ギャラリーテン Daily Alle Colle

gallery ten・店主のblog
<< 高橋朋子さんの金銀彩の作品  & 本日『kiredo kitchen』 & 明日『大人の書の会』 | main | 高橋朋子さんのminamoシリーズ作品 & 木村直人さんの写真作品  & ”はなう”・小島祥シェフの『スペシャルランチ』 >>

戸田晶子さんのオブジェ作品  & ”はなう”・小島祥シェフの『スペシャルランチ』 & 本日『大人の書の会』 & 昨日の『kiredo kitchen』

 

 

 

こんにちは。

 

 

桃の節句。

晴天の爽やかな一日になりそうです。

 

 

 

 

 

 

今月の新企画『KIRARA』展、

3日め。

 

キラキラ眩く輝く磁器とガラス。

美を愛でる春の展覧会をお楽しみください。

 

 

高橋朋子さん

 

高橋朋子さんとは長いおつきあい。

まさに才色兼備を絵に描いたような女性です。

そして朋子作品もしかり。

凛とした美しさの中に知性と品性をはらんでいます。

 

ここのところ、次々と工芸の世界で受賞を重ね、飛ぶ鳥を落とす勢いの朋子さん。

そこから社会的な評価を意識し始め、

自身の学びへの欲求、よりよいものを生み出していくことへの想いが高まったのだそう。

美術館や気になる展覧会にはなるべく足を運び、古美術の鑑賞会などにも通っています。

陶芸の仕事と大きくかけ離れていないけれど、自分の小さな守備範囲を超えて

様々なものを五感で味わう時間が大切だと感じ、忙しいながらもっと外に出る機会を作りたいとのこと。

 

最近、水や光や月などを特に近しいものと感じ、

それらの自然の印象を作品の中にとりこんで制作を続けています。

自分の感覚で楽しく作ること、

その流れで、いろんな金属箔を取り入れる試験や、造形を探る作業に取り組んでいます。

作品ひとつひとつ、丁寧に向き合えるような関わり方をし、

今まで以上にさらによいものにしていきたいと言います。

 

ある人々の空間の中で、または暮らしの中で、そして掌の中で使いながら愛でるものであってほしい。

そんな朋子さんの、見目麗しい器やオブジェやアクセサリーが勢ぞろいします。

ぜひご高覧くださいませ。

 

作家在廊日:1日(日)、8日(日)、14日(土)

 

 

戸田晶子さん

 

体育大学で舞踊を専攻していた戸田晶子さん。

将来はダンサーになろうと思っていました。

卒業後、ダンスをしながらアルバイトをする生活を数年、何か心は満たされず悶々としていたところ、

石の彫刻をしている従妹から「ガラスをやってみたら?」と促され、

早速本屋で関連書を買ってみてビビっとくる。

まずは都内の講座に通い始め、初めて表現物としてのガラスの魅力に引き込まれました。

 

ガラス、特に吹きガラスには、ダンスと同様、身体性を感じると言います。

呼吸、リズム、バランス、力の抑揚、空を切る感覚、カタチへの追及、・・・・・。

美大を出たわけではないけれど、体感として、ダンスとガラスの共通の美意識が妙に腑に落ちる。

やきもの、金属、木、漆、石、石膏、布、・・・・・のあらゆる工芸品の中で、

晶子さんにとってはガラスという素材は、時間や広さを超えた世界観、

もっと言えば宇宙が感じられる素材だったのです。

そして、晶子さんの手によってなされたあまりにも美しい作品をじっと眺めていると

その宇宙に吸い込まれるような気さえします。

 

2年前に工房を築きました。

ガラスの工房は一年のうちの少しの期間以外は24時間ずっと焚き続ける炉を維持していく大変さがあります。

襟を正し気を引き締め、これから突っ走るという意気込みが感じられ、

とびぬけた美を見せてくれることでしょう。

 

作家在廊日:1日(日)、7日(土)、8日(日)、14日(土)

 

 

 

今日は、戸田晶子さんのガラスのオブジェをご紹介します。

今回は使って楽しめるよう、器やアクセサリーもたくさん作っていただきましたが、

晶子作品の象徴とも言えるのは、これらのオブジェです。

 

ずっしり重い。

その小さなカタマリの中には美しい宇宙が存在します。

ずっと見ていても飽きないばかりか、

その中にワープしてしまいそうになります(笑)。

 

ペーパーウェイトとして使えるアイテムでもありますが、

そこに置いているだけで絵になるオブジェです。

 

ひとつだけでも存在感がありますが、

集合体で置くと、そこに無限の世界が広がります。

 

いろんなシリーズが出ておりますが、

今日は、私の独断で好きなシリーズを少しご紹介します。

 

 

黒×クリアのシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀河のようなシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

私の右手のネイルは、今回の晶子作品をイメージして・・・。

 

 

 

 

 

3月1日(日)〜10日(火) 

  ただし2日(月)(kiredo kitchen)・7日(土)(おばんざいランチ)のため、お休みです。

『”はなう”がテンにやってくる!』スペシャルランチ

 

”ホキ美術館”併設のイタリアンレストラン”はなう”のシェフ・小島祥さんによるスペシャルランチ。

 

テンのキッチンにて小島シェフが美味しいお料理を作ってくださいます。

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

12:00〜、13:30〜 各時間帯10〜12名
ご予約をいただいた方優先でお席を確保できますので、お決まりの方はご連絡をください。

また、後半の時間帯のお客様が多い場合、前半のお客様に13:30でお席を譲っていただくことがありますのでご了承願います。

 

 

 

 

 

ランチセット

 

・前菜盛り合わせ

『サーモンのテリーヌ』

『コッパ』

『米ナスのバルサミコマリネ』

『パネッレ』

 

このテリーヌは、今展の朋子さんのキラキラ箔の作品をイメージした小島さんの力作!

 

           ↓↓↓

 

(器:高橋朋子さん)

 

(器:富井貴志さん)

 

 

・スープ

『パッサテッリ イン ブロート』

 

小島さんが作っているコレ、

パン粉×卵×パルミジャーノを練って出したパスタ

スープに浮かべます。

 

 

 

 

(器:坂井千尋さん、内田鋼一さん、井内素さん、三笘修さん)

 

 

・パスタ

 

『ジャガイモのニョッキ・ソレンティーナ』

   or

『ジャガイモのニョッキ・春野菜のクリームソース』

 

今回のパスタは、ソース2択

両方とも食べたい・・・。

 

(器:増田良平さん)

 

(器:戸田晶子さん)

 

(器:田辺京子さん)

 

 

・ドルチェ

『フロマージュブランのムースとオレンジのコンポート』

 

”マロウブルー”というハーブ

化学反応で鮮やかな色に変わります。

今回は、ここから青い色素を取りメレンゲに。

 

 

 

このドルチェは、今展の晶子さんのガラス作品をイメージした小島さんの力作!

 

      ↓↓↓

 

ワイングラスに美しい層

下から

ジンジャーゼリー

カカオクッキー

フロマージュブラン

オレンジのコンポート

メレンゲ

 

 

・コーヒー

 

(器:高橋朋子さん、赤嶺学さん、ラファエルナバスさん)

 

2,500yen

 

 

ご予約いただいた方を優先的にお席を確保いたします。

当日お受けできない場合もありますので、

ランチご希望の方はご連絡ねがいます。

 

本日、お席に余裕があります。

ご希望の方は、今すぐお電話くださいね。

tel:0475-78-3068

 

    12:00〜 13:30〜
1日(日)

はなう

× ×
2日(月) キレド 
3日(火) はなう 
4日(水) はなう 
5日(木) はなう
6日(金) はなう 
7日(土) おばんざい 
8日(日) はなう 
9日(月) はなう
10日(火) はなう

 

 

 

また、小島さん特製のスウィーツも4種類並びます。

 

『苺ムース』

(器:高橋朋子さん)

 

『レモンタルト』

 

『チョコテリーヌ』

(器:中田篤さん)

 

『ミモザケーキ』

(器:サブロウさん)

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『大人の書の会』のレッスン中。

 

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

 

今月は、7日(土)にも開講いたします。

ぜひご参加ください。

また、この日の午後から、月イチ『おばんざいランチ』を提供。

書の会にご参加でランチをご希望の方は、予めご予約ねがいます。

 

 

 

 

 

 

昨日の月イチランチ『kiredo kitchen』報告です。

 

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチ。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

今回は・・・

3月は春を迎える月ですが、野菜で言うと美味しい冬野菜が名残惜しくなる季節。

そんなわけで、食べたら名残惜しくてため息が出るような美味しい冬野菜が満載のメニューにします。

 

ビーツやゴールデンラーパ(黄金カブ)、リーキやちぢみほうれんそうなどの甘味が強い野菜に、

プチヴェールやラディッキオロッソなどの苦味と甘味が同居した野菜まで、

これでもかとたくさん食べていただきました。

キレドでないと出せない味です。

 

 

今月の野菜

 

 

ビーツ

 

プチヴェール

 

ゴールデンラーパ

 

リーキ

 

ちぢみほうれんそう

 

ラディッキオロッソ

 

スティックセニョール

 

キタアカリ

 

 

本日のランチセット

 

・前菜:『ラディッキオロッソとビーツのグリル ルッコラ添え』

 

(器:戸田晶子さん)

 

(器:佐藤尚理さん)

 

(器:小孫哲太郎さん)

 

(器:高橋朋子さん)

 

(器:寺社下景子さん)

 

 

・スープ:『ゴールデンラーパとキタアカリ、リーキとちぢみほうれんそうのズッパ』

 

(器:今井一美さん、坂井千尋さん)

 

(器:堀仁憲さん)

 

 

・パスタ:『プチヴェールとくたくたスティックセニョールのオイルソース』

 

(器:高橋朋子さん)

 

(器:安藤雅信さん)

 

(器:今井一美さん)

 

(器:増田良平さん)

 

 

次回は、4月5日(日)を予定しています。

ぜひクリタさんの渾身の野菜のランチをお楽しみくださいね。

 

 

 

キレドはしばしばメディアに取り上げられていますが、

先週、日テレの番組で特集が放送されたらしく、

その後、すさまじいお問い合わせがあるとのこと。

クリタさんが独立して8年。

年々大躍進していく姿に拍手!

 

 

 

 

 

昨日の夕方、陶芸家の安田裕康さん来店。

腰痛がひどいというクリタさんに、スクワットを教授。

朋子さんとともに。

 

 

 

 

 

明日予定しておりました月イチカルチャー『カラダで覚える英語の会』は、

今月は中止となりました。

 

 

 

 

お雛様の日は

スタッフRのお子ちゃま・みっちーのお誕生日。

8歳、おめでとう!!!

 

 

 

 

 

 

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

| 展覧会 | 11:24 |
コメント
コメントする









home1.jpg

home2.jpg


facebook

instagram



    gallery ten 営業カレンダー
    営業時間 12:00〜17:00
  gallery ten 営業カレンダー
    ※カフェの営業は
      ギャラリー営業日と同じです。
    ※詳細は、HPでご確認ください。


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
BLOG CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • Tinyknotsのギャッベ & ”はなう”小島祥シェフの『スペシャルランチ』 & 本日『楽々日本史の会』
    ten (01/10)
  • Tinyknotsのギャッベ & ”はなう”小島祥シェフの『スペシャルランチ』 & 本日『楽々日本史の会』
    クラモチ ユミコ (01/10)
  • ワイン会@gallery ten のおしらせ
    ten (11/21)
  • ワイン会@gallery ten のおしらせ
    坂口純子 (11/21)
  • ワイン会@gallery ten のおしらせ
    ten (11/12)
  • ワイン会@gallery ten のおしらせ
    西尾修一 (11/12)
  • 『motif』展 & 本日『薬膳料理教室の会』 & 明日『カラダで覚える英語の会』 & 昨日の”merle”『メンチカツランチ』 
    センニン (07/10)
  • 『motif』展 & 本日『kiredo kitchen』 & 明日『merleのメンチカツランチ・テイクアウト』
    センニン (07/08)
  • 『nostalgia』展 本日最終日! & 本日 小野高峰さん・桐谷増子さん 在廊!& ”merle"山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 本日『カラダで覚える英語の会』 
    ten (06/16)
  • 『nostalgia』展 本日最終日! & 本日 小野高峰さん・桐谷増子さん 在廊!& ”merle"山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 本日『カラダで覚える英語の会』 
    センニン (06/15)
モバイル
qrcode