ギャラリーテン Daily Alle Colle

gallery ten・店主のblog
<< Johnさんのピアス & 明日『薬膳料理教室の会』 & 昨日の『kiredo kitchen』 & 12日(木)の『インドの家庭料理教室の会』 & 13日(金)の『お正月飾りの会』 | main | 山岸厚夫さんの合鹿椀 & 本日『インドの家庭料理教室の会』 & 明日『おむすびランチ・テイクアウト』 & 昨日の『薬膳料理教室の会』 >>

山岸厚夫さんのステンレス漆器 & 本日『薬膳料理教室の会』 & 明日『インドの家庭料理教室の会』 & 明後日『おむすびランチ・テイクアウト』

 

 

こんにちは。

 

 

 

暖かいお天気の一日になりそうです。

 

 

 

今朝は、薬膳の会で早くに出勤。

この時間だと、近所のコンビニにいつもいる秋田犬のクマちゃん。

今日も会えました♡

最近はしっぽを振ってくれるようになりました♪

 

 

 

 

 

 

FRANK』展、会期終盤となりました。

 


12月は一年の最終月。

何かと気ぜわしいこの時季、

ちょっとゆっくり、リラックス。

堅苦しくないフランクな漆器やアクセサリーを年末だからこそ楽しみましょう。

 

 

 

福井・鯖江で漆器を作っておられる山岸厚夫さんとご長男・芳次さん。


山岸さんのテンでの企画展はこれで3回め。徐々に山岸さんの作品のファンの方が増えてきています。

漆器というと、扱いにくいとかお正月にしか使わないとか高価という理由で、他の陶器やガラス器や金属器などに比べて、
なかなか手が出せないという方が少なくありません。
山岸さんは自作の器を”ジーンズのような”と形容されます。
頑丈で傷がつきにくく普段用としてフランクに使える漆器を制作。

実は漆器は縁起物とも言われ、特に結婚祝いなどのギフトとして人気があるのをご存知ですか?
「割れにくい、冷めにくい、壊れにくい」・・・。なるほど!
もし結婚や子どもの器など、何かの人生のスタートの時に、ひとつ漆器を使い始めたとすれば、それは使いこまれるほどに、
年々よいアジを出し、万が一、擦り切れて剥げたとしても、また塗り直しその後も使い続ける。
漆器は人生とともに経験を重ね消耗しまた立て直してその後もずっと歩み続ける一生モノなのです。
現に私が20年ほど前に求めた山岸さんの大きな盆は昨年塗りなおしていただき生まれ変わりました。
ちょっと使って捨てるのではなく、大事に長く使い続けると愛着が生まれ、より大切にしようという感覚になります。
そんな器がいつも傍にあること、ステキだと思いませんか。 ぜひお気に入りの一点をお探しください。

 

在廊日:1日(日)

 

 

 

綿貫美代さんと後藤真志子さんと堀嘉子さんの3人のユニット”John”。


お三人とも70歳オーバーで、私の大大先輩でいらっしゃいますが、以前から公私ともに親しくさせていただいています。
この方たちのライフスタイルは、オシャレとかセンスがよいとかの薄っぺらい言葉では物足りません。
彼女らの暮らしを楽しむ心の持ちようが常にフレッシュで常に楽しそう。
どうやらお三人とも飽き性。次から次へと新しいことおもしろいことに移行していく。
そして、それぞれの個性でそれぞれのやりたいことを自由にやりそれぞれを認め合い干渉も馴れ合いもなくドライ。
三人三様、今回、各々の得意なことだけをアクセサリーに昇華します。
それらは細かい手仕事なのですが、堅苦しさが全くなく、優しいヌケ感があり、フランクなのです。
このことは、綿貫さん、後藤さん、堀さんご自身と完璧にリンクしています。
いつも自然体で、いつも好きなことを追い求め、ムリなく気を遣うこともなくただその時その時を楽しめるということ、
カンタンそうで意外と難しいと思うのですが、そこは長年人生を謳歌し続けた経験による懐の深さなのでしょう。

