ギャラリーテン Daily Alle Colle

gallery ten・店主のblog

『passione』展 小泊良さんの飯碗 & ”蔵精”シェフ・ばんちゃんの『季節の彩りカレー』 本日まで! & 本日『大人の書の会』 & 明日16時閉店します!

 

 

こんにちは。

 

 

今日も夏のような日差しがまぶしく、

そして暑い・・・。(汗)

 

 

 

いつもテンの玄関に飾っているリュウビンタイ。

どんどん新芽が出てきて育つ育つ。

 

 

 

 

 

 

今月の新企画『passione』展、7日め。

 

掛井五郎さんの熱 × 小泊良さんの熱

ぶつかり合い、同調し合い、

熱い熱い熱が発せられる展覧会になればと思います。

 

 

掛井五郎さん

 

来年90歳になられる掛井五郎さんの作品からほとばしるパワーには驚きの連続。

静岡で生まれた掛井さんは、絵の上手だったお兄様の影響もあり、

東京藝術大学にて彫刻を学ばれました。

以降、70年近くずっとずっと精力的に創作を続けておられます。

錚々たる芸術家とともに日本のアート界を牽引してこられた大御所ともいえる方ですが、

謙虚でにこやかで自然体。

 

掛井さんのアトリエやご自宅には所せましと壁にも床にも多くのアートにあふれています。

ブロンズの彫刻や油彩画もさることながら、

菓子箱やトイレットペーパーの芯がユニークに変身した作品に目を奪われる。

壁にかかっている絵も、カレンダーの裏に描かれていたり、

暮らしの中にある身近なものが画材となるのです。

なんと以前私が手土産にお持ちしたものの外箱と包装紙がアートに化けてプレゼントされ、大感激!

掛井さんの手から生み出された全ての作品に、

大人たちがとっくの昔に失ってしまったピュアで生き生きとした情熱が息づく。

どの作品も今にも動き出してきそうな躍動感と迫力が感じられます。

そう、それらは”生”。

生きている、ナマである、内から何かが生まれ出る、

・・・そんな感覚をダイレクトに覚えます。

掛井さんは食欲旺盛なのだそう。

きっとそれもご自身の”生(元気)”の源となっているのでしょう。

 

今回、彫刻、版画、ドローイング、ブローチ、作品集など、

掛井五郎さんのあらゆる作品の一端を展開いたします。

2年前、五郎さんのご長男・隆夫さんが財団を立ち上げられ、

膨大な作品の管理や展示手配を。

初日は隆夫さんが在廊され、お父様のことなどのお話を伺えますので、ぜひおいでくださいませ。

 

在廊日:1日(日)

 

 

 

小泊良さん

 

静岡出身、沖縄在住の小泊良さん。

年々活躍の場を広げ、いまや国内外でひっぱりだこの小泊さん。

その人気の理由を私なりに分析すると・・・・・。

絶妙な絵のテンポとバランスと間、造形美、潔いシンプルな線、

コッテリしているけど後味よし、器としての安定感、色彩、

・・・・・と、作為のない作為が、私たちのカラダに心地よくスッと入ってくるのだと考えます。

 

小泊さんはいつ会ってもテンションが平らだ。

でも内に秘めたる熱いものが感じられる。

発表の場がものすごい勢いで増えてきているのに比例して、

それぞれの展覧会で必ず出される新作も増えます。

絶えず新しいものを作りたいという小泊さんから常にフツフツと湧き上がってくる何か。

アイデアなのか経験なのか元々持ち合わせた能力なのか・・・・・。

もちろんそれらもあるのでしょうが、そもそも器に絵を描き始めたきっかけは、お子さんの絵本だそう。

子ども向けの明解で単純な絵が、小泊さんの手にかかるとたちまちクールな魅力に昇華する。

アトリエに行った際、出されたお茶とお菓子。

カップは小泊さん作、小皿は息子さん作。

息子さんの皿は何の違和感もなく、そこに描かれた絵は確かに小泊イズムでした。

二人の絵は、独自の空気を放っていて互いに溶け合っていることを目の当たりにし興味深く見入ったのでした。

テンでは3回めの小泊展。

今回はどんなおもしろいものが見られるのか楽しみでしかたがありません。

 

在廊日:1日(日)

 

 

 

今日は、小泊さんの飯碗をご紹介いたします。

飯碗は日常的によく使う器ですね。

しかも手で持ち上げて使う器。

食事の際、テーブルに置いたり手に持ったりテーブルに置いたり手に持ったりと、

何度も動作を繰り返して使う器が飯碗。

すっと片手で持って、すっと置く動作がスムーズにできることは用の器としては大切な要素。

触感、サイズ感、安心感、重量感、なども大切ですね。

 

さて、小泊さんの飯碗はと言うと、

これらの条件が全て満たされていると思います。

先日のブログで、私の個人的な意見として、

小泊さんの作品が”ネオ民芸”だと申しました。

 

ただ使い勝手がよいというだけではなく、

そこに小泊さんの色遣いや絵柄や造形の魅力が加わるのだからサイキョー!な訳です。

そんな器を毎日毎日使って楽しめることって

豊かな気持ちで美味しいものをよりおいしくいただけると思いませんか。

 

ぜひ、実物をお手にとってみてくださいね。

4860yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月の月替わり期間限定カレーランチ は『季節の彩りカレー』

 

大多喜町の名店”蔵精”のシェフ・ばんちゃんの渾身のカレーが登場!

 

トマトはロースト、

玉ねぎはステーキでシャキシャキ感を残します。

ピーマンは網焼き、

茄子は蒸して、

人参は粗おろしで熟成酒粕と炒め煮。

 

それぞれの旨みを引き出し一皿にまとめられています。

水をほとんど使わず小麦粉も使っていませんので、

あっさりと食べやすく、素材の味がストレートに伝わります。

冷凍せずにご提供するので、具財の風味と食感が生きています。

テン初の冷たいカレーです!

 

付け合わせは『自然発酵オーガニック豆乳ヨーグルト』。

そのまま食べても美味しいですが、

カレーにかけるとマイルドながらも奥行のある味わいになります。

 

 

ランチ期間 9月1日(日)〜7日(土)

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

今回のカレーランチの提供は本日最終日です!

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『大人の書の会』のレッスン中。

 

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

 

今日はカフェの席いっぱいのみなさんが書に取り組んでおられます。

 

 

 

Kさん、ご自宅で写経をしてこられました。

美しい! スバラシイ!

 

 

 

 

 

 

さて、明後日9日(月)は、

月イチランチ 『kiredo kitchen』の日。 

 
世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

今月の目玉は、宿儺(すくな)かぼちゃです。

今まで育ててきたカボチャの中でもホクホク型のかぼちゃでは王様だとクリタさん曰く。

甘みが強く風味もよく、ハラペーニョと合わせるととても美味しいです。

 

 

 

パスタはサンマルツァーノをふんだんに使ったポモドーロ。

ひもなすという炒め物がとても美味しい茄子を使って作ります。

キレドでなければなかなか食べられないのだそう。

 

 

 

12:00〜、13:30〜 各時間帯10〜15名
ご予約をいただいた方優先でお席を確保できますので、お決まりの方はご連絡をくださいね。

 

ランチセット(前菜・スープ・パスタ・コーヒー):1,500yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8日(日)は、都合により16時に閉店いたします。

どうぞご了承くださいませ。

 

 

 

 

楽しい週末をお過ごしくださいませ。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:22 |

『passione』展 掛井五郎さんの版画 & ”蔵精”シェフ・ばんちゃんの『季節の彩りカレー』 明日まで! & 本日『楽々日本史の会』 & 明日『大人の書の会』

 

 

 

こんにちは。

 

 

今日は暑いです・・・。(汗)

 

 

 

Sさんのお庭に咲いていたシュウメイギクをいただきました。

ウチのはまだ咲きそうもありませんが、品があり、大好きな花です。

 

 

 

 

 

今月の新企画『passione』展、6日め。

 

掛井五郎さんの熱 × 小泊良さんの熱

ぶつかり合い、同調し合い、

熱い熱い熱が発せられる展覧会になればと思います。

 

 

掛井五郎さん

 

来年90歳になられる掛井五郎さんの作品からほとばしるパワーには驚きの連続。

静岡で生まれた掛井さんは、絵の上手だったお兄様の影響もあり、

東京藝術大学にて彫刻を学ばれました。

以降、70年近くずっとずっと精力的に創作を続けておられます。

錚々たる芸術家とともに日本のアート界を牽引してこられた大御所ともいえる方ですが、

謙虚でにこやかで自然体。

 

掛井さんのアトリエやご自宅には所せましと壁にも床にも多くのアートにあふれています。

ブロンズの彫刻や油彩画もさることながら、

菓子箱やトイレットペーパーの芯がユニークに変身した作品に目を奪われる。

壁にかかっている絵も、カレンダーの裏に描かれていたり、

暮らしの中にある身近なものが画材となるのです。

なんと以前私が手土産にお持ちしたものの外箱と包装紙がアートに化けてプレゼントされ、大感激!

