ギャラリーテン Daily Alle Colle

gallery ten・店主のblog
<< 『colore』展 開催中 & ”はなう”小島シェフのスペシャルランチ & 本日『大人の書の会』 & 昨日の『kiredo kitchen』 & 明日『カラダで覚える英語の会』 | main | 苫米地正樹さんのカップ & ”はなう”小島シェフのスペシャルランチ & 明日『楽々日本史の会』 >>

ruinunoさんのストール & ”はなう”小島シェフのスペシャルランチ & 本日『カラダで覚える英語の会』

 

 

 

こんにちは。

 

 

真っ青な空、

爽やかな快晴の一日になりそうです。

 

 

 

 

 

 

今月の新企画『colore』展、

6日め。

 

ピンク、ブルー、イエロー、ホワイト、ブラック、・・・

色と色のコンポジションがワクワクします。

明るいラテン気分で、イタリア語で色・colore。

寒い2月、カラフルな春を待ちましょう。

 

 

 

苫米地正樹さん

 

三重県四日市で作陶する苫米地正樹さん。

通称”べっちー”は、人たらし。

愛嬌たっぷり、マメでサービス精神旺盛で誠実。

気が付けば人の懐にフッと入っている。

一方、作品は、ビシっとキマった造形に墨色の貫入と鮮やかな色の対比は緊張感さえ感じられます。

 

べっちーが子どもの頃から好きなターコイズブルーの象徴とも言えるネイティブアメリカン(インディアン)を求めて、

最近、アリゾナのホピ族に会いに行ったのだそう。

フェニックス空港からパワースポットのセドナやルート66にある古い町並みが残るスタッフフラッグなど寄り道をして、

そこを抜けると広大な平原にまっすぐに伸びた道路をただひたすら走っていくと現れるのがメサという浸食された大地。

遠くから見ると山頂が平らな山に見えるメサ、それがホピ族の居留地。

ホピ族の陶器は、手びねりで作り野焼きしたもの。

表面はツルツルの石で撫でて仕上げ、そこに植物や動物の毛で作った筆で模様が描かれる。

また昔から守り続けられている儀式のニーマンカチーナというダンスを観たり、

現地の工芸品などにも触れ、お目当てのカチナドール(精霊の形の木彫人形)も入手でき、大満足の旅だったとか。

壮大な景色と伝統的な文化はとても心に残り、帰国して自分の生まれ育った四日市に何かないかと考えました。

萬古焼きの蚊遣り豚が四日市で生産量が多いことから、最近では知人の陶芸家やアーティストに声をかけて、

あの蚊遣り豚の形をそのままに、独自の個性を生かした作品の展示をするようになりました。

日本にある昔ながらのいろんなものを新しくアレンジして楽しくおもしろく後世に伝えられたらと考えているそうです。

プライベートでは趣味でアート作品を作っていて、それが何かは内緒ですが、気になる方は在廊日におたずねくださいね。

 

作家在廊日:1日(土)・2日(日)・3日(月)

 

 

 

ruinunoさん

 

三浦半島の最南端・三崎で”ruinuno”として、ストールを制作する大類尚子さん(以下ルイさん)。

お父様はアートディレクターの大類信さん。

彼の奔放で楽しそうに仕事をされている姿を見ながら育ったルイさん、自ずとアートを目指し東京造形大学に進学。

大学では織や染色などテキスタイルデザインを学ぶ。

ルイさんの卒業制作がある方の眼にとまり、デザイナー三宅一生率いる三宅デザイン事務所での勤務を経て独立。

 

ルイさんのストールは、軽くて薄くて暖かいウールガーゼの生地に、赤や黄色や水色などカラフル。

それらは接着剤も縫い目もないニードルパンチで生地に定着されたモチーフ。

一面に施されたいろんな色のモチーフは、巻き方によって表情を変え楽しくなります。

それらの色遣いは、三崎港の海や夜のネオンからインスピレーションを得るのだとか。

三崎で出会ったいろんなジャンルの人たちは、それぞれが自立し、確固たるアイデンティティを持ち、生き生きとしている。

そんな環境にいるとルイさん自身も刺激を受け、捜査う意欲が高まるのだと言います。

 

ルイさんは一見少女のようなキュートな女性なのですが、3人のお子さんの母。

母になる前までは、アーティスティックなモノづくりをしていたのが、

母になってからは、どこか気の抜けた柔らかな感じに変化。

今では、日本の希少な技術とコラボし、かつ大人の凛とした、上質に自分らしくまとうストールを目指して作っています。

今回、アート×クラフトなストールやアクセサリーが勢ぞろい。

どの色を選びますか?