今回は、レース編み、フェルト、チェコビーズ、真珠などの、キュートなネックレスやピアスやブローチが勢ぞろいします。
パーティのみならず、ふだんにもラフにつけ、ウキウキ気分で過ごしましょう。
そして、絶大な魅力の作品とお三人に会いにいらしてくださいませ。

 

作家在廊日:1日(日)・3日(火)・4日(水)・9日(月)

 

 

 

今日は、山岸さんの最新作のシリーズをご紹介します。

漆器はふつう、ケヤキやカエデなどの木地や、”乾漆”と呼ばれる和紙や麻布、

そして、山岸さんの作品にもよく登場する”木合”と呼ばれる木の粉と樹脂のものに漆を施します。

今回、山岸さん、ステンレスに漆をという新しい試みを。

 

木地や紙や布だと、ヤキモノほどではないにしても、強い衝撃を与えると欠けたり割れたりしますが、

ステンレスならその心配がないというわけです。

 

『鋺』金偏のワンで”かなまり”と読むそうです。

 

 

 

 

塗りは、山岸さんのほかの作品と同様、

ピッとフラットに仕上げた後、刷毛でザッと塗り上げ、

キズが目立ちにくくなっています。

 

 

 

縁は布着せで補強したうえに塗り上げています。

 

 

 

φ12cm 10450yen

 

 

 

φ18cm 14300yen

 

 

 

φ21.5cm 16500yen

 

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『薬膳料理教室の会』のレッスン中

 

薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは”お腹も気分も満足のダイエット薬膳”。

 

栄養素に加え、色・五味をバランスよく摂ることで、

満足感、満腹感が得られます。

身も心も軽やかになる薬膳を紹介します。

 

今日の模様は明日のブログでお知らせします。

 

 

 

 

 

そして、明日は、

10:00〜11:45 『インドの家庭料理教室 in English の会』

 

シャブナム・モンガさんは、ご主人のお仕事で1985年から東京〜千葉在住。

カレー好きの多い日本人に

伝統的なインドカレーや、野菜料理や多種のパンを教える機会が増えました。

過去には、辻調理師専門学校でインド料理の講座を担当されていました。

 

インド版おふくろの味とでも言いましょうか、

一般家庭でよく食べられるインド料理を教わります。

 

シャブナムさんは日本語も堪能でいらっしゃいますが、

今回の料理教室は英語×日本語で行います。

英語が得意な方もそうでない方も楽しいレッスンになるでしょう。

 

以下のインドの家庭料理のデモと試食。

・アルカレー(ポテトカレー)

・プーリー(インドの揚げパン)

・サブジ(野菜の炒め蒸し)

・ライタ(ヨーグルトサラダ)

・チャイ(茶)

 

会費:4500yen (要予約)

 

参加ご希望の方は、本日17時までにご連絡願います。

 

 

 

 

 

そして、明後日は、

『おむすびランチ・おむすびテイクアウト』

 

大好評”おむすび茶屋 さつき”さんの美味しい美味しいおむすびです。

 

宮下治子さんは、千葉県香取郡神崎にある酒蔵”寺田本家”に勤めながら地域の生産者さんたちと知り合っていきました。

2年前に独立し”さつき”を立ち上げました。

食をとおしての人生体験や様々な人々との出会いを通じて、

そして、田畑(大地)に触れ、料理は命そのものであり、

食べることの喜びと、食の産み出す無限の力を表現・追求していきたい。

そんな治子さんは、小さなキッチンカーでおむすびの出張販売、

旬の料理教室を営むようになりました。

 

治子さんのおむすびは、

太陽・大地・海の恵みが、お米一粒一粒で結ばれ、まさに命のご馳走。

生産者さんたちが丹精込めて作った魚やおかかや手作りの具、

白米や玄米、お好みに応じてホッコリ結びます。

 

米:藤崎農場の無農薬玄米、こうざき自然塾の減農薬白米。

塩:自然海塩

海苔:有明産

味噌:こうざき自然塾の熟成発芽玄米麹味噌

酒粕:寺田本家の熟成酒粕

椎茸:西伊豆産の干し椎茸

昆布:こんぶ土居の真昆布

鰹節:タイコウの一本釣り鰹節

他具材:全て国内産、添加物を使わず手間ひまかけて作っています。

 

 

治子さんのおむすびをランチ@カフェで、

テイクアウトで ご提供いたします。

なお、いずれもご予約をいただいた方に優先して提供。

(当日の飛び込みだと食材不足でお断りすることもありますので、ご予約を!)

