ギャラリーテン Daily Alle Colle

gallery ten・店主のblog

『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展 2日め & 田辺京子さんの楕円鉢 & 本日 MANANI・牛尾みずきさん在廊! & cook lab”迷羊舎”・菅原裕喜さんの『マイルドグリーンカレー』 & 明日『大人の書の会』

 

 

こんにちは。

 

 

暑い、暑すぎる・・・。(汗)

早く秋が来てほしいです・・・。

 

 

 

 

こんなに暑いのに、涼し気な顔で可憐に咲いているコレ。

暑すぎて植物の名前も思い出せない・・・。

見ている数秒間だけ癒され、暑い現実に戻される・・・。

暑くてネガティブなことしか言えません。すみません・・・。

 

 

 

 

 

 

新企画『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展、2日め。

 

 

今展はとにかくカラフルで賑やか!

九谷焼のカラフルな上絵とアフリカのカラフルなプリントが勢ぞろい。

どこか共通点さえ感じられる九谷とアフリカンプリント。

テーマのカラーは、米語では”color”が一般的ですが、字面がよいなぁと思い”colour”にしました。

 

 

田辺京子さんは金沢出身金沢在住。

九谷焼では”五彩”と呼ばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色を使い、盛るように上絵を施したもの。

京子作品は、一見、いわゆる古典的な九谷焼さながらの華麗で斬新な色柄。

よく見ると、九谷カラーを踏襲しながらも、なんともユニークでウィットにとんだ上絵が魅力。

京子さんの絵の世界には、ププっと笑みがこぼれてしまいます。

そのシュールでユルい底抜けの明るいセンスは、京子さん自身の気さくで楽しい人柄に裏付けられています。

今回、ゲンキいっぱいのワクワクする器やオブジェが勢ぞろいします。

ぜひご高覧ください。

 

・・・実は、先週、京子さんの窯が故障するというハプニング、

また九谷の粘土が不足しているという事態で、

初日にご覧いただく作品をたくさん展開することができません。

ただいま、大汗かいた京子さん、必死のパッチで制作中。

でき次第、追加追加で送っていただくことになっています。

その情報はブログで随時おしらせいたします。

 

在廊日:未定

 

 

MANANIの牛尾みずきさん、フランス・パリに住んで20年。

燦々と強い太陽の下に映えるカラフルで強烈なインパクトのあるアフリカンプリント。

そのテキスタイルを使った魅力的な服やバッグを制作。

屋号の”MANANI”は、西アフリカのジュラ(バンバラ)語で”プラスティック”という意味。

アフリカでは、カラフルなままごとのようなプラスティック素材で、バケツ、人形、皿、コップ、ゴザなどが日常的に使われています。

”造形”という意味もあるプラスティックという言葉を使って、身近に楽しんでもらいたいという想いで制作されているそうです。

みずきさんの仕事で一番楽しいのが生地を選ぶこと。

膨大な量の生地の中から自分のアンテナに引っ掛かるものを見つけた時の喜びは言葉に表せないほどだとのこと。

アフリカンプリントは、常に柄や色が変化しており、一度買い損ねてしまうと同じものをまた見つけるのは不可能。

MANANIを始めて18年、いまだに毎回毎回新鮮な生地に感動し、飽きることがないと言う。

今回、スカート、ワンピース、パンツなどに加えて、バッグやアフリカの雑貨も勢ぞろい。

これからやってくる暑い夏、バーッと気分が晴れるヴィヴィッドな色柄を身にまとってお出かけしませんか。

 

実はみずきさんのご実家がテンから車で20分という近さ。

しばしば新しい作品を追加していただきます。

 

在廊日:1日(日)、2日(月)

 

 

今日も、牛尾みずきさんが在廊されます。

また少し作品の追加納品があります♪

作品の話、パリの話、アフリカの話、・・・、ぜひみずきさんに会いにいらしてくださいね。

 

 

 

今日は田辺京子さんの楕円の皿(鉢)をご紹介します。

 

なんという存在感。

パッと見、トラディショナルな九谷かと思いきや、

やはり京子ワールドがさく裂しております♪

このシュールでナンセンス、ファンシーでナンセンス、・・・

そんな感じが好みのツボでございます。

 

かなり大ぶりで、和洋問わずどんな料理でも受け止める包容力あり。

今回3点納品。

長辺:29.5cm、短辺:21cm、鷹さ:5cm

19440yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コチラ、昨日の朝、梱包を解いた時にヒトメボレ♡

私がゲットいたしました。

ただいまカレーランチをこの皿でお出ししております。

大満足〜!

 

 

 

 

 

 

 

7月1日(日)〜8日(日)

月替わり期間限定カレーランチ 『マイルドグリーンカレー』

 

毎回、美味しいと大好評の

cook lab ”迷羊舎”主宰・菅原裕喜さん、再登場。

 

裕喜さん自身、グリーンカレーが大好きだけれど

食べているうちに辛すぎてつらくなるのをどうにかしたくて作られたもの。

8種類の野菜とココナッツミルクの甘さと鶏肉の旨みで、

辛いながらも辛さが後に残らない食べやすいカレー。

暑くなってくると無性に食べたくなるグリーンカレーを再リクエストしました。

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

昨日、久しぶりにユキさんのグリーンカレーを食べました。

コレコレ、美味しいこの味だー!