掛井さんの手から生み出された全ての作品に、

大人たちがとっくの昔に失ってしまったピュアで生き生きとした情熱が息づく。

どの作品も今にも動き出してきそうな躍動感と迫力が感じられます。

そう、それらは”生”。

生きている、ナマである、内から何かが生まれ出る、

・・・そんな感覚をダイレクトに覚えます。

掛井さんは食欲旺盛なのだそう。

きっとそれもご自身の”生(元気)”の源となっているのでしょう。

 

今回、彫刻、版画、ドローイング、ブローチ、作品集など、

掛井五郎さんのあらゆる作品の一端を展開いたします。

2年前、五郎さんのご長男・隆夫さんが財団を立ち上げられ、

膨大な作品の管理や展示手配を。

初日は隆夫さんが在廊され、お父様のことなどのお話を伺えますので、ぜひおいでくださいませ。

 

在廊日:1日(日)

 

 

 

小泊良さん

 

静岡出身、沖縄在住の小泊良さん。

年々活躍の場を広げ、いまや国内外でひっぱりだこの小泊さん。

その人気の理由を私なりに分析すると・・・・・。

絶妙な絵のテンポとバランスと間、造形美、潔いシンプルな線、

コッテリしているけど後味よし、器としての安定感、色彩、

・・・・・と、作為のない作為が、私たちのカラダに心地よくスッと入ってくるのだと考えます。

 

小泊さんはいつ会ってもテンションが平らだ。

でも内に秘めたる熱いものが感じられる。

発表の場がものすごい勢いで増えてきているのに比例して、

それぞれの展覧会で必ず出される新作も増えます。

絶えず新しいものを作りたいという小泊さんから常にフツフツと湧き上がってくる何か。

アイデアなのか経験なのか元々持ち合わせた能力なのか・・・・・。

もちろんそれらもあるのでしょうが、そもそも器に絵を描き始めたきっかけは、お子さんの絵本だそう。

子ども向けの明解で単純な絵が、小泊さんの手にかかるとたちまちクールな魅力に昇華する。

アトリエに行った際、出されたお茶とお菓子。

カップは小泊さん作、小皿は息子さん作。

息子さんの皿は何の違和感もなく、そこに描かれた絵は確かに小泊イズムでした。

二人の絵は、独自の空気を放っていて互いに溶け合っていることを目の当たりにし興味深く見入ったのでした。

テンでは3回めの小泊展。

今回はどんなおもしろいものが見られるのか楽しみでしかたがありません。

 

在廊日:1日(日)

 

 

 

今日は、掛井五郎さんの版画をご紹介します。

掛井さんは彫刻家でいらっしゃいますが、

彫刻作品以外にもいろんなジャンルの作品があります。

今回、版画をたくさん出展しています。

平面の中から、大きな空間、世界が感じられます。

 

 

今日は私が個人的に好きなベスト3を発表します。

フレームのアクリル面に光が写り込んで見づらくてすみません。

ぜひ実物をご覧ください。

 

 

第一位 『眼球』

 

前面にドーンとダイナミックな顔。

線というよりは面のような勢いのある顔の輪郭と

スゴい眼光。

この迷いのない潔いのある一筆書きのような線に惚れました♡

 

制作年:1986年

H:62.0cm、W:42.0cm

技法:ソフトグランドエッチング、サルファチント

 

 

 

 

 

第二位 『花と影』

 

セピア色の画面に、

細く繊細な線の花と市松模様の床。

カーネーションの花から、花の精のような影が落ちる。

何とも言えない雰囲気につつまれています。

 

制作年:1987年

H:42.0cm、W:29.5cm

技法:エッチング、スピットバイト 2色刷


 

 

 

 

 

第三位 『バラ』

 

平面作品ですが、私には鉄でできた立体のバラに見えます。

すっくと伸びた茎の上にポッテリとグルグル巻かれた花びら。

その足元に、カエルのようなもの、犬のようなもの、ヘビのようなものがいます。

生きとし生けるものたちが、

この濃いグレージュの背景の中、活力を帯びています。

大きな作品です。

 

制作年:1990年

H:89.5cm、W:41.5cm

技法:コラグラフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月の月替わり期間限定カレーランチ は『季節の彩りカレー』

 

大多喜町の名店”蔵精”のシェフ・ばんちゃんの渾身のカレーが登場!

 

トマトはロースト、

玉ねぎはステーキでシャキシャキ感を残します。

ピーマンは網焼き、

茄子は蒸して、

人参は粗おろしで熟成酒粕と炒め煮。

 

それぞれの旨みを引き出し一皿にまとめられています。

水をほとんど使わず小麦粉も使っていませんので、

あっさりと食べやすく、素材の味がストレートに伝わります。

冷凍せずにご提供するので、具財の風味と食感が生きています。

テン初の冷たいカレーです!

 

付け合わせは『自然発酵オーガニック豆乳ヨーグルト』。

そのまま食べても美味しいですが、

カレーにかけるとマイルドながらも奥行のある味わいになります。

 

 

ランチ期間 9月1日(日)〜7日(土)

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

今回のカレーランチは明日が最終日です!

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

ただいま、炊飯中。

水牛の鼻から蒸気がシューっ。

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『楽々日本史の会』の講義中です。

 

大人の教養として、もう一度日本史を学んでみませんか。
今と未来を意識した日本史の講義。

今回のテーマは、

”文明開化から自由民権運動へ”

知の広がり、生活の西洋化、そして民権意識の高まりへ。

 

来月の日本史の会は、10月4日(金)です。

ぜひご参加くださいね。

 

 

 

 

 

明日は、月イチカルチャー『大人の書の会』の日です。

 

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

 

参加ご希望の方は本日17時までにご連絡願います。

 

 

 

 

 

さて、9日(月)は、

月イチランチ 『kiredo kitchen』の日。 

 
世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

今月の目玉は、宿儺(すくな)かぼちゃです。

今まで育ててきたカボチャの中でもホクホク型のかぼちゃでは王様だとクリタさん曰く。

甘みが強く風味もよく、ハラペーニョと合わせるととても美味しいです。

 

 

 

パスタはサンマルツァーノをふんだんに使ったポモドーロ。

ひもなすという炒め物がとても美味しい茄子を使って作ります。

キレドでなければなかなか食べられないのだそう。

 

 

 

12:00〜、13:30〜 各時間帯10〜15名
ご予約をいただいた方優先でお席を確保できますので、お決まりの方はご連絡をくださいね。

 

ランチセット(前菜・スープ・パスタ・コーヒー):1,500yen

 

 

 

 

 

 

 

今日も眠たそうなケロッピがいました♪

 

 

 

 

 

 

8日(日)は、都合により16時に閉店いたします。

どうぞご了承くださいませ。

 

 

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:45 |

『passione』展 小泊良さんの浅鉢 & ”蔵精”シェフ・ばんちゃんの『季節の彩りカレー』 & 明日『楽々日本史の会』

 

 

こんにちは。

 

 

8月の猛暑を思うと少しずつ過ごしやすくなってきていますね。

 

 

 

コムラサキの実が色づき始めてきました。

 

 

 

今朝のケロッピは眠そうでした。

 

 

 

 

 

 

今月の新企画『passione』展、5日め。

 

掛井五郎さんの熱 × 小泊良さんの熱

ぶつかり合い、同調し合い、

熱い熱い熱が発せられる展覧会になればと思います。

 

 

掛井五郎さん

 

来年90歳になられる掛井五郎さんの作品からほとばしるパワーには驚きの連続。

静岡で生まれた掛井さんは、絵の上手だったお兄様の影響もあり、

東京藝術大学にて彫刻を学ばれました。

以降、70年近くずっとずっと精力的に創作を続けておられます。

錚々たる芸術家とともに日本のアート界を牽引してこられた大御所ともいえる方ですが、

謙虚でにこやかで自然体。

 

掛井さんのアトリエやご自宅には所せましと壁にも床にも多くのアートにあふれています。

ブロンズの彫刻や油彩画もさることながら、

菓子箱やトイレットペーパーの芯がユニークに変身した作品に目を奪われる。

壁にかかっている絵も、カレンダーの裏に描かれていたり、

暮らしの中にある身近なものが画材となるのです。

なんと以前私が手土産にお持ちしたものの外箱と包装紙がアートに化けてプレゼントされ、大感激!

