ギャラリーテン Daily Alle Colle

gallery ten・店主のblog

『生きとし生けるもの 6』展 4日め & 本濃研太さんの段ボールバッジ & 本日『大人の書の会』・『kiredo kitchen』

 

こんにちは。

 

 

良いお天気ですが、冷え込んでいますね。

空気も乾燥していてインフルエンザが流行り始めているようです。

 

 

 

フルリール”さんからいただいたオレンジのチューリップ。

一足早い春を感じます。

 

 

 

 

 

 

今月の新企画『生きとし生けるもの 6』展、

4日め。

 

毎年1月恒例となりました『生きとし生けるもの』展。

動物、人、架空の生きもの、いろいろな生きとし生けるもの。

楽しくたくましく生き生きと年のスタートをきりたい。

今回は5人の作家さんによるユニークな生きものをご高覧ください。

 

 

竹内陽子さん (千葉)

 

キュートな女の子のオブジェのような陶の花器。

花を入れるだけでなく、ペンやカトラリーなど自由にお楽しみください。

 

在廊日:6日(日)

 

 

福田十糸子さん (大阪)

 

モダンなようなレトロなような なんとも雰囲気のあるオトコやオンナ。

張子ならではの軽快でマットな質感とカラーも魅力です。

 

在廊日:13日(日)

 

 

本濃研太さん (神奈川)

 

シュールなデフォルメの効いたププっと笑えるバッジ。

段ボールを駆使して作られています。

 

 

ラファエルナバスさん (愛知)

 

ラファワールドさく裂の今年の干支・イノシシの陶のオブジェ。

作品が届く前からニヤケてしまうほど期待がふくらみます。

 

 

Tiny knotsさん (東京)

 

イランの遊牧民族・カシュガイ族がひとつひとつ織るギャッベのラグや座布団。

草木で染められた羊毛で素朴な織柄に癒されます。

 

在廊日:5日(土)

 

 

 

 

今日は、本濃研太さんの段ボールのバッジをご紹介します。

本濃さんの作品は一見、木彫かと思います。

バッジではありますが、立体的で、

何より、動物たちのユニークでシュールな表情がたまりません。

本濃ワールドです♪

3200〜3500yen

 

 

 

たくさんあるので、

今日も独断のベスト5を発表いたします。

 

 

 

第一位 トラ〜

 

 

 

 

 

第二位 ウサギ〜

 

 

 

 

 

第三位 ニャンコ〜

 

 

 

 

第四位 おサル〜

 

 

 

 

第五位 水玉のトリ〜

 

 

 

13年ほど前に本濃さんに作ってもらったウチのワンコのフル♡

 

 

 

 

 

ただいま、月イチカルチャー『大人の書の会』のレッスン中。

 

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

 

講師・西尾修一さんによって

毎月少しずつ書やその周辺のお話を伺い、

文字を書くのと並行して書の興味や知識が積み重なっていきます。

 

今月は、12日(土)のクラスもあります。

参加ご希望の方は、ご連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

また、今日は、

月イチランチ『kiredo kitchen』の日です。

この日はカレーランチはお休みで、キレドのイタリアンランチを提供いたします。

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

 

今回の主役はちぢみ菜とちぢみほうれんそうです。

 

小松菜の仲間のちぢみ菜は、この時期に最も旨みがのり、おいしくなります。

グリーンソースにすると、ジャガイモや青魚、豚肉ともよく合います。

 

カレーでもおだししているちぢみほうれんそうは低温でゆがいてサラダで食べると、

ソースとは違う味わいです。

 

栄養価も非常に高いこの二つの青菜をたくさん食べてください!

 

 

どデカいちぢみ菜!

 

 

 

 

ちぢみほうれんそう。

 

 

 

 

水菜

 

 

 

今日のセットメニュー

 

アミューズ:ちぢみほうれんそう、ひとみにんじん、薄紫大根のサラダ

スープ:黒大根と霜降り水菜、ケッパーのスープ

パスタ:サバとキタアカリ、ちぢみ菜のグリーンソース

 

 

12:00〜、13:30〜 各時間帯10〜15名
ご予約をいただいた方優先でお席を確保しますので、お決まりの方はご連絡をくださいね。

なお、明日は午前中に書の会を行っているため、

ランチ開始が少し遅れてしまうかもしれません。

ご了承くださいませ。

 

ランチセット(前菜・スープ・パスタ・コーヒー):1,500円

 

 

今日はお席に余裕があります。

ランチをご希望の方は今すぐお電話くださいね。

0475-78-3068

 

 

 

 

 

 

昨夜は、友人たち7人で

”今ぜき”さんで楽しい食事をしました。

ロサンゼルスから帰国してきたMちゃんとアメリカ人のご主人Tさんを囲んで、

荒井恵子さんの昨春にあった福井の展覧会に行ったメンバーで。

9月にはLAである荒井さんの個展に合わせて渡米する私たちのテンションもアップ↑

 

 

一、口取り

祝肴三種 田作り、数の子、たたきごぼう

黒豆

紅白かまぼこ

穴子昆布巻

金団

 

一、椀

落花生とうふ清汁

 

一、つくり

はがつをたたき

かます

やりいか

 

一、炊き合わせ

猪つくね

丸大根

 

一、焼物

鮑くわ焼

 

一、揚物

さるえび蓮根揚げ

 

一、おしのぎ

和牛クラシタステーキ

 

一、酢の物

こんにゃくはば海苔酢

 

一、蒸し物

真鯛蓮蒸し

 

一、食事

わたり蟹御飯

 

一、甘味

柿シャーベット

 

黒豆羊羹

 

 

 

 

 

風邪の季節、

体調管理には十分お気を付けくださいね。

 

 

本日もみなさまのご来店をお待ちしております。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

| 展覧会 | 11:31 |

『生きとし生けるもの 6』展 3日め & 福田十糸子さんのヒトオブジェ & kiredo・栗田貴士さんの『ちぢみほうれんそうのチキンサグカレー』 & 明日『大人の書の会』・『kiredo kitchen』

 

 

こんにちは。

 

 

気温は低めですが、日が差してきて良いお天気です。

深呼吸したくなるような澄んだ空気の一日になりそうですね。

 

 

 

 

 

 

今月の新企画『生きとし生けるもの 6』展、

3日め。

 

毎年1月恒例となりました『生きとし生けるもの』展。

動物、人、架空の生きもの、いろいろな生きとし生けるもの。

楽しくたくましく生き生きと年のスタートをきりたい。

今回は5人の作家さんによるユニークな生きものをご高覧ください。

 

 

竹内陽子さん (千葉)

 

キュートな女の子のオブジェのような陶の花器。

花を入れるだけでなく、ペンやカトラリーなど自由にお楽しみください。

 

在廊日:6日(日)

 

 

福田十糸子さん (大阪)

 

モダンなようなレトロなような なんとも雰囲気のあるオトコやオンナ。

張子ならではの軽快でマットな質感とカラーも魅力です。

 

在廊日:13日(日)

 

 

本濃研太さん (神奈川)

 

シュールなデフォルメの効いたププっと笑えるバッジ。

段ボールを駆使して作られています。

 

 

ラファエルナバスさん (愛知)

 

ラファワールドさく裂の今年の干支・イノシシの陶のオブジェ。

作品が届く前からニヤケてしまうほど期待がふくらみます。

 

 

Tiny knotsさん (東京)

 

イランの遊牧民族・カシュガイ族がひとつひとつ織るギャッベのラグや座布団。

草木で染められた羊毛で素朴な織柄に癒されます。

 

在廊日:5日(土)

 

 

 

 

今日は、福田十糸子さんのヒトのオブジェをご紹介します。

 

”swing swing”というタイトルのついたこれらの作品は、

内部に重りが入っており、オキアガリコボシのように、

指で突っついてもグラングランと揺れながらピタっと立ちます。

 

それぞれが何とも言えない面持ちで少し斜めに見上げている。

何を考えているのかなぁとオブジェの表情を見ていると、

今の自分の心象状態を映すかのように、

その時によって違っているのがおもしろいと思います。

じーっと見ていると、心安らかになっていきます。

不思議な力が湧いてくるオブジェだ。

 

5400yen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月5日(土)〜13日(日) ただし8日(火)はキレドのランチのためカレーは休みです。 

月替わり期間限定カレーランチ 『ちぢみほうれんそうのチキンサグカレー』

 

今回は”kiredo”・栗田貴士さんの渾身のカレーです。

 

霜が降りて非常に甘く味が載ってきたキレドのちぢみほうれんそうをふんだんに使ったチキンサグ。

甘さと旨みを凝縮した冬ならではの味をお楽しみください。

 

 

 

栗田さん、一昨年、糸井重里さん主宰の”ほぼ日 カレーの学校”に通い、

ますます自作の野菜を使ったカレー熱が沸騰中!

ぜひお召し上がりくださいね!

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

明日は、月イチカルチャー『大人の書の会』の日です。

 

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

講師:西尾修一さん
会費:2500円
 

参加ご希望の方は、本日17時までにご連絡願います。

 

 

 

 

 

 

 

また、明日は、

月イチランチ『kiredo kitchen』の日です。

この日はカレーランチはお休みで、キレドのイタリアンランチを提供いたします。

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。

 

 

今回の主役はちぢみ菜とちぢみほうれんそうです。

 

小松菜の仲間のちぢみ菜は、この時期に最も旨みがのり、おいしくなります。

グリーンソースにすると、ジャガイモや青魚、豚肉ともよく合います。

 

カレーでもおだししているちぢみほうれんそうは低温でゆがいてサラダで食べると、

ソースとは違う味わいです。

 

栄養価も非常に高いこの二つの青菜をたくさん食べてください!

 

 

 


12:00〜、13:30〜 各時間帯10〜15名
ご予約をいただいた方優先でお席を確保しますので、お決まりの方はご連絡をくださいね。

なお、明日は午前中に書の会を行っているため、

ランチ開始が少し遅れてしまうかもしれません。

ご了承くださいませ。

 

ランチセット(前菜・スープ・パスタ・コーヒー):1,500円

 

 

 

 

 

 

快晴の月曜。

今日が今年の仕事初めの方も多いのではないでしょうか。

元気に明るくはりきっていきましょう!!!

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:24 |

『生きとし生けるもの 6』展 2日め & 竹内陽子さんの人形オブジェ & 本日 竹内陽子さん在廊! & kiredo・栗田貴士さんの『ちぢみほうれんそうのチキンサグカレー』

 

 

こんにちは。

 

 

 

昨日の暖かさとはうってかわって、

今日は結構冷え込んでいますね。

 

 

 

 

 

 

 

今月の新企画『生きとし生けるもの 6』展、

2日め。

 

毎年1月恒例となりました『生きとし生けるもの』展。

動物、人、架空の生きもの、いろいろな生きとし生けるもの。

楽しくたくましく生き生きと年のスタートをきりたい。

今回は5人の作家さんによるユニークな生きものをご高覧ください。

 

 

竹内陽子さん (千葉)

 

キュートな女の子のオブジェのような陶の花器。

花を入れるだけでなく、ペンやカトラリーなど自由にお楽しみください。

 

在廊日:6日(日)

 

 

福田十糸子さん (大阪)

 

モダンなようなレトロなような なんとも雰囲気のあるオトコやオンナ。

張子ならではの軽快でマットな質感とカラーも魅力です。

 

在廊日:13日(日)

 

 

本濃研太さん (神奈川)

 

シュールなデフォルメの効いたププっと笑えるバッジ。

段ボールを駆使して作られています。

 

 

ラファエルナバスさん (愛知)

 

ラファワールドさく裂の今年の干支・イノシシの陶のオブジェ。

作品が届く前からニヤケてしまうほど期待がふくらみます。

 

 

Tiny knotsさん (東京)

 

イランの遊牧民族・カシュガイ族がひとつひとつ織るギャッベのラグや座布団。

草木で染められた羊毛で素朴な織柄に癒されます。

 

在廊日:5日(土)

 

 

 

本日、竹内陽子さんが在廊されます。

ぜひ会いにいらしてくださいね。

 

 

 

今日は、陽子さんの作品をご紹介します。

陽子さんの器には定評がありますが、

今回展開中の、アタマの上がパカっと空いた女の子のオブジェが

これほど勢ぞろいするのは初めてです。

動物シリーズは初お目見えです!

 

お花を入れたり、ペンやカトラリーなどを入れるのもよし、

冷たいドリンクをストローで飲むのもよし、

もちろん、オブジェとしていくつか並べておくのもよし、

自由に楽しんでくださいね。

4320yen

 

45点入荷し、昨日で少し数が減っていますが、

今ある中で個人的に好きなモノベスト5をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月5日(土)〜13日(日) ただし8日(火)はキレドのランチのためカレーは休みです。 

月替わり期間限定カレーランチ 『ちぢみほうれんそうのチキンサグカレー』

 

今回は”kiredo”・栗田貴士さんの渾身のカレーです。

 

霜が降りて非常に甘く味が載ってきたキレドのちぢみほうれんそうをふんだんに使ったチキンサグ。

甘さと旨みを凝縮した冬ならではの味をお楽しみください。

 

 

 

栗田さん、一昨年、糸井重里さん主宰の”ほぼ日 カレーの学校”に通い、

ますます自作の野菜を使ったカレー熱が沸騰中!

ぜひお召し上がりくださいね!

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

カレーのパックに、

奥さんのケイコさんの絵あり♫

 

 

 

 

 

 

昨日、スタッフHから自家製干し柿をもらいました。

なんと400個近く、皮を剥いて干したそう。

コレが美味しいのです♡

 

 

 

 


 

 

店内暖かくしてみなさまのご来店をお待ちしております。

 

どうぞお出かけくださいませ。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:45 |

新企画『生きとし生けるもの 6』展 スタート! & 本日 神戸智恵子さん(Tinyknots)在廊! & kiredo・栗田貴士さんの『ちぢみほうれんそうのチキンサグカレー』

 

 

こんにちは。

 

 

雲ひとつない青空が広がっています。

爽やかな今年最初の営業の日。

 

 

 

 

 

今月の新企画『生きとし生けるもの 6』展、

本日スタートします!

 

毎年1月恒例となりました『生きとし生けるもの』展。

動物、人、架空の生きもの、いろいろな生きとし生けるもの。

楽しくたくましく生き生きと年のスタートをきりたい。

今回は5人の作家さんによるユニークな生きものをご高覧ください。

 

 

竹内陽子さん (千葉)

 

キュートな女の子のオブジェのような陶の花器。

花を入れるだけでなく、ペンやカトラリーなど自由にお楽しみください。

 

在廊日:6日(日)

 

 

福田十糸子さん (大阪)

 

モダンなようなレトロなような なんとも雰囲気のあるオトコやオンナ。

張子ならではの軽快でマットな質感とカラーも魅力です。

 

在廊日:13日(日)

 

 

本濃研太さん (神奈川)

 

シュールなデフォルメの効いたププっと笑えるバッジ。

段ボールを駆使して作られています。

 

 

ラファエルナバスさん (愛知)

 

ラファワールドさく裂の今年の干支・イノシシの陶のオブジェ。

作品が届く前からニヤケてしまうほど期待がふくらみます。

 

 

Tiny knotsさん (東京)

 

イランの遊牧民族・カシュガイ族がひとつひとつ織るギャッベのラグや座布団。

草木で染められた羊毛で素朴な織柄に癒されます。

 

在廊日:5日(土)

 

 

 

本日、Tiny knotsの神戸智恵子さんが在廊されます。

神戸さんには毎年企画展でお世話になっているので、

ご面識のある方も多いかと思います。

ぜひ会いにいらしてくださいね。

 

 

 

今日は初日ですので、

全体の様子をざっとお伝えいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月5日(土)〜13日(日) ただし8日(火)はキレドのランチのためカレーは休みです。 

月替わり期間限定カレーランチ 『ちぢみほうれんそうのチキンサグカレー』

 

今回は”kiredo”・栗田貴士さんの渾身のカレーです。

 

霜が降りて非常に甘く味が載ってきたキレドのちぢみほうれんそうをふんだんに使ったチキンサグ。

甘さと旨みを凝縮した冬ならではの味をお楽しみください。

 

 

 

 

栗田さん、一昨年、糸井重里さん主宰の”ほぼ日 カレーの学校”に通い、

ますます自作の野菜を使ったカレー熱が沸騰中!

ぜひお召し上がりくださいね!

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

 

 

 

 

今年初のギャラテン営業です。

どうぞお出かけくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:25 |

明日 今年初営業!

 

 

こんばんは。

 

 

今日も気持ちの良いお天気でした。

 

夕陽もキレイに見えました。

 

 

 

 

 

年末年始の休みも今日でおしまい。(涙)

 


明日から今年の企画展第一弾『生きとし生けるもの 6』展がスタートします!

気を引き締めていかねば・・・。

 

今年もより多くのみなさまに楽しんでいただけるよう、

力の限り猛進いたします!

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

今日の夕方、

千葉県印西市にある『白鳥の郷』に行ってきました。

 

ものすごい数の白鳥。

 

 

 

空には群れでビュンビュン飛んでいる黒っぽい鳥たち。

 

 

 

鴨でした。

どうやら朝早くにどこかに飛び立って行き、

夕方またココに帰ってくるのだそうです。

私たちが到着する前に白鳥たちは飛んで帰ってきたのでしょう。

きっと大きな白鳥たちが飛んでくる姿は圧巻だったでしょうね。

 

 

 

遠くシベリアから越冬のために飛来してくるそうです。

スゴい距離にビックリ!

日本でゆっくり力を貯めて、

春にはまた元気に帰っていってほしいです。

 

 

 

 

年末年始、

大掃除もそこそこに、

映画2本観て体内にパッションアップ↑

喰っちゃ寝の至福の時間に比例し重量もアップ↑(汗)

 

 

 

 

 

 

明日は春の陽気だそうです。

ぜひお出かけくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 21:44 |

1月の催しのお知らせ

 

 

こんばんは。

 

 

はー、

喰っちゃ寝の至福の三が日、シューリョー。(汗)

そろそろ仕事モードにしなければ・・・。

明後日から今年の営業がスタートします。

 

 

 

 

今年から月の前半の14日間を会期とし営業、

月の後半は休業いたします。

1月はお正月があるので5日が初日。

それ以外の月は、1日〜14日を営業します。

 

 

 

今月の催しのお知らせです。

 

 

 

◎1月5日(土)〜18日(金) 『生きとし生けるもの 6』展

 

毎年1月恒例となりました『生きとし生けるもの』展。

動物、人、架空の生きもの、いろいろな生きとし生けるもの。

楽しくたくましく生き生きと年のスタートをきりたい。

今回は5人の作家さんによるユニークな生きものをご高覧ください。

 

 

竹内陽子さん (千葉)

 

キュートな女の子のオブジェのような陶の花器。

花を入れるだけでなく、ペンやカトラリーなど自由にお楽しみください。

 

在廊日:6日(日)

 

 

福田十糸子さん (大阪)

 

モダンなようなレトロなような なんとも雰囲気のあるオトコやオンナ。

張子ならではの軽快でマットな質感とカラーも魅力です。

 

在廊日:13日(日)

 

 

本濃研太さん (神奈川)

 

シュールなデフォルメの効いたププっと笑えるバッジ。

段ボールを駆使して作られています。

 

 

ラファエルナバスさん (愛知)

 

ラファワールドさく裂の今年の干支・イノシシの陶のオブジェ。

作品が届く前からニヤケてしまうほど期待がふくらみます。

 

 

Tiny knotsさん (東京)

 

イランの遊牧民族・カシュガイ族がひとつひとつ織るギャッベのラグや座布団。

草木で染められた羊毛で素朴な織柄に癒されます。

 

在廊日:5日(土)

 

 

 

 

 

 

◎1月8日(火) 10:00〜12:00
 1月12日(土) 10:00〜12:00 『大人の書の会』vol.47

小筆で書く日常の書を習う講座。
きれいなだけではない、人柄を感じさせる、品のよさを感じさせる、
そんな“大人の字”を学びましょう。

講師:西尾修一さん
会費:2500円
要予約

 

 

 

 

 

◎1月11日(金)10:00〜12:00 『楽々日本史(近・現代史)の会』vol.29

 

大人の教養として、もう一度日本史を学んでみませんか。
今と未来を意識した日本史の講義。

今回のテーマは、

”征韓論と清との関係”

朝鮮、台湾、琉球。

そして、それらの宗主国中国へ牙をむく日本。


参加ご希望の方はご連絡くださいね。

講師:齋藤永良さん
会費:1500円 
要予約

 

 

 

 


◎1月16日(水) 9:30〜11:45 『薬膳料理教室の会』vol.47

薬膳は、中医学に基づき、生薬を使ったものだけではなく、
選んだ穀物・野菜・肉・魚・乳製品等を材料として料理。
心身ともに健康、病気の予防、回復、保健を目的とした食事。
ひいてはアンチエイジングにつながります。
薬膳のエキスパート・田村直美さんによる料理のデモンストレーションと講義の後、
台湾茶とともに試食します。

今回のテーマは“冬に消耗する腎のエネルギーを補う薬膳”。

東洋医学では、更年期障害、エイジングの症状は、腎機能の低下と大きく関わっているとされています。

腎のエネルギーを補うことで、老化を遅らせたり、症状の改善に効果が期待できます。

 


毎回、充実と満足の内容の薬膳料理教室、
ためになる情報がたくさんで、しかも美味しい。

ぜひご参加くださいね。

講師:田村直美さん
会費:4000円
要予約

 

 

 

 

 

◎1月18日(金)    9:00〜10:20(中級クラス)
           10:30〜11:50(初級クラス) 『からだで覚える英語の会』vol.30

”いざという時に堂々と話せる英語を楽しくカラダで覚えましょう”がコンセプト。
好奇心旺盛・チャレンジ精神旺盛な小川洋子さんの
長い海外生活での豊富なおもしろエピソードを題材に、
”読む・書く”英語から”聴く・話す”英語を体感しましょう。
ネイティブスピーカーならではの表現や使い方も教わります。
洋子さん専門のアロマ・呼吸法を取り入れ、リラックスしながら楽しいレッスンを!
毎回、一回完結の内容です。
単発でも連続でもご参加いただけます。
英語が全く苦手という方対象の初級クラス、
英語で日常会話をもっと流暢にという方対象の中級クラスの2クラス編成です。

講師:小川洋子さん
会費:2500円
定員:各会max6名
要予約→各会先着6名まで

 

 

 

 

 

◎1月5日(土)〜13日(日) ただし8日(火)はキレドのランチのためカレーは休みです。 

月替わり期間限定カレーランチ 『ちぢみほうれんそうのチキンサグカレー』

 

今回は”kiredo”・栗田貴士さんの渾身のカレーです。

 

霜が降りて非常に甘く味が載ってきたキレドのちぢみほうれんそうをふんだんに使ったチキンサグ。

甘さと旨みを凝縮した冬ならではの味をお楽しみください。

 

 

 

 

栗田さん、一昨年、糸井重里さん主宰の”ほぼ日 カレーの学校”に通い、

ますます自作の野菜を使ったカレー熱が沸騰中!

ぜひお召し上がりくださいね!

 

 

ラストオーダー:4時 (ただし、品切れ次第終了します)
1000円

 

ぜひお召し上がりくださいませ。

 

↓前回の栗田さんのカレー

 

 

 

 

◎1月8日(火)『kiredo kitchen』 

世界各国の珍しい野菜を年間に約150種類を育てる農家kiredoのランチです。

栗田貴士さん自ら、自作の野菜を一番おいしく調理します。


12:00〜、13:30〜  各時間帯10〜15名
ご予約をいただいた方優先でお席を確保できますので、お決まりの方はご連絡をくださいね。

 

ランチセット(前菜・スープ・パスタ・コーヒー):1,500円

 

 

 

 

 

◎1月14日(月・祝)『おばんざいランチ』 

 

喜屋武小夜子さんと小川洋子さんのユニット”teamBB”によるお料理。

 

現在80歳以上の人たちが昔当たり前のように作っていた日本の伝統食を

小夜子さんと洋子さんが丁寧に正直に作ったものを食べていただくことで伝承していこうというランチです。

 

献立のベースは”まごはやさしい”。

ま→豆

ご→ゴマ

は→わかめなど海藻

や→野菜

さ→魚、海老など

し→椎茸などキノコ

い→芋

 

一本釣りのカツオの漁獲量は今では全体の1%に満たないそうですが、

そのカツオの鰹節でとる出汁は一味も二味も違います。

また、旬の有機野菜や旬の確かな食材、

手作りや昔からの製法にこだわった発酵食品や発酵調味料を使います。

素材が良さを活かしたシンプルな創作おばんざい料理です。

 

 

 

 

 

◎1月18日(金) 

『おむすびランチ・おむすびテイクアウト』

 

大好評”おむすび茶屋 さつき”さんがまたまた登場!

ほぼレギュラーランチになりつつあります♪

 

宮下治子さんは、千葉県香取郡神崎にある酒蔵”寺田本家”に勤めながら地域の生産者さんたちと知り合っていきました。

2年前に独立し”さつき”を立ち上げました。

食をとおしての人生体験や様々な人々との出会いを通じて、

そして、田畑(大地)に触れ、料理は命そのものであり、

食べることの喜びと、食の産み出す無限の力を表現・追求していきたい。

そんな治子さんは、小さなキッチンカーでおむすびの出張販売、

旬の料理教室を営むようになりました。

 

治子さんのおむすびは、

太陽・大地・海の恵みが、お米一粒一粒で結ばれ、まさに命のご馳走。

生産者さんたちが丹精込めて作った魚やおかかや手作りの具、

白米や玄米、お好みに応じてホッコリ結びます。

 

米:藤崎農場の無農薬玄米、こうざき自然塾の減農薬白米。

塩:自然海塩

海苔:有明産

味噌:こうざき自然塾の熟成発芽玄米麹味噌

酒粕:寺田本家の熟成酒粕

椎茸:西伊豆産の干し椎茸

昆布:こんぶ土居の真昆布

鰹節:タイコウの一本釣り鰹節

他具材:全て国内産、添加物を使わず手間ひまかけて作っています。

 

 

治子さんのおむすびをランチ@カフェで、

テイクアウトで ご提供いたします。

なお、いずれもご予約をいただいた方に優先して提供。

(当日の飛び込みだと食材不足でお断りすることもありますので、ご予約を!)

 

カフェでのランチは、

お好みのおむすび、漬物、吸物のセットで、おむすび代金+350yen

12:00〜、13:30〜で、定員が各10〜15名でご案内。

 

テイクアウトは、

お好みのおむすびをパックします。

テイクアウトのお受け取りは当日16:30まで。

 

予約方法は、以下の(白米 or 玄米)×具材の組み合わせ、

各々の個数をお選びください。

 

A:白米

B:玄米(プラス50yen)

 

a:鯖香熟漬→350yen(玄米+50yen)

      越田商店の40年熟成漬汁に漬けた鯖は臭みがなく豊かな風味。さつき一番人気。

b:生姜味噌→300yen(玄米+50yen)

  熟成味噌でじっくり漬けた生姜味噌は熟成ならではの味わい。

  味醂と米飴で爽やかな辛味に仕上げました。

c:梅とゆかりと胡桃→300yen(玄米+50yen)

   炒り胡桃のコクがお米になじみ、梅干しやゆかりの爽やかさが相まって、新春をイメージ。

 

 

カフェでのお召し上がりの味噌汁と漬物のセットがおむすび+350円となります。

また、テイクアウトの6個入りの箱をご希望の方は50円いただきます。

 

 

予約例

カフェで食事(12:00〜)→ B×a×1個、B×d×1個

テイクアウト→ A×a×2個、B×c×1個、B×d×3個、・・・。受取予定時間も。

 

メールにてご連絡ください。

なお、必ず確認のメールを返信します。

返信がない場合は、再度メールかお電話をいただけますようお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご興味のある催しにぜひおいでくださいませ。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 22:38 |

GO AHEAD ☆ 2019

 

 

 

2019年がスタートしました!

 

 

きもちのよい快晴。

 

 

 

 

 

元旦恒例、

”今ぜき”さんにておせち料理をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただいま、年賀状作成中。(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさまにとって、

佳き一年でありますようお祈り申し上げます。

 

 

今年も猪突猛進、精一杯がんばります。

どうぞよろしくおねがいいたします!

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 19:27 |

休日のいろいろ

 

 

こんばんは。

 

 

 

ついに明日は大晦日。

あっという間の一年でした。(汗)

 

 

 

今月の企画『KNOT 7』展、

24日に無事終了しております。

ご来店いただいたみなさま、

杉村徹さん、加藤仁志さん、ありがとうございました。

 

 

 

今展の搬出作業、

来月の企画『生きとし生けるもの 6』展の搬入作業完了。

 

 

 

自宅とテンに、

ここ何年も『笑門』の注連縄を取り寄せています。

大掃除ができていなくても(苦笑)、

この注連縄を飾ると良い新年を迎えられる気がします。

 

 

 

 

先日は版画家の續山茂樹さんが

大きなモビールを取り付けに来てくださいました。

カフェのテーブルの真上に、

大きな鯛やイワシがユラユラと泳ぎます。

 

 

 

 

昨日は荒井恵子さんのアトリエへ。

来年2月の企画展の打ち合わせに。

広いアトリエですが、

24日に終了した岐阜の篠田桃紅美術空間での個展から戻ってきた作品がたくさん。

続々と大きな仕事を成し遂げていきつつ、

精力的にどんどん作品を描き上げていっています。

ぜひお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

今日は夫に手伝ってもらい、

棚卸や次展の準備。

慌ただしく時間が過ぎていき、

今年は残りあと一日。

 

年賀状も作らねば・・・。(汗)

 

いつもこうして新年に突入するのである・・・。(汗)

 

 

 

 

みなさま、

今年も一年、ありがとうございました。

 

嬉しいことも悲しいことも楽しいことも辛いことも

いろいろありますが、

来年も精一杯がんばります!

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

佳き新年をお迎えくださいませ。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 23:53 |

『KNOT 7』展 最終日! & 本日夕方から杉村徹さん在廊!

 

 

こんにちは。

 

 

気持ちのよいお天気ですね。

比較的暖かいです。

 

 

 

 

 

 

今月の企画『KNOT 7』展、

ついに本日最終日です!

 

 

作品から漂う凛とした空気。

フォルムの美しさ、肌のテクスチャ、手触りの気持ち良さ、しっとりとした落ち着き、・・・。

使っても飾っても、その場にムードをもたらすお二人の作品。

 

 

杉村徹さん

 

茨城県龍ヶ崎市で木の家具や器を制作されています。

ギャラリーテンの企画展でお世話になるのは8回め。

常に穏やかで冷静で優しい杉村さんは、出会って15年の今も全くお変わりありません。

テンでも私の自宅でも、杉村さん作品がいつも側にあり愛用しています。

 

杉村作品には長年のファンがたくさんいらっしゃいます。

ビシっと芯が通っていながら、クールな遊び心がかいま見える。

木の温もりを感じつつ彫刻のような生活の道具を使えるシアワセ。

 

最近杉村さんは立ちのある器(鉢状のもの)を作るのが楽しいのだそうです。

木の塊を彫り進めていくうちにオブジェのようなカタチになっていく。

それが器として使える。

手が自然とうごいていくのに任せてできるフォルムのバランス感度の高さにほれぼれします。

 

今回も、スツール、テーブル、壁の棚、器など、洗練された杉村さんの木工作品を展開。

サイズや材種のご注文も承ります。

ぜひご高覧ください。

 

 

加藤仁志さん

 

岐阜県土岐市で生まれ育ち、現在もその土地で作陶されています。

真面目で誠実なお人柄は、作品そのものでもあります。

 

大阪芸術大学で陶芸を専攻し、卒業後、地元の土岐市立陶磁器試験場で2年間、

岐阜県の陶芸家のもとで1年半勉強したのち独立。

 

山に土を採りに行き、それらを砕いてふるいにかけて水に浸して粘土にする。

いまや、ほとんどの陶芸家が著書から粘土を買い求めるのがあたりまえですが、

土づくりから加藤さんのものづくりが始まるのです。

磁器に至っては薪窯で焼成。

 

カタチがシンプルで正統派。

用の器としてとても重宝します。

肌は、品のある粉引きや、クールな瑠璃釉、深みのある白磁、

どれも料理が美味しそうに映える器です。

オーソドックスが故に、その器に力がなければ安っぽくなってしまいがちですが、

加藤さんの器には何か色気のようなものが感じられ、そのものに確かな魅力を包容しています。

食卓に落ち着いたアクセントが加わります。

 

今回は初の加藤展。

カップ、皿、鉢、ポット、耐熱皿、土鍋、・・・などなど、300点の作品が勢ぞろい。

楽しんで器選びを!

 

 

 

今会期は今日が最終日です。

どうぞお見逃しなく!

 

また、今日は夕方から杉村徹さんが在廊されます。

ぜひ杉村さんに会いにいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の営業はこれで終了です。

明日からの年末年始はお休みをいただきます。

次の営業は年明け1月5日(土)、

新企画『生きとし生けるもの 6』展にてスタートいたします。

 

 

 

 

楽しいクリスマスイブの一日をお過ごしくださいませ♪

 

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:34 |

『KNOT 7』展 明日まで! & 昨夜のワイン会@”はなう”

 

 

こんにちは。

 

 

空はどんより曇っていますが、

比較的暖かい日曜です。

 

冬至を過ぎ、これからは徐々に日が長くなっていきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今月の企画『KNOT 7』展、

会期終盤、残すところ あと3日となりました。

 

 

作品から漂う凛とした空気。

フォルムの美しさ、肌のテクスチャ、手触りの気持ち良さ、しっとりとした落ち着き、・・・。

使っても飾っても、その場にムードをもたらすお二人の作品。

 

 

杉村徹さん

 

茨城県龍ヶ崎市で木の家具や器を制作されています。

ギャラリーテンの企画展でお世話になるのは8回め。

常に穏やかで冷静で優しい杉村さんは、出会って15年の今も全くお変わりありません。

テンでも私の自宅でも、杉村さん作品がいつも側にあり愛用しています。

 

杉村作品には長年のファンがたくさんいらっしゃいます。

ビシっと芯が通っていながら、クールな遊び心がかいま見える。

木の温もりを感じつつ彫刻のような生活の道具を使えるシアワセ。

 

最近杉村さんは立ちのある器(鉢状のもの)を作るのが楽しいのだそうです。

木の塊を彫り進めていくうちにオブジェのようなカタチになっていく。

それが器として使える。

手が自然とうごいていくのに任せてできるフォルムのバランス感度の高さにほれぼれします。

 

今回も、スツール、テーブル、壁の棚、器など、洗練された杉村さんの木工作品を展開。

サイズや材種のご注文も承ります。

ぜひご高覧ください。

 

 

加藤仁志さん

 

岐阜県土岐市で生まれ育ち、現在もその土地で作陶されています。

真面目で誠実なお人柄は、作品そのものでもあります。

 

大阪芸術大学で陶芸を専攻し、卒業後、地元の土岐市立陶磁器試験場で2年間、

岐阜県の陶芸家のもとで1年半勉強したのち独立。

 

山に土を採りに行き、それらを砕いてふるいにかけて水に浸して粘土にする。

いまや、ほとんどの陶芸家が著書から粘土を買い求めるのがあたりまえですが、

土づくりから加藤さんのものづくりが始まるのです。

磁器に至っては薪窯で焼成。

 

カタチがシンプルで正統派。

用の器としてとても重宝します。

肌は、品のある粉引きや、クールな瑠璃釉、深みのある白磁、

どれも料理が美味しそうに映える器です。

オーソドックスが故に、その器に力がなければ安っぽくなってしまいがちですが、

加藤さんの器には何か色気のようなものが感じられ、そのものに確かな魅力を包容しています。

食卓に落ち着いたアクセントが加わります。

 

今回は初の加藤展。

カップ、皿、鉢、ポット、耐熱皿、土鍋、・・・などなど、300点の作品が勢ぞろい。

楽しんで器選びを!

 

 

 

ついに明日が最終日です。

どうぞお見逃しなく!

 

また、明日は、夕方から杉村徹さんが在廊されます。

ぜひ杉村さんに会いにいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の夜は、毎月恒例”はなう”さんでのワイン会へ。

今年最後の会は、クリスマスを意識した(?)エチケットのワイン。

 

 

 

 

 

(泡)『ジャニソン・バラドン ヴァンドヴィルNV』

ジャニソン・バラドン(フランス シャンパーニュ地方)
(ピノノワール、シャルドネ、ピノムニエ)

 

(白)『アモーレ エテルノ オーガニック ビアンコ』

レ・ヴィッレ・ディ・アンタネ(イタリア ヴェネト州)
(ヴィニオニエ、シャルドネ、ガルガネーガ)

 

(赤)『イゲルエラ2016』

サンタ・キテリア(スペイン アルマンサ)
(ガルナッチャ・ティントレラ種)

 

(赤)『アモーレ エテルノ オーガニック ロッソ』

レ・ヴィッレ・ディ・アンタネ(イタリア ヴェネト州)
(コルヴィーナ、メルロー、シラー)

 

(赤)『オーバーチュアNV』 オーパスワンのセカンド!

オーパスワンワイナリー(カリフォルニア ナパヴァレー)
(カベルネソーヴィニヨン、カベルネフラン、メルロー、プティヴェルト、マルベック)

 

 

お料理『Buon Natale』

 

『ノルウェーサーモンのムースとスペルト小麦のサラダ』

 

『オニオングラタンスープ』

 

『サルシッチャと舞茸のリゾット カプネット仕立て フォンドゥータソース』

 

『ジャージー牛サーロイングリル 赤ワインソース』

 

『ヘーゼルナッツのフォンダンショコラ フランボワーズソルベ』

 

 

来年初っ端の予告あり!

一足早めのバレンタイン特集でハートのエチケットの『カロン・セギュール』

 

 

 

 

 

 

 

今年営業はあと2日。

ぜひお出かけくださいませ。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

| 展覧会 | 11:40 |
home1.jpg

home2.jpg


facebook

instagram



    gallery ten 営業カレンダー
    営業時間 12:00〜17:00
  gallery ten 営業カレンダー
    ※カフェの営業は
      ギャラリー営業日と同じです。
    ※詳細は、HPでご確認ください。


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
BLOG CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 内田鋼一さんの皿 & 癒しのマッサージ
    ten (09/29)
  • 内田鋼一さんの皿 & 癒しのマッサージ
    石野良和 (09/29)
  • 横道佑器さんと打ち合わせ@豊中 
    ten (09/11)
  • 横道佑器さんと打ち合わせ@豊中 
    小澤 早苗 (09/11)
  • 『daily comfort』展 5日め & 笹本雅行さんのオブジェ & "奈央屋”の『キーマカレー』 & 明日『近田美穂さんのケーキ』・『kiredo kitchen』
    ten (09/06)
  • 『daily comfort』展 5日め & 笹本雅行さんのオブジェ & "奈央屋”の『キーマカレー』 & 明日『近田美穂さんのケーキ』・『kiredo kitchen』
    はじめまして。 (09/06)
  • ノモトヒロシさんと打ち合わせ in 軽井沢
    ten (09/07)
  • ノモトヒロシさんと打ち合わせ in 軽井沢
    Ricca OKANO (09/07)
  • 『常設展』 3日め & 林みちよさんのオブジェ & “merle”の『パプリカとトマトのカレー Rouge』 & 近田美穂さんの生ケーキ & 明日『楽々日本史の会』 & 『人狼ゲーム』のお誘い
    ten (08/03)
  • 『常設展』 3日め & 林みちよさんのオブジェ & “merle”の『パプリカとトマトのカレー Rouge』 & 近田美穂さんの生ケーキ & 明日『楽々日本史の会』 & 『人狼ゲーム』のお誘い
    ヤナガワ (08/03)
モバイル
qrcode