ユキさん、5日にご来店予定だそうです♪

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

明日は、月イチカルチャー『大人の書の会』です。

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

講師:西尾修一さん
会費:2500円
 

参加ご希望の方は、本日17時までにご連絡ください。

なお、今月の書の会は、

明日の3日(火)と7日(土)を予定しています。

 

 

 

 

 

 

涼しくしてみなさまのご来店をお待ちしております。

ぜひお出かけくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:36 |

新企画『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展 本日スタート! & 本日 MANANI・牛尾みずきさん在廊! & cook lab”迷羊舎”・菅原裕喜さんの『マイルドグリーンカレー』

 

こんにちは。

 

 

今日から7月です。

暑いです。(汗)

 

 

 

 

 

本日、新企画『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展が始まります。

 

 

今展はとにかくカラフルで賑やか!

九谷焼のカラフルな上絵とアフリカのカラフルなプリントが勢ぞろい。

どこか共通点さえ感じられる九谷とアフリカンプリント。

テーマのカラーは、米語では”color”が一般的ですが、字面がよいなぁと思い”colour”にしました。

 

 

田辺京子さんは金沢出身金沢在住。

九谷焼では”五彩”と呼ばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色を使い、盛るように上絵を施したもの。

京子作品は、一見、いわゆる古典的な九谷焼さながらの華麗で斬新な色柄。

よく見ると、九谷カラーを踏襲しながらも、なんともユニークでウィットにとんだ上絵が魅力。

京子さんの絵の世界には、ププっと笑みがこぼれてしまいます。

そのシュールでユルい底抜けの明るいセンスは、京子さん自身の気さくで楽しい人柄に裏付けられています。

今回、ゲンキいっぱいのワクワクする器やオブジェが勢ぞろいします。

ぜひご高覧ください。

 

・・・実は、先週、京子さんの窯が故障するというハプニング、

また九谷の粘土が不足しているという事態で、

初日にご覧いただく作品をたくさん展開することができません。

ただいま、大汗かいた京子さん、必死のパッチで制作中。

でき次第、追加追加で送っていただくことになっています。

その情報はブログで随時おしらせいたします。

 

在廊日:未定

 

 

MANANIの牛尾みずきさん、フランス・パリに住んで20年。

燦々と強い太陽の下に映えるカラフルで強烈なインパクトのあるアフリカンプリント。

そのテキスタイルを使った魅力的な服やバッグを制作。

屋号の”MANANI”は、西アフリカのジュラ(バンバラ)語で”プラスティック”という意味。

アフリカでは、カラフルなままごとのようなプラスティック素材で、バケツ、人形、皿、コップ、ゴザなどが日常的に使われています。

”造形”という意味もあるプラスティックという言葉を使って、身近に楽しんでもらいたいという想いで制作されているそうです。

みずきさんの仕事で一番楽しいのが生地を選ぶこと。

膨大な量の生地の中から自分のアンテナに引っ掛かるものを見つけた時の喜びは言葉に表せないほどだとのこと。

アフリカンプリントは、常に柄や色が変化しており、一度買い損ねてしまうと同じものをまた見つけるのは不可能。

MANANIを始めて18年、いまだに毎回毎回新鮮な生地に感動し、飽きることがないと言う。

今回、スカート、ワンピース、パンツなどに加えて、バッグやアフリカの雑貨も勢ぞろい。

これからやってくる暑い夏、バーッと気分が晴れるヴィヴィッドな色柄を身にまとってお出かけしませんか。

 

実はみずきさんのご実家がテンから車で20分という近さ。

しばしば新しい作品を追加していただきます。

 

在廊日:1日(日)ほか

 

 

今日は、牛尾みずきさんが在廊されます。

作品の話、パリの話、アフリカの話、・・・、ぜひみずきさんに会いにいらしてくださいね。

 

 

 

初日につき、全体の様子をザッとお伝えいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月1日(日)〜8日(日) 

月替わり期間限定カレーランチ 『マイルドグリーンカレー』

 

毎回、美味しいと大好評の

cook lab ”迷羊舎”主宰・菅原裕喜さん、再登場。

 

裕喜さん自身、グリーンカレーが大好きだけれど

食べているうちに辛すぎてつらくなるのをどうにかしたくて作られたもの。

8種類の野菜とココナッツミルクの甘さと鶏肉の旨みで、

辛いながらも辛さが後に残らない食べやすいカレー。

暑くなってくると無性に食べたくなるグリーンカレーを再リクエストしました。

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

↓前回の裕喜さんのグリーンカレー

 

 

 

 

 

 

 

 

店内、ヒエヒエにしてお待ちしております。

ぜひご来店くださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:10 |

新企画『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展 明日スタート!

 

こんばんは。

 

 

梅雨が明けてしまいました。(汗)

一気に真夏がやってきてしまいました。(汗)

若干機嫌悪し・・・。(汗)

 

 

植物に癒され、暑さに立ち向かいます。(汗)

 

 

 

 

 

今年の2分の1、シューリョー・・・。

速い、早すぎる・・・。

明日から7月。

 

 

新しい企画『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展が始まります。

 

 

今展はとにかくカラフルで賑やか!

九谷焼のカラフルな上絵とアフリカのカラフルなプリントが勢ぞろい。

どこか共通点さえ感じられる九谷とアフリカンプリント。

テーマのカラーは、米語では”color”が一般的ですが、字面がよいなぁと思い”colour”にしました。

 

 

田辺京子さんは金沢出身金沢在住。

九谷焼では”五彩”と呼ばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色を使い、盛るように上絵を施したもの。

京子作品は、一見、いわゆる古典的な九谷焼さながらの華麗で斬新な色柄。

よく見ると、九谷カラーを踏襲しながらも、なんともユニークでウィットにとんだ上絵が魅力。

京子さんの絵の世界には、ププっと笑みがこぼれてしまいます。

そのシュールでユルい底抜けの明るいセンスは、京子さん自身の気さくで楽しい人柄に裏付けられています。

今回、ゲンキいっぱいのワクワクする器やオブジェが勢ぞろいします。

ぜひご高覧ください。

 