掛井さんの手から生み出された全ての作品に、

大人たちがとっくの昔に失ってしまったピュアで生き生きとした情熱が息づく。

どの作品も今にも動き出してきそうな躍動感と迫力が感じられます。

そう、それらは”生”。

生きている、ナマである、内から何かが生まれ出る、

・・・そんな感覚をダイレクトに覚えます。

掛井さんは食欲旺盛なのだそう。

きっとそれもご自身の”生(元気)”の源となっているのでしょう。

 

今回、彫刻、版画、ドローイング、ブローチ、作品集など、

掛井五郎さんのあらゆる作品の一端を展開いたします。

2年前、五郎さんのご長男・隆夫さんが財団を立ち上げられ、

膨大な作品の管理や展示手配を。

初日は隆夫さんが在廊され、お父様のことなどのお話を伺えますので、ぜひおいでくださいませ。

 

在廊日:1日(日)

 

 

 

小泊良さん

 

静岡出身、沖縄在住の小泊良さん。

年々活躍の場を広げ、いまや国内外でひっぱりだこの小泊さん。

その人気の理由を私なりに分析すると・・・・・。

絶妙な絵のテンポとバランスと間、造形美、潔いシンプルな線、

コッテリしているけど後味よし、器としての安定感、色彩、

・・・・・と、作為のない作為が、私たちのカラダに心地よくスッと入ってくるのだと考えます。

 

小泊さんはいつ会ってもテンションが平らだ。

でも内に秘めたる熱いものが感じられる。

発表の場がものすごい勢いで増えてきているのに比例して、

それぞれの展覧会で必ず出される新作も増えます。

絶えず新しいものを作りたいという小泊さんから常にフツフツと湧き上がってくる何か。

アイデアなのか経験なのか元々持ち合わせた能力なのか・・・・・。

もちろんそれらもあるのでしょうが、そもそも器に絵を描き始めたきっかけは、お子さんの絵本だそう。

子ども向けの明解で単純な絵が、小泊さんの手にかかるとたちまちクールな魅力に昇華する。

アトリエに行った際、出されたお茶とお菓子。

カップは小泊さん作、小皿は息子さん作。

息子さんの皿は何の違和感もなく、そこに描かれた絵は確かに小泊イズムでした。

二人の絵は、独自の空気を放っていて互いに溶け合っていることを目の当たりにし興味深く見入ったのでした。

テンでは3回めの小泊展。

今回はどんなおもしろいものが見られるのか楽しみでしかたがありません。

 

在廊日:1日(日)

 

 

 

今日は、小泊さんの浅鉢をご紹介します。

小泊さんの作風は、一貫した小泊イズムが芯にありながらも多様性あり。

今日ご紹介する作品は、

ネオ民芸とでも言いましょうか(私見ですが)、

洗練とアート性を備えた民芸の器だと考えます。

 

食材を盛ってこそ命が吹き込まれる器ですが、

小泊さんの器にはそれそのものの絶大な魅力があり、

その器に盛られた食材の魅力をも不思議な力で押し上げる。

上手く表現できないのですが、

日常づかいの器が食卓のグレードを高くし、

その食卓を囲む家族や友人たちに熱い飽和気分をもたらすような気がします。

 

このシリーズは、特に、

今展のお相手・掛井五郎さんの作品にも通ずるところがあると感じています。

実は当初、掛井さんは大変大御所でいらっしゃるので、個展しかやらないと断られてしまっていたのですが、

掛井さん×小泊さんの2人展をどうしても企画したく、ゴネまくって承諾していただき、

今展にこぎつけました。

ご覧になるみなさんには、このお二人の作品が互いに行き交う感覚を受け取っていただきたいと思っています。

 

大:φ21.5cm 9720yen

小:φ16cm 4860yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月の月替わり期間限定カレーランチ は『季節の彩りカレー』

 

大多喜町の名店”蔵精”のシェフ・ばんちゃんの渾身のカレーが登場!

 

トマトはロースト、

玉ねぎはステーキでシャキシャキ感を残します。

ピーマンは網焼き、

茄子は蒸して、

人参は粗おろしで熟成酒粕と炒め煮。

 

それぞれの旨みを引き出し一皿にまとめられています。

水をほとんど使わず小麦粉も使っていませんので、

あっさりと食べやすく、素材の味がストレートに伝わります。

冷凍せずにご提供するので、具財の風味と食感が生きています。

テン初の冷たいカレーです!

 

付け合わせは『自然発酵オーガニック豆乳ヨーグルト』。

そのまま食べても美味しいですが、

カレーにかけるとマイルドながらも奥行のある味わいになります。

 

 

ランチ期間 9月1日(日)〜7日(土)

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

さて、明日は、月イチカルチャー『楽々日本史の会』の日です。

 

大人の教養として、もう一度日本史を学んでみませんか。
今と未来を意識した日本史の講義。

今回のテーマは、

”文明開化から自由民権運動へ”

知の広がり、生活の西洋化、そして民権意識の高まりへ。

講師:齋藤永良さん
会費:1500円 
参加ご希望の方は、本日17時までにご連絡ねがいます。

 

 

 

 

 

 

 

8月の長い夏休みの間、ダラダラ過ごしていたので、

9月1日から突然忙しくなり、カラダがついていかず・・・。(汗)

ここ数日、しんどくてたまりません。

 

ですが、昨夜は気合を入れてスイミングに。

ありったけの体力を使いはたし、廃人のようになって帰宅。

 

 

 

そして、今朝は英会話のレッスンにも行く。

ドMになってがんばる自分がイタくて愛おしい。(苦笑)

 

 

 

最近お気に入りのお笑い芸人”和牛”のLINEスタンプ。

コレ、水田さんのめんどくさい長ーい音声が出ます。(笑)

川西:まぁ、がんばっていきましょー 言うてやってますけども。

水田:え、がんばっていきましょ って言うた?

 いや、がんばっていきましょ って言うてやってますけどもって言うたら

 その前にがんばっていきましょって言ってなかったらおかしいやん。

 

 

 

 

 

 

 

 

8日(日)は、都合により16時に閉店いたします。

どうぞご了承くださいませ。

 

 

 

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:49 |

『passione』展 掛井五郎さんのドローイング & ”蔵精”シェフ・ばんちゃんの『季節の彩りカレー』 & 本日『カラダで覚える英語の会』

 

 

こんにちは。

 

 

 

今日は曇り空。

暑さがずいぶん和らいでいます。ほっ。

 

 

 

 

 

 

今月の新企画『passione』展、4日め。

 

掛井五郎さんの熱 × 小泊良さんの熱

ぶつかり合い、同調し合い、

熱い熱い熱が発せられる展覧会になればと思います。

 

 

掛井五郎さん

 

来年90歳になられる掛井五郎さんの作品からほとばしるパワーには驚きの連続。

静岡で生まれた掛井さんは、絵の上手だったお兄様の影響もあり、

東京藝術大学にて彫刻を学ばれました。

以降、70年近くずっとずっと精力的に創作を続けておられます。

錚々たる芸術家とともに日本のアート界を牽引してこられた大御所ともいえる方ですが、

謙虚でにこやかで自然体。

 

掛井さんのアトリエやご自宅には所せましと壁にも床にも多くのアートにあふれています。

ブロンズの彫刻や油彩画もさることながら、

菓子箱やトイレットペーパーの芯がユニークに変身した作品に目を奪われる。

壁にかかっている絵も、カレンダーの裏に描かれていたり、

暮らしの中にある身近なものが画材となるのです。

なんと以前私が手土産にお持ちしたものの外箱と包装紙がアートに化けてプレゼントされ、大感激!