 

作家在廊日:8日(土)

 

 

 

今日は、ruinunoのストールについて少しお話します。

 

まずは生き生きキュートなルイさんの三崎での動画をご覧ください。

 

 

 

以下、ルイさんのサイトから抜粋します。

 

 

道ばたでふと花を見つけたり、

朝日がキレイだったり・・・

気持ち揺れ動くものに出会ったときに感じる想いを布に閉じ込めたい。

そんな布づくりをしています。

 

自然風景からヒントをもらうことが多くあります。

それは、よく見れば、形、色、その時その時で同じものはありません。

その多様さ、ばらつきが個々を際立たせ魅力になるように見えるからです。

 

ruinunoの布も同じようになりたい

そう思うからこそ、私は手作業にこだわっているのだと思います。

 

 

フェルトとレースという正反対の素材、

どちらも配置して加工し、

目の前で、そう手の中で変化していく・・・

これが私にとってはやめられない楽しみなのかもしれません。

 

◎ハンドフェルトとニードルフェルト

羊毛からの成形していく技法と、

ウールガーゼの上に素材を配置しニードルパンチする技法、

この2種類を使い分けています。

赤ちゃんにも優しい肌触りのよい素材であるウール。

日常の中のちょっとしたエッセンスになるような

優しい色合いでシンプルなデザインをめざして・・・。

 

◎フリーレースやリボンレース

水で溶けるシートの上に糸や生地を配置し

ミシンをひたすらかけて作っていくレース。

リボンレースの技法をアレンジした感じです。

宝石のようなアクセサリーのような

布づくりを目指しています。

他にはない素材感でありながら

ナチュラルカラーを基本とすることで

カジュアルにもエレガントにも身に着けられます。

 

 

 

ルイさんのストールのベースとなるのはウールガーゼ。

その名のとおり、ウールのガーゼ生地です。

 

その上に、フェルトになる前の羊毛や生地を置いて

ニードルパンチの器械がある工場に生きニードルしてきます。

 

ニードルパンチ加工とは、

剣山のような針の集まりで生地を刺し

生地の繊維同士をからませ圧着する加工技術。

 

 

 

接着剤も縫い目もないから

薄くて軽くて暖かいストールに仕上げることができます。

 

その後、ドラム式洗濯機で縮絨(ウールを縮ませること)をし、

フェルトストールが完成。

 

 

 

ルイさんのストール生地は

山梨県・富士山が日常にあるこの場所で

素晴らしい技術が受け継がれています。

 

 

 

また、ルイさんのストールになくてはならない素材の

シルクの不織布。

その生地の染色を田村さんという職人さんにおねがいしています。

 

下画像のピンクの部分が不織布です。

不織布は織らない布、例えばマスクや肩パットなど。

 

不織布は柔らかく他の邪魔をしません。

シルク素材の不織布を使うことで

首にあたる時のハリ感がない上、

色の深み、光沢感を出してくれます。

 

 

 

不織布は白色なので、

希望の色に染めてもらわなければ使用できません。

 

この素材の魅力に惚れ込み使いたいけれど染色工場が見つからない。

 

その素材はとても薄くもろいものなので

どこの工場でも

「うちでやると、生地が伸びてしまうから」

と断られてしまいます。

 

なんとかできないかと何軒にも電話をし、

10軒めくらいだったでしょうか、

衣装生地を多く取り扱う生地屋さんで”染色部”があることを知り、

「どうしても染色してストールに使いたい」と熱心に事情を説明したところ

「釜で染めるので、色が均一でなくて、数メーターでカットしても大丈夫なら」

と、やっと引き受けてくださったのが田村さんでした。

 

 

 

何度も試作し、ルイさんのイメージした色に仕上がりました。

小さな工房で田村さんは一人で作業をされています。

「これがね、大きい釜でやると、うまくいかないんですよ。

アイスショーの衣装、これなんかはね、

海賊だから 一枚ずつ染め上がりが違いますよ。」と。

そんな田村さんとの出会いで、ルイさんのストールの美しい色が生まれています。

 

 

 

ルイさんのこだわりと美意識を実現してくださる何人かの職人さんの技術がつまったストール。

ぜひ巻いて試してみてくださいね。

 

8日(土)、ルイさんが三崎から来られます。

ぜひご本人にも会っていただきたいです。

 

 

 

 

 

2月1日(土)〜11日(火・祝) ただし3日(月)はkiredoのランチのため、お休みしました。

『”はなう”がテンにやってくる!』スペシャルランチ

 

”ホキ美術館”併設のイタリアンレストラン”はなう”のシェフ・小島祥さんによるスペシャルランチ。

 

テンのキッチンにて小島シェフが美味しいお料理を作ってくださいます。

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

12:00〜、13:30〜 各時間帯10〜12名
ご予約をいただいた方優先でお席を確保できますので、お決まりの方はご連絡をください。

また、後半の時間帯のお客様が多い場合、前半のお客様に13:30でお席を譲っていただくことがありますのでご了承願います。

 

 

 

 

 

今回のランチセット

 

・前菜

『生ハムとキウイフルーツ』

『菜の花のマリネ』

『イイダコの煮込み』

『白インゲンマメのサラダ』

『アジのタルタル』

 

(器:大川和宏さん)

 

(器:キムホノさん)

 

(器:安藤雅信さん)

 

(器:佐藤尚理さん)

 

 

今期ランチ3回めの方の前菜のため・・・

なにやら大きなボウルの中のチップにバーナーで点火。

チキンをスモーク。

 

 

 

(器:高木浩二さん)

 

 