・・・実は、先週、京子さんの窯が故障するというハプニング、

また九谷の粘土が不足しているという事態で、

初日にご覧いただく作品をたくさん展開することができません。

ただいま、大汗かいた京子さん、必死のパッチで制作中。

でき次第、追加追加で送っていただくことになっています。

その情報はブログで随時おしらせいたします。

 

在廊日:未定

 

 

MANANIの牛尾みずきさん、フランス・パリに住んで20年。

燦々と強い太陽の下に映えるカラフルで強烈なインパクトのあるアフリカンプリント。

そのテキスタイルを使った魅力的な服やバッグを制作。

屋号の”MANANI”は、西アフリカのジュラ(バンバラ)語で”プラスティック”という意味。

アフリカでは、カラフルなままごとのようなプラスティック素材で、バケツ、人形、皿、コップ、ゴザなどが日常的に使われています。

”造形”という意味もあるプラスティックという言葉を使って、身近に楽しんでもらいたいという想いで制作されているそうです。

みずきさんの仕事で一番楽しいのが生地を選ぶこと。

膨大な量の生地の中から自分のアンテナに引っ掛かるものを見つけた時の喜びは言葉に表せないほどだとのこと。

アフリカンプリントは、常に柄や色が変化しており、一度買い損ねてしまうと同じものをまた見つけるのは不可能。

MANANIを始めて18年、いまだに毎回毎回新鮮な生地に感動し、飽きることがないと言う。

今回、スカート、ワンピース、パンツなどに加えて、バッグやアフリカの雑貨も勢ぞろい。

これからやってくる暑い夏、バーッと気分が晴れるヴィヴィッドな色柄を身にまとってお出かけしませんか。

 

実はみずきさんのご実家がテンから車で20分という近さ。

しばしば新しい作品を追加していただきます。

 

在廊日:1日(日)ほか

 

 

 

明日の午前中に京子さんの作品の追加第一弾が到着予定。

ドワーっと梱包を解いてドワーっと出します。

リストは来ていますが、どんな作品が登場するかワクワク♪

店主の特権として、気に入ったモノを先にキープしようと思っていますが、

もし開店時間を超えた場合、お客様と競争です!

クビ洗ってお待ち申し上げる所存です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

| 展覧会 | 21:47 |

7月の催しのおしらせ

 

 

こんばんは。

 

 

南風が強く、蒸し暑い一日でしたね。

 

 

 

 

7月の催しのおしらせです。

 

 

 

◎7月1日(日)〜23日(月) 『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展

 

今展はとにかくカラフルで賑やか!

九谷焼のカラフルな上絵とアフリカのカラフルなプリントが勢ぞろい。

どこか共通点さえ感じられる九谷とアフリカンプリント。

テーマのカラーは、米語では”color”が一般的ですが、字面がよいなぁと思い”colour”にしました。

 

 

田辺京子さんは金沢出身金沢在住。

九谷焼では”五彩”と呼ばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色を使い、盛るように上絵を施したもの。

京子作品は、一見、いわゆる古典的な九谷焼さながらの華麗で斬新な色柄。

よく見ると、九谷カラーを踏襲しながらも、なんともユニークでウィットにとんだ上絵が魅力。

京子さんの絵の世界には、ププっと笑みがこぼれてしまいます。

そのシュールでユルい底抜けの明るいセンスは、京子さん自身の気さくで楽しい人柄に裏付けられています。

今回、ゲンキいっぱいのワクワクする器やオブジェが勢ぞろいします。

ぜひご高覧ください。

 

・・・実は、先週、京子さんの窯が故障するというハプニング、

また九谷の粘土が不足しているという事態で、

初日にご覧いただく作品をたくさん展開することができません。

ただいま、大汗かいた京子さん、必死のパッチで制作中。

でき次第、追加追加で送っていただくことになっています。

その情報はブログで随時おしらせいたします。

 

在廊日:未定

 

 

MANANIの牛尾みずきさん、フランス・パリに住んで20年。

燦々と強い太陽の下に映えるカラフルで強烈なインパクトのあるアフリカンプリント。

そのテキスタイルを使った魅力的な服やバッグを制作。

屋号の”MANANI”は、西アフリカのジュラ(バンバラ)語で”プラスティック”という意味。

アフリカでは、カラフルなままごとのようなプラスティック素材で、バケツ、人形、皿、コップ、ゴザなどが日常的に使われています。

”造形”という意味もあるプラスティックという言葉を使って、身近に楽しんでもらいたいという想いで制作されているそうです。

みずきさんの仕事で一番楽しいのが生地を選ぶこと。

膨大な量の生地の中から自分のアンテナに引っ掛かるものを見つけた時の喜びは言葉に表せないほどだとのこと。

アフリカンプリントは、常に柄や色が変化しており、一度買い損ねてしまうと同じものをまた見つけるのは不可能。

MANANIを始めて18年、いまだに毎回毎回新鮮な生地に感動し、飽きることがないと言う。

今回、スカート、ワンピース、パンツなどに加えて、バッグやアフリカの雑貨も勢ぞろい。

これからやってくる暑い夏、バーッと気分が晴れるヴィヴィッドな色柄を身にまとってお出かけしませんか。

 

実はみずきさんのご実家がテンから車で20分という近さ。

しばしば新しい作品を追加していただきます。

 

在廊日:1日(日)ほか

 

 

 

 

 

 

◎7月1日(日)〜8日(日) 

月替わり期間限定カレーランチ 『マイルドグリーンカレー』

 

毎回、美味しいと大好評の

cook lab ”迷羊舎”主宰・菅原裕喜さん、再登場。

 