掛井さんの手から生み出された全ての作品に、

大人たちがとっくの昔に失ってしまったピュアで生き生きとした情熱が息づく。

どの作品も今にも動き出してきそうな躍動感と迫力が感じられます。

そう、それらは”生”。

生きている、ナマである、内から何かが生まれ出る、

・・・そんな感覚をダイレクトに覚えます。

掛井さんは食欲旺盛なのだそう。

きっとそれもご自身の”生(元気)”の源となっているのでしょう。

 

今回、彫刻、版画、ドローイング、ブローチ、作品集など、

掛井五郎さんのあらゆる作品の一端を展開いたします。

2年前、五郎さんのご長男・隆夫さんが財団を立ち上げられ、

膨大な作品の管理や展示手配を。

初日は隆夫さんが在廊され、お父様のことなどのお話を伺えますので、ぜひおいでくださいませ。

 

在廊日:1日(日)

 

 

 

小泊良さん

 

静岡出身、沖縄在住の小泊良さん。

年々活躍の場を広げ、いまや国内外でひっぱりだこの小泊さん。

その人気の理由を私なりに分析すると・・・・・。

絶妙な絵のテンポとバランスと間、造形美、潔いシンプルな線、

コッテリしているけど後味よし、器としての安定感、色彩、

・・・・・と、作為のない作為が、私たちのカラダに心地よくスッと入ってくるのだと考えます。

 

小泊さんはいつ会ってもテンションが平らだ。

でも内に秘めたる熱いものが感じられる。

発表の場がものすごい勢いで増えてきているのに比例して、

それぞれの展覧会で必ず出される新作も増えます。

絶えず新しいものを作りたいという小泊さんから常にフツフツと湧き上がってくる何か。

アイデアなのか経験なのか元々持ち合わせた能力なのか・・・・・。

もちろんそれらもあるのでしょうが、そもそも器に絵を描き始めたきっかけは、お子さんの絵本だそう。

子ども向けの明解で単純な絵が、小泊さんの手にかかるとたちまちクールな魅力に昇華する。

アトリエに行った際、出されたお茶とお菓子。

カップは小泊さん作、小皿は息子さん作。

息子さんの皿は何の違和感もなく、そこに描かれた絵は確かに小泊イズムでした。

二人の絵は、独自の空気を放っていて互いに溶け合っていることを目の当たりにし興味深く見入ったのでした。

テンでは3回めの小泊展。

今回はどんなおもしろいものが見られるのか楽しみでしかたがありません。

 

在廊日:1日(日)

 

 

 

今日は、掛井五郎さんのドローイング作品をご紹介します。

今回、いろんな作品を展開しているのですが、私が最も惹かれるのがコレ。

この作品はもともと出展される予定ではなかったのですが、

掛井さんのアトリエに伺った2回、

壁にかかっていたこの絵が好きで好きで、今回出していただけるようお願いしてみました。

 

理屈ではないのです。

スキ!

描きなぐったようなキュルキュルの髪、

ガマガエルのような大きな目と口のインパクト大の顔、

ダイナミックでマットな黒のカラダの輪郭と服、

黄色と黒のコントラスト、

・・・・・

ひとめぼれでした。

 

額装されて、前面のアクリルが光を反射して上手く写真が撮れません。

絵は平面なのですが、ドンと突き出してくるような立体のように見えます。

この迫力、ぜひ実物をご覧になってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月の月替わり期間限定カレーランチ は『季節の彩りカレー』

 

大多喜町の名店”蔵精”のシェフ・ばんちゃんの渾身のカレーが登場!

 

トマトはロースト、

玉ねぎはステーキでシャキシャキ感を残します。

ピーマンは網焼き、

茄子は蒸して、

人参は粗おろしで熟成酒粕と炒め煮。

 

それぞれの旨みを引き出し一皿にまとめられています。

水をほとんど使わず小麦粉も使っていませんので、

あっさりと食べやすく、素材の味がストレートに伝わります。

冷凍せずにご提供するので、具財の風味と食感が生きています。

テン初の冷たいカレーです!

 

付け合わせは『自然発酵オーガニック豆乳ヨーグルト』。

そのまま食べても美味しいですが、

カレーにかけるとマイルドながらも奥行のある味わいになります。

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『カラダで覚える英語の会』のレッスン中。


”いざという時に堂々と話せる英語を楽しくカラダで覚えましょう”がコンセプト。
好奇心旺盛・チャレンジ精神旺盛な小川洋子さんの
長い海外生活での豊富なおもしろエピソードを題材に、
”読む・書く”英語から”聴く・話す”英語を体感しましょう。
ネイティブスピーカーならではの表現や使い方も教わります。
洋子さん専門のアロマ・呼吸法を取り入れ、リラックスしながら楽しいレッスンを!
毎回、一回完結の内容です。
単発でも連続でもご参加いただけます。
英語が全く苦手という方対象の初級クラス、
英語で日常会話をもっと流暢にという方対象の中級クラスの2クラス編成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、帰宅した時、

ケロッピが門の閂の上にチョコンと座っていました。

カラダの色がちょっと濃い色に。

 

 

そして、玄関の壁には、

いつものヤモっちゃんも♡

最近、ヤモっちゃんのおチビもたまにいます。

 

今朝も、若干色が濃くなったケロッピがいました♪

 

 

 

 

 

8日(日)は、都合により16時に閉店いたします。

どうぞご了承くださいませ。

 

 

 

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:18 |

『passione』展 & ”蔵精”シェフ・ばんちゃんの『季節の彩りカレー』 & 本日『大人の書の会』 & 明日『カラダで覚える英語の会』

 

 

 

こんにちは。

 

 

今日も暑いです・・・。(汗)

 

 

 

今朝、家を出たら、

いたいた♡

 

ケロッピ、最近慣れてきて、

近づいても逃げなくなりました。

しかもこっち見てるし♬

 

 

 

 

 

今月の新企画『passione』展、3日め。

 

掛井五郎さんの熱 × 小泊良さんの熱

ぶつかり合い、同調し合い、

熱い熱い熱が発せられる展覧会になればと思います。

 

 

掛井五郎さん

 

来年90歳になられる掛井五郎さんの作品からほとばしるパワーには驚きの連続。

静岡で生まれた掛井さんは、絵の上手だったお兄様の影響もあり、

東京藝術大学にて彫刻を学ばれました。

以降、70年近くずっとずっと精力的に創作を続けておられます。

錚々たる芸術家とともに日本のアート界を牽引してこられた大御所ともいえる方ですが、

謙虚でにこやかで自然体。

 

掛井さんのアトリエやご自宅には所せましと壁にも床にも多くのアートにあふれています。

ブロンズの彫刻や油彩画もさることながら、

菓子箱やトイレットペーパーの芯がユニークに変身した作品に目を奪われる。

壁にかかっている絵も、カレンダーの裏に描かれていたり、

暮らしの中にある身近なものが画材となるのです。

なんと以前私が手土産にお持ちしたものの外箱と包装紙がアートに化けてプレゼントされ、大感激!

掛井さんの手から生み出された全ての作品に、

大人たちがとっくの昔に失ってしまったピュアで生き生きとした情熱が息づく。

どの作品も今にも動き出してきそうな躍動感と迫力が感じられます。

そう、それらは”生”。

生きている、ナマである、内から何かが生まれ出る、

・・・そんな感覚をダイレクトに覚えます。

掛井さんは食欲旺盛なのだそう。

きっとそれもご自身の”生(元気)”の源となっているのでしょう。

 

今回、彫刻、版画、ドローイング、ブローチ、作品集など、

掛井五郎さんのあらゆる作品の一端を展開いたします。

2年前、五郎さんのご長男・隆夫さんが財団を立ち上げられ、

膨大な作品の管理や展示手配を。

初日は隆夫さんが在廊され、お父様のことなどのお話を伺えますので、ぜひおいでくださいませ。

 

在廊日:1日(日)

 

 

 

小泊良さん

 

静岡出身、沖縄在住の小泊良さん。

年々活躍の場を広げ、いまや国内外でひっぱりだこの小泊さん。

その人気の理由を私なりに分析すると・・・・・。

絶妙な絵のテンポとバランスと間、造形美、潔いシンプルな線、

コッテリしているけど後味よし、器としての安定感、色彩、

・・・・・と、作為のない作為が、私たちのカラダに心地よくスッと入ってくるのだと考えます。

 

小泊さんはいつ会ってもテンションが平らだ。

でも内に秘めたる熱いものが感じられる。

発表の場がものすごい勢いで増えてきているのに比例して、

それぞれの展覧会で必ず出される新作も増えます。

絶えず新しいものを作りたいという小泊さんから常にフツフツと湧き上がってくる何か。

アイデアなのか経験なのか元々持ち合わせた能力なのか・・・・・。

もちろんそれらもあるのでしょうが、そもそも器に絵を描き始めたきっかけは、お子さんの絵本だそう。

子ども向けの明解で単純な絵が、小泊さんの手にかかるとたちまちクールな魅力に昇華する。

アトリエに行った際、出されたお茶とお菓子。

カップは小泊さん作、小皿は息子さん作。

息子さんの皿は何の違和感もなく、そこに描かれた絵は確かに小泊イズムでした。

二人の絵は、独自の空気を放っていて互いに溶け合っていることを目の当たりにし興味深く見入ったのでした。

テンでは3回めの小泊展。

今回はどんなおもしろいものが見られるのか楽しみでしかたがありません。

 

在廊日:1日(日)

 

 

 

今日は、小泊さんの茶碗をご紹介いたします。

飯碗もありますが、今日は抹茶碗です。

 

今回、私が最も惹かれた作品のうちの一つです。

茶碗は作者にとっては大変難しいアイテムとされています。

なぜか。

茶の湯をたしなむ方は、

茶碗として作られているもの以外でも見立てで使われることもあります。

しかし、やはり、そのものの存在感や美しさもさることながら、

使い勝手も要求されるでしょう。

それは、お茶を点てる際の茶筅と器の具合であったり、

季節によっての形状であったり、

手で持ち上げた時のサイズ感や掌とのシックリ感や重みであったり、

いろいろな観点からの条件が満たされることが大切なのでしょう。

ぜひ小泊茶碗を手にとって感じ取ってください。

 

とは言え、

小泊茶碗の魅力は使い勝手云々ではない絶対的なものがあると思います。

写真では伝わりきれません。

ぜひ実物をご覧いただきたいですね。

 

8640yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テンのカフェでは、この茶碗でカプチーノをお出ししています。

他にも小泊さんの器がいくつかありますので、

こちらのヨユウのある時はリクエストにお応えします!

