えても暑い・・・・・・。(汗)

 

 

今朝、胡椒粒くらいの小さいテントウムシ(?)の赤ちゃん(?)を見つけました。

背中の星の数って、大人になったら増えるのでしょうかねぇ。

暑さに負けず、ゲンキに生きよう!

 

 

 

 

 

KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展、会期後半。

 

 

今展はとにかくカラフルで賑やか!

九谷焼のカラフルな上絵とアフリカのカラフルなプリントが勢ぞろい。

どこか共通点さえ感じられる九谷とアフリカンプリント。

テーマのカラーは、米語では”color”が一般的ですが、字面がよいなぁと思い”colour”にしました。

 

 

田辺京子さんは金沢出身金沢在住。

九谷焼では”五彩”と呼ばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色を使い、盛るように上絵を施したもの。

京子作品は、一見、いわゆる古典的な九谷焼さながらの華麗で斬新な色柄。

よく見ると、九谷カラーを踏襲しながらも、なんともユニークでウィットにとんだ上絵が魅力。

京子さんの絵の世界には、ププっと笑みがこぼれてしまいます。

そのシュールでユルい底抜けの明るいセンスは、京子さん自身の気さくで楽しい人柄に裏付けられています。

今回、ゲンキいっぱいのワクワクする器やオブジェが勢ぞろいします。

ぜひご高覧ください。

 

・・・実は、先週、京子さんの窯が故障するというハプニング、

また九谷の粘土が不足しているという事態で、

初日にご覧いただく作品をたくさん展開することができません。

ただいま、大汗かいた京子さん、必死のパッチで制作中。

でき次第、追加追加で送っていただくことになっています。

その情報はブログで随時おしらせいたします。

 

在廊日:未定

 

 

MANANIの牛尾みずきさん、フランス・パリに住んで20年。

燦々と強い太陽の下に映えるカラフルで強烈なインパクトのあるアフリカンプリント。

そのテキスタイルを使った魅力的な服やバッグを制作。

屋号の”MANANI”は、西アフリカのジュラ(バンバラ)語で”プラスティック”という意味。

アフリカでは、カラフルなままごとのようなプラスティック素材で、バケツ、人形、皿、コップ、ゴザなどが日常的に使われています。

”造形”という意味もあるプラスティックという言葉を使って、身近に楽しんでもらいたいという想いで制作されているそうです。

みずきさんの仕事で一番楽しいのが生地を選ぶこと。

膨大な量の生地の中から自分のアンテナに引っ掛かるものを見つけた時の喜びは言葉に表せないほどだとのこと。

アフリカンプリントは、常に柄や色が変化しており、一度買い損ねてしまうと同じものをまた見つけるのは不可能。

MANANIを始めて18年、いまだに毎回毎回新鮮な生地に感動し、飽きることがないと言う。

今回、スカート、ワンピース、パンツなどに加えて、バッグやアフリカの雑貨も勢ぞろい。

これからやってくる暑い夏、バーッと気分が晴れるヴィヴィッドな色柄を身にまとってお出かけしませんか。

 

実はみずきさんのご実家がテンから車で20分という近さ。

しばしば新しい作品を追加していただきます。

 

在廊日:1日(日)、2日(月)、7日(土)、23日(月)

 

 

 

今日はMANANIのバッグをご紹介します。

色鮮やかでダイナミックな絵柄のアフリカンプリント。

バッグは小さいながら、ピリっとアクセントになるアイテムです。

 

そもそも、今回展開しているアフリカンプリントは、

インドネシアのろうけつ染め・バティックが伝わってできたもの。

よりカラフルで線の太い鮮やかなプリントが、西アフリカを中心に生産されるようになりました。

オリエンタルなイメージの絵柄があるのもうなずけます。

よって、洋服だけではなく、和服にも合いそうな柄のものも少なくありません。

 

取っ手やサイズなども様々。

お気に入りの一点をお探しくださいね。

 

3780〜16200yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の月イチカルチャー『薬膳料理教室の会』の報告です。

 

薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは“血液に栄養を与えサラサラにする薬膳”。

夏も本番を迎え、心の機能も活発となり負担もかかります。

心は血と大きく関わり、気血を巡らせ、意識や精神の安定にも関わっています。

心の機能が低下すると、息切れ、不整脈、物忘れなどの症状が出たり、口や喉の渇き、

夏バテ、熱中症などにかかりやすくなります。

酸性に傾きやすい血液を弱酸性に保ち、栄養を与え、流れをよくして、

夏に負担がかかる心を補う料理をご紹介しました。

 

 

 

『スグリのジュース』

・スグリ:ビタミンCが豊富で、風邪予防、疲労回復、美肌効果が期待できる。

  血液をきれいにし、ポリフェノールが豊富で抗酸化作用がある。

 

 

 

『トマトの酢の物』

・トマト:身体の水分を補い、消化促進、疲労回復、夏バテ予防効果。

  リコピンが豊富で抗酸化作用がある。

・ミョウガ:胃の働きを活発にして、食欲を増進、発汗・呼吸・血液循環機能を促進。

  ホルモンのバランスを整え、生理不順、更年期障害に効果。

・紫蘇:気の巡りをよくする。体を温め、去痰、咳止め効果。

・梅:乳酸蓄積を抑え疲労回復、抗菌作用。

 

 

 

 