裕喜さん自身、グリーンカレーが大好きだけれど

食べているうちに辛すぎてつらくなるのをどうにかしたくて作られたもの。

8種類の野菜とココナッツミルクの甘さと鶏肉の旨みで、

辛いながらも辛さが後に残らない食べやすいカレー。

暑くなってくると無性に食べたくなるグリーンカレーを再リクエストしました。

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

↓前回の裕喜さんのグリーンカレー

 

 

 

 

◎7月3日(火) 10:00〜12:00
 7月7日(土) 10:00〜12:00 『大人の書の会』vol.42

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

講師:西尾修一さん
会費:2500円
要予約

 

 

 

 

 

◎7月6日(金)10:00〜12:00 『楽々日本史(近・現代史)の会』vol.24

 

大人の教養として、もう一度日本史を学んでみませんか。
今と未来を意識した日本史の講義。

今回のテーマは、

”身分の再編成と部落解放令”

今も続く部落差別とは。
参加ご希望の方はご連絡くださいね。

講師:齋藤永良さん
会費:1500円 
要予約

 

 

 

 


◎7月13日(金) 9:30〜11:45 『薬膳料理教室の会』vol.42

薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは“血液に栄養を与えサラサラにする薬膳”。

運動不足、水分不足、ストレスが原因で、生活習慣病、夏バテ、肌荒れなどの症状が表れます。

これらは血液の汚れが関わっています。

血液をキレイにして、それらの症状の予防、改善に効果のある料理をご紹介いたします。


毎回、充実と満足の内容の薬膳料理教室、
ためになる情報がたくさんで、しかも美味しい。

ぜひご参加くださいね。

講師:田村直美さん
会費:4000円
要予約

 

 

 

 

 

◎7月20日(金)    9:00〜10:20(中級クラス)
           10:30〜11:50(初級クラス) 『からだで覚える英語の会』vol.25

”いざという時に堂々と話せる英語を楽しくカラダで覚えましょう”がコンセプト。
好奇心旺盛・チャレンジ精神旺盛な小川洋子さんの
長い海外生活での豊富なおもしろエピソードを題材に、
”読む・書く”英語から”聴く・話す”英語を体感しましょう。
ネイティブスピーカーならではの表現や使い方も教わります。
洋子さん専門のアロマ・呼吸法を取り入れ、リラックスしながら楽しいレッスンを!
毎回、一回完結の内容です。
単発でも連続でもご参加いただけます。
英語が全く苦手という方対象の初級クラス、
英語で日常会話をもっと流暢にという方対象の中級クラスの2クラス編成です。

講師:小川洋子さん
会費:2500円
定員:各会max6名
要予約→各会先着6名まで

 

 

 

 

 

◎7月14日(土) 12:00〜14:00 『おばんざいランチ』 

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。


1800円 15食限定につき、ご予約の方を優先いたします。

 

 

 

 

 

◎7月16日(月・祝)kiredo kitchen 

 世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。
 栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。
 

 kiredoの畑の移転に伴い、4月と5月はお休みでしたが、

今回久しぶりのランチです。


12:00〜、13:30〜  各時間帯10〜15名
ご予約をいただいた方優先でお席を確保できますので、お決まりの方はご連絡をくださいね。

 

ランチセット(前菜・スープ・パスタ・コーヒー):1,500円

 

 

 

 

 

 

 

ご興味のある催しにぜひおいでくださいませ。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

| 展覧会 | 23:18 |

美味しいもの 3連発!

 

こんばんは。

 

 

湿度は高いですが、涼しく過ごしやすいここ数日間。

 

今日は夏至。

これから本格的に暑い夏がやってきますが、

日は短くなっていくのですね。

 

 

 

庭のエゴノキの緑の実がたわわに成りました。

 

 

 

 

 

月曜、『ベア出没注意!』展が無事終了しました。

おいでいただいたみなさま、ありがとうございました。

搬出作業を終え、ただいま店内はガランとしています。

来週から、次回『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展の搬入があり、

それまでしばしのんびりしたいと思っています。

 

 

 

月曜、火曜、水曜の3連チャンで美味しいものをいただきました。

 

 

 

月曜。

月イチ『おばんざいランチ』。

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の料理

 

『いろいろな色の人参シリシリ』

『ふかし新ジャガイモのローズマリーオリーブ油かけ』

『チンゲン菜のひじきソースかけ』

 

『春キャベツの焼き肉味噌のせ』

『ローストビーツと葉のソテー』

 

『夏野菜の和風パエリア』

 

『野菜ブロスのえのきスープ』

 

『あやめ蕪とキュウリの和風ピクルス』

 

 

 

 

おやつも♪

 

夫のお弁当も。

 

 

 

 

火曜。

西千葉の『浜菱』さんへ。

8人で貸切。

美味しいお寿司と美味しいお酒でシアワセ〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水曜。

月イチ『Madame Noe』さんへ。

毎月、葉子さんのキレのあるデモと美味しいランチ(?)を楽しみにしています。

 

 

 

今月の料理 『Asian 2018』

 

『ピニャコラーダ』

 

『トムヤムクンSpecial』

 

『ベトナム風牛肉のしゃぶしゃぶサラダ』

 

『バイン・三―』

 

 

『イカの黒胡椒炒め』

 

『マンゴーのクレームブリュレ』

 

 

 

 

 

 

美味しいものを食べれば食べるほど

贅肉とともにゲンキがチャージされていく。

がんばろう! という気になります。

 

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

| 展覧会 | 22:49 |

『ベア出没注意!』展 本日最終日! & 本日『おばんざいランチ』

 

 

こんにちは。

 

 

 