 

 

 

 

 

今月の月替わり期間限定カレーランチ は『季節の彩りカレー』

 

大多喜町の名店”蔵精”のシェフ・ばんちゃんの渾身のカレーが登場!

 

トマトはロースト、

玉ねぎはステーキでシャキシャキ感を残します。

ピーマンは網焼き、

茄子は蒸して、

人参は粗おろしで熟成酒粕と炒め煮。

 

それぞれの旨みを引き出し一皿にまとめられています。

水をほとんど使わず小麦粉も使っていませんので、

あっさりと食べやすく、素材の味がストレートに伝わります。

冷凍せずにご提供するので、具財の風味と食感が生きています。

テン初の冷たいカレーです!

 

付け合わせは『自然発酵オーガニック豆乳ヨーグルト』。

そのまま食べても美味しいですが、

カレーにかけるとマイルドながらも奥行のある味わいになります。

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

今日、蔵精さんがご来店予定。

お二人にも会いにいらしてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、

月イチカルチャー『大人の書の会』のレッスン中。

 

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

 

今月は、7日(土)のクラスもあります。

参加ご希望の方はご連絡願います。

 

 

 

 

 

 

 

また、明日は、月イチカルチャー『カラダで覚える英語の会』の日でう。


”いざという時に堂々と話せる英語を楽しくカラダで覚えましょう”がコンセプト。
好奇心旺盛・チャレンジ精神旺盛な小川洋子さんの
長い海外生活での豊富なおもしろエピソードを題材に、
”読む・書く”英語から”聴く・話す”英語を体感しましょう。
ネイティブスピーカーならではの表現や使い方も教わります。
洋子さん専門のアロマ・呼吸法を取り入れ、リラックスしながら楽しいレッスンを!
毎回、一回完結の内容です。
単発でも連続でもご参加いただけます。
英語が全く苦手という方対象の初級クラス、
英語で日常会話をもっと流暢にという方対象の中級クラスの2クラス編成です。

講師:小川洋子さん
会費:2500円
定員:各会max6名
要予約→各会先着6名まで

 

参加ご希望の方は、本日17時までにご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

先日、掛井さんからいただいたTシャツ、

タイトル『犬も歩けば足の上』(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:33 |

新企画『passione』展 2日め & ”蔵精”シェフ・ばんちゃんの『季節の彩りカレー』 & 明日『大人の書の会』

 

 

こんにちは。

 

 

 

暑いですねぇ・・・。(汗)

早く気温18℃くらいになってほしいです。

 

 

 

クロバナロウバイのツボミ、ふたつ発見♬

 

 

 

 

 

今月の新企画『passione』展、2日め。

 

掛井五郎さんの熱 × 小泊良さんの熱

ぶつかり合い、同調し合い、

熱い熱い熱が発せられる展覧会になればと思います。

 

 

掛井五郎さん

 

来年90歳になられる掛井五郎さんの作品からほとばしるパワーには驚きの連続。

静岡で生まれた掛井さんは、絵の上手だったお兄様の影響もあり、

東京藝術大学にて彫刻を学ばれました。

以降、70年近くずっとずっと精力的に創作を続けておられます。

錚々たる芸術家とともに日本のアート界を牽引してこられた大御所ともいえる方ですが、

謙虚でにこやかで自然体。

 

掛井さんのアトリエやご自宅には所せましと壁にも床にも多くのアートにあふれています。

ブロンズの彫刻や油彩画もさることながら、

菓子箱やトイレットペーパーの芯がユニークに変身した作品に目を奪われる。

壁にかかっている絵も、カレンダーの裏に描かれていたり、

暮らしの中にある身近なものが画材となるのです。

なんと以前私が手土産にお持ちしたものの外箱と包装紙がアートに化けてプレゼントされ、大感激!

掛井さんの手から生み出された全ての作品に、

大人たちがとっくの昔に失ってしまったピュアで生き生きとした情熱が息づく。

どの作品も今にも動き出してきそうな躍動感と迫力が感じられます。

そう、それらは”生”。

生きている、ナマである、内から何かが生まれ出る、

・・・そんな感覚をダイレクトに覚えます。

掛井さんは食欲旺盛なのだそう。

きっとそれもご自身の”生(元気)”の源となっているのでしょう。

 

今回、彫刻、版画、ドローイング、ブローチ、作品集など、

掛井五郎さんのあらゆる作品の一端を展開いたします。

2年前、五郎さんのご長男・隆夫さんが財団を立ち上げられ、

膨大な作品の管理や展示手配を。

初日は隆夫さんが在廊され、お父様のことなどのお話を伺えますので、ぜひおいでくださいませ。

 

在廊日:1日(日)

 

 

 

小泊良さん

 

静岡出身、沖縄在住の小泊良さん。

年々活躍の場を広げ、いまや国内外でひっぱりだこの小泊さん。

その人気の理由を私なりに分析すると・・・・・。

絶妙な絵のテンポとバランスと間、造形美、潔いシンプルな線、

コッテリしているけど後味よし、器としての安定感、色彩、

・・・・・と、作為のない作為が、私たちのカラダに心地よくスッと入ってくるのだと考えます。

 

小泊さんはいつ会ってもテンションが平らだ。

でも内に秘めたる熱いものが感じられる。

発表の場がものすごい勢いで増えてきているのに比例して、

それぞれの展覧会で必ず出される新作も増えます。

絶えず新しいものを作りたいという小泊さんから常にフツフツと湧き上がってくる何か。

アイデアなのか経験なのか元々持ち合わせた能力なのか・・・・・。

もちろんそれらもあるのでしょうが、そもそも器に絵を描き始めたきっかけは、お子さんの絵本だそう。

子ども向けの明解で単純な絵が、小泊さんの手にかかるとたちまちクールな魅力に昇華する。

アトリエに行った際、出されたお茶とお菓子。

カップは小泊さん作、小皿は息子さん作。

息子さんの皿は何の違和感もなく、そこに描かれた絵は確かに小泊イズムでした。

二人の絵は、独自の空気を放っていて互いに溶け合っていることを目の当たりにし興味深く見入ったのでした。

テンでは3回めの小泊展。

今回はどんなおもしろいものが見られるのか楽しみでしかたがありません。

 

在廊日:1日(日)

 

 

 

昨日は、掛井さん、小泊さんがいらっしゃり、

たくさんのお客様や作家さん方が来られ、

にぎやかで慌ただしい一日でした。

 

今回の展覧会のために、

鹿児島や大阪からわざわざおいでいただいた方も。

アタマが下がります・・・。

 

 

 

今日は、掛井五郎さんのブローチをご紹介します。

掛井さんのブロンズの彫刻作品は、とてもとても素晴らしく、

スキだー! ウチに飾りたいー!

と思ったところで、ショミンの私には手が出る金額ではありません。(泣)

 

ですが、掛井さんのアーティスティックなエッセンスをコンパクトに凝縮したもの、

それが”身に着けるアート”のブローチなのです。

胸につけるだけで、一気にオーラをまといます。

これらは、掛井さんが造形したものから型を取り、

その型から鋳造で出された銅の本体にシルバーやゴールドでメッキしたもの。

 

本体は薄く作られており、軽量にできています。

 

裏側には安全ピンがついていて、服やバッグなどにつけられるようになっています。

また、同じく裏側に通し穴もあり、ここにヒモを通してペンダントにもなります。

今回は、テグスで天井から吊ってみたり、額装してみました。

 

 

 

 

 

 

 

現在あるものをザッとご紹介します。

お気に入りを探しにいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月の月替わり期間限定カレーランチ は『季節の彩りカレー』

 

大多喜町の名店”蔵精”のシェフ・ばんちゃんの渾身のカレーが登場!

 

トマトはロースト、

818F229D-B95B-472C-A84D-51691CE01F28

 

D9D34A05-ACC3-4D16-B470-798E472DC2F7

 

玉ねぎはステーキでシャキシャキ感を残します。

 

ピーマンは網焼き、

F2D5EEF2-179C-4A06-8F26-D3FB4A88BD7A

 

茄子は蒸して、

3E46CB54-DB50-4DEE-82B2-CF7CD4AD3EA9

 

人参は粗おろしで熟成酒粕と炒め煮。

7A757611-071C-48E3-8EDA-5150B0D49CB9

 

 

それぞれの旨みを引き出し一皿にまとめられています。

水をほとんど使わず小麦粉も使っていませんので、

あっさりと食べやすく、素材の味がストレートに伝わります。

冷凍せずにご提供するので、具財の風味と食感が生きています。

テン初の冷たいカレーです!