『焼き鰯の胡瓜ソース添え』

・鰯:気血を補い、血の巡りをよくする、動脈硬化、血栓の予防、疲れ目に有効。

  カルシウムの吸収を促すビタミンDの量も多いので、骨粗しょう症予防効果に期待。

・キュウリ:利尿効果が高く、むくみを取る。

  身体にこもった余分な熱を収め喉を潤す。

  近年ダイエット効果もあると言われている。

 

 

 

 

 

『冬瓜とスペアリブのスープ』

・冬瓜:体内の熱を取り除く。

  利尿作用があり、むくみを取る。

  高血圧、糖尿病、動脈硬化に有効。

・豚肉:身体を潤し、体力をつける。

  ビタミンB1が多く含まれ、炭水化物をエネルギーに変える。

・トウモロコシ:胃腸の調子を整え、気の流れをよくする。

  利尿作用があり、むくみ高脂血症に有効。

・棗:造血作用があり、黄色い顔色、不眠、息切れ、めまい、疲れを改善。

  免疫力を高める。腸を丈夫にする。

・白木耳:身体を潤し、肺を潤す。肌の乾燥、しわの予防に効果。

・椎茸:食物繊維が豊富。便秘、老化防止に有効。

  コレステロール低下、血圧降下、肥満抑制効果。

 

 

 

『ハト麦もち米と黒米陰陽デザート』

・ハト麦(ヨクイニン):作用が穏やかで、胃腸の働きを調える。

  病後の回復、疲れやすい時はお米と混ぜたお粥がおすすめ。

  むくみがちで胃弱な阿多にもおすすめ。

・黒米:虚弱体質を改善し、疲労回復、貧血を改善。

・ココナッツミルク:喉の渇きを潤し、皮膚の保湿効果。

  余分な塩分を排出し、むくみを取る。

  葉酸が含まれ、鉄分と合わせて貧血改善効果。

 

 

 

 

 

 

会にご参加のNさんのお庭で採れたソルダム。

瑞々しい美味しい果実をみなさんといただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、今日は、月イチ『おばんざいランチ』の日です。

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。

 

 

本日の献立

 

・トマトと丸麦の梅サラダ

・トウモロコシの冷製スープ

・わかめのところてん

・豚とナスとピーマンのみそ炒め

・空心菜のウォーターソテー

・トウモロコシとひじきの玄米ごはん

・さばの冷や汁

・即席しば漬け

 

 

ただいま、小夜子さん&洋子さん、心をこめて仕込み中。

そして本日のスタッフHと私の4人のB型カルテットでご提供いたします♪

 

 


15食限定につき、ご予約の方を優先いたします。

今日はまだ空席があります。

ランチご希望の方は今すぐお電話くださいね。

tel:0475-78-3068

 

 

 

 

 

そして明後日の海の日は、月イチランチ『kiredo kitchen』 

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。
栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

今月はナス祭りです。

生食用の泉州水ナス。

火を通すとトロトロになるブラックビューティー。

炒めるととてもジューシーになるヒモナス。

ぜひみなさんに知っていただきたいですね。

それぞれの特徴をうまく活かす調理法で美味しく仕立てます。

ナスはさまざまな種類があり、それぞれに合った調理法があります。

サラダやポタージュもとても美味しいです。

ハーブも、スペアミントやフェンネルなど、今が香り高いピークです。

その合わせ方もお伝えしたいです。

 

 

 

 

12:00〜、13:30〜  各時間帯10〜15名
ご予約をいただいた方優先でお席を確保できますので、お決まりの方はご連絡をくださいね。

 

ランチセット(前菜・スープ・パスタ・コーヒー):1,500円

 

 

 

 

 

 

 

店内涼しくしてみなさまのご来店をお待ちしております。

ぜひお出かけくださいませ。

 

 

 

楽しい3連休をお過ごしくださいね。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:07 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gallery-ten-blog.com/trackback/2168
トラックバック
home1.jpg

home2.jpg


facebook

instagram



    gallery ten 営業カレンダー
    営業時間 12:00〜17:00
  gallery ten 営業カレンダー
    ※カフェの営業は
      ギャラリー営業日と同じです。
    ※詳細は、HPでご確認ください。


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
BLOG CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ノモトヒロシさんと打ち合わせ in 軽井沢
    ten (09/07)
  • ノモトヒロシさんと打ち合わせ in 軽井沢
    Ricca OKANO (09/07)
  • 『常設展』 3日め & 林みちよさんのオブジェ & “merle”の『パプリカとトマトのカレー Rouge』 & 近田美穂さんの生ケーキ & 明日『楽々日本史の会』 & 『人狼ゲーム』のお誘い
    ten (08/03)
  • 『常設展』 3日め & 林みちよさんのオブジェ & “merle”の『パプリカとトマトのカレー Rouge』 & 近田美穂さんの生ケーキ & 明日『楽々日本史の会』 & 『人狼ゲーム』のお誘い
    ヤナガワ (08/03)
  • 芝原人形のお雛さま & 近田美穂さんの生ケーキ & 姫路“インデアン”の『ビーフカレー』
    Rika Udagawa (11/20)
  • 明後日『薬膳料理教室の会』
    阿部絵理子 (09/14)
  • 『フリーダ・カーロの遺品』を観た 
    ten (08/28)
  • 『フリーダ・カーロの遺品』を観た 
    川部重臣 (08/24)
  • ”Madame Noe”さんのレッスン
    ten (06/17)
  • ”Madame Noe”さんのレッスン
    阿部絵理子 (06/17)
モバイル
qrcode