今朝、大阪で大きな地震があったようですね。

私の実家のある豊中は震度5強。

驚いて母や弟に連絡しました。

相当怖かったと母は体の震えが止まらないと言っていました。

しばらくは余震が続くかと思いますので、

関西のみなさん、ご用心ください。

 

 

 

 

車に乗ろうと思ったら、フロントガラスにキレイなチョウチョがとまっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今月の企画『ベア出没注意!』展、会期終盤、

ついに今日が最終日です・・・。(涙)

 

 

増田光さん

 

愛知県常滑市で作陶。

光さんの作品を一度見たら忘れられないほどユニークでファンタジック。

そこにあるだけでホッコリ、ニンマリするというのは、

作品だけではなく、キュートな光さん自身もそんな存在。

そしてクマモチーフの作品が多いのは、光さんのクマ愛のあ大きさを物語っています。

他にも楽しい器や花器などがバリエーション豊かに登場。

300点余り勢ぞろいします。

 

 

金井ニー奈さん

 

千葉県成田市でテディベアを制作。

ニー奈さんのベアは、リアルでズッシリと重く肉感があり、

まるで生きているクマの赤ちゃんのよう。

それはもはやぬいぐるみではなく、親愛の情がフツフツと湧いてくるようなペットに似た存在。

ニー奈さんのベアのファンがたくさんおられ、

また国内外でのテディベアのコンテストで多くの受賞も納得。

ぜひダッコしてみてください。

ニー奈さんのベアの虜になっていくのを実感するでしょう。

 

 

 

ついに本日最終日です。

どうぞお見逃しなく!

 

 

 

 

 

今日は、月イチ『おばんざいランチ』の日です。

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。

 

 

 

ただいま、ゲンキいっぱい、仕込み中!

料理に愛と情熱を注入!

これは美味しくなるはずです。

 

 

 

今日の献立

 

・いろいろな色の人参シリシリ

・春キャベツの焼き肉味噌のせ

・ふかし新ジャガイモのローズマリーオリーブ油かけ

・チンゲン菜のひじきソースかけ

・ローストビーツと葉のソテー

・夏野菜の和風パエリア

・野菜ブロスのえのきスープ

・あやめ蕪とキュウリの和風ピクルス

 

 

本日、まだ空席がございます。

ランチご希望の方は今すぐお電話くださいね。

tel:0475-78-3068

 

 

 

 

 

 

 

地震の話に戻りますが・・・。

 

24年前の阪神大震災の時、私と赤ちゃんだった娘は、たまたま大阪に帰省していて被災しました。

その時の恐怖体験以来、いまだ地震のトラウマから免れずにいます。

当時は携帯電話がそれほど普及しておらず、NTTの固定電話の回線がパンクして繋がらない状況が続き、

不安な長い時間を過ごしました。

 

7年前の東日本大震災の時、千葉も相当揺れました。

夫や娘とは携帯が繋がらず大変心配したのはついこの前のことのようです。

その時に学んだのが、大阪の弟の携帯にはすぐにつながったこと。

結局、弟を通じて都内にいる夫、千葉にいる娘の無事がわかったのです。

 

今朝の地震の際も、大阪にいる二人の弟と母の間では携帯の電話もメールもつながらなかったようですが、

千葉の私とはすぐに電話もメールもLINEもつながりました。

今後どこかで災害に合った時は、遠隔の知人経由で連絡がとれると覚えておこうと再確認。

 

昨日、母から千葉で頻発する地震について心配のメールをもらったばかりだったのに、

その翌日には遠く離れた大阪で大きな地震が起こっている・・・。

昨日も群馬で大地震があったようですが、

いつどこで何が起こるかわかりません。

非常時の備えをするとともに、日々大切に過ごしていこうと改めて思う次第です。

 

 

 

 

 

今月の営業は本日が最終日です。

明日から30日(土)まではお休みをいただきます。

 

7月1日(日)からの新企画『KUTANI-COLOUR×AFRICA-COLOUR』展でお待ちしております。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:02 |

『ベア出没注意!』展 明日まで! & 明日『おばんざいランチ』

 

こんにちは。

 

 

この時季には珍しく肌寒い数日間。

うれしい・・・。

 

 

 

 

 

 

今月の企画『ベア出没注意!』展、会期終盤、

明日が最終日です・・・。(涙)

 

今回はクマがたくさん登場!

 

 

増田光さん

 

愛知県常滑市で作陶。

光さんの作品を一度見たら忘れられないほどユニークでファンタジック。

そこにあるだけでホッコリ、ニンマリするというのは、

作品だけではなく、キュートな光さん自身もそんな存在。

そしてクマモチーフの作品が多いのは、光さんのクマ愛のあ大きさを物語っています。

他にも楽しい器や花器などがバリエーション豊かに登場。

300点余り勢ぞろいします。

 

 

金井ニー奈さん

 

千葉県成田市でテディベアを制作。

ニー奈さんのベアは、リアルでズッシリと重く肉感があり、

まるで生きているクマの赤ちゃんのよう。

それはもはやぬいぐるみではなく、親愛の情がフツフツと湧いてくるようなペットに似た存在。

ニー奈さんのベアのファンがたくさんおられ、

また国内外でのテディベアのコンテストで多くの受賞も納得。

ぜひダッコしてみてください。

ニー奈さんのベアの虜になっていくのを実感するでしょう。

 

 

 

早くも今会期は明日が最終日です。

どうぞお見逃しなく!!!