 

付け合わせは『自然発酵オーガニック豆乳ヨーグルト』。

そのまま食べても美味しいですが、

カレーにかけるとマイルドながらも奥行のある味わいになります。

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

↓ 小泊さんの器づくしだー♬

 

 

 

 

 

 

さて、明日は、

月イチカルチャー『大人の書の会』の日です。

 

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

講師:西尾修一さん
会費:2500円
 

参加ご希望の方は、本日17時までにご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

昨日の閉店後、

掛井さん・小泊さんと”はなう”さんに食事に行きました。

掛井さんと小泊さんの2人展をどうしても実現したかったので、

こうしてご縁ができうれしく思います♪

 

 

 

 

 

 

 

ホキ美術館のスペイン展は、昨日が最終日でした。

5日からは新しい展覧会『サンドルフィ展』が始まります。

日本で発表されるのは初めてですが、

かなり斬新で刺激的な絵が見られるようです。

テンに作品集がありますので、ご興味のある方はご覧くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

今日も外は暑いですが、

店内ヒエヒエにしてお待ちしています。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:45 |

新企画『passione』展 本日スタート! & 掛井隆夫さん・小泊良さん在廊! & ”蔵精”シェフ・ばんちゃんの『季節の彩りカレー』

 

 

こんにちは。

 

 

今日から9月。

 

 

 

今朝、家を出る時、

数日ぶりにケロッピがいました。

特に何の根拠もないけれど、

幸先よし♬

 

 

 

 

 

今月の新企画『passione』展、

本日スタートします!

 

掛井五郎さんの熱 × 小泊良さんの熱

ぶつかり合い、同調し合い、

熱い熱い熱が発せられる展覧会になればと思います。

 

 

掛井五郎さん

 

来年90歳になられる掛井五郎さんの作品からほとばしるパワーには驚きの連続。

静岡で生まれた掛井さんは、絵の上手だったお兄様の影響もあり、

東京藝術大学にて彫刻を学ばれました。

以降、70年近くずっとずっと精力的に創作を続けておられます。

錚々たる芸術家とともに日本のアート界を牽引してこられた大御所ともいえる方ですが、

謙虚でにこやかで自然体。

 

掛井さんのアトリエやご自宅には所せましと壁にも床にも多くのアートにあふれています。

ブロンズの彫刻や油彩画もさることながら、

菓子箱やトイレットペーパーの芯がユニークに変身した作品に目を奪われる。

壁にかかっている絵も、カレンダーの裏に描かれていたり、

暮らしの中にある身近なものが画材となるのです。

なんと以前私が手土産にお持ちしたものの外箱と包装紙がアートに化けてプレゼントされ、大感激!

掛井さんの手から生み出された全ての作品に、

大人たちがとっくの昔に失ってしまったピュアで生き生きとした情熱が息づく。

どの作品も今にも動き出してきそうな躍動感と迫力が感じられます。

そう、それらは”生”。

生きている、ナマである、内から何かが生まれ出る、

・・・そんな感覚をダイレクトに覚えます。

掛井さんは食欲旺盛なのだそう。

きっとそれもご自身の”生(元気)”の源となっているのでしょう。

 

今回、彫刻、版画、ドローイング、ブローチ、作品集など、

掛井五郎さんのあらゆる作品の一端を展開いたします。

2年前、五郎さんのご長男・隆夫さんが財団を立ち上げられ、

膨大な作品の管理や展示手配を。

初日は隆夫さんが在廊され、お父様のことなどのお話を伺えますので、ぜひおいでくださいませ。

 

在廊日:1日(日)

 

 

 

小泊良さん

 

静岡出身、沖縄在住の小泊良さん。

年々活躍の場を広げ、いまや国内外でひっぱりだこの小泊さん。

その人気の理由を私なりに分析すると・・・・・。

絶妙な絵のテンポとバランスと間、造形美、潔いシンプルな線、

コッテリしているけど後味よし、器としての安定感、色彩、

・・・・・と、作為のない作為が、私たちのカラダに心地よくスッと入ってくるのだと考えます。

 

小泊さんはいつ会ってもテンションが平らだ。

でも内に秘めたる熱いものが感じられる。

発表の場がものすごい勢いで増えてきているのに比例して、

それぞれの展覧会で必ず出される新作も増えます。

絶えず新しいものを作りたいという小泊さんから常にフツフツと湧き上がってくる何か。

アイデアなのか経験なのか元々持ち合わせた能力なのか・・・・・。

もちろんそれらもあるのでしょうが、そもそも器に絵を描き始めたきっかけは、お子さんの絵本だそう。

子ども向けの明解で単純な絵が、小泊さんの手にかかるとたちまちクールな魅力に昇華する。

アトリエに行った際、出されたお茶とお菓子。

カップは小泊さん作、小皿は息子さん作。

息子さんの皿は何の違和感もなく、そこに描かれた絵は確かに小泊イズムでした。

二人の絵は、独自の空気を放っていて互いに溶け合っていることを目の当たりにし興味深く見入ったのでした。

テンでは3回めの小泊展。

今回はどんなおもしろいものが見られるのか楽しみでしかたがありません。

 

在廊日:1日(日)

 

 

 

本日、掛井隆夫さん・小泊良さんが在廊されます。

ぜひお二人にも会いにいらしてくださいね。

 

 

 

今日は初日ですので、全体の様子をザッとお伝えいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月の月替わり期間限定カレーランチ は『季節の彩りカレー』

 

大多喜町の名店”蔵精”のシェフ・ばんちゃんの渾身のカレーが登場!

 

トマトはロースト、

818F229D-B95B-472C-A84D-51691CE01F28

D9D34A05-ACC3-4D16-B470-798E472DC2F7

 

玉ねぎはステーキでシャキシャキ感を残します。

 

ピーマンは網焼き、

F2D5EEF2-179C-4A06-8F26-D3FB4A88BD7A

 

茄子は蒸して、

3E46CB54-DB50-4DEE-82B2-CF7CD4AD3EA9

 

人参は粗おろしで熟成酒粕と炒め煮。

7A757611-071C-48E3-8EDA-5150B0D49CB9

 

 

それぞれの旨みを引き出し一皿にまとめられています。

水をほとんど使わず小麦粉も使っていませんので、

あっさりと食べやすく、素材の味がストレートに伝わります。

冷凍せずにご提供するので、具財の風味と食感が生きています。

テン初の冷たいカレーです!

 

付け合わせは『自然発酵オーガニック豆乳ヨーグルト』。

そのまま食べても美味しいですが、

カレーにかけるとマイルドながらも奥行のある味わいになります。

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

夏休み気分を一掃し、

よい展覧会になるよう力の限り努めます!

 

ぜひおいでくださいませ。

 

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:10 |

明日 新企画『passione』展 スタート! & ワイン会@”はなう”

 

 

こんばんは。

 

 

 

暑い。

実に暑い・・・。(汗)

 

また暑さがぶり返してきました。(汗)

 

 

 

 

 

 

明日から9月。

 

 

ギャラテン新企画『passione』展、明日スタートします。

初日の明日は、

掛井隆夫さん、小泊良さんが在廊されます。


ぜひぜひいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

今日の夕方は、”蔵精”さんがカレーを持ってきてくださいました。

なんと、蔵精シェフ・ばんちゃん自らの食レポ動画あり♪ →

長年ニューヨークの日本料理店にいらっしゃったので、

私のリクエストで英語版食レポをそのうちアップしてくださるとのことです♪

楽しみ〜!