・スープ

『クスクス トラパネーゼ』

 

(器:長谷川誠さん、加藤委さん)

 

(器:苫米地正樹さん)

 

 

今期ランチ3回めの方のスープ

『いろいろキノコのスープ』

コレを食したMさん曰く

「は〜、このスープに浸かりたい〜♡」

 

 

 

・パスタ

『タリオリーニ ホタルイカとセルバチコ

 ドライトマトのオリーブソース』

 

生パスタづくり。

麺が黄色いのは卵の色なのだそう。

平たいタリオリーニ。

 

 

 

 

(器:小泊良さん)

 

(器:苫米地正樹さん)

 

(器:佐藤尚理さん)

 

 

今ランチ3回めの方のパスタ

『プガティーニ ンドゥイヤとグアンチャーレのトマトソース』

 

(器:高木浩二さん)

 

↓”ンドゥイヤ” 

 

 

・ドルチェ

『苺のセミフレッド』

コチラ、イチゴと生クリーム、イタリアンメレンゲ(メレンゲに熱いシロップを加えたもの)を

型に入れて凍らせたものに、熱いベリーソースをかけたドルチェ。

 

(器:松岡ようじさん、桑田智香子さん)

 

(器:赤嶺学さん)

 

 

今期ランチ3回めの方のドルチェ

『ズコット』

 

(器:片瀬和宏さん)

 

 

・コーヒー等

 

『カプチーノ』

(器:苫米地正樹さん)

 

 

2,500yen

 

 

ご予約いただいた方を優先的にお席を確保いたします。

当日お受けできない時もありますので、

ランチご希望の方はご連絡くださいませ。

 

    12:00〜   13:30〜
1日(土)   ×  
2日(日)    
3日(月)    
4日(火)    
5日(水)    
6日(木)    
7日(金)    
8日(土)    
9日(日)    
10日(月)    
11日(火・祝)    

 

 

本日、後半の時間帯でお席に余裕があります。

ランチご希望の方は、今すぐお電話くださいね。

 

tel:0475-78-3068

 

 

 

また、ランチセット以外にも、小島シェフオリジナルのスウィーツ4種をご用意しています。

これらはお持ち帰りいただけます。

 

 

『フルーツタルト』

 

(器:増田良平さん)

 

 

『極柔ショコラ』

 

(器:ラファエルナバスさん)

 

 

このビターで濃厚なショコラの食感、

ムースとババロアの間のような弾力と柔らかさがたまりません。

一度、型に入れて冷凍し、それをカットして解凍するのだそう。

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『カラダで覚える英語の会』のレッスン中。


”いざという時に堂々と話せる英語を楽しくカラダで覚えましょう”がコンセプト。
好奇心旺盛・チャレンジ精神旺盛な小川洋子さんの
長い海外生活での豊富なおもしろエピソードを題材に、
”読む・書く”英語から”聴く・話す”英語を体感しましょう。
ネイティブスピーカーならではの表現や使い方も教わります。
洋子さん専門のアロマ・呼吸法を取り入れ、リラックスしながら楽しいレッスンを!
毎回、一回完結の内容です。
単発でも連続でもご参加いただけます。
英語が全く苦手という方対象の初級クラス、
英語で日常会話をもっと流暢にという方対象の中級クラスの2クラス編成です。

 

次回は、3月4日(水)を予定しています。

参加ご希望の方はご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:28 |
コメント
コメントする









home1.jpg

home2.jpg


facebook

instagram



    gallery ten 営業カレンダー
    営業時間 12:00〜17:00
  gallery ten 営業カレンダー
    ※カフェの営業は
      ギャラリー営業日と同じです。
    ※詳細は、HPでご確認ください。


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
BLOG CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Tinyknotsのギャッベ & ”はなう”小島祥シェフの『スペシャルランチ』 & 本日『楽々日本史の会』
    ten (01/10)
  • Tinyknotsのギャッベ & ”はなう”小島祥シェフの『スペシャルランチ』 & 本日『楽々日本史の会』
    クラモチ ユミコ (01/10)
  • ワイン会@gallery ten のおしらせ
    ten (11/21)
  • ワイン会@gallery ten のおしらせ
    坂口純子 (11/21)
  • ワイン会@gallery ten のおしらせ
    ten (11/12)
  • ワイン会@gallery ten のおしらせ
    西尾修一 (11/12)
  • 『motif』展 & 本日『薬膳料理教室の会』 & 明日『カラダで覚える英語の会』 & 昨日の”merle”『メンチカツランチ』 
    センニン (07/10)
  • 『motif』展 & 本日『kiredo kitchen』 & 明日『merleのメンチカツランチ・テイクアウト』
    センニン (07/08)
  • 『nostalgia』展 本日最終日! & 本日 小野高峰さん・桐谷増子さん 在廊!& ”merle"山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 本日『カラダで覚える英語の会』 
    ten (06/16)
  • 『nostalgia』展 本日最終日! & 本日 小野高峰さん・桐谷増子さん 在廊!& ”merle"山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 本日『カラダで覚える英語の会』 
    センニン (06/15)
モバイル
qrcode