ギャラリーテン Daily Alle Colle

gallery ten・店主のblog

新企画『combinaison』展 2日め & 池田順子さんのパッチ・ステッチワーク & 本日 池田順子さん在廊! & ”迷羊舎”の『エビカレー』 & 本日『楽々日本史の会』 & 明日『大人の書の会』

 

 

こんにちは。

 

 

ここのところ、秋晴れの良いお天気の日が続いていますね。

きもちのよい季節です。

 

 

 

庭に、一本だけシュウメイギクが咲いていました。

可憐だなぁ・・・。

 

 

 

 

 

 

今月の新企画『combinaison』展、2日めです。

 

今展では、池田順子さんのバッグ、KUROMAMEさんの照明を展開します。

組み合わせの妙をご高覧ください。

 

 

池田順子さん

 

千葉市で革のバッグを制作されています。

革の質感や色の組み合わせ、パターンの妙、ステッチワークなど、

ひとつひとつ手で縫い、ひとつひとつ違う。

そのユニークな感覚は、好奇心旺盛で楽しいことをどんどん吸収していくパワーが源。

 

都内など、興味のあるイベントや展覧会にはフットワーク軽く出かけられています。

また、海外のあちらこちらをお一人で旅し、英語は苦手とおっしゃりながらも、

旅先からエアチケットを取り移動はお手のもの。

そんなアグレッシブな池田さんの琴線に触れるモノやコトを、私にもよく教えてくださいます。

 

いつもオシャレな池田さんは、コムデギャルソンの服の大ファン。

それらから大きな刺激を受け、いろんな発想が生まれるのだそうです。

 

池田さんのお宅の中には、大好きなものがセンスよく飾られています。

暮らしを楽しみ、たまには外に新しい風を感じに出かけ、

まさに人生を楽しんでおられることがよくわかります。

とにかく好きなことをやる! それが池田さんのモットー。

心身ともに健康に明るくいられる秘訣なのでしょう。

作家活動も同様。

人生を楽しむように、バッグを自分の楽しみとして作る。

そんな自由なバッグをご覧ください。

 

作家在廊日:1日(木)・2日(金)

 

 

 

KUROMAME・土屋等一さんと美津子さん

 

埼玉県東松山市で、フランスのアンティークショップ”KUROMAME”を営みながら、

おもしろいライトを制作されています。

土屋美津子さんが、ステキな古道具のパーツを思いのまま組み合わせデザイン。

そのアイデアをご主人の等一さんが、忠実にカタチにされます。

お二人の阿吽の呼吸に、これまで歩んでこられた夫婦愛と互いの敬意が感じられるほど、ツーとカー!

美津子さんのアタマの中には、明確なイメージがあり、

「この角度をもう少しキツく!」とか、「長さのバランスをもう少し緩やかに!」など、

厳しく手直しを求めます。

それを等一さんが、ビシっと調整。

 

こうしてできた作品は、他のどこにもない唯一無二のもの。

美津子さんの組み合わせの発想は豊かで、

パンチング機、メーター、カップ、ハサミ、天秤、・・・・・など、

「このパーツはアレか!」「え?こんなものがココに?}と、感動の連続。

そして、どれもがクールでクォリティが高い。

決して「カワイイっ♪」というものではなく、オトコマエでかっこいい佇まいなのです。

等一さん自身も、最初のデザインがを見る時は、

「どんな組み合わせになるんだろう。」と楽しみなのだそうです。

今展のために、たくさんたくさん制作してくださっています。

みなさんも、「このパーツは何だったのだろう?}と考えながらご覧になってくださいね。

 

また、今回は、美津子さんの審美眼で選ばれたフランスのアンティークも展開。

どうぞお楽しみに!

 

作家在廊日:4日(日)・18日(日)

 

 

 

今日、池田順子さんが在廊されます!

ぜひ会いにいらしてくださいね。

 

 

 

 

今日は、池田順子さんの革のバッグに施されている

パッチワークやステッチなど、おもしろいディテールをいくつかご紹介します。

 

池田さんは全ての工程を機械を使わず手仕事によってつくられています。

分厚く硬い皮革にステッチするには、まずは千枚通しで穴をあけるところから始まります。

木槌でひとつひとつ穴を空け、

そこに針でステッチワークしていきます。

シンプルなステッチですが、糸の色やアジのある針目。

革と革のコンビネーションや図案など、いろんな要素が重なり合ってバッグができていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月1日(木)〜7日(水) ただし4日(日)はキレドのランチのためカレーは休みです。

月替わり期間限定カレーランチ 『海老カレー』

 

今回は、cook lab”迷羊舎”主宰・菅原裕喜さんによるオリジナルカレー。

 

海老の頭と殻をニンニクと一緒によく炒めてからとったスープに、

玉ねぎ、ニンジン、セロリ、トマトのペースト、

隠し味に干し貝柱も入れて作ります。

海老の旨みがギュッと詰まったカレーです。

 

付け合わせは、『福神漬け』

以前、福神漬けづくりのワークショップでも好評。

割り干し大根、人参、蓮根、ゴボウ、浸し豆、生姜の6種。


 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

↓ 千尋さんのゴリラ皿、カレーを食べ進めていくうちにオトコマエが出てきます♡

 

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『楽々日本史の会』の講義中。

 

大人の教養として、もう一度日本史を学んでみませんか。
今と未来を意識した日本史の講義です。

今回のテーマは、

”秩禄処分と地租改正”

 

この会では、講師の斎藤永良さんをはじめ、

メンバーのみなさん、いつも和気あいあいとした雰囲気。

日本史をとおして、いろんな楽しいお話が飛び交っています。

 

 

 

 

 

 

さて、明日は、月イチカルチャー『大人の書の会』の日です。


小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

講師:西尾修一さん
会費:2500円

参加ご希望の方は、本日17時までにご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

また、明後日4日(日)は、カレーランチがお休みで、

月イチランチ『kiredo kitchen』を提供します。

 

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

今回は、さまざまな野菜を使ったオルトナーラ(菜園風)。

11月は、年間で最も野菜の種類が多い季節です。

島ニンジン、ひとみにんじん、薄紫大根、赤丸カブ、おたふく春菊、

ルッコラ、からし菜、パープルカリフラワー、コールラビ、フェンネルなどなど。

サラダにしてもパスタにしても美味しい野菜が勢ぞろいします。

たくさんの野菜を召し上がってくださいね。

 

コールラビ

 

フェンネル

 

薄紫大根

 


12:00〜、13:30〜  各時間帯10〜15名
ご予約をいただいた方優先でお席を確保できますので、お決まりの方はご連絡をくださいね。

 

ランチセット(前菜・スープ・パスタ・コーヒー):1,500円

 

 

 

 

 

 

 

今日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:29 |

新企画『combinaison』展 本日スタート! & 本日 池田順子さん在廊! & ”迷羊舎”の『エビカレー』 & 明日『楽々日本史の会』

 

 

こんにちは。

 

 

 

爽やかな秋の一日。

11月の始まりにふさわしいお天気ですね。

 

 

 

 

 

 

今日から新企画『combinaison』展がスタートします!