 

 

 

 

 

 

そして、毎月最終土曜恒例

はなう”さんでのワイン会に行ってきました。

明日から営業再開、

夏休み最後の夜、楽しませていただきました♪

子どもの頃、この日は地獄の一日でした。

夏休みの宿題を必死でやっていたこの日。

はー、大人になってよかったー♪

 

 

本日のワインのラインナップ

 

 

 

(泡)『マルヴァジア ヴィーノ フリッツァンテ ビアンコ セッコ』

カヴィッキオリ(エミリア・ロマーニャ州)

(マルヴァジア)

 

(白)『スピナルバ 2018』

ヴェネア(アブルッツオ州)

(ソーヴィニヨンブラン、シャルドネ)

 

(白)『モマ 2018』

ウンベルト・チェザーリ(エミリア・ロマーニャ州)

(トレッビアーノ、シャルドネ)

 

(赤)『オルネライア・ヌーヴェ 2007』

オルネライア(トスカーナ州)

(カベルネソーヴィニヨン 55%、メルロー 27%、カベルネフラン 14%)

 

(赤)『テッラ 2013』

ボデルヌオーヴォ(ブルガリ家)(トスカーナ州)

(サンジョヴェーゼ、モンテプルチアーノ、メルロー)

 

 

左から

オルネライアのファースト、セカンド、サード

 

 

 

本日のお料理

 

 

『パルマ産生ハム 桃 ブッラータ』

 

 

 

『メランザーネ アッラ パルミジャーナ』

 

 

 

『イカスミのタリオリーニ ズワイガニとルッコラセルバチコ』

 

 

 

『イモ豚肩ロースのオーブン焼き”アリスタ”』

 

 

 

『チョコレートのテリーヌ ウチワサボテンのソルベ』

 

 

今宵は、はなうさんの真ん前にある昭和の森公園で花火大会。

ワイン会の途中、花火に見入りました。

よい一日でした。

 

 

 

 

 

長い夏休みの間、たーくさんパワーチャージしました。

昨日から18連勤、がんばって駆け抜けます!

 

 

 

 

 

明日からの営業、

お待ちしておりまーす!

 

 

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

| 展覧会 | 21:30 |

休日のいろいろ

 

 

こんばんは。

 

 

うっっ、

やっと秋が近づいてきたかと気を許していたら、

今日は暑さが戻りました。(汗)

 

 

 

 

 

今月の営業は1週間のみ。

以降、

仕事したり、映画に行ったり、英語のレッスンに行ったり、

ダラダラ家で過ごしたり、ダラダラしたり、ダラダラしたり、・・・・・。

 

半年以上休んでいたスイミングスクール、

今月復帰し、泳いで泳いで泳ぎまくり、スッキリ痩せてやろうという目論見でした。

が! どういうわけか、スイミングの日に食事の予定が入ることが多く、

結局のところ、 運動≦食べ で、ブクブクしてしまっています。(汗)

 

 

お店等の紹介、記録の意もあり、

私の身となり脂肪となってきたごはんの一部を挙げます。(苦笑)

 

 

 

ある日。

 

テンでツッコミかるた大会を開催。

8人集まり、夜中にかるたや大富豪を楽しみました。

 

 

 

八街の”今ぜき”さんにお弁当を配達していただく。

どれも手の込んだ美味しいお料理が詰まっていました。

 

 

 

 

ある日。

 

夫と映画館に行く前に

カフェのっぽ”さんで美味しいごはん。

 

 

 

 

ある日。

 

Eさんのお宅に招かれ、

心づくしのごちそうをいただきました。

 

 

 

 

ある日。

 

築地へ。

 

 

 

おかみ丼々 和田”さんへ。

テンの書の会でお世話になっている西尾修一さんの

大阪の高校同級生の方の同級生がこちらのおかみさん。

こちらでも書の会を開講。

今月のテンの書の土曜の会の後、その話が出て、

即、みんなで行こうと盛り上がりました。

 

 

 

こだわりのワインやお酒と

こだわりのおばんざい。

8人中5人が土気のご近所さん。

みんなで仲良く電車で帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日。

 

無性にパッタイが食べたくなり、

カポン”さんで一人ランチ。

 

 

 

 

ある日。


テンで作業しつつ宅急便がいつ来てもいいように、

テンの階下にある”さかなや道場”さんで一人ランチ。

 

 

 

 

ある日。

 

東金に最近できた”a.Un(あうん)”さんでお祝いの女子会。

コースのそれぞれのお皿に合うワインをいただく。

 

まずはスパークリングで乾杯。(写真撮り忘れた)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲んで食べておしゃべりして・・・。

え? その金額でいいの? と驚きのリーズナブルプライス♬

運転代行さんを呼んでもらって車で無事帰宅。

 

 

 

ある日。

 

フィンガーフード料理教室"cooking salon saito”さんへ。

私の自宅町内にあるステキなお宅で。

エプロンも筆記用具も忘れる。(苦笑)

そして待望の美味しいごはんを。

 

 

 

 

 

 

”X JAPAN”のYOSHIKIさんのオススメというこのおかき。

なかなか入手しづらいらしいが、

先日、いただきました♪

 

 

 

 

 

 

 

8月も残すところ明日と明後日のみ。

そろそろカラダを仕事モードにしなければ!

 

明日は小泊さんの作品が7パッキン届く予定♬

作業がんばります!

 

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 22:57 |

9月の催しのおしらせ

 

 

こんばんは。

 

 

外からヒグラシの声(音?)がきこえます。

 

 

 

 

 

 

9月の催しのお知らせです。

 

 

 

◎5月1日(水)〜14日(火) 『passione』展

 

掛井五郎さんの熱 × 小泊良さんの熱

ぶつかり合い、同調し合い、

熱い熱い熱が発せられる展覧会になればと思います。

 

 

掛井五郎さん

 

来年90歳になられる掛井五郎さんの作品からほとばしるパワーには驚きの連続。

静岡で生まれた掛井さんは、絵の上手だったお兄様の影響もあり、

東京藝術大学にて彫刻を学ばれました。

以降、70年近くずっとずっと精力的に創作を続けておられます。

錚々たる芸術家とともに日本のアート界を牽引してこられた大御所ともいえる方ですが、

謙虚でにこやかで自然体。

 

掛井さんのアトリエやご自宅には所せましと壁にも床にも多くのアートにあふれています。

ブロンズの彫刻や油彩画もさることながら、

菓子箱やトイレットペーパーの芯がユニークに変身した作品に目を奪われる。

壁にかかっている絵も、カレンダーの裏に描かれていたり、

暮らしの中にある身近なものが画材となるのです。

なんと以前私が手土産にお持ちしたものの外箱と包装紙がアートに化けてプレゼントされ、大感激!

掛井さんの手から生み出された全ての作品に、

大人たちがとっくの昔に失ってしまったピュアで生き生きとした情熱が息づく。

どの作品も今にも動き出してきそうな躍動感と迫力が感じられます。

そう、それらは”生”。

生きている、ナマである、内から何かが生まれ出る、

・・・そんな感覚をダイレクトに覚えます。

掛井さんは食欲旺盛なのだそう。

きっとそれもご自身の”生(元気)”の源となっているのでしょう。

 

今回、彫刻、版画、ドローイング、ブローチ、作品集など、

掛井五郎さんのあらゆる作品の一端を展開いたします。

2年前、五郎さんのご長男・隆夫さんが財団を立ち上げられ、

膨大な作品の管理や展示手配を。

初日は隆夫さんが在廊され、お父様のことなどのお話を伺えますので、ぜひおいでくださいませ。

 

在廊日:1日(日)

 

 

 

小泊良さん

 

静岡出身、沖縄在住の小泊良さん。

年々活躍の場を広げ、いまや国内外でひっぱりだこの小泊さん。

その人気の理由を私なりに分析すると・・・・・。

絶妙な絵のテンポとバランスと間、造形美、潔いシンプルな線、

コッテリしているけど後味よし、器としての安定感、色彩、

・・・・・と、作為のない作為が、私たちのカラダに心地よくスッと入ってくるのだと考えます。

 

小泊さんはいつ会ってもテンションが平らだ。

でも内に秘めたる熱いものが感じられる。

発表の場がものすごい勢いで増えてきているのに比例して、

それぞれの展覧会で必ず出される新作も増えます。

絶えず新しいものを作りたいという小泊さんから常にフツフツと湧き上がってくる何か。

アイデアなのか経験なのか元々持ち合わせた能力なのか・・・・・。

もちろんそれらもあるのでしょうが、そもそも器に絵を描き始めたきっかけは、お子さんの絵本だそう。

子ども向けの明解で単純な絵が、小泊さんの手にかかるとたちまちクールな魅力に昇華する。

アトリエに行った際、出されたお茶とお菓子。

カップは小泊さん作、小皿は息子さん作。

息子さんの皿は何の違和感もなく、そこに描かれた絵は確かに小泊イズムでした。

二人の絵は、独自の空気を放っていて互いに溶け合っていることを目の当たりにし興味深く見入ったのでした。

テンでは3回めの小泊展。

今回はどんなおもしろいものが見られるのか楽しみでしかたがありません。

 

在廊日:1日(日)

 

 

 

 

 

 

◎9月3日(火) 10:00〜12:00
 9月7日(土) 10:00〜12:00 『大人の書の会』vol.55

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

講師:西尾修一さん
会費:2500円
要予約

 

 

 

 

 

◎9月6日(金)10:00〜12:00 『楽々日本史(近・現代史)の会』vol.37

 