 

カフェでのランチは、

お好みのおむすび、漬物、吸物のセットで、おむすび代金+350yen

12:00〜、13:30〜で、定員が各10〜15名でご案内。

 

テイクアウトは、

お好みのおむすびをパックします。

テイクアウトのお受け取りは当日16:30まで。

 

予約方法は、以下の(白米 or 玄米)×具材の組み合わせ、

各々の個数をお選びください。

 

A:白米

B:玄米(プラス50yen)

 

a:鯖香熟漬→350yen(玄米+50yen)

      越田商店の40年熟成漬汁に漬けた鯖は臭みがなく豊かな風味。さつき一番人気。

b:茸と昆布の佃煮→300yen(玄米+50yen)

  真昆布とアワビ茸、味シメジを味醂と醤油でやさしく炊き上げました。

c:梅とごま塩→300yen(玄米+50yen)

  昔ながらの酸っぱさ、しょっぱさ。樽の中で3年熟成した梅干をごまの香りで包みます。

 

カフェでのお召し上がりの味噌汁と漬物のセットがおむすび+350円となります。

また、テイクアウトの6個入りの箱をご希望の方は50円いただきます。

 

 

予約例

カフェで食事(12:00〜)→ B×a×1個、B×d×1個

テイクアウト→ A×a×2個、B×c×1個、B×d×3個、・・・。受取予定時間も。

 

メールにてご連絡ください。

なお、必ず確認のメールを返信します。

返信がない場合は、再度メールかお電話をいただけますようお願いいたします。

 

 

 

 

 

明後日の午前中に予定しておりました『お正月飾りの会』、

事情により中止することとなりました。

ご予約いただいていた方には個々にご連絡いたします。

 

 

 

 

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 10:22 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
home1.jpg

home2.jpg


facebook

instagram



    gallery ten 営業カレンダー
    営業時間 12:00〜17:00
  gallery ten 営業カレンダー
    ※カフェの営業は
      ギャラリー営業日と同じです。
    ※詳細は、HPでご確認ください。


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
BLOG CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Tinyknotsのギャッベ & ”はなう”小島祥シェフの『スペシャルランチ』 & 本日『楽々日本史の会』
    ten (01/10)
  • Tinyknotsのギャッベ & ”はなう”小島祥シェフの『スペシャルランチ』 & 本日『楽々日本史の会』
    クラモチ ユミコ (01/10)
  • ワイン会@gallery ten のおしらせ
    ten (11/21)
  • ワイン会@gallery ten のおしらせ
    坂口純子 (11/21)
  • ワイン会@gallery ten のおしらせ
    ten (11/12)
  • ワイン会@gallery ten のおしらせ
    西尾修一 (11/12)
  • 『motif』展 & 本日『薬膳料理教室の会』 & 明日『カラダで覚える英語の会』 & 昨日の”merle”『メンチカツランチ』 
    センニン (07/10)
  • 『motif』展 & 本日『kiredo kitchen』 & 明日『merleのメンチカツランチ・テイクアウト』
    センニン (07/08)
  • 『nostalgia』展 本日最終日! & 本日 小野高峰さん・桐谷増子さん 在廊!& ”merle"山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 本日『カラダで覚える英語の会』 
    ten (06/16)
  • 『nostalgia』展 本日最終日! & 本日 小野高峰さん・桐谷増子さん 在廊!& ”merle"山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 本日『カラダで覚える英語の会』 
    センニン (06/15)
モバイル
qrcode