 

今展では、池田順子さんのバッグ、KUROMAMEさんの照明を展開します。

組み合わせの妙をご高覧ください。

 

 

池田順子さん

 

千葉市で革のバッグを制作されています。

革の質感や色の組み合わせ、パターンの妙、ステッチワークなど、

ひとつひとつ手で縫い、ひとつひとつ違う。

そのユニークな感覚は、好奇心旺盛で楽しいことをどんどん吸収していくパワーが源。

 

都内など、興味のあるイベントや展覧会にはフットワーク軽く出かけられています。

また、海外のあちらこちらをお一人で旅し、英語は苦手とおっしゃりながらも、

旅先からエアチケットを取り移動はお手のもの。

そんなアグレッシブな池田さんの琴線に触れるモノやコトを、私にもよく教えてくださいます。

 

いつもオシャレな池田さんは、コムデギャルソンの服の大ファン。

それらから大きな刺激を受け、いろんな発想が生まれるのだそうです。

 

池田さんのお宅の中には、大好きなものがセンスよく飾られています。

暮らしを楽しみ、たまには外に新しい風を感じに出かけ、

まさに人生を楽しんでおられることがよくわかります。

とにかく好きなことをやる! それが池田さんのモットー。

心身ともに健康に明るくいられる秘訣なのでしょう。

作家活動も同様。

人生を楽しむように、バッグを自分の楽しみとして作る。

そんな自由なバッグをご覧ください。

 

作家在廊日:1日(木)・2日(金)

 

 

 

KUROMAME・土屋等一さんと美津子さん

 

埼玉県東松山市で、フランスのアンティークショップ”KUROMAME”を営みながら、

おもしろいライトを制作されています。

土屋美津子さんが、ステキな古道具のパーツを思いのまま組み合わせデザイン。

そのアイデアをご主人の等一さんが、忠実にカタチにされます。

お二人の阿吽の呼吸に、これまで歩んでこられた夫婦愛と互いの敬意が感じられるほど、ツーとカー!

美津子さんのアタマの中には、明確なイメージがあり、

「この角度をもう少しキツく!」とか、「長さのバランスをもう少し緩やかに!」など、

厳しく手直しを求めます。

それを等一さんが、ビシっと調整。

 

こうしてできた作品は、他のどこにもない唯一無二のもの。

美津子さんの組み合わせの発想は豊かで、

パンチング機、メーター、カップ、ハサミ、天秤、・・・・・など、

「このパーツはアレか!」「え?こんなものがココに?}と、感動の連続。

そして、どれもがクールでクォリティが高い。

決して「カワイイっ♪」というものではなく、オトコマエでかっこいい佇まいなのです。

等一さん自身も、最初のデザインがを見る時は、

「どんな組み合わせになるんだろう。」と楽しみなのだそうです。

今展のために、たくさんたくさん制作してくださっています。

みなさんも、「このパーツは何だったのだろう?}と考えながらご覧になってくださいね。

 

また、今回は、美津子さんの審美眼で選ばれたフランスのアンティークも展開。

どうぞお楽しみに!

 

作家在廊日:4日(日)・18日(日)

 

 

 

今日と明日、池田順子さんが在廊されます!

ぜひ会いにいらしてくださいね。

 

 

 

今日は初日でバタついておりますので、

全体の様子をお知らせします。

写真で想像力を働かせてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月1日(木)〜7日(水) ただし4日(日)はキレドのランチのためカレーは休みです。 

月替わり期間限定カレーランチ 『海老カレー』

 

今回は、cook lab”迷羊舎”主宰・菅原裕喜さんによるオリジナルカレー。

 

海老の頭と殻をニンニクと一緒によく炒めてからとったスープに、

玉ねぎ、ニンジン、セロリ、トマトのペースト、

隠し味に干し貝柱も入れて作ります。

海老の旨みがギュッと詰まったカレーです。

 

付け合わせは、『福神漬け』

以前、福神漬けづくりのワークショップでも好評。

割り干し大根、人参、蓮根、ゴボウ、浸し豆、生姜の6種。


 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

↓前回の裕喜さんのカレー

 

 

 

 

 

明日は、月イチカルチャー『楽々日本史の会』の日。

 

大人の教養として、もう一度日本史を学んでみませんか。
今と未来を意識した日本史の講義。

今回のテーマは、

”秩禄処分と地租改正”


参加ご希望の方は本日17時までにご連絡くださいね。

講師:齋藤永良さん
会費:1500円 
要予約

 

 

 

 

 

 

秋晴れの気持ちの良い一日になりそうです。

どうぞお出かけください。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:03 |

明日から新企画『combinaison』展 スタート!

 

 

こんばんは。

 

 

 

今日も爽やかな一日でしたね。

 

 

 

 

 

 

明日から11月。

早いもので、今年もあと2か月。(汗)

 

 

新企画『combinaison』展、明日スタートします!

池田順子さん、KUROMAMEさんの作品、とてもステキです!

ぜひいらしてくださいね。

お待ちしております。

 

 

 

 

今月終了した企画展でお世話になった坂井千尋さんに、

ゴリラの皿がほしい!と言っていたら、

こんなオトコマエなゴリラの皿が今日届きました!

惚れ惚れする〜♡

 

 

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 22:26 |

杉村徹さんと打ち合わせ & ワイン会@”はなう”

 

 

こんばんは。

 

 

今日も秋晴れのよいお天気でしたね。

 

 

 

昨日は、12月の企画展でお世話になる杉村徹さんの龍ヶ崎のアトリエへ打ち合わせに行ってきました。

 

道中、八街をぬけて車を走らせていると、

八街ならではの”ぼっち”という、収穫した落花生を山状に積んで干しているところがたくさん見られました。

掘ったばかりの水分を含む落花生をこうして干すことで、美味しくなるのだそうです。

千葉の秋の風情が感じられますね。

 

 

 

杉村さんとのお付き合いはギャラテンの歴史と同じ。

ずっと変わらず、作品もお人柄もステキな人です。

2年に一度の頻度で杉村さんの展覧会でお世話になっています。

大網に店を構えた時も、カフェのテーブルと椅子は杉村さんに!と決めていました。

12月には、またスツールや壁の棚や木の器がたくさん来ます。

お楽しみに!

 

 

 

アトリエのお隣にある、

杉村さんの奥さま・有子さんが営む”sonorite”で、

またまた楽しい立ち話。

古い鉄の糸鋸機がありました。

カッコイイ♫

 

 

 

 

そこから車で20分ほどの印西に、

白鳥がたくさん飛来してくるところがあり、

時季的に少し早いが明るいうちに行ってみることにしました。

 

うーん、迷いに迷ったあげく、目的地に行けず・・・。(泣)

またリベンジしよう。(苦笑)

 

でも、キレイな夕陽を見ることができました。

めでたしめでたし・・・。

 

 

 

 

 

 

27日の土曜の夜は、

月イチ恒例の”はなう”さんでのワイン会へ。

 

 

今回のテーマは、

イタリア半島の西に浮かぶ島、サルデーニャ。

 

 

 

 

ワインのラインナップ

 

 

(泡)『カヴァ ブリュット ロゼ リゼルヴァ 2011』

 トレジョ社(スペイン)

(モナストレル、ガルナッチャ)

 

 

 

(白)『ヴェルメンティーノ ディ ガッルーラ 2017』

 ピエロ マンチーニ(サルデーニャ州)

(ヴェルメンティーノ 100%)

 

 

 

(白)『イス アルジオラス 2010 』

 アルジオラス(サルデーニャ州)

(ヴェルメンティーノ 100%)

 

 

 

(赤)『デットーリ 2011 』

 テヌーテ デットーリ(サルデーニャ州)

(カンノナウ 100%)

 

 

 

↓ロバート・パーカー氏が、上のデットーリがコレに匹敵すると高評したそうです。

(赤)『シャトー ヌフ デュ パプ レ カイユ 2012 』

 アンドレ・ブルネル(フランス ローヌ地方)

(グルナッシュ 70%、ムールヴェードル 20%、シラー 10%)

 

 

 

呼び方が違うが、同じ葡萄の品種らしい。

すぐ忘れるけど勉強になるー!

ガルナッチャ(スペイン)=カンノナウ(イタリア)=グルナッシュ(フランス)

 

 

 

お料理はコチラ

 

前菜盛合せ

『セッラ ディ マストロダンテ、ヤリイカ リピエーニ、カリフラワー マリネ、

 シラス フリッテレ、ソラ豆とパンチェッタの煮込み、セロリとサルデーニャ産カラスミ』

 

『パーネ フラッタウ』

 

『ファヴァータ』

 

『セアダス』

 

『パバッシーニ』

 

 

 

 

日曜、

gallery takamineの小野さんと夫が、

看板にシートを貼る作業をしてくれました。

車目線で看板が見えるので、所在を知ってもらえるようになるか・・・。(苦笑)

デカい二人のおかげで無事取り付けられました。

ありがとう!

 

 

 

 

 

 

はっ。

日付が変わっている。(汗)

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

| 展覧会 | 00:27 |

11月の催しのおしらせ

 

 

こんばんは。

 

 

今日は爽やかな秋晴れの一日でしたね。

あっという間に10月もあと2日。

大急ぎで、来月の催しのおしらせをいたします。(汗)

 

 

 

 

 

 

◎11月1日(木)〜19日(月) 『combinaison』展

 

今展では、池田順子さんのバッグ、KUROMAMEさんの照明を展開します。

組み合わせの妙をご高覧ください。

 

 

池田順子さん

 

千葉市で革のバッグを制作されています。

革の質感や色の組み合わせ、パターンの妙、ステッチワークなど、

ひとつひとつ手で縫い、ひとつひとつ違う。

そのユニークな感覚は、好奇心旺盛で楽しいことをどんどん吸収していくパワーが源。

 

都内など、興味のあるイベントや展覧会にはフットワーク軽く出かけられています。

また、海外のあちらこちらをお一人で旅し、英語は苦手とおっしゃりながらも、

旅先からエアチケットを取り移動はお手のもの。

そんなアグレッシブな池田さんの琴線に触れるモノやコトを、私にもよく教えてくださいます。

 

いつもオシャレな池田さんは、コムデギャルソンの服の大ファン。

それらから大きな刺激を受け、いろんな発想が生まれるのだそうです。

 

池田さんのお宅の中には、大好きなものがセンスよく飾られています。

暮らしを楽しみ、たまには外に新しい風を感じに出かけ、

まさに人生を楽しんでおられることがよくわかります。

とにかく好きなことをやる! それが池田さんのモットー。

心身ともに健康に明るくいられる秘訣なのでしょう。

作家活動も同様。

人生を楽しむように、バッグを自分の楽しみとして作る。

そんな自由なバッグをご覧ください。

 

作家在廊日:1日(木)・2日(金)

 

 

 

KUROMAME・土屋等一さんと美津子さん

 

埼玉県東松山市で、フランスのアンティークショップ”KUROMAME”を営みながら、

おもしろいライトを制作されています。

土屋美津子さんが、ステキな古道具のパーツを思いのまま組み合わせデザイン。

そのアイデアをご主人の等一さんが、忠実にカタチにされます。

お二人の阿吽の呼吸に、これまで歩んでこられた夫婦愛と互いの敬意が感じられるほど、ツーとカー!

美津子さんのアタマの中には、明確なイメージがあり、

「この角度をもう少しキツく!」とか、「長さのバランスをもう少し緩やかに!」など、

厳しく手直しを求めます。

それを等一さんが、ビシっと調整。

 

こうしてできた作品は、他のどこにもない唯一無二のもの。

美津子さんの組み合わせの発想は豊かで、

パンチング機、メーター、カップ、ハサミ、天秤、・・・・・など、

「このパーツはアレか!」「え?こんなものがココに?}と、感動の連続。

そして、どれもがクールでクォリティが高い。

決して「カワイイっ♪」というものではなく、オトコマエでかっこいい佇まいなのです。

等一さん自身も、最初のデザインがを見る時は、

「どんな組み合わせになるんだろう。」と楽しみなのだそうです。

今展のために、たくさんたくさん制作してくださっています。

みなさんも、「このパーツは何だったのだろう?}と考えながらご覧になってくださいね。

 

また、今回は、美津子さんの審美眼で選ばれたフランスのアンティークも展開。

どうぞお楽しみに!

 

作家在廊日:4日(日)・18日(日)

 

 

 

 

 

 

◎11月22日(木)11:30〜14:00

『お正月に向けてのつくりおき90分一本勝負の会』

 

テンの料理イベントではしばしばお世話になっている

料理研究家の林幸子さんによるワクワクイベントがまたやってきます♪

 

90分という時間制限の中、

シンプルに3つのカセットコンロだけを使って、林さんが次々と料理を作っていく過程をライブで。

林さんのプロフェッショナルな手順やコツや手際を間近で観ていきます。

臨場感あふれるエキサイティングな90分になるでしょう。

そして作っていくものは、年末年始に向けてのつくりおき料理。

ライブの後は、お料理をいただきながら、質問タイム。

作り置くための工夫をはじめ、いろいろなためになるレクチャーももちろんあり。

なんて贅沢な会なのでしょう!!!

 

 

<概要>

日時:11月22日(木) 11:30〜14:00

会費:7000yen(2日前のキャンセルから半額を頂戴します)

定員:20名

※レシピ本の販売も行います。

 

 

☆ご予約方法

メールにてお申込みください。

・件名欄に「つくりおきイベント申し込み」

・人数

・代表者のお名前

・代表者の携帯電話番号

・来店手段 ex.車、電車、徒歩など

 

必ずご予約受付の返信をします。

何かの原因で送受信ができない場合がありますので、

3日経ってもこちらから返信がない場合は、お電話いただけますようよろしくお願いいたします。

空席はあと4名様分です。

参加希望の方はお早めに!

 

 

 

 

 

 

◎11月1日(木)〜7日(水) ただし4日(日)はキレドのランチのためカレーは休みです。 

月替わり期間限定カレーランチ 『海老カレー』

 

今回は、cook lab”迷羊舎”主宰・菅原裕喜さんによるオリジナルカレー。

 

海老の頭と殻をニンニクと一緒によく炒めてからとったスープに、

玉ねぎ、ニンジン、セロリ、トマトのペースト、

隠し味に干し貝柱も入れて作ります。

海老の旨みがギュッと詰まったカレーです。

 

付け合わせは、『福神漬け』

以前、福神漬けづくりのワークショップでも好評。

割り干し大根、人参、蓮根、ゴボウ、浸し豆、生姜の6種。


 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

↓前回の裕喜さんのカレー

 

 

 

 

◎11月3日(土) 10:00〜12:00
 11月6日(火) 10:00〜12:00 『大人の書の会』vol.45

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

講師:西尾修一さん
会費:2500円
要予約

 

 

 

 

 

◎11月2日(金)10:00〜12:00 『楽々日本史(近・現代史)の会』vol.27

 

大人の教養として、もう一度日本史を学んでみませんか。
今と未来を意識した日本史の講義。

今回のテーマは、

”秩禄処分と地租改正”

士族にも平民にも受け入れがたい徴兵令とは!


参加ご希望の方はご連絡くださいね。

講師:齋藤永良さん
会費:1500円 
要予約

 

 

 

 


◎11月9日(金) 9:30〜11:45 『薬膳料理教室の会』vol.45

薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは“胃腸を整え補う薬膳”。

健やかな身体を保つには胃腸を整えることが大切です。

胃腸の不調は免疫力低下・肌荒れ・便秘・疲れ・肩こり・胸のつかえ・ゲップ・膨満感などの原因となります。

それらは未病の症状として現れ、やがて病気の原因になる可能性があります。

胃腸の機能はストレス・加齢・運動不足で低下してしまいます。

 

 


毎回、充実と満足の内容の薬膳料理教室、
ためになる情報がたくさんで、しかも美味しい。

ぜひご参加くださいね。

講師:田村直美さん
会費:4000円
要予約

 

 

 

 

 

◎11月16日(金)    9:00〜10:20(中級クラス)
           10:30〜11:50(初級クラス) 『からだで覚える英語の会』vol.28

”いざという時に堂々と話せる英語を楽しくカラダで覚えましょう”がコンセプト。
好奇心旺盛・チャレンジ精神旺盛な小川洋子さんの
長い海外生活での豊富なおもしろエピソードを題材に、
”読む・書く”英語から”聴く・話す”英語を体感しましょう。
ネイティブスピーカーならではの表現や使い方も教わります。
洋子さん専門のアロマ・呼吸法を取り入れ、リラックスしながら楽しいレッスンを!
毎回、一回完結の内容です。
単発でも連続でもご参加いただけます。
英語が全く苦手という方対象の初級クラス、
英語で日常会話をもっと流暢にという方対象の中級クラスの2クラス編成です。

講師:小川洋子さん
会費:2500円
定員:各会max6名
要予約→各会先着6名まで

 

 

 

 

 

◎11月4日(日)『kiredo kitchen』 

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。


12:00〜、13:30〜  各時間帯10〜15名
ご予約をいただいた方優先でお席を確保できますので、お決まりの方はご連絡をくださいね。

 

ランチセット(前菜・スープ・パスタ・コーヒー):1,500円

 

 

 

 

 

◎11月12日(月)『おばんざいランチ』 

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。

 

 

 

 

 

◎11月16日(金) 

『おむすびランチ・おむすびテイクアウト』

 

大好評”おむすび茶屋 さつき”さんがまたまた登場!

ほぼレギュラーランチになりつつあります♪

 

宮下治子さんは、千葉県香取郡神崎にある酒蔵”寺田本家”に勤めながら地域の生産者さんたちと知り合っていきました。

2年前に独立し”さつき”を立ち上げました。

食をとおしての人生体験や様々な人々との出会いを通じて、

そして、田畑(大地)に触れ、料理は命そのものであり、

食べることの喜びと、食の産み出す無限の力を表現・追求していきたい。

そんな治子さんは、小さなキッチンカーでおむすびの出張販売、

旬の料理教室を営むようになりました。

 

治子さんのおむすびは、

太陽・大地・海の恵みが、お米一粒一粒で結ばれ、まさに命のご馳走。

生産者さんたちが丹精込めて作った魚やおかかや手作りの具、

白米や玄米、お好みに応じてホッコリ結びます。

 

米:藤崎農場の無農薬玄米、こうざき自然塾の減農薬白米。

塩:自然海塩

海苔:有明産

味噌:こうざき自然塾の熟成発芽玄米麹味噌

酒粕:寺田本家の熟成酒粕

椎茸:西伊豆産の干し椎茸

昆布:こんぶ土居の真昆布

鰹節:タイコウの一本釣り鰹節

他具材:全て国内産、添加物を使わず手間ひまかけて作っています。

 

 

治子さんのおむすびをランチ@カフェで、

テイクアウトで ご提供いたします。

なお、いずれもご予約をいただいた方に優先して提供。

(当日の飛び込みだと食材不足でお断りすることもありますので、ご予約を!)

 

カフェでのランチは、

お好みのおむすび、漬物、吸物のセットで、おむすび代金+350yen

12:00〜、13:30〜で、定員が各10〜15名でご案内。

 

テイクアウトは、

お好みのおむすびをパックします。

テイクアウトのお受け取りは当日16:30まで。

 

予約方法は、以下の(白米 or 玄米)×具材の組み合わせ、

各々の個数をお選びください。

 

A:白米

B:玄米(プラス50yen)

 

a:鯖香熟漬→3500yen(玄米+50yen)

      越田商店の40年熟成漬汁に漬けた鯖は臭みがなく豊かな風味。さつき一番人気。

b:茸と昆布の佃煮→300yen(玄米+50yen)

   アワビ茸、味しめじ、真昆布をふっくらと醤油と味醂で優しく炊きあげます。

c:梅ツナマヨネーズ→350yen(玄米+50yen)

   塩麹で作ったマヨネーズを梅とツナで和えて紫蘇風味になっています。

   ツナは野菜スープタイプでさっぱりしています。

 

 

ちなみに、ランチセットでは・・・

●汁物:旬菜の汁物 

●漬物:旬菜の漬物

 

 

今月から、カフェでのお召し上がりの味噌汁と漬物のセットがおむすび+350円となります。

また、テイクアウトの6個入りの箱をご希望の方は50円いただきます。

 

 

予約例

カフェで食事(12:00〜)→ B×a×1個、B×d×1個

テイクアウト→ A×a×2個、B×c×1個、B×d×3個、・・・。受取予定時間も。

 

メールにてご連絡ください。

なお、必ず確認のメールを返信します。

返信がない場合は、再度メールかお電話をいただけますようお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご興味のある催しにぜひおいでくださいませ。

 

 

ではでは。

 

 

 

| 展覧会 | 22:12 |

今月の『kiredo kitchen』 & 休日のいろいろ

 

 

こんにちは。

 

 

爽やかな晴れの土曜です。

車の中は暑いくらいのピーカン。

ブログをサボっておりました。(汗)

 

 

 

 

 

 

今月の企画『natureNATUREnature』展、

22日に無事終了いたしました。

おいでいただいた皆さま、

坂井千尋さん、やざわしのぶさん、

ありがとうございました!

 

 

 

その最終日は、

月イチランチ『kiredo kitchen』を提供いたしました。

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

 

今月の主役はバターナッツ。

収穫時期と貯蔵期間を間違えると途端に味に違いが出るバターナッツ。

キレドならではの濃厚な甘さを感じてほしいです。

 

バターナッツはねっとりしているのが特徴のカボチャ。

ポピュラーなポタージュの他、

その個性をいかしてパスタにしても美味しいことを知っていただきたいです。

 

そのほか、今からが旬のカリフラワーの美味しい食べ方もご紹介します。

 

 

バターナッツ

 

 

 

 

グリーンカリフラワー

 

 

 

ルッコラ

 

 

 

 

今回のランチセット

 

『マッシュしたグリーンカリフラワーとトマトの温サラダ』

 

 

 

 

『バターナッツだけのポタージュ』

 

 

 

『バターナッツとカシューナッツ、レーズンとレモンバーベナのパスタ』

 

 

 

美味しかったー!