大人の教養として、もう一度日本史を学んでみませんか。
今と未来を意識した日本史の講義。

今回のテーマは、

”文明開化から自由民権運動へ”

知の広がり、生活の西洋化、そして民権意識の高まりへ。

講師:齋藤永良さん
会費:1500円 
要予約

 

 

 

 


◎9月11日(水) 9:30〜11:45 『薬膳料理教室の会』vol.54

薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは”夏に消耗した体力、気力を補う薬膳”。

 

厳しい残暑が続きます。

猛暑で消耗した体力、気力が戻らないでいると、

胃腸機能の低下、身体のだるさが取れない、すぐに風邪をひく、

など秋に影響を及ぼします。

来る秋を健やかに迎えるべく、身体を整えるお料理をご紹介いたします。

 


毎回、充実と満足の内容の薬膳料理教室、
ためになる情報がたくさんで、しかも美味しい。

ぜひご参加くださいね。

講師:田村直美さん
会費:4000円
要予約

 

 

 

 

 

◎9月4日(水)     9:00〜10:20(中級クラス)
           10:30〜11:50(初級クラス) 『からだで覚える英語の会』vol.38

”いざという時に堂々と話せる英語を楽しくカラダで覚えましょう”がコンセプト。
好奇心旺盛・チャレンジ精神旺盛な小川洋子さんの
長い海外生活での豊富なおもしろエピソードを題材に、
”読む・書く”英語から”聴く・話す”英語を体感しましょう。
ネイティブスピーカーならではの表現や使い方も教わります。
洋子さん専門のアロマ・呼吸法を取り入れ、リラックスしながら楽しいレッスンを!
毎回、一回完結の内容です。
単発でも連続でもご参加いただけます。
英語が全く苦手という方対象の初級クラス、
英語で日常会話をもっと流暢にという方対象の中級クラスの2クラス編成です。

講師:小川洋子さん
会費:2500円
定員:各会max6名
要予約→各会先着6名まで

 

 

 

 

 

◎9月1日(日)〜7日(土) 

 

今月の月替わり期間限定カレーランチ は『季節の彩りカレー』

 

大多喜町の名店”蔵精”のシェフ・ばんちゃんの渾身のカレーが登場!

 

トマトはロースト、

818F229D-B95B-472C-A84D-51691CE01F28  D9D34A05-ACC3-4D16-B470-798E472DC2F7

 

玉ねぎはステーキでシャキシャキ感を残します。

 

ピーマンは網焼き、

F2D5EEF2-179C-4A06-8F26-D3FB4A88BD7A

 

茄子は蒸して、

3E46CB54-DB50-4DEE-82B2-CF7CD4AD3EA9

 

人参は粗おろしで熟成酒粕と炒め煮。

7A757611-071C-48E3-8EDA-5150B0D49CB9

 

 

それぞれの旨みを引き出し一皿にまとめられています。

水をほとんど使わず小麦粉も使っていませんので、

あっさりと食べやすく、素材の味がストレートに伝わります。

冷凍せずにご提供するので、具財の風味と食感が生きています。

テン初の冷たいカレーです!

 

付け合わせは『自然発酵オーガニック豆乳ヨーグルト』。

そのまま食べても美味しいですが、

カレーにかけるとマイルドながらも奥行のある味わいになります。

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

◎9月9日(月) 『kiredo kitchen』 

 
世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。


12:00〜、13:30〜 各時間帯10〜15名
ご予約をいただいた方優先でお席を確保できますので、お決まりの方はご連絡をくださいね。

 

ランチセット(前菜・スープ・パスタ・コーヒー):1,500yen

 

 

 

 

 

◎9月12日(木) 

『おむすびランチ・おむすびテイクアウト』

 

大好評”おむすび茶屋 さつき”さんの美味しい美味しいおむすびです。

 

宮下治子さんは、千葉県香取郡神崎にある酒蔵”寺田本家”に勤めながら地域の生産者さんたちと知り合っていきました。

2年前に独立し”さつき”を立ち上げました。

食をとおしての人生体験や様々な人々との出会いを通じて、

そして、田畑(大地)に触れ、料理は命そのものであり、

食べることの喜びと、食の産み出す無限の力を表現・追求していきたい。

そんな治子さんは、小さなキッチンカーでおむすびの出張販売、

旬の料理教室を営むようになりました。

 

治子さんのおむすびは、

太陽・大地・海の恵みが、お米一粒一粒で結ばれ、まさに命のご馳走。

生産者さんたちが丹精込めて作った魚やおかかや手作りの具、

白米や玄米、お好みに応じてホッコリ結びます。

 

米:藤崎農場の無農薬玄米、こうざき自然塾の減農薬白米。

塩:自然海塩

海苔:有明産

味噌:こうざき自然塾の熟成発芽玄米麹味噌

酒粕:寺田本家の熟成酒粕

椎茸:西伊豆産の干し椎茸

昆布:こんぶ土居の真昆布

鰹節:タイコウの一本釣り鰹節

他具材:全て国内産、添加物を使わず手間ひまかけて作っています。

 

 

治子さんのおむすびをランチ@カフェで、

テイクアウトで ご提供いたします。

なお、いずれもご予約をいただいた方に優先して提供。

(当日の飛び込みだと食材不足でお断りすることもありますので、ご予約を!)

 

カフェでのランチは、

お好みのおむすび、漬物、吸物のセットで、おむすび代金+350yen

12:00〜、13:30〜で、定員が各10〜15名でご案内。

 

テイクアウトは、

お好みのおむすびをパックします。

テイクアウトのお受け取りは当日16:30まで。

 

予約方法は、以下の(白米 or 玄米)×具材の組み合わせ、

各々の個数をお選びください。

 

A:白米

B:玄米(プラス50yen)

 

a:鯖香熟漬→350yen(玄米+50yen)

      越田商店の40年熟成漬汁に漬けた鯖は臭みがなく豊かな風味。さつき一番人気。

b:ツナマヨおくら→350yen(玄米+50yen)

  自家製塩麹マヨネーズとオクラでとろ〜り、ノンオイルツナで軽やか。

c:梅しそ→300yen(玄米+50yen)

  昔ながらの酸っぱさ、しょっぱさ。樽の中で3年熟成した梅干。

  梅干を夏の香りのシソで包みます。

 

カフェでのお召し上がりの味噌汁と漬物のセットがおむすび+350円となります。

また、テイクアウトの6個入りの箱をご希望の方は50円いただきます。

 

 

予約例

カフェで食事(12:00〜)→ B×a×1個、B×d×1個

テイクアウト→ A×a×2個、B×c×1個、B×d×3個、・・・。受取予定時間も。

 

メールにてご連絡ください。

なお、必ず確認のメールを返信します。

返信がない場合は、再度メールかお電話をいただけますようお願いいたします。

 

 

 

 

 

◎『おばんざいランチ』 

 今回はお休みいたします。

 

 

 

 

 

ご興味のある催しにぜひおいでくださいませ。

 

 

ではでは。

 

 

 

| 展覧会 | 18:29 |
home1.jpg

home2.jpg


facebook

instagram



    gallery ten 営業カレンダー
    営業時間 12:00〜17:00
  gallery ten 営業カレンダー
    ※カフェの営業は
      ギャラリー営業日と同じです。
    ※詳細は、HPでご確認ください。


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
BLOG CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 『motif』展 & 本日『薬膳料理教室の会』 & 明日『カラダで覚える英語の会』 & 昨日の”merle”『メンチカツランチ』 
    センニン (07/10)
  • 『motif』展 & 本日『kiredo kitchen』 & 明日『merleのメンチカツランチ・テイクアウト』
    センニン (07/08)
  • 『nostalgia』展 本日最終日! & 本日 小野高峰さん・桐谷増子さん 在廊!& ”merle"山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 本日『カラダで覚える英語の会』 
    ten (06/16)
  • 『nostalgia』展 本日最終日! & 本日 小野高峰さん・桐谷増子さん 在廊!& ”merle"山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 本日『カラダで覚える英語の会』 
    センニン (06/15)
  • 『nostalgia』展 小野高峰さんの春海バカラ & ”merle”山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 明日『大人の書の会』 & 『房州うちわの会』のおしらせ
    ten (06/03)
  • 『nostalgia』展 小野高峰さんの春海バカラ & ”merle”山中学シェフの『ビーフシチューランチ』 & 明日『大人の書の会』 & 『房州うちわの会』のおしらせ
    センニン (06/03)
  • 内田鋼一さんの皿 & 癒しのマッサージ
    ten (09/29)
  • 内田鋼一さんの皿 & 癒しのマッサージ
    石野良和 (09/29)
  • 横道佑器さんと打ち合わせ@豊中 
    ten (09/11)
  • 横道佑器さんと打ち合わせ@豊中 
    小澤 早苗 (09/11)
モバイル
qrcode