 

 

 

 

 

 

 

明日・18日(月)は、月イチ『おばんざいランチ』の日です。

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。


1800円 15食限定につき、ご予約の方を優先いたします。

ランチご希望の方は、お早めにご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

連日のサッカー観戦で寝不足の方も多いのではないでしょうか。

私はほとんど興味がないため、毎日8〜10時間睡眠をとっています。

・・・て言うか、じゅんいちダビッドソンが好きだ・・・♡

 

 

 

 

 

 

楽しい日曜の午後をお過ごしくださいませ。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:51 |

『ベア出没注意!』展 あと3日! & 金井二―奈さんのテディベア & 昨日の『薬膳料理教室の会』 & 18日(月)の『おばんざいランチ』

 

 

こんにちは。

 

 

雨がずっと降っています。

気温低め、カイテキ♪

 

・・・と思ったら、ついさきほど地震が。

千葉は元々地震が多いですが、ここ最近特に揺れている気がします。

何事もないことを祈ります・・・。

 

 

 

 

 

 

 

今月の企画『ベア出没注意!』展、会期終盤、

残すところあと3日となりました。

 

今回はクマがたくさん登場!

 

 

増田光さん

 

愛知県常滑市で作陶。

光さんの作品を一度見たら忘れられないほどユニークでファンタジック。

そこにあるだけでホッコリ、ニンマリするというのは、

作品だけではなく、キュートな光さん自身もそんな存在。

そしてクマモチーフの作品が多いのは、光さんのクマ愛のあ大きさを物語っています。

他にも楽しい器や花器などがバリエーション豊かに登場。

300点余り勢ぞろいします。

 

 

金井ニー奈さん

 

千葉県成田市でテディベアを制作。

ニー奈さんのベアは、リアルでズッシリと重く肉感があり、

まるで生きているクマの赤ちゃんのよう。

それはもはやぬいぐるみではなく、親愛の情がフツフツと湧いてくるようなペットに似た存在。

ニー奈さんのベアのファンがたくさんおられ、

また国内外でのテディベアのコンテストで多くの受賞も納得。

ぜひダッコしてみてください。

ニー奈さんのベアの虜になっていくのを実感するでしょう

 

 

 

今日は、ニー奈さんの小さいテディベアたちをご紹介します。

小さくてもニー奈さんの手のこんだリアルかわいいクマ。

それぞれの表情や手触りが違います。

フワフワではなくガッチリしたボディ。

ホッコリします。

 

 

 

左から・・・

15120yen

 

 

 

17280yen

 

 

 

19440yen

 

 

 

12960yen

 

 

 

 

そしてテンの玄関を入って一番先に目に飛び込んでくるデッカイこの子。

こちらは非売ですが、今展のイメージを盛り上げてくれているクマさんです。

つぶらな瞳で見つめられるとハグしたくなる衝動にかられます。

持ち上げようとすると、結構重い。

いろんな方に背負っていただきました〜。

 

 

 

 

 

 

先日在廊の光さん、自分のカラダとほぼ同じクマを背負うのに奮闘中。(汗)

 

 

 

 

 

さて、

昨日の月イチカルチャー『薬膳料理教室の会』のご報告です。


薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは“梅雨の養生薬膳”。

 

梅雨は動植物にとって大切な季節ですが、低気圧の停滞、寒暖差などが原因で

片頭痛などを引き起こし、余分な水分も身体に滞りやすい季節でもあります。

気血の流れをスムーズにして身体から余分な水分を出し、

低気圧の停滞で乱れやすくなった自律神経を調えて、

梅雨時の予防、症状を改善。

不快な季節をスッキリ過ごせる料理をご紹介しました。

 

 

 

『アボカドのバナナソース和え』

・アボカド:利尿作用があるカリウムを多く含む。食物繊維が豊富。

   動脈硬化予防、美肌、便通改善効果。

・バナナ:自律神経を調えるのに必要な、メラトニンを分泌させるセロトニンを生成させるトリプトファン、

   ビタミンB6、炭水化物を含む。

   食物繊維が豊富で、身体の熱を冷まし、腸を潤して便を通す。

   血圧降下作用、疲労回復に効果。 ※冷え性の方は控えめに。

 

 

 

 

 

 

『梅干しの入った緑豆のご飯』

・緑豆(ムングダル):暑熱を取り、体内の毒を排出。尿を出しむくみを取る。

 

 

 

 

『ビーツとそら豆のオーブン焼き』

・そら豆:身体の中の余分な水分を出す。むくみに効果。

・ビーツ:カリウムが多く含まれ、むくみ解消、血圧降下作用がある。

   オリゴ糖や食物繊維が豊富で、腸内環境を整える。抗酸化効果あり。

 

 

 

 

 

 

『ビーツとヨーグルトの冷製スープ』

・ヨーグルト:粘膜を丈夫にする。老化予防、美肌、整腸作用。

・キュウリ:利尿効果が高く、むくみを取る。

   身体にこもった余分な熱を収め、のどを潤す。

・大豆:自律神経を調えるのに必要な、メラトニンを分泌させるセロトニンを生成させる

   トリプトファンが含まれる。

   身体を潤し腸を整え、痰を取り除き、血行をよくする。

 

 

 

 

 

『豚肉と芋がらのサンザシ煮』

・豚肉:身体を潤し、体力をつける。

   ビタミンB1が多く含まれ、疲労回復、イライラを防止する。

 

 

 

 

 

『ハト麦と落花生のデザート』

・ハト麦:作用が穏やかで、涼性であっても胃腸の働きを調える。

   身体の余分な水分、毒を排出、むくみ、肌荒れに効果。

   ※妊娠初期の方の飲食は注意が必要。

・落花生:オレイン酸、リノール酸が豊富で、コレステロールを抑制。

   ビタミンEも豊富で、皮にはポリフェノールが含まれ美肌効果や老化防止、

   抗酸化作用がある。 ※胃腸虚弱の方は食べすぎると消化不良を起こしやすい。

 