 

 

 

来月は4日(日)を予定しています。

カレーランチ期間ですが、この日はカレーはお休みして、キレドのランチを提供します。

 

 

 

 

 

そして、23日(火)。

昼間は返品・納品作業をしました。

夜は15人で、フレンチレストラン”merle”さんを借り切り、

楽しい女子会をやりました。

 

以前、友人Kさん宅に招いて盛り上がった

占い師で役者のロッキーさんに、大網まで出張してもらう。

手相やタロットのレクチャーをしてもらいながら、

美味しいメルルのごはんを食べるというもの。

 

 

 

『サーモンマリネと柿 かぼすのクリーム』

『イチジクと鶏肉のサラダ ハニーマスタード』

 

『豚タンとキノコのエトフェ』

 

『カボチャのプレッセ シナモン風味』

 

『錦爽どりのア・ラ・クレーム ヴェルモット風味』

 

『おおまさりのリ・オ・ブール』

 

 

宴もたけなわ、これでお開きかと思いきや、

ロッキ―さんが一人ずつチャチャっと手相を見てあげるとのこと。

15人全員とメルルの山中シェフ夫妻も。

お開きとなったのは、23時ちょっと前。

ロッキ―さん、メルルさん、ありがとうございましたー!

 

 

 

 

 

 

昨日。

九十九里にある”望月定子美術館”で、

テンの展覧会でもお世話になった續山茂樹さんの個展中とのこと。

美術館に行く前に、續山さんのお家でお昼ごはんを食べようとお誘いを受け、

何度かお邪魔しているにも関わらず、またまた迷う。(汗)

駐車し、エンジンを切り、車の外に出るも、何か違う。

他人のお宅の庭でした。(汗)

迷ったりしている間に時間が過ぎ、

續山ご夫妻はすっかりごはんを済ませ、

その後、私は一人でごはんをいただきました。(苦笑)

 

 

續山さんの版画、やっぱり好きだなぁ・・・。

 

 

 

カフェスペースの壁に貼られた魚とヒマワリの紙のコラージュ。

これは、東北の大震災の時に、学童保育の小学生たちと一緒に作られたもの。

とても見事でした。

 

 

 

そして、天井を見上げると、

イワシの大群と大きな鯛のモビール。

コレ、ヒトメボレ♡

非売品でしたが、續山さんに交渉して、そのうちテンにくることになりました。

お楽しみに!

 

 

 

最近、刺繍にハマっているという續山さん。

帽子にチクチク。

これもまた續山ワールドだ。

 

 

 

夕方4時半頃。

すぐ近くの海岸に行ってみる。
たまに海を見にくるのもよいなぁ。

心が洗われました。

 

 

 

 

 

 

今日は、来月の企画展でお世話になるKUROMAMEの土屋さんご夫妻が搬入にご来店。

ヨダレが出るようなステキなライトやフランスのアンティークがたくさんきました。

レイアウトはまた後日。

一緒にランチをして、パン好きの土屋さんが山田インターから帰る道中にある”粉桜”さんに行く。

厨房から覗いた店主のリカコさん、

「えー、痩せた〜?」と。

もしやスイミングの成果がちょっと出てきたか・・・。(喜)

 

 

 

ここのところ、スイミングスクールにしばしば通い、

クロールで25メートル泳げるようになり、

ますますスイミング熱が上昇中↑

今年イチバンのうれしいできごとだ。

はー、運動するってスバラシイ!

 

 

 

 

 

 

 

きもちのよい週末です。

楽しくお過ごしくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 14:33 |

『natureNATUREnature』展 本日最終日! & 本日『kiredo kitchen』

 

 

こんにちは。

 

 

昨夜のお月さまと星はキレイでしたね。

田舎住まいでよかったーと思いなおすひととき。

 

そして、今日は、雲ひとつない晴天。

爽やかです。

涼しいです。

カイテキです♪

あっぱれあっぱれ!

 

 

 

 

 

 

今月の企画『natureNATUREnature』展、

ついに本日が最終日です!

 

 

坂井千尋さん

 

東京・日野市で作陶する坂井千尋さん。
千尋さんの作品には、ツバメ、ネコ、トリ、ロバ、犬、ブタ、フクロウ、ウサギ、・・・など、動物がモチーフになっています。
ちょっとリアルなモノクロのそれらは、クールなイメージでありながら、どこか温かみがあります。
千尋さんのセレクトする動物たちは、身近にいるものや自然の中にいるもので動物園で見るものではありません。
彼女が意識されているのか否かはわかりませんが、千尋さんの自然への愛を感じます。
また木版画のような手の仕事の感覚が伝わってくる作風が、よりホッコリ気分を醸し出しています。
カタチは至ってシンプルで、サイズ感、厚さ、重さのバランスがとてもよく、使い勝手もバツグン。
器として使わなくてもインテリアのエッセンスになりうる千尋さんの作品です。

千尋さんのコメントです。
モノクロの器作りを続けてきていくつか他の色味も挑戦しているのですが、
今回の展示では『仄々(ほのぼの)明け』という夜が明ける直前の時間帯をモチーフにしたものと、
『夜の森』という、二つのシリーズを加えて制作しようと思っています。
動物や風景などにあこがれて描いていますが、情景とともに時間の意識を色にすることで
モノクロを含めた全体の世界観を損なわないで見ていただけたらうれしいです。

 

 

ovejita・やざわしのぶさん

 

千葉県・館山市でストールを制作しているやざわしのぶさん。
毎朝のお散歩で発見する小さな野の花にインスピレーションを受け、しのぶさんのフィルターを通した植物のモチーフ。
それらは、ニードルパンチなどによるフェルトやステッチによって表現されます。
その図案化された植物はあまりにもキュートで優しく愛にあふれています。
しのぶさんのテンでの企画は今回で2度め。
乙女心をガッツリつかまれた人がたくさんいらっしゃいましたが、私の乙女な心もヤラれました。

しのぶさんのコメントです。
嬉しくなる気持ちが湧いてくるまで模索します。
そして、同じシリーズを何枚つくっても、一枚一枚仕上げると、「あぁ、コレだよなぁ。」と思います。
ずっとつくり続けても変わらない気持ち。
その中でもアタラシイ小さい発見をして、それを積み重ねて。
この頃は、なるべくシンプルな線と複雑な色を、より意識するようになりました。
つくる時には、モチーフを描くだけでなく、あの感じ!というような感覚や空間を意識して、
最終的に、リズムが感じられるような全体を目指して。
今回は、秋の始まりに上着代わりになるようなウールの大判ストールもつくりました。

 

 

 

 

昨日のブログで、千尋さんが今日いらっしゃるとお伝えいたしましたが、

窯焚きの都合で来られなくなってしまいました。(泣)

楽しみにしておられたみなさん、すみません・・・。

私も残念ですー。

 

 

 

 

ついに最終日となってしまいました。

どうぞお見逃しなく!!!

 

 

 

 

 

 

そして、今日は、

月イチランチ『kiredo kitchen』の日です。

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

 

今月の主役はバターナッツ。

収穫時期と貯蔵期間を間違えると途端に味に違いが出るバターナッツ。

キレドならではの濃厚な甘さを感じてほしいです。

 

バターナッツはねっとりしているのが特徴のカボチャ。

ポピュラーなポタージュの他、

その個性をいかしてパスタにしても美味しいことを知っていただきたいです。

 

そのほか、今からが旬のカリフラワーの美味しい食べ方もご紹介します。

 

 

バターナッツ

 

 

 

 

グリーンカリフラワー

 

 

 

ルッコラ

 

 

 

 

12:00〜、13:30〜  各時間帯10〜15名

ランチセット(前菜・スープ・パスタ・コーヒー):1,500円

 

まだお席をご案内できます。

ランチご希望の方は、今すぐお電話くださいね。

tel:0475-78-3068

 

 

 

 

 

 

 

 

明日から31日(水)は、お休みをいただきます。

11月1日からの新しい企画『combinaison』展でお会いしましょう♪

 

 

 

急に冷え込んできましたね。

風邪など引かれませんよう、お気を付けくださいませ。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:20 |

『natureNATUREnature』展 明日まで! & 明日『kiredo kitchen』

 

こんにちは。

 

 

久しぶりの気持ちのよい秋晴れ!

爽やかです。

 

 

 

ドウダンツツジも徐々に紅葉してきました。

 

 

 

 

 

 

今月の企画『natureNATUREnature』展、会期終盤。

 

 

坂井千尋さん

 

東京・日野市で作陶する坂井千尋さん。
千尋さんの作品には、ツバメ、ネコ、トリ、ロバ、犬、ブタ、フクロウ、ウサギ、・・・など、動物がモチーフになっています。
ちょっとリアルなモノクロのそれらは、クールなイメージでありながら、どこか温かみがあります。
千尋さんのセレクトする動物たちは、身近にいるものや自然の中にいるもので動物園で見るものではありません。
彼女が意識されているのか否かはわかりませんが、千尋さんの自然への愛を感じます。
また木版画のような手の仕事の感覚が伝わってくる作風が、よりホッコリ気分を醸し出しています。
カタチは至ってシンプルで、サイズ感、厚さ、重さのバランスがとてもよく、使い勝手もバツグン。
器として使わなくてもインテリアのエッセンスになりうる千尋さんの作品です。

千尋さんのコメントです。
モノクロの器作りを続けてきていくつか他の色味も挑戦しているのですが、
今回の展示では『仄々(ほのぼの)明け』という夜が明ける直前の時間帯をモチーフにしたものと、
『夜の森』という、二つのシリーズを加えて制作しようと思っています。
動物や風景などにあこがれて描いていますが、情景とともに時間の意識を色にすることで
モノクロを含めた全体の世界観を損なわないで見ていただけたらうれしいです。

 

在廊日:1日(月)・6日(土)・22日(月)

 

 

ovejita・やざわしのぶさん

 

千葉県・館山市でストールを制作しているやざわしのぶさん。
毎朝のお散歩で発見する小さな野の花にインスピレーションを受け、しのぶさんのフィルターを通した植物のモチーフ。
それらは、ニードルパンチなどによるフェルトやステッチによって表現されます。
その図案化された植物はあまりにもキュートで優しく愛にあふれています。
しのぶさんのテンでの企画は今回で2度め。
乙女心をガッツリつかまれた人がたくさんいらっしゃいましたが、私の乙女な心もヤラれました。

しのぶさんのコメントです。
嬉しくなる気持ちが湧いてくるまで模索します。
そして、同じシリーズを何枚つくっても、一枚一枚仕上げると、「あぁ、コレだよなぁ。」と思います。
ずっとつくり続けても変わらない気持ち。
その中でもアタラシイ小さい発見をして、それを積み重ねて。
この頃は、なるべくシンプルな線と複雑な色を、より意識するようになりました。
つくる時には、モチーフを描くだけでなく、あの感じ!というような感覚や空間を意識して、
最終的に、リズムが感じられるような全体を目指して。
今回は、秋の始まりに上着代わりになるようなウールの大判ストールもつくりました。

 

在廊日:6日(土)・7日(日)

 

 

 

明日、千尋さん来られることになりました♪♫

こちらに到着の時間が未定ですが、会いにいらしてくださいね!

 

 

 

今展、明日が最終日となってしまいました。

どうぞお見逃しなく!!!

 

 

 

 

 

 

さて、明日は、月イチランチ『kiredo kitchen』の日です。

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

 

今月の主役はバターナッツ。

収穫時期と貯蔵期間を間違えると途端に味に違いが出るバターナッツ。

キレドならではの濃厚な甘さを感じてほしいです。

 

バターナッツはねっとりしているのが特徴のカボチャ。

ポピュラーなポタージュの他、

その個性をいかしてパスタにしても美味しいことを知っていただきたいです。

 

そのほか、今からが旬のカリフラワーの美味しい食べ方もご紹介します。

 

 

 

 


12:00〜、13:30〜  各時間帯10〜15名
ご予約をいただいた方優先でお席を確保できますので、お決まりの方はご連絡をくださいね。

 

ランチセット(前菜・スープ・パスタ・コーヒー):1,500円

 

 

 

 

 

 

 

昨日のスタッフHが閉店後に大網駅に向かって歩きつつ、

すぐ近くの神社の写真を送ってくれました。

「明日、お祭りみたいですよ。」と。

 

 

 

今日の10時半過ぎ、

ドンドンピーヒャララ♫と音が聞こえてきて、

急いで階段を下りていったら、

お神輿をかついだ地元の人たちが通り過ぎていきました。

よいお天気でよかったよかった。

 

 

 

 

 

 

爽やかで気持ちの良いお天気の日曜。

どうぞお出かけくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:39 |

『natureNATUREnature』展 あと3日 & 本日『カラダで覚える英語の会』 & 昨日の『おむすびランチ』 & 明後日の『kiredo kitchen』

 

 

こんにちは。

 

 

少し冷えています。

朝はどんより厚い雲がかかっていましたが、

だんだん日が差してきました。

秋らしい一日になりそうですね。

 

 

カシワバアジサイの葉が赤くなってきました。

 

 

 

 

 

 

今月の企画『natureNATUREnature』展、会期終盤。

 

 

坂井千尋さん

 

東京・日野市で作陶する坂井千尋さん。
千尋さんの作品には、ツバメ、ネコ、トリ、ロバ、犬、ブタ、フクロウ、ウサギ、・・・など、動物がモチーフになっています。
ちょっとリアルなモノクロのそれらは、クールなイメージでありながら、どこか温かみがあります。
千尋さんのセレクトする動物たちは、身近にいるものや自然の中にいるもので動物園で見るものではありません。
彼女が意識されているのか否かはわかりませんが、千尋さんの自然への愛を感じます。
また木版画のような手の仕事の感覚が伝わってくる作風が、よりホッコリ気分を醸し出しています。
カタチは至ってシンプルで、サイズ感、厚さ、重さのバランスがとてもよく、使い勝手もバツグン。
器として使わなくてもインテリアのエッセンスになりうる千尋さんの作品です。

千尋さんのコメントです。
モノクロの器作りを続けてきていくつか他の色味も挑戦しているのですが、
今回の展示では『仄々(ほのぼの)明け』という夜が明ける直前の時間帯をモチーフにしたものと、
『夜の森』という、二つのシリーズを加えて制作しようと思っています。
動物や風景などにあこがれて描いていますが、情景とともに時間の意識を色にすることで
モノクロを含めた全体の世界観を損なわないで見ていただけたらうれしいです。

 

在廊日:1日(月)・6日(土)・他?

 

 

ovejita・やざわしのぶさん

 

千葉県・館山市でストールを制作しているやざわしのぶさん。
毎朝のお散歩で発見する小さな野の花にインスピレーションを受け、しのぶさんのフィルターを通した植物のモチーフ。
それらは、ニードルパンチなどによるフェルトやステッチによって表現されます。
その図案化された植物はあまりにもキュートで優しく愛にあふれています。
しのぶさんのテンでの企画は今回で2度め。
乙女心をガッツリつかまれた人がたくさんいらっしゃいましたが、私の乙女な心もヤラれました。

しのぶさんのコメントです。
嬉しくなる気持ちが湧いてくるまで模索します。
そして、同じシリーズを何枚つくっても、一枚一枚仕上げると、「あぁ、コレだよなぁ。」と思います。
ずっとつくり続けても変わらない気持ち。
その中でもアタラシイ小さい発見をして、それを積み重ねて。
この頃は、なるべくシンプルな線と複雑な色を、より意識するようになりました。
つくる時には、モチーフを描くだけでなく、あの感じ!というような感覚や空間を意識して、
最終的に、リズムが感じられるような全体を目指して。
今回は、秋の始まりに上着代わりになるようなウールの大判ストールもつくりました。

 

在廊日:6日(土)・7日(日)

 

 

 

今展、残すところあと3日となってしまいました。

どうぞお見逃しなく!!!

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『カラダで覚える英語の会』のレッスン中。

 

”いざという時に堂々と話せる英語を楽しくカラダで覚えましょう”がコンセプト。
好奇心旺盛・チャレンジ精神旺盛な小川洋子さんの
長い海外生活での豊富なおもしろエピソードを題材に、
”読む・書く”英語から”聴く・話す”英語を体感しましょう。
ネイティブスピーカーならではの表現や使い方も教わります。
洋子さん専門のアロマ・呼吸法を取り入れ、リラックスしながら楽しいレッスンを!
毎回、一回完結の内容です。
単発でも連続でもご参加いただけます。
英語が全く苦手という方対象の初級クラス、
英語で日常会話をもっと流暢にという方対象の中級クラスの2クラス編成です。

 

前半の回に、久しぶりに私も参加。

洋子さんの実話に基づくおもしろいテーマ。

笑いあり、心温まる友情ありの楽しい内容で、

あっという間の90分でした。

英語熱、高まってきたぞー↑↑↑

 

 

 

 

 

 

昨日の『おむすびランチ・おむすびテイクアウト』の報告です。

 

大好評”おむすび茶屋 さつき”さんがまたまた登場!

ほぼレギュラーランチになりつつあります♪

 

宮下治子さんは、千葉県香取郡神崎にある酒蔵”寺田本家”に勤めながら地域の生産者さんたちと知り合っていきました。

2年前に独立し”さつき”を立ち上げました。

食をとおしての人生体験や様々な人々との出会いを通じて、

そして、田畑(大地)に触れ、料理は命そのものであり、

食べることの喜びと、食の産み出す無限の力を表現・追求していきたい。

そんな治子さんは、小さなキッチンカーでおむすびの出張販売、

旬の料理教室を営むようになりました。

 

治子さんのおむすびは、

太陽・大地・海の恵みが、お米一粒一粒で結ばれ、まさに命のご馳走。

生産者さんたちが丹精込めて作った魚やおかかや手作りの具、

白米や玄米、お好みに応じてホッコリ結びます。

 

米:藤崎農場の無農薬玄米、こうざき自然塾の減農薬白米。

塩:自然海塩

海苔:有明産

味噌:こうざき自然塾の熟成発芽玄米麹味噌

酒粕:寺田本家の熟成酒粕

椎茸:西伊豆産の干し椎茸

昆布:こんぶ土居の真昆布

鰹節:タイコウの一本釣り鰹節

他具材:全て国内産、添加物を使わず手間ひまかけて作っています。

 

 

コレコレコレ・・・。

この越田商店のサバが絶品なのです♡

こちらのことが、マガジンハウスの記事で紹介されています。→

 

 

 

治子さんが、大地の栄養を心をこめてむすびます。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、明後日は、月イチランチ『kiredo kitchen』の日です。

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

 

今月の主役はバターナッツ。

収穫時期と貯蔵期間を間違えると途端に味に違いが出るバターナッツ。

キレドならではの濃厚な甘さを感じてほしいです。

 

バターナッツはねっとりしているのが特徴のカボチャ。

ポピュラーなポタージュの他、

その個性をいかしてパスタにしても美味しいことを知っていただきたいです。

 

そのほか、今からが旬のカリフラワーの美味しい食べ方もご紹介します。

 

 

 

 


12:00〜、13:30〜  各時間帯10〜15名
ご予約をいただいた方優先でお席を確保できますので、お決まりの方はご連絡をくださいね。

 

ランチセット(前菜・スープ・パスタ・コーヒー):1,500円

 

 

 

 

 

昨日、近田美穂さん、美味しーいシュークリームを作って持ってきてくださいました♪

近田さん、来年から育児休業中だったカフェを再開!

テンでの提供は12月がラストです。

 

 

 

 

 

 

今日はどこかに出かけたくなるような陽気ですね。

楽しい一日をお過ごしくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:31 |

『natureNATUREnature』展 会期終盤 & 本日『おむすびランチ・テイクアウト』 & 明日『カラダで覚える英語の会』

 

 

こんにちは。

 

 

なかなか晴れの日が少ない10月ですね。

今日もどんより曇っていますが、気温はカイテキ♫

 

 

 

 

 

 

 

今月の企画『natureNATUREnature』展、会期終盤。

 

 

坂井千尋さん

 

東京・日野市で作陶する坂井千尋さん。
千尋さんの作品には、ツバメ、ネコ、トリ、ロバ、犬、ブタ、フクロウ、ウサギ、・・・など、動物がモチーフになっています。
ちょっとリアルなモノクロのそれらは、クールなイメージでありながら、どこか温かみがあります。
千尋さんのセレクトする動物たちは、身近にいるものや自然の中にいるもので動物園で見るものではありません。
彼女が意識されているのか否かはわかりませんが、千尋さんの自然への愛を感じます。
また木版画のような手の仕事の感覚が伝わってくる作風が、よりホッコリ気分を醸し出しています。
カタチは至ってシンプルで、サイズ感、厚さ、重さのバランスがとてもよく、使い勝手もバツグン。
器として使わなくてもインテリアのエッセンスになりうる千尋さんの作品です。

千尋さんのコメントです。
モノクロの器作りを続けてきていくつか他の色味も挑戦しているのですが、
今回の展示では『仄々(ほのぼの)明け』という夜が明ける直前の時間帯をモチーフにしたものと、
『夜の森』という、二つのシリーズを加えて制作しようと思っています。
動物や風景などにあこがれて描いていますが、情景とともに時間の意識を色にすることで
モノクロを含めた全体の世界観を損なわないで見ていただけたらうれしいです。

 

在廊日:1日(月)・6日(土)・他?

 

 

ovejita・やざわしのぶさん

 

千葉県・館山市でストールを制作しているやざわしのぶさん。
毎朝のお散歩で発見する小さな野の花にインスピレーションを受け、しのぶさんのフィルターを通した植物のモチーフ。
それらは、ニードルパンチなどによるフェルトやステッチによって表現されます。
その図案化された植物はあまりにもキュートで優しく愛にあふれています。
しのぶさんのテンでの企画は今回で2度め。
乙女心をガッツリつかまれた人がたくさんいらっしゃいましたが、私の乙女な心もヤラれました。

しのぶさんのコメントです。
嬉しくなる気持ちが湧いてくるまで模索します。
そして、同じシリーズを何枚つくっても、一枚一枚仕上げると、「あぁ、コレだよなぁ。」と思います。
ずっとつくり続けても変わらない気持ち。
その中でもアタラシイ小さい発見をして、それを積み重ねて。
この頃は、なるべくシンプルな線と複雑な色を、より意識するようになりました。
つくる時には、モチーフを描くだけでなく、あの感じ!というような感覚や空間を意識して、
最終的に、リズムが感じられるような全体を目指して。
今回は、秋の始まりに上着代わりになるようなウールの大判ストールもつくりました。

 

在廊日:6日(土)・7日(日)

 

 

今展、残すところあと4日となってしまいました。

どうぞお見逃しなく!!!

 

 

 

 

 

 

 

今日は、『おむすびランチ・おむすびテイクアウト』の日です。

 

大好評”おむすび茶屋 さつき”さんがまたまた登場!

ほぼレギュラーランチになりつつあります♪

 

宮下治子さんは、千葉県香取郡神崎にある酒蔵”寺田本家”に勤めながら地域の生産者さんたちと知り合っていきました。

2年前に独立し”さつき”を立ち上げました。

食をとおしての人生体験や様々な人々との出会いを通じて、

そして、田畑(大地)に触れ、料理は命そのものであり、

食べることの喜びと、食の産み出す無限の力を表現・追求していきたい。

そんな治子さんは、小さなキッチンカーでおむすびの出張販売、

旬の料理教室を営むようになりました。

 

治子さんのおむすびは、

太陽・大地・海の恵みが、お米一粒一粒で結ばれ、まさに命のご馳走。

生産者さんたちが丹精込めて作った魚やおかかや手作りの具、

白米や玄米、お好みに応じてホッコリ結びます。

 

米:藤崎農場の無農薬玄米、こうざき自然塾の減農薬白米。

塩:自然海塩

海苔:有明産

味噌:こうざき自然塾の熟成発芽玄米麹味噌

酒粕:寺田本家の熟成酒粕

椎茸:西伊豆産の干し椎茸

昆布:こんぶ土居の真昆布

鰹節:タイコウの一本釣り鰹節

他具材:全て国内産、添加物を使わず手間ひまかけて作っています。

 

 

治子さんのおむすびをランチ@カフェで、

テイクアウトで ご提供いたします。

なお、いずれもご予約をいただいた方に優先して提供。

(当日の飛び込みだと食材不足でお断りすることもありますので、ご予約を!)

 

カフェでのランチは、

お好みのおむすび、漬物、吸物のセットで、おむすび代金+300yen

12:00〜、13:30〜で、定員が各10〜15名でご案内。

 

テイクアウトは、

お好みのおむすびをパックします。

テイクアウトのお受け取りは当日16:30まで。

 

予約方法は、以下の(白米 or 玄米)×具材の組み合わせ、

各々の個数をお選びください。

 

A:白米

B:玄米(プラス50yen)

 

a:鯖香熟漬→350yen(玄米+50yen)

      越田商店の40年熟成漬汁に漬けた鯖は臭みがなく豊かな風味。さつき一番人気。

b:落花生の炊込みごはん→350yen(白米のみ)

   無農薬の千葉の落花生を皮のまま使って、昆布の出汁と塩だけでふっくらおこわ風に炊き上げます。

c:おかか→300yen(玄米+50yen)

   鰹目利き職人タイコウさんの選んだ一本釣鰹節をふんわりむすび、豊かな香りと旨みがお口いっぱいに広がります。

d:おかか+カマンベールチーズ→350yen(玄米+50yen)

 

 

ちなみに、ランチセットでは・・・

●汁物:旬菜の汁物 

●漬物:旬菜の漬物

 

カフェでのランチは、

お好みのおむすび、漬物、吸物のセットで、おむすび代金+300yen

12:00〜、13:30〜で、定員が各10〜15名でご案内。

 

テイクアウトは、

お好みのおむすびをパックします。

テイクアウトのお受け取りは当日16:30まで。

 

 

本日、食材を少し多めにご準備しています。

ご希望の方は、今すぐお電話をくださいね。

tel:0475-78-3068

 

 

コレコレコレ・・・。

この越田商店のサバが絶品なのです♡

こちらのことが、マガジンハウスの記事で紹介されています。→

 

 

 

 

 

 

 

明日は、月イチカルチャー『カラダで覚える英語の会』の日。

  9:00〜10:20(中級クラス)
10:30〜11:50(初級クラス) 

”いざという時に堂々と話せる英語を楽しくカラダで覚えましょう”がコンセプト。
好奇心旺盛・チャレンジ精神旺盛な小川洋子さんの
長い海外生活での豊富なおもしろエピソードを題材に、
”読む・書く”英語から”聴く・話す”英語を体感しましょう。
ネイティブスピーカーならではの表現や使い方も教わります。
洋子さん専門のアロマ・呼吸法を取り入れ、リラックスしながら楽しいレッスンを!
毎回、一回完結の内容です。
単発でも連続でもご参加いただけます。
英語が全く苦手という方対象の初級クラス、
英語で日常会話をもっと流暢にという方対象の中級クラスの2クラス編成です。

講師:小川洋子さん
会費:2500円
定員:各会max6名
要予約→各会先着6名まで

 

参加ご希望の方は、今日の15時頃までにご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:35 |
home1.jpg

home2.jpg


facebook

instagram



    gallery ten 営業カレンダー
    営業時間 12:00〜17:00
  gallery ten 営業カレンダー
    ※カフェの営業は
      ギャラリー営業日と同じです。
    ※詳細は、HPでご確認ください。


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
BLOG CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 内田鋼一さんの皿 & 癒しのマッサージ
    ten (09/29)
  • 内田鋼一さんの皿 & 癒しのマッサージ
    石野良和 (09/29)
  • 横道佑器さんと打ち合わせ@豊中 
    ten (09/11)
  • 横道佑器さんと打ち合わせ@豊中 
    小澤 早苗 (09/11)
  • 『daily comfort』展 5日め & 笹本雅行さんのオブジェ & "奈央屋”の『キーマカレー』 & 明日『近田美穂さんのケーキ』・『kiredo kitchen』
    ten (09/06)
  • 『daily comfort』展 5日め & 笹本雅行さんのオブジェ & "奈央屋”の『キーマカレー』 & 明日『近田美穂さんのケーキ』・『kiredo kitchen』
    はじめまして。 (09/06)
  • ノモトヒロシさんと打ち合わせ in 軽井沢
    ten (09/07)
  • ノモトヒロシさんと打ち合わせ in 軽井沢
    Ricca OKANO (09/07)
  • 『常設展』 3日め & 林みちよさんのオブジェ & “merle”の『パプリカとトマトのカレー Rouge』 & 近田美穂さんの生ケーキ & 明日『楽々日本史の会』 & 『人狼ゲーム』のお誘い
    ten (08/03)
  • 『常設展』 3日め & 林みちよさんのオブジェ & “merle”の『パプリカとトマトのカレー Rouge』 & 近田美穂さんの生ケーキ & 明日『楽々日本史の会』 & 『人狼ゲーム』のお誘い
    ヤナガワ (08/03)
モバイル
qrcode