 

 

今月のお茶『八女茶』

 

 

 

 

まかない食べて活力アップ↑

 

 

 

会にご参加のNさんのお庭の梅をいただく。

直美さんは梅干しに、スタッフR2は砂糖漬けに、

私は2粒だけいただき、1年間糠床に入れることに。

「申年の梅は縁起がよい」とNさんに教えていただきました。

いいことあるかなぁ・・・♪

 

 

 

 

 

 

 

明後日・18日(月)は、月イチ『おばんざいランチ』の日です。

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。


1800円 15食限定につき、ご予約の方を優先いたします。

 

 

 

 

 

 

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:40 |

『ベア出没注意!』展 あと4日! & 増田光さんの皿 & 本日『薬膳料理教室の会』

 

 

おはようございます。

 

 

昨日から肌寒いくらいの気温。

梅雨冷えですね。

暑いのがダメな私には大歓迎の寒さです♪

 

 

 

 

庭のナンテンの小さい花がたくさん咲いてきました。

 

 

 

 

 

 

今月の企画『ベア出没注意!』展、会期終盤、

残すところあと4日となりました。

 

今回はクマがたくさん登場!

 

 

増田光さん

 

愛知県常滑市で作陶。

光さんの作品を一度見たら忘れられないほどユニークでファンタジック。

そこにあるだけでホッコリ、ニンマリするというのは、

作品だけではなく、キュートな光さん自身もそんな存在。

そしてクマモチーフの作品が多いのは、光さんのクマ愛のあ大きさを物語っています。

他にも楽しい器や花器などがバリエーション豊かに登場。

300点余り勢ぞろいします。

 

 

金井ニー奈さん

 

千葉県成田市でテディベアを制作。

ニー奈さんのベアは、リアルでズッシリと重く肉感があり、

まるで生きているクマの赤ちゃんのよう。

それはもはやぬいぐるみではなく、親愛の情がフツフツと湧いてくるようなペットに似た存在。

ニー奈さんのベアのファンがたくさんおられ、

また国内外でのテディベアのコンテストで多くの受賞も納得。

ぜひダッコしてみてください。

ニー奈さんのベアの虜になっていくのを実感するでしょう。

 

 

 

今日は、増田光さんの皿をご紹介します。

 

 

まずこちらはΦ24cmの丸い皿。

裏側に穴が空いておりテグスを通して壁に飾っています。

八寸あるので、カレーやパスタなど、食器としても最適。

絵柄がかわいいです。

4860yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楕円の大小の皿も食卓では重宝します。

皿いっぱいの大きな動物の絵に癒されます。

大:3780yen、小:2700yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ただいま、

月イチカルチャー『薬膳料理教室の会』のレッスン中。


薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは“梅雨の養生薬膳”。

梅雨時の湿気が原因で、

身体がだるい、むくみ、下痢、冷えを改善する料理をご紹介します。

身体の余分な水分を出し、

血行をよくし、疲れ、むくみを解消する料理で、不快な季節をスッキリ過ごしましょう。

 

 

今日の内容は明日のブログでご報告いたしますね。

 

 

 

 

 

 

映画『ファントム・スレッド』を観ました。

美しいドレス、美しい場、美しいピアノの調べ、・・・映像美にうっとり。

愛の形はさまざまだなぁ・・・と、「え゛ーーーー!?」って感じでした。(苦笑)

 

 

 

 

 

 

 

今会期も残りわずかとなりました。

どうぞお見逃しなく!

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 10:21 |

『ベア出没注意!』展 10日め & 金井二―奈さんのテディベア & ”はなう”小島祥シェフの『牛スジカレー』最終日 & 昨日の『kiredo kitchen』

 

 

こんにちは。

 

 

昨日は猛暑でしたが、今日は涼しいですね。

シアワセ〜♪

あと2℃ほど低い気温が一番うれしいけど・・・。

 

 

 

庭のムラサキシキブの白いツボミがだんだん薄ピンクに色づいてきました。

もうすぐ可愛い花が咲きそうです。

 

 

 

 

 

今月の企画『ベア出没注意!』展、10日め。

 

今回はクマがたくさん登場!

 

 

増田光さん

 

愛知県常滑市で作陶。

光さんの作品を一度見たら忘れられないほどユニークでファンタジック。

そこにあるだけでホッコリ、ニンマリするというのは、

作品だけではなく、キュートな光さん自身もそんな存在。

そしてクマモチーフの作品が多いのは、光さんのクマ愛のあ大きさを物語っています。

他にも楽しい器や花器などがバリエーション豊かに登場。

300点余り勢ぞろいします。

 

 

金井ニー奈さん

 

千葉県成田市でテディベアを制作。

ニー奈さんのベアは、リアルでズッシリと重く肉感があり、

まるで生きているクマの赤ちゃんのよう。

それはもはやぬいぐるみではなく、親愛の情がフツフツと湧いてくるようなペットに似た存在。

ニー奈さんのベアのファンがたくさんおられ、

また国内外でのテディベアのコンテストで多くの受賞も納得。

ぜひダッコしてみてください。

ニー奈さんのベアの虜になっていくのを実感するでしょう。

 

 

 

今日は、ニー奈さんのテディベアをご紹介。

前回に引き続き、私の独断にて、ベスト5とベスト6を発表します。

 

 

 

第5位

ゴールデンベージュとでも言いましょうか、

優しい色合い、柔らかい肌触り。

リアルながらなんとも愛らしいクマ。

54000yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第6位

最初に見た時、赤毛のアンの髪の色だなぁと思いました。

小ぶりながら愛くるしい表情のこの子は存在感大。

41040yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日いらした人形作家の方が、

「ニー奈さんは、この業界ではスゴい人なんですよ〜。」とおっしゃっていました。

たしかに、

国内だけではなく、アメリカ、ドイツ、シンガポール、韓国、台湾などで、

グランプリを何度も受賞されています。

賞歴はともかく、本当にすばらしいベアだと思います。

ぜひ実際にダッコしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

6月1日(金)〜10日(日) (ただし9日(土)はkiredo kitchenのため除く)

月替わり期間限定カレーランチ 

 

『牛スジカレー』

 

今回はイタリアンレストラン”はなう”のシェフ・小島祥さんによるオリジナルカレーです。

ホキ美術館のカフェで提供されているハヤシライスや

はなうさんのディナータイムのメインディッシュ用の国産和牛。

かたまりで仕入れるので、そうじをした際に出るスジ肉を捨てずにまかないで使われていたもの。

 

このカレーは2015年3月にテンのカレーランチで初登場しました。

多くのみなさんから大好評の声多し。

今回、再リクエストし実現!

 

今回のカレーはピリっと辛いながら、

後からいろんな旨みが口の中に広がり美味しい〜!

深いコクは肉のカレーながら魚介のスープが溶け込んでいるのだそうです。

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

今日がカレーの最終提供日です!

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

来月の期間限定カレーランチは、

cook lab”迷羊舎”・菅原裕喜さんの『グリーンカレー』です。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

そして、昨日は『kiredo kitchen』。

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。
栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。
 

kiredoの畑の移転に伴い、4月と5月はお休みだったので、

3か月ぶりのキレドのランチでした!

 

 

今日の野菜、整列!

夏野菜一歩手前の美味しい野菜たちが登場します。

 

 

 

今日の主役、コールラビ。

生食から煮込み、炒めまでオールマイティに使える野菜です。

 

 

ルッコラ

 

パープルカリフラワー

 

ロマネスコ

 

トレビス

 

これはメンラック。

レモンの香りのするバジルです。

タイ料理研究家の方の依頼で作ってみたとのこと。

クリタさん曰く、コレを育てているのは日本でキレドだけだ!

 

 

 

今回のメニュー

 

・アミューズ:

  コールラビとパープルカリフラワー、ルッコラとメンラックのサラダ

 

 

 

 

・スープ:

コールラビと豚肉、トレビスのミルク煮

 

 

 

・パスタ:

コールラビのパスタ マッシュしたロマネスコのソース

 

 

 

久々のキレドのランチ、堪能!

来月のkiredo kitchenは16日(月・祝)を予定しています。

Mizunasu will be back!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日までの3日間、

近田美穂さんの期間限定スウィーツを提供しました。

連日、魔法のようにショーケースからケーキが消えていったのですが、

これは近田さんのケーキの美味しさを物語っていますね。

 

昨日多めに納品していただいたので、

今日、少しですが、

フロマージュ、ショートケーキ、南国焼タルト、キャラメルナッツ焼タルトをお出ししています。

ぜひお早めにいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夜、夫と大多喜の蛍を見に行きました。

あの場所がどんどん有名になり、ものすごい数の人が来ていました。

蛍のたくさん出る時期を逸したか、

ホワンホワンと見える程度でしたが、とても幻想的でした。

それよりも、辺りが真っ暗なので、空の星が降るように輝いてキレイでした。

 

 

 

 

 

 

 

明日から14日(木)はお休みをいただきます。

 

 

次の営業は15日(金)。

この日は月イチカルチャー『薬膳料理教室の会』です。


薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは“梅雨の養生薬膳”。

梅雨時の湿気が原因で、

身体がだるい、むくみ、下痢、冷えを改善する料理をご紹介します。

身体の余分な水分を出し、

血行をよくし、疲れ、むくみを解消する料理で、不快な季節をスッキリ過ごしましょう。

 


毎回、充実と満足の内容の薬膳料理教室、
ためになる情報がたくさんで、しかも美味しい。

ぜひご参加くださいね。

講師:田村直美さん
会費:4000円
ご予約はメールにてご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:49 |
home1.jpg

home2.jpg


facebook

instagram



    gallery ten 営業カレンダー
    営業時間 12:00〜17:00
  gallery ten 営業カレンダー
    ※カフェの営業は
      ギャラリー営業日と同じです。
    ※詳細は、HPでご確認ください。


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
BLOG CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ノモトヒロシさんと打ち合わせ in 軽井沢
    ten (09/07)
  • ノモトヒロシさんと打ち合わせ in 軽井沢
    Ricca OKANO (09/07)
  • 『常設展』 3日め & 林みちよさんのオブジェ & “merle”の『パプリカとトマトのカレー Rouge』 & 近田美穂さんの生ケーキ & 明日『楽々日本史の会』 & 『人狼ゲーム』のお誘い
    ten (08/03)
  • 『常設展』 3日め & 林みちよさんのオブジェ & “merle”の『パプリカとトマトのカレー Rouge』 & 近田美穂さんの生ケーキ & 明日『楽々日本史の会』 & 『人狼ゲーム』のお誘い
    ヤナガワ (08/03)
  • 芝原人形のお雛さま & 近田美穂さんの生ケーキ & 姫路“インデアン”の『ビーフカレー』
    Rika Udagawa (11/20)
  • 明後日『薬膳料理教室の会』
    阿部絵理子 (09/14)
  • 『フリーダ・カーロの遺品』を観た 
    ten (08/28)
  • 『フリーダ・カーロの遺品』を観た 
    川部重臣 (08/24)
  • ”Madame Noe”さんのレッスン
    ten (06/17)
  • ”Madame Noe”さんのレッスン
    阿部絵理子 (06/17)
モバイル